<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

ジャズギター   

暑くて3時ごろ目が覚めたせいか、ちょっと寝過ごしてしまった。急いで駅に向かったが、6時半のおじさんたちはすでに電車に乗った後だった。皆さんに挨拶を交わしながら、7月9日、横須賀で行われる「米軍再編強化・米空母寄港反対の集会」のチラシをまいた。おりしも、昨日の日米首脳会談で、小泉首相とブッシュ大統領は、共同文書の中に「世界の中の日米同盟」という言葉を入れた。日米軍事同盟の更なる強化であり、憲法9条改悪で、日本が戦争の道に進む方向だ。平和を守るためになんとしても、食い止めなければならない。・・とマイクで訴えた。
と、いつものように新橋勤務のお嬢さんが、ニコニコしながらやってきた。「出勤時間は何時なの?」と聞いてみたところ、「8時45分!」と。「着くのの調度ぐらいじゃないの?」。「そう!」。「行ってきま~す!」と元気に出かけていった。で、今日も、中学生や高校生がさわやかに挨拶してくれた。
さて、昨日の夕方、森野のAさん宅を訪ねた。以前、相談に乗ったことがあった方だが、奥さんが玄関に出てこられた。3年前に、20代のご長男を病気で亡くされたこともあり、「まだ、気持ちが元に戻らなくて・・」とずうっと落ち込んでいたようだが、30分ほどお話を聞く中で、「あまり他の人と話さなくなってしまい、今日は少し気持ちが楽になりました。」とおっしゃっていただき、少しホッとした。
帰りがけ、ジャズギターの名手・渡辺加津美さんのCDを聞きながら車を走らせた。そ~いえばと、ふと、この7月、13回忌をする父のことを思い出した。父は、子供のころから音楽が好きな人で、バイオリン、チェロ、マンドリンなどを友達と楽団をつくり、演奏していたようだ。その父が、私が小学生のとき、苦しかった家計の足しにと、持っていたジャズギターを知人に売却したことがあった。ん~~ん、と、残念そうな顔をしていた父のことを、CDを聞きながら思い出した。
古くなったバイオリンとチェロだけは、今でも残っている。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-30 09:54

「Nothing’s Gonna Change My Love For You」   

パソコンがどうも調子が悪くこの2日間ブログを休んでしまった。駅頭宣伝の方は、27日と今朝予定通り行った。いつもの日大三高の女子高生が友達と二人でやってきたので、「試験終わったの?」と聞いたら、「これから・・」とチョット参ったなあという顔をしていた。「がんばって!」と見送った。とにかく今日は、朝から蒸し暑つい。
そ~いえば、一昨日の夜は、冤罪事件の被害者を救援する会に参加した。たまたま隣りに居合わせただけで、犯人にさせられ、警察に「自白」を強要され、罪を負わせられる。サラリーマンのAさん(仮称)とご家族は、無罪を勝ち取るために必死にがんばっている。私も、しっかりと支援していきたい。
昨日の午前中、木曽町在住のNさん(78歳)の相談にのった。友人のKさん(82歳)のことで、特養ホームへの入所を希望している話だったが、問題は、もっと奥が深かった。Kさんは、息子さん夫婦とお孫さんと三世代で同居していたのだが、お孫さんが暴力をふるうようになったため、Kさんは、別居せざるをえなくなったのだが、一人住まいの生活の中で、体調を崩し、入院を余儀なくされたとのこと。Kさんのことと、お孫さんのことと二つの問題がある。いずれも、いい方向に解決できるように、援助したいと思う。
さてさて、注文していたサックス奏者・小林香織さんのCD「Solar」が届き、さっそくマイ宣伝カーの中で、毎日のように聞き入っている。中でもお気に入りは、「Nothing’s Gonna Change My Love For You(変わらぬ想い)」という曲だ。妻によると、「それって、コーヒーのコマーシャルソングじゃないの?」と。リズミカルな他の曲とは違って、スローバラードを彼女なりのサックス演奏で聞かせてくれる。ん~ん、なんともたまらない曲だ。
あまりにこの曲にはまってしまったので、中学でブラスバンド部に入っている長女に、「コンサートでさあ、この曲やってくれないかなあ?」と聞いてみた。「新しい曲やるにはネェ、楽譜を買わなきゃいけないんだヨ。部費があんまりないから無理じゃない!」と、いとも簡単に私の要望は却下されてしまった。ん~~ん。部費ネエ。・・・そ~か。部活動の予算をもっと増やしてあげることができれば、「Nothing’s Gonna Change My Love For You」を子どもたちに演奏してもらえるんだ。がんばんなきゃ!
[PR]

