<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧   

年度末で仕事が忙しくなってきたのかな?   

朝、新聞を見たら、最低気温が8度とある。おっ、これは楽だなと思いながら、外へ出た。ややヒンヤリはするものの寒くはない。駐車場から宣伝場所に着き、ノボリの準備をして皆さんが来るのを待った。
6時半のおじさんがやってきた。私のハンドマイクの脇に置いたビラを入れた袋が目に付いたらしく、「そのゴミ片付けといて・・」「あっ、ハイ!」。・・・・・・・、んん??おじさん、今日のビラが入った私の大事なグッズなんだけど・・。きっと、おじさんには、単なるゴミに見えたのかもしれない。私は、心の中で、またもや「ハイ!」と言ってしまった。
そのすぐ後に続くようにして歩いてくる、トコトコちゃんとお友達の姿が見えた。2人に向かって、「おはよう。気をつけてね!」と、ありきたりの言葉を掛けた。それでも2人は、顔、後方になってしまった私の方にひねるようにして、まさに後ろを向きながら歩いていった。
いつもだと、ややしないと来ないはずの両国勤務のお嬢さん、いつもよりも早い時間に、しかも今日は、やや早足でやってきた。いつもと違い茶系のロングコートを着てきた彼女に、「今日は早いよね・・」と声を掛けた。「ええ・・」といいながら笑顔で出かけていった。
またまた、いつになく早かったのが、ヒゲのお兄さんだった。「早いですねぇ」と言うと、「最近、駅から職場まで歩いてるんですよ」「職場は何処なんですか?」「○○線の□□駅で降りて○○分ぐらい歩くんですけど」「そうですか」「廃校になってしまった県立○○高校を使ってるんですよ。○○高校って、娘さんがやっているブラスバンドがすごくて、いつも入賞していた学校ですよ」・・・と。
ん~ん、わが長女がブラスバンドに入っていることを知っててくれて、チョット嬉しくなった。
いつも走ってくる元気なお兄さんが、今日もすごい勢いで駆けながらビラを受け取ってくれた。
そして、新橋勤務のお嬢さんもお母さんといっしょにいつもより早くやってきた。「おはようございま~す!」と元気よく出かけていった。
とにかく今日は、いつもより早く来た人が多かった。
年度末で仕事が忙しくなってきたのかな?
[PR]

by ken-tono | 2007-02-28 09:28

「いつもどこから乗るの?」   

「今日は寒いかなぁ?」「ん、暖かいよ」「よっし、張り切っていくか!」・・・・。
いい具合にM銀行前が空いていたので、すぐに宣伝をすることが出来た。
ノボリを立てていると、プップッ~とクラクションの合図が。振り向くと、原町田で商売をしているIさんだった。
3月議会が始まったので、今日も本会議があり、日本共産党市議団の議会に臨む内容を話した。
しばらくすると、最近会っていなかったオンリーワンのお兄さんの顔が見えた。今日もいつものように「寒いよ!」といいながら缶コーヒーを差し入れてくれた。「ありがとうございます。気をつけて・・」と見送った。
・・・と、高校生の数がドンドン増えてくる中、桜美林高校の2人が下りてきた。「おはようございま~す」「おはようっ」。2人ともいつもと違うマフラーを巻いてきた。どうやら、少し暖かくなってきたせいか、小さめのに換えたようだ。「いつもどこから乗るの?」「ソコのバス停です」・・・どうやら聞き方が悪かったようだ。「ゴメン。電車はどこから乗るの?」。「あっ!」と、「私は北見です」「私は海老名です」。「そんなに遠くから来てるんだぁ」。「ハイ!」・・・。「行ってらっしゃ~い」と2人を見送った。
久しぶりにいただいた缶コーヒー、とても美味しかった。
今日は本会議で市長の施政方針が述べられる。07年度予算の提案も行われる。市民の目線でしっかりと議会の審議に臨みたい。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-27 09:15

