<   2008年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

外では、もう、梅の蕾がほころび始めていた。   

昨夜、天気予報を見ていたら、今日は3月並みの陽気になるとのことだった。
今朝、外に出てみると、いかにも冬らしいスカットした青空にヨモギまんじゅうのような形をした白い月がまだ見えた。
ということで、新聞には最高気温が14度、最低気温が4度と書いてあったので、さぞかし、と思ったが、とんでもなく、体感温度は1度という感じがした。
駅に着き、スタンバイしたが、6時半のおじさんはとうに出かけた後だった。
5分ぐらいして、トコトコちゃん達を乗せたバスが到着した。お姉ちゃんは、本が好きらしく、バス停を降りた後、本を読みながら歩いてきた。マイペースのトコトコちゃんがまず、「おはようございます」と切り出した。私はとっさに、「おはようございます。寒くない?ホント?」と、クリスとの会話のようになってしまった。「うん!」と、コートも着ずに、マフラーや手袋もはめていないトコトコちゃんは元気にそう答え、駅に向かっていった。
A病院に透析患者として通っているおじいさんに、今日もまたまたあめ玉2個をいただいた。「ありがとうございます」と。「昨日の朝いなかったね・・」「はい。深夜まで議会があったものですから」「昨日、ここ通ったらいないから、どうしたかと思って」。ん~ん、何ともありがたいお言葉。「気をつけてくださいね」と見送った。
渋谷勤務のお兄さんがゆっくりと歩いてきた。チラシを受けとるなり、「毎朝ご苦労さまです・・」と。違う場所でもやっているので、お兄さんには毎日会っていないんだけどなぁと思いながら、「行ってらっしゃ~い」と声をかけた。
今朝のしんぶん赤旗の一面の記事がバラエティに富んでいたので、新聞記事にチラチラと目をやっていた。少し見入ってしまい、ふと、視線を上げると、目の前に新橋勤務のお嬢さんがいるではないか。「あっ、おはよう!」「おはようございます」「行ってらっしゃ~い」・・・。お母さんの方はとっくに前を歩いて行ってしまった後だった。
ヒゲのお兄さんがやって来た頃には、イージス艦問題では、2人の救出へ、「軍事優先、隠蔽体質」の防衛省・自衛隊を徹底的に究明するためにがんばります、と力を込めて訴えていた。
今朝のしんぶん赤旗では、イージス艦問題の他に、後期高齢者医療制度を廃止する法案を共産、民主、社民、国民新党の野党4党が衆院に提出したという記事(これは重要!)。W杯ノルディックで夏見まどか選手が銅メダルを獲得した写真。そして、世界卓球準決勝のベルギー戦で、ストレート勝利したときの平野さやか選手の写真が出ていた(平野選手って、強いなぁ~と実感した昨夜の試合だった)。
そして、「潮流」という一面のコラム・随想欄の内容がなかなかだった。天文学の話だ。太陽の一番外側を回っている海王星のさらに外を一週千年かけて回っている惑星を見つけたというのだ。さらに、望遠鏡で実際に発見するのが科学だと。
ところが、イージス艦の方は、あれだけ高性能のレーダーなどの装備を持っていながら、漁船に衝突した。いつ発見したかについて、ウソまでついた。「漁師たちの命の重さを、見ようとしなかったのでしょう」と「潮流」は結んだ。
今日の天気のことに始まり、「潮流」の内容まで紹介し、実に話題満載の宣伝だった。
今夜は、世界卓球女子、日本×シンガポール戦が行われる。
卓球台から離れてのラリー戦が得意の平野さやか選手に注目だ。
外では、もう、梅の蕾がほころび始めていた。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-29 18:53

結局床に入ったのは4時頃だった。   

昨日は、3月市議会の初日。07年度一般会計3月補正予算などの審議、表決が行われた後、議会構成に入った。まず行われたのが、議長、副議長選挙。すったもんだの末に決定したのが、今朝の深夜の2時頃だった。ちなみに、議長には井上正行氏が、副議長には友井和彦氏が選ばれた。
そんなわけで、昨夜、帰宅したのが夜中の3時頃になっていたため、結局床に入ったのは4時頃だった。選挙の開票立会人の仕事があったときのようだった。
当然、今朝の駅頭はお休みにした。朝8時頃、子どもたちが学校に行くので、私が寝ている布団のそばを行ったり来たりしているところで、目が覚めた。
いつもはほとんど早い時間に家を出てしまう私がまだ寝ているので、子どもたちはびっくりしたに違いない。2人とも期末試験が終わったので元気に出かけていった。
今日は、都立高校の合格発表の日とのこと。全員受かってくれるといいんだけどなぁ・・
[PR]