by ken-tono | 2006-06-29 10:25

「オ~ッ、さっぱりしたネエ!」   

キックボードのおじさんが久しぶりにやってきて、「オ~ッ、さっぱりしたネエ!」と言って(私の髪のことだと思う。ちなみに、おじさんは、ポニーテールだ。)、ニコニコしながら駅舎の中に入っていった。で、「雨が降っているのにがんばってるんですか?」と、駅から上がってきた方にも激励された。
「ド~オ、がんばってんの?」と、仕事を終えて帰ってきた渋谷で寿司職人をしているというおじさんから声がかかった。「本当に今の政治はひどいよナア。われわれが大変な生活してんのに、悪い法律に反対してくれんのは、共産党だけだよナア」と。で、「がんばってヨ!」と握手していただいた。
と、そこへ学生風の青年が現れた。ん~~ん。どこへ行くでもなく、私の隣に立ったままなのだ。「どこの党ですか?」。「あっ、私?日本共産党ですけど」。「比例代表は入れたんですヨ。志位さんになってから好きになったんですヨ」。と、この青年、W大学を卒業して、現在、司法試験の受験生なのだそうだ。7時からの私の演説をズ~~っと聞いてくれ、「あ~~っ、なかなか良かったんじゃないですか」とお褒めの言葉をいただいた。
そ~いえば、「今日は送ってもらったっ」と、新橋勤務のお嬢さんが元気よくやってきて、いつもとは違う出入り口の階段を下りていった。
今日は、6月市議会最終日。市長が提案した一般会計補正予算に、日本共産党市議団は、理由を述べて反対したが、可決した。逆に、私たちが提案した、「乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例」は、「継続審査」に。教育基本法の改定に反対する意見書など5件は、すべて否決となった。もちろん今回取り組んでいろんな成果があったので、おいおい、みなさんに報告したい。
で、今日は、ファンになったサックス奏者・小林香織さんのファーストCD「Solar(ソーラー)」が届くことになっている。聞くのが楽しみだ。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-26 17:56

「おいしいヨ!」。   

高ヶ坂地域で宣伝をした。ご近所の知人が、駆けつけてくれて、「外へ出たら、声が聞こえたので・・」、『わが家で取れたジャガイモですけど・・」と激励していただいた。・・と、ヤハリ知人のMさんが、裏庭で家庭菜園の「畑仕事」をしている姿が見えた。「こんにちわ~」っとお尋ねしたら、奥さんが出られて、裏にいるご主人を呼んでくれた。街灯のこと、町内会のことなどなど、色んな話をしていただき、トテモ参考になった。ズ~ッっと昔からこの地で生活をされえている農家の方と最近家を建てて越されてきた方と、同じ町内会でもうまくやっていくのが難しいとおっしゃっていた。ジャガイモが広い広い畑で育つのか、一坪程度の裏庭で育つのかの違いはあっても、お互い年金生活になってご苦労されていることは一緒だと思う。それぞれ立場は違うけれど、地域で安心して生活できるように、大いにお手伝いしたいと思う。
夜帰宅すると、子供たちは、明日からの期末テストに向けて、頑張っていた。
何か美味しいものでもと思い、今日は、「チャンプル~」をつくってあげた。とはいっても実に簡単な料理だ。ナスを小さめにスライスし、モロッコインゲン、ベーコンをサラダオイルでサッサッっと炒めたところへ、まず砂糖を加え、味噌と酒を入れる。で、豆腐をド~ンと入れて、ごま油、ラー油、塩などで味を調整して、最後に刻んだネギを散らして出来上がり。ん~~ん、コレはうまい!・・という顔をしていた長女と妻。2人とも、「ど~お?」と聞いたから、「おいしいヨ!」と言ってくれたのかナア?んん、うまくできたと思う。
7月上旬、父の13回忌の法事のため、秋田に帰郷する予定なので、母に電話をした。「ん~ん、ゲンキダヨ」。「来月、帰るから。元気で」と、とても、ありきたりの話で電話を終えた。んん。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-25 21:34