英字新聞で包まれた花束   

いつになく寒い朝となった。そのわりには車のフロントガラスは凍っていなかったため、すぐに駅に向かった。
ノボリを準備してしばらくすると、私学に通う高校生がやってきた。「おはようっ!」と元気よく声を掛けると、ちょっと遅れてしまったのか、会釈をしながら急ぎ足で駅の階段を下りていった。
「寒いですねぇ」と年輩の男性が、「よくがんばるなぁ!」と車のフロントガラスを開けて声を掛けてくれた。
ややして、本町田のMさんが、いつものように「がんばるねぇ!」と言いながらやってきた。Mさんは、自分で育てたものなのか英字新聞でくるんだ赤や黄色やピンクの花束をかかえていた。
手がかじかむほど寒かったが、Mさんの色鮮やかな花束がチョットした温もりを感じさせてくれた。
今日は月曜日なので、古橋よしやす都議予定候補とともにマイクを握った。今朝のしんぶん赤旗を紹介した。40~64歳までの介護保険料が、月2000円を超えるようになったという厚生労働省の調査内容だ。定率減税の廃止で増税を押しつけ、さらに介護保険料の負担増、家のローンを払い、子どもたちの教育費、親の介護の負担など、この年代の人たちにとっては大きな負担になる。大もうけをしている大企業に応分の税負担をしてもらうことによって、国民に負担を負わせる政治を変える必要がある、と訴えた。
「都知事には吉田万三さん、都議には古橋よしやすさん、そして、日本共産党を!」と支援をお願いした。
・・と、「おはようございます」と中学生の女の子から声がかかった。よく見ると、長女の同級生のお子さんだ。そして、お母さんも。どうやら、最近、引っ越しをしたらしく、長女と同じこれまでの中学に通うお嬢さんをバスセンターまで送りに来たということだった。しばらくは、町田駅から中学までバス通学ということになるわけだ。
手をこすりながらの宣伝も終わり、近くのコーヒーショップでトーストセットを注文した。パクパク食べていると、ガラスの向こうに桜ヶ丘勤務のお嬢さんが見えたので、トーストを食べながらの挨拶となってしまった。
とにかく、今朝は本当に寒かった。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-26 09:48

「エライねぇ~!」   

昨夜は相当冷え込んだのではないだろうか。いつになく夜中、目が覚めトイレに行くことに。そうは言いながらも、今日は、ゆっくりとした朝を過ごした。
長男は、テストの勉強、長女は、妻のバイクでどこやらへ出かける様子。私は、Oさんと地域を回る予定だった。
Oさん宅に行ったら、まず、Kさんのところへいこうということになった。小さなブティックを開いているKさん、アパートのオーナーでもある。「こんにちわ~」とお店に入ると、すぐにKさんが出てきた。・・・と、2,3秒してもう一人女性が出てきた。ん~ん、見たことがない方だと思っていたら、「紹介するね。2階に引っ越してきた○◇さんで、料理の先生だよ」と。「ケーキとかフランス料理とかとっても上手で美味しいんだよ。Oさん、一緒にやらない!」と。
作品を写真にしておいてあったが、確かにうまそうに見える。さっそくOさんは、「うん、ヤルヤル!」ということになった。肝心の用件を話す前に、Oさんも私も、大好きな料理の話の煙に巻かれてしまったのだ。
とにかく、Oさんが挑戦するフランス料理に期待しよう。
で、その後、あちらこちらを回りながら、かれこれ昼になってしまったので、Oさんと別れ、私は、原町田のラーメン屋に入った。チェーン店だと思うが、以前行ったときには、確か、「とんこつラーメン」だったような気がする。ところが、いつの間にやら「シナそば」にのれんも変わっているではないか。ん~~ん??、でも、働いているバイトの店員は同じ顔だなぁ、と思いながら、とにかくそのラーメンを食べた。正直言って、味は、違うような気もするし、似ているような気もするし・・・といった感じだった。
で、その後、A理容店に寄ってみた。
お~~っ、いるいる!上のお孫さんだ。私がお店のドアを開けるなり、「いらっしゃいませぇ!」と。「エライねぇ~!」と私は、彼女の頭をなでてあげた。
ご主人と二言三言話した後、「じゃ~またねぇ。バイバイ~ッ!」と手を振った。
・・・・私は、当然、彼女が「バイバイ~ッ」とかわいい手を振ってくれるものと思っていたのだ。
返ってきた言葉は、期待通りの「バイバイ」ではなくて、「また来てください!」だったのだ。
ん~~ん、さすが、商売をしている床屋さんのお孫さん・・。
それにしても・・・・と思いながら、私は、またもや、「エライねぇ~!」と、頭をなでてあげたというわけだ。
A理容店に立ち寄った、ほんの数分間の出来事だった。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-25 19:49