by ken-tono | 2008-02-28 10:57

「勝って泣いた試合は初めて・・」   

昨夜からの風が、ビュ~ビュ~ビュ~ビュ~と朝になっても凄かった。空は雲一つなくスッキリと晴れている。
今日から3月市議会が始まるので、今朝は短めに駅頭宣伝をすることにした。
M銀行前に宣伝カーを着け、ノボリを立てたが、風が強すぎて今にも倒れそうなほどだった。
今日もまた、イージス艦事故のことから話を始めていると、森野のNさんが「おはようございます」とデッキを降りてきた。これから税金の申告にいくところとのことだった。
日大三中の生徒たちがゾロゾロとやってきた。猛烈に風が吹いているのに、みんな元気そうだった。
わが家の中学生の2人は、昨日で期末試験が終わったらしく、のんびりとしていた。「ど~だったの?」と聞いてみると、「ん~ん、そこそこ・・」と。
私は、「あっ、そう・・」と言うしかなく、昨日もまた、世界卓球に夢中になってしまった。途中から見たのだが、対韓国戦、4番手に再登場した平野選手が勝って2対2になり、最後の愛ちゃんが大奮闘して逆転勝ち。昨日もまたまた大興奮の試合だった。
「勝って泣いた試合は初めて・・」とコメントしていた愛ちゃん。ん~ん、格好良かったなぁ。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-27 12:52

小さな手が2つは入りそうな大きな手袋だったなぁ。   

東側は晴れているのに西の空は何やら怪しげな雲が張りがしてきた。いつもの時間に外に出ると、日の出時間が早くなった分だけ、明るくなってきた。
車に乗り、冷え切ったハンドルを握りながら、ラジオに耳を傾けると、女性の経済評論家が、昨今の経済状況について、金の相場と株の価格との相関関係について説明していたが、ん~ん、なるほどと思いながらも正直実感がわいてこなかった。
駐車場に着き、宣伝場所へ駅の構内を歩いていると、野球帽をかぶった6時半のおじさんが改札に向かおうとしていた。「おはようございます」と私が声をけると、気がついたおじさんは、「お~っ、早いなぁ!」と。んん、いつも同じような時間帯に会っているのにと思いながら、「はい・・」と返事をした。
スタンバイをして少ししたら、トコトコちゃん達が来た来た。トコトコちゃん、今までに見たことがない大きな手袋をはいている。「大きい手袋だね?」と言ったら、「ヘッヘッヘッ・・」と受けた様子。さっそく、お姉ちゃんに、「○○だって・・」と教えてあげていた。それにしても、彼女の小さな手が2つは入りそうな大きな手袋だったなぁ。
チラシを受けとった後の渋谷勤務のお兄さん、「行って参ります・・」と、今朝は律儀な言い方だった。
新橋勤務のお嬢さん親子も満員のバスに乗ってやってきた。今日もまた、小さなお母さんを人混みの中から見つけ出し挨拶を。そして、お母さんとは違って背が高い方のお嬢さんにも。
今日も、引き続き、イージス艦と漁船の衝突事故の問題を中心に話をした。報道では、昨日、ご家族とご親族から、漁業仲間の人たちにこれ以上迷惑がかけられないということで、漁船による捜索を打ち切ったということだった。さぞかし無念だったのではないだろうか。
未だに、父子の2人は見つかっていない。漁業組合の仲間のみなさんは、自分たちの操業を休止してまで、この一週間2人の救出のために、寝ずに、手弁当でがんばってこられた。政府は、燃料代や営業保障を出して当然である。ご家族に、「これ以上迷惑をかけてしのびない」なんて言わせていいのだろうか。イージス艦の艦長の事情聴取はいまだに行われていないというが、何と言うことだろうか。
軍事優先、人命無視の自衛隊に改めて怒りがこみ上げてきた。
「2人の早期救出を、真相究明を!」。今日もマイクで訴えた。
いよいよ明日から2008年度町田市議会第1回定例会が始まる。
国の悪政から市民の暮らしを守るため、切実な市民要求実現のため、約1ヶ月間の議会、全力でがんばりたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-26 09:20