「イラッシャァ~イ!」。   

Oさん製作のノボリ立てをヨイショッっと持ち上げ、セッティングの準備をしていると、「おっ、おはようっ!」と声がする。ンン?と振り向くと、オンリーワンのお兄さんじゃないか。「あっ、行ってらっしゃ~い」と、返事をした。今日もうれしいナア。
とにかく今日は、村上ファンド~オリックス~日銀総裁と、「トライアングル」で悪いことをしていた話をした。向こうは、「濡れ手でアワ」というわけか。国民の側は、増税を押し付けられて、いまや悲鳴を上げている。儲かっている人たちには、世界の「標準課税」=社会的にも適正な課税を求めたい!で、庶民増税は、当然ストップすべきだ。
今朝も早くに仲見世商店街に行ってみた。もう肉を切っている人。魚もだ。八百屋さんは、開いていたが、姿はは見えなかった。
夕方、市議選のとき、私が配っパンフレットの内容が気に入ったというご年配の方とお会いした。四国の松山出身のご主人、当年、79歳だそうだが、トテモ元気だ。70歳でご商売をやめるまでは、左官職人の社長さんだったのだ。ど~やら、「秋田出身・・」が気に入ったらしいのだが、まっ、これからも、ど~ぞヨロシクお願いします。
ソ~言えば、今日のお昼は、Mさん、Hさんとともに、お店を森野から木曽町に移転した「トンカツ屋さんの暖簾をくぐった。相変わらずチョ~元気なマスター。ケッコウ予想外にも、お客さんが来てくれているそうだ。「イラッシャァ~イ!」。ん~~ん、マスターが揚げた「串カツ」うまかったナア。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-24 21:51

「見たっ。クヤシィ~~ッ!」。   

「サッカー見た?」「見たっ。クヤシィ~~ッ!」。今朝の駅頭での会話だ。それにしても、「サッカー・日本VSブラジル戦」、1:4かあ!?、ん~~ん、返す返すも残念だ!
昨夜、長男が、「サッカー見たいから、朝起こして」というので、4時に一緒に起きた。テレビをつけたら、日本チームがボールを蹴るところが映し出された。で、玉田選手のゴ~ル。「オ~~ッ!!」と横を向いたら、起こしたはずの長男は、もうスヤスヤ夢の中だ。結局、みなさんもご覧の通りの結果を見届けて、一路、駅頭へと向かったわけだ。ん~~ん。それにしても悔しいナア!中田英寿選手の最後のシーン忘れられないナア。
サッカー観戦でチョット遅れたせいか、デッキの上にスタンバイして、車を駐車場に入れて戻ったときには、能代のおじさんも、6時半のおじさんも、小学生の女の子2人もすでに駅舎の中に入ってしまったあとだった。7時から、佐々木智子議員と交代でマイクをにぎった。
・・と、駅舎の方から、JAPANブルーのユニホームを着た人や日の丸をホッペタにペイントした女の子など、さみだれ的にやってきた。みんな元気がない。「元気が出るためにも・・・・(中略)・・・・確かな野党・日本共産党を応援してください!」と訴えた。が、やっぱり、みんな元気がなかったカナ。
そのあと、用事があって、○□分庁舎に行ったら、職員の方が、「4時に起きて応援したんだけど、だめだったよナア~」と、これまた元気がないではないか。
こんな時は、そんなものだ。市役所の地下食堂でB定食を食べて、控室に戻ったら、佐々木議員が、「もう食べてきたの?」と。5分で食べ終わった昼食だと元気が出ないカナ?
というわけで、こんなときは、後半戦を追加しよう!
夜、都内で会合があったので、電車の中で本でも読もうと思い、私が大好きな作家の一人である「向田邦子の手料理」(講談社)という本をにわかに購入し、飛び乗った。ど~いうわけだか、向田邦子の小説の描写の仕方がとても私の感覚にあっている。ハッキリ行って、ファンである。
で、彼女がやはり料理が好きときている。この本は、小料理屋を営んでいる彼女の妹さんが監修したものだが、さっそく、この通り作ってみよう。そんな気になった。
会合は、午後6時半から。ん~~ん、チョット時間があるナアと思い、新宿駅到着と同時に私の足は、よく行くカレー屋に向かっていた。とにかく、新宿といったらこの店に決めている。お店のイニシャルは、「M」。とにかくサラリとしたカレーだ。で、今日も、カツカレーをたのんだ。正直言って、他のも食べたいんだけど、結局、カツカレーだ。んん、うまいナア!んん?でも、となりの人は野菜カレーだけど、トマト、にんじん、ブロッコリーにジャガイモかあ。うまそ~だナア!エ~ッ!お向かいの人はスタミナカレーだって?!・・・・横目でチラリ、上目遣いでチラリ。まっ、カツカレーが一番うまいんダ~!って言い聞かせた。(ゴメン!番外編が幅を利かせちゃって・・)
で、会合が終わり、夜の小田急線に乗った。いつも駅で、行ってらっしゃい!なんて呼びかけてる人たちと一緒に、新宿から帰ってきた。確か、「シンユリ」に着いたとき、フト後ろを向いたら、元市役所職員の方がツリ革につかまっているではないか。「あ~っ、ド~モお世話になっています」。「あ~~っ、いつもいつもご苦労さん!」とおっしゃるではないか。この方、九州の同窓会の集まりにいかれたらしい。「いつも見ていますが、今日会えてよかったです。」といわれ、正直うれしかった。そんなに匂わなかったけど、あの笑顔を見ていると、地元九州の焼酎、美味しかったんじゃないかナ。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-23 14:01