「話しかけないで・・」   

昨夜から電線がヒュ~ヒュ~とうるさいぐらいに鳴っていたが、強い風は今朝まで続いていた。外に出て、駅に向かい、M銀行前にスムースに駐めることが出来たので、早速宣伝を始めた。
とにかく風が強く、空気が冷たい。
バタバタと音を出してたなびく日本共産党のノボリのそばで、いつになく力みながら訴えていると、原町田で商売をしているのSさんご夫婦がニコニコしながらやってきた。「おはようございます。お出かけですか?」「ええ・・」と、バスの発着所に向かっていった。
背中を通りぬける車からプップッ~とクラクションが鳴るので振り向くと、見知らぬご夫婦が手を振ってくれている。マイクで「ありがとうございます」と返事をした。
私学に通う高校生が入れ替わり立ち替わりバス停に向かっていく。・・・と、そこへいつもの桜美林高校の2人がやってきた。「おはようございま~す。がんばってください!」「おはよう!今日も授業なの?」「はい」・・今日も、元気で爽やかな風を吹かせてくれた。
さて、わが家の子どもたちは、来週から期末試験らしく、長女も長男も机に向かって必死に勉強している。「どう、調子は?」「話しかけないで・・」「はい・・・・」。
という私も、3月議会の一般質問の準備にいよいよ入ってきた。
来週の今頃は、試験が終わった子どもたちから、「お父さん何やってんの?」と聞かれ、「んん、話しかけないで・・」とツイ言ってしまうかもしれない。
今日は、この後、街中で古橋よしやすさんと一緒に宣伝だ。
んん、風は止んだかな?
[PR]

by ken-tono | 2007-02-24 10:44

「15の春は泣かせない」   

昨夜の天気予報では今日は雨模様といってたので心配していたが、大丈夫そうだ。いったん駐車場に駐め、グッズを持ってデッキに向かった。明け方前、灰色のアスファルトの上を路線バスが滑るようにこっちに向かってくる。黄色に点ったフォグランプの光がとてもきれいだ。
で、やはりまず出会ったのは6時半のおじさんだった。今日は、「上を向いて歩こう・・」ではなくて、まっすぐ私の方を見ながらやってきた。3月議会の内容を書いた市議団ニュースを渡すと、いつもはあまり取らないおじさん、「んん、なんだぁ?」といいながら受け取ってくれた。
二番手は、トコトコちゃん。どうやら今日はお友達の姿が見えない。お父さんと一緒だった。「今日は一人なの?」「ウン!」。その一言の間に遅れてしまったトコトコちゃんは、駆け足でお父さんに追いついた。
次にやってくるのが両国勤務のお嬢さんなのだが、結局今日は姿を見せなかった。
そして、ヒゲのお兄さんも・・・。
で、いつもよりやや早く来たのが、新橋勤務のお嬢さんだった。今日は、お母さんと一緒に元気に出かけていった。
ちょうどその後、古橋よしやす都議予定候補が、「今日は予定を変更して来ました」と、突然現れた。
さて、今日は、都立高校の受験日だったようで、受験生らしい子どもたちを見かけた。「大雨で電車が止まったりしないといいけどね・・」などと、昨夜妻が心配していたが、どうやら大丈夫そうだ。
ふと、私の高校受験の頃のことを思い出した。大雨ならぬ、大雪の中を長靴を履いて出かけたことを覚えている。私が入学した秋田県立米内沢高校は、自然に恵まれた場所にある。まわりには牧場やたばこ畑、ビールの原料ホップ畑もあった。小型の湖、堤も点在していた。運動部に入っていた私は、毎日、この野山を走り回っていた。
・・・と、色んな思い出が詰め込まれているわが母校もまもなく統廃合になり、無くなってしまう。
そういえば、町田でも忠生高校、今年から入学生を受け入れなくなった。高校受験はますます狭き門になっていく。
かつて、京都府知事だった蜷川虎三さんが、今にも通じるこんな言葉を発したことがある。
「15の春は泣かせない」。
石原都政、「オール与党」都政から、吉田万三さんの都政に変えて、希望する子どもたちが全員高校に進学できるようにしたい。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-23 15:28

まるでセッションのように私には聞こえた。   

外に出て駐車場に着くとフロントガラスが凍っていた。ササッと薄く張った氷を取り払い、急いで道路に出た。太陽の光がまぶしいばかりに私の目に差し込み、ビルを白く照らしていた。
今日は、マイ宣伝カーでの宣伝にした。
いつものように、出入り口で至近距離での挨拶をするのとは違って、やや離れた宣伝カーから話すため、いつもとは違った角度での人々とのふれあいとなる。
Mデパート前と同じように、主に、車に乗って家族を送ってこられる人たちが挨拶をしてくれた。
O夫人が、ワゴン車に子どもを乗せてやってきた。Fさんは、いつもとは違う新しい車に乗って、息子さんを送ってきた。ご商売をされているO社長も運転席から挨拶をしてくれた。
で、今日は、昨日、日本共産党が国会内で記者会見し、発表した「貧困と格差を打開し、暮らしと平和をまもる予算へ」と題した07年度政府予算の組み替え案の内容について話しをした。①定率減税廃止など庶民増税中止や②最低賃金の抜本的引き上げ、③生活保護の母子加算、児童扶養手当の削減中止、老齢加算復活、④国保証取り上げ中止と減免拡充、⑤障がい者自立支援法の応益負担撤回の緊急重点要求を中心に論戦と予算の組み替え動議を提出する考えである、と訴えた。
この内容は、明日から始まる07年度第1回町田市議会においても、ほぼ同じ内容で取り組むことになる。
宣伝が終わり、朝食をと今日は原町田のあるコーヒーショップに入った。いつものホットドックとホットコーヒーのセットを注文した。新聞を見ながら食べていると、見慣れない老夫婦が入ってきた。
何を思ったかご主人は、「こんばんわ!」と発したのだ。「んん?、あっ、間違えたなぁ・・」「ウッフッフッフ・・」と、今までほとんど笑顔など見たことがなかった店員のお嬢さんが思わず吹き出してしまったのだ。
で、何を注文していいのかが分からない様子。「何がいいのかなぁ?」「これなどはいかがですか?」とお嬢さんが勧めたのが、バナナコーンやチョココーンといった小さなパンだった。「ん~ん、なかなかセールスがうまいねぇ」。・・・と、またもや「ウッフッフッフ・・」とツイ笑みが漏れた。
その後も、「ところで、砂糖は何処にあるんだ?」「こちらでございます」「あれっ、これ何処へ片付ければいいの?」「あちらでございます」・・・・という具合に、初めて来たこの老夫婦と店員のお嬢さんとの会話が何ともほほえましかったのだ。
アルバイトのお嬢さんは、あまりの忙しさのせいか笑っているところなど一度も見たことがなかったのに、勝手を知らない老夫婦がお客で来たことによって、一時、店内にホッとする空気が流れたのだ。
そんな2人のゆったりとした会話とスピーカーから流れるジャズトラッペットのリズミカルな調べが、まるでセッションのように私には聞こえた。
んん。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-22 11:59