「億万長者」   

ちょっと出足が遅かったが、雨降る駅に向かった。「今日は、あいにくの雨ですが・・・」と、マイクを通して話すのも珍しいかもしれない。さて、どんな話をしようかなと、切り始めたのが、今日の朝刊に出ていた「億万長者」の話だった。「今朝の新聞のコラムによると、日本人の億万長者が141万人に達し、世界全体の16%も占めているそうです。私も子どもの頃、億万長者になりたい!なんて、友達にワケも分からず言ったことを覚えてますが、その一方で、今は、所得格差、富めるものと貧しきものの格差がどんどん広がっているのではないでしょうか。小泉政権は、ホリエモンや村上ファンドが儲かるような規制緩和政策やトヨタ自動車が一兆円の純利益を出すような大企業優遇の税制度を進めてきましたが、国民には大増税と社会保障の負担増の押し付け!本当にひどいですネ。億万長者よりも国民のみなさんの生活が向上するように、日本共産党はがんばります。」と話した。んん??と、こちらを向きながら駅へ向かう人。しばらく立ち止まって聞いててくれた人。中には、「ウルセェ~!」なんて人もいたけど・・。ちなみに、億万長者とは、居住目的の不動産を除く資産が100万ドル(約1億1400万円)以上ある富裕層のことだそうだ。ん~~ん。
結局、雨が強くなり、ズボンの下の方がびしょ濡れになってしまった。
朝食を食べにDレストランに寄ったら、わが事務所のKさんがいたので、いっしょに食事をしながら四方山話になった。「亀を店で売ってる人が、知り合いでいるだけどサア」。んん??亀?「うちの長男も亀が好きだったんだよナア」。と、よくよく話を聞いてみたら、長男が見学に立ち寄っていたお店だった。長男は、亀が好きで好きでたまらず、しばしばこのお店に通っていたようだ。が、結構な値段だったので、結局、買ってあげることはできず、安い緑亀でがまんしてくれた。
私が、同じ年の頃は、伝書鳩にはまりきっていたことをフト思い出した。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-22 18:21

「部活は?」。   

久しぶりに朝の宣伝をお休みしたら、「アレッ、今朝はど~したんですか。少し聞いていこうと思ったのに」と、後で、知人から言われてしまった。そ~か、私の話でも、楽しみにしてくれる人がいるんだなと思うと、ん~~ん、また頑張らなきゃ!という気持ちになる。
というわけで、こんなときは、必ず長女のお弁当のおかずを作ってあげることにしている。とはいっても、妻がほとんどのおかずを埋めていたので、わずかなスペースに得意の卵焼きを焼いて入れてあげた。美味しかったかナ?
午前中は、境界確定問題で相談があり、相談者の方と一緒に建設部に出向いた。市の説明にご本人は納得がいかず、引き続き調査することになった。
午後、明日配る「とのむら健一ニュース」を作りながら、未解決の他の生活相談にも取り組んだ。ダメだと思ったことでも、もう一度調べたことで、このケースの場合は、制度の運用が最近変わってきていることに気がつき、再検討してくれることになった。最後まであきらめてはいけない。
で、家に帰ったら、なんか雰囲気がいつもと違う。「部活は?」。「ナイに決まってるじゃない!」。ん~ん、そうか。子供たちが中学の期末テストだということが分かった。2人とも、あきらめないで、がんばってほしいナ。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-21 23:36