「みなさん、お互いに運動しましょう!」   

家を出たばかりの時は、そんなに寒くない感じがした。
駅に到着し、スタンバイを終えると、さっそく6時半のおじさんが、やはり天井を見ながらやってきた。大丈夫、鳩は入っていない・・・。ホッとした顔で私のソバにより、何を思ったのか突然「握手!」と手を出したのだ。すんなりと朝の一言が出なかった分アクションに出たというわけだ。
たいがい、そのすぐ後に来るのがトコトコちゃんとお友達なのだが、結局今日は会うことが出来なかった。学校の記念日かなにかでお休みだったのかなぁ?今度会ったら聞いてみよう。
で、次に「おはようございます」と、両国勤務のおじょうさんが、いつものゆったりとした歩き方でやってきた。「少し暖かくなってきましたね」と言うと、「そうですね」と。「気をつけて・・」と見送った。
・・・このときまではまだ暖かかったのだ。
ヒゲのお兄さんも少し後になってやってきたのだが、笑顔でビラを受け取ってくれたが、今日は話題となるネタがなかったのかもしれない。「がんばってください・・」と言って、駅に向かっていった。
・・と、新橋勤務のお嬢さんが来た。今日はお母さんとではなく一人。いつものようにヘッドホーンで音楽を聴きながら来たので、「おはようございます」「おはようございます」「気をつけて・・」・・「えっ?」・・・・ヘッドホーンを外した彼女にもう一度「気をつけて!」と。ようやく聞こえたらしく「はいっ・・」と、いつものように駆け足だった。
そうこうしているうちに反対方向からバス停に向かって学校の先生達や高校生がやってくる。○○小学校、◆◆中学校の校長先生や教師のみなさんがケッコウ通る。かなり挨拶してくれるようになってきた。
桜美林高校の生徒で、友達2人でやってきて挨拶をしてくれる組が2つある。ある方に「おはようございます。同じくラスなの?」と聞いてみたら、「はい、そうです!」と、2人そろって元気な返事が返ってきた。
マイクを握って、今日の話しを始めている頃に、だんだん寒くなってくるのが分かった。急に気温が下がったのか、私がハクション!とくしゃみをすると通行人の方の中からもハクション!と。
両国勤務のお嬢さんと「暖かくなってきましたね」と言ったばかりなのに、どうしたことだろう。手は冷たいし、この冬一番寒かったのではと思うぐらいグ~ンと冷え込んだ。
で、今日の宣伝では、しんぶん赤旗一面記事を紹介し、「大企業の3社に1社 残業月100時間以上」という中労委の調査結果を話した。「偽装請負、長時間労働、サービス残業、ホワイトカラーエグゼンプション・・。サラリーマン、労働者の皆さんの労働条件改善へ日本共産党はがんばります」と訴えた。
また、もう一つは、「大腸ガン 運動する男性 リスク3割減」という記事。厚生労働省の研究班の調査によるものらしいが、「みなさん、お互いに運動しましょう!」とマイクで呼びかけたものの、まずは自分が運動不足だなぁと、自問自答しながらの宣伝だった。
そんな中、町田市は、これまで無料だった基本検診を有料にしようとしている。「無料制度継続へ議会でがんばります」と話した。
さて、昨日は、一般質問通告締め切り日だった。全体で29人、わが党からは5人、私自身、今回の質問は、通算69回目になる。
質問のテーマは、①「自治体本来の役割を担った、市民に信頼される市政を-施政方針に関連して“新庁舎建設より市民生活優先の市政を”」と②「市長の政治資金パーティー事件について、市長の認識を問う」である。
市民の立場に立って、石阪市長に真正面から挑む一般質問にしたい。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-21 09:37

パクパクパクパク・・   

どんよりとした空。わが故郷秋田だと雪が降りそうな天気だが、春が近づく中での寒さという感じがする。
Mデパート前にマイ宣伝カーを停めて宣伝を始めた。
間もなくして、小雨が降り出してきた。通勤通学者のみなさんは、ほとんどがデッキの上を歩いているので、私一人が傘を差しているというアンバランスな光景だ。
デッキの向こう側から合図をしてくれる人、車の中から会釈してくれる人などなど、それぞれに「おはようございます」とマイクを通して挨拶をした。
今朝のしんぶん赤旗では、「勤務医」の過酷な労働実態が紹介されている。日本医労連の調査によるもので、連続した勤務時間が32時間月3回と答えた医師が96%に及んでいる。1ヶ月無休という答えが3割にもなっている。日本共産党は、先頃、医師の抜本的増員を求める政策を発表したが、医師不足の原因は、政府による「医師抑制政策」によるものだ。
この近辺では、多摩南部病院で医師がごっそりといなくなり、辞めてしまった診療科も出ていると聞く。町田市民病院でも、そこまではいかないものの、まだまだ不足している。
けっきょっく、医師不足は、患者である市民に悪影響を及ぼす。日本共産党市議団は、今月23日から始まる3月議会でも、市民病院にける医師や看護師の増員などさらなる充実と無料の基本検診の継続など、市民の命と健康を守るためにがんばっていきたい。
・・・・・・と、そんな話しをした。
さて、昨日は、妻が残業で遅かったため、夜の仕事に出かけるまでの間、家に戻り、子供たちの夕食を作ってあげた。
今夜は、ビーフコロッケにした。長女と長男は、おやつにお好み焼きやたこ焼きを食べていたので、「ん~ん、お腹いっぱいだから、あとで~っ!」と言っていたのだが、揚げたてのコロッケの臭いに釣られて食べ始めた長女、「美味しかったよ」と。
夜、仕事から帰ったら、その後も何度かパクパクパクパク・・、大量のビーフコロッケは随分減っていた。
フゥ~ッ・・・・。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-20 09:24

「もうあんまり寒くなくなったなぁ!」   

東京の最低気温が6度と、実際には、そんなに寒くない朝となった。とはいうものの、小田急町田駅で降りて駅前に出た若者が、「お~っ、寒いなぁ!」と言っていたことを考えると、夜半よりも明け方になって気温が下がってきたのかもしれない。
まず、私学に通う高校生が、今日も決まった時間に現れた。今日も早いなぁと思いながら、「おはよう!」と声を掛けた。
すぐその後、キックボードのおじさんが、「もうあんまり寒くなくなったなぁ!」と言いながらやってきた。「気をつけて!」と見送った。
いつもと同じように、T高校の生徒がわざわざビラを受け取りに来てくれた。
「よくがんばるなぁ!」と激励をしてくれた年輩の方もいた。
そうこうしているうちに、古橋よしやす都議予定候補が来たので、交代でマイクを握った。
今朝のしんぶん赤旗一面トップで紹介されているのは、長野県御代田町長選挙で、長野県で2人目の日本共産党員の首長が誕生した記事だった。日本共産党の町議だった茂木祐司さん(50)が現職を破っての勝利だ。ゆがんだ「同和行政」が行われ、県内一高い国保税などで住民生活が大変な状況になっているなかで、「町政をかえてほしい」という党派を超えた住民の力が、日本共産党の町長を生んだ。
こんどの都知事選と都議補欠選挙も同じことが言える。
んん、がんばり時だ。
さて、明日は、3月議会一般質問の通告締め切り日だ。地方自治体本来の役割と石阪市政の改革を根本からただす質問を準備したいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2007-02-19 09:20