三都主(サントス)選手   

今日も蒸し暑いナア。・・なんて思いながら、マイ宣伝カーを沿道に停め、「日本共産党」の旗を立てようと、Oさん製作のノボリタテをヨイショッっと持ち上げた。歩道で何かを待っているおじさんと目が合った。軽く会釈して、「おはようございます」と言ってみた。と、おじさんは、「大変だネエ、議員も」と話し始めたではないか。「仕事ですか?」「う~ん。」と首を左後方に振り向けて、これから待ち合わせて仕事に行くんだと教えてくれた。「私の親戚にも議員がいたけど・・」と、「とにかく、世の中があんまりも悪すぎるから、頑張ってヨ」と言いながら、仕事に向かった。何か私には、「俺も仕事が大変でナア」というフウに聞こえた。
今日の宣伝の中で、私は、「サッカーW杯・日本×クロアチア戦」の話をした。「みなさんの中にも見た人がいると思いますが、1:1の引き分けに終わった後、とっても感動するシーンがありました。それは、日本チームの三都主選手のつった足を抱えてストレッチをしてあげているクロアチアの選手の姿でした。数分前まで、熾烈な激戦の場にいた2人が、動けなくなった相手の選手を助けてあげる姿にジ~ンときてしまったのです。みなさん、国連のアナン事務総長が語ったように、サッカーの試合を通じて平和の架け橋をつくろうじゃないですか。私たち日本国民は、憲法というすばらしいボールで!」と。何人かの通勤者の方の足が止まった。そして、ホンの15秒ぐらいだったけど、聞いていただいた。ん~~ん。
ちょうど、8時も過ぎて、宣伝も終わろうとする頃、一人の男性が近づいてきて、「がんばってください」と缶ジュースを差し入れてくれた。「あっ、ありがとうございます」。「いえ、こちらこそ。先日、佐藤洋子議員に相談に乗ってもらい、助かりました」と。
夕方、参院議員予定候補の田村智子さんといっしょに、町田駅で訴えをした。朝とは違い、聴衆もたくさんいて、リラックスした演説じゃないので、チョット緊張してしまったが、それにしても、41歳の田村智子さん、演説がうまいナア。ん~~ん。イイネエ!
夕方、妻から電話が入り、自転車屋さんが閉店する午後7時までに、中学生の長男の自転車のパンクを直しに、持っていってほしいというものだった。お店のご主人が、タイヤをはずして、空気を入れたチューブを水に入れてみると、「あ~っ、また、穴開けられてますネ」。釘などをひろった自然のパンクではなく、誰かが意図的に開けたものだと。しかも4回目の痕が残っていた。ど~して、こんなことをするのかナア。とても残念でならなかった。いろんな話を自転車屋さんのご主人と息子さんと3人でしているうちに、修理が済んだ。
「この自転車、私(体重○□十キロ)が乗って帰っても、大丈夫ですか?」。「ん~~ん。大丈夫だヨ」。
スイスイ走って、駐車場に戻し、帰宅したら、剣道部の部活でクタクタになって帰ってきた長男が、「アリガトウ」と言ってくれた。「んん・・」。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-20 22:09

「おいしい!」   

あ~~~っ!惜しいナッ!!。「みなさんも昨日の夜は、サッカー・クロアチア戦に息つく間もない90分間だったのではないでしょうか」。「今日から月曜日、寝不足の方もいらっしゃると思いますが、今週も元気にがんばってください。」なんて、言ってはみたものの、やっぱり、引き分けは引き分けだよナア。みなさん、チョット元気がなかったかナ。そんな中でも、相変わらず元気なのが、男子高校生だ。フレッシュでいいネエ。
それにしても、サッカーはあと一歩。本当に残念だったが、最強チーム・ブラジルに果敢に挑んで、勝利してほしいナ。
昨日はというと、昼間、わが家の用事があったため、仕事の方は3時過ぎまでお休みした。時々いく洋食屋さんに、妻と2人で入った。妻は、豚のショウガ焼きにポタージュスープ。私は、カツカレーにコンソメスープにした。妻曰く、「このポタージュスープおいしいネエ」。よく、テレビの旅番組で出演者が料理を食べるときのコメントが話題になる。「このお肉柔らかいネ」とか、「全然生臭くないヨ」とか言う人がいるけど、私は、「おいしい!」に勝る言葉はないと思っている。本当においしかったら、「これは、ウマイヤ!」などとなるはずだが、妻は、本当においしかったらしい。
昨日は、その後、「とのむら健一ニュース」を作った。日本共産党市議団が、今議会に提出した「乳幼児医療費助成の一部を改正する条例」が継続審査になったことを伝える内容にした。あと、2歳分の財源、8600万円を優先して活用して、子どもたちのためにも実現をと訴えた。
そ~いえば、今朝、いつも電車で町田にくる0さんが、「散髪行ったの?」「・・・えっ?」「○□行ったの?」(いろんな音に混じって良く聞こえない。)「床屋行ったの?」(ようやく聞こえた。)「あっ、ハイッ!」と、だいぶ離れてしまったOさんに答えた。2ヶ月ぶりにカットした私の髪の毛、ど~やらフレッシュに見えたらしい。
[PR]

by ken-tono | 2006-06-19 09:37