「ソウソクトウ」から「愛ちゃん」へ   

低気圧の影響ということで、昨日は、とても寒かった。夜寝たときも、いつもの布団では寒くて、もう一枚と思っている間に寝てしまった。
こんなに寒くても車のフロントガラスは凍っていない。やはり、風が相当吹いていたからだと思う。
出がけに事務所によると、Kさんが一仕事を終えたばかりだった。5分ほどKさんの話を聞いた後、駅に向かった。
駅について、スタンバイして、まずは、たばこの吸い殻の掃除から。
しばらくして本町田のMさんがいつものように元気そうにやってきた。とはいっても、あまりに寒いせいか、「よっ!」と言葉少なく、構内に降りていった。
途中から古橋よしやす衆院予定候補と一緒になり、交代でマイクを握った。2人とも、昨日から今日にかけてとってっも寒いので、「気をつけてお出かけ下さい」と言った後、イージース艦衝突事故のことや後期高齢者医療制度の問題を中心に話をした。
古橋さんの話では、昨日は、多摩市に行って、地元の市議と一緒に訪問活動をしたそうだが、5階建ての団地の階段を上ると下から上に冷たい風が吹き上げて、寒くてしょうがなかったよとのこと。
今朝も、日の出前後の時間帯はかなり冷え込んだけど、宣伝も終わろうとするころ、ようやく少しずつ暖かくなってきた。
沢山の人たちと挨拶をしたのだが、今日は、Mさんに代表してもらうことにした。
さてさて、昨日夜帰宅したら、中国の北京で始まった世界卓球の試合が中継されていた。人気の愛ちゃんを始め、男女とも圧勝だった。
実は、私も、中学、高校と卓球部に入っていたので、卓球の試合は見逃さずに見ている。私が卓球をしていた頃、確か、日本と中国の国交回復の一環として、「卓球外交」というのが行われていたと思う。
今もそうだが、当時も、中国は卓球王国だった。「ソウソクトウ」(漢字を忘れてしまった)というチャンピオンがいて、私も、彼にあこがれて中国式ラケットを購入し、雑誌で前陣速攻型の技術を吸収しようと必至に練習に明け暮れていた。高校2年の時に秋田市の体育館に中国の選手が来るというので、友達3人で、私の親戚の家に泊めてもらい、初めてナマで中国の卓球を見たときは、感動しきりだった。
私にとっての卓球のヒーローは、「ソウソクトウ」から「愛ちゃん」に代わった。
今夜もまた試合が楽しみだ。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-25 09:26

「あれっ、おはよう!」   

今日は、一日勉強会があり、朝の宣伝はお休みにした。
朝、駅の構内を歩いていたら、トコトコちゃん姉妹に偶然会った。「あれっ、おはよう!」「おはようございます」。トコトコちゃんが私に気がついて返事をしてくれた。「今日も学校なの?」「うん!」。
一週間の疲れが出ているのか、トコトコちゃんは小さなあくびをしていた。手を振って分かれた。
昨日が3月市議会の一般質問の通告締め切り日だった。
私は、3月11日、通しで25番目の質問者に決まった。今回の一般質問は、「市民の痛みや願いに心を寄せた真に信頼できる市政に転換を-施政方針を読んで」というテーマだ。
後期高齢者医療制度の問題、沖縄の米軍兵の暴行事件のこと、イージス艦の衝突事故のこと、新庁舎建設よりも市民生活優先のお金の使いかたに転換を、市長の政治資金パーティー事件のことなど、市長の政治姿勢を真正面からただしていきたい。
さて、今日は、シッカリと勉強するか!
[PR]

by ken-tono | 2008-02-23 07:52

「今日は寝坊しちゃったよ」というと、「ヘッヘッヘッッ」と・・   

それなりの時間に起きたのはよかったが、なんやかんやとモタモタしているうちに時間だかが過ぎてしまい、家を出るのが少し遅くなってしまった。
夜明け前の空にオレンジ色の満月が煌煌と輝いていた。やや寒さが残る朝、とにかく駅に向かった。
駐車場から出て、駅の構内を通り、デッキの上にさしかかったところで、トコトコちゃん姉妹と出会ってしまった。2人とも私が歩いてきたことに気がつかない様子。
「おはよう!」と声をかけると、まず、トコトコちゃんが気がついた。お姉ちゃんに、「ほらっ!」と左の肘でツンツンした。私が、「今日は寝坊しちゃったよ」というと、「ヘッヘッヘッッ」と私の言葉が受けたようだった。
スタンバイして、みなさんと挨拶を交わすが、かなり出かけた後だった。
A病院で治療しているおじいさんに、今日もまた、あめ玉2個をいただいた。今日は、いつものピーナッツ飴とのど飴だった。
渋谷勤務のお兄さん、行ってきま~すと元気いっぱいだった。
新橋勤務のお嬢さん、やはり、お母さんが先を歩いてきた。シッカリとご挨拶をした後、今日のお嬢さん、渋いバイオレット系のスカートがとても綺麗な色だった。
今日も、連続してイージス艦衝突事故の問題で話をした。
こんどは、12分前の確認から30分前になった。20キロメートルも離れていたときに、イージス艦は漁船を確認していたのではないか。漁船は、みんなよけていたのに、普段から「そこのけそこのけ・・」とばかりの態度だったのではないか。
今日も、怒りを込めて、「早急に2人を助け出してほしい!」と訴えた。
昨日より少しは暖かい朝となった。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-22 09:07

人の命を風にひらめく木の葉のように軽く考えているのではないか?   

眩しいくらいの朝の太陽。青く澄み切った空と空気が清々しく感じる。
体感温度からしても今朝は温かく感じた。
M銀行前にスタンバイして、マイ宣伝カーから訴え始めた。ガソリンがエンプティーになっていたことも完全に忘れていた。
今日も、昨日に続いてイージス艦追突事故の問題で話をした。
話し始めて間もなく、「寒いよ!」と言いながらオンリーワンのお兄さんがやってきて、温かい缶コーヒーを差し入れてくれた。「ありがとうございます。がんばります」とお礼を述べた。
今朝の宣伝の中で私は自衛隊の幹部のこの問題に対する感覚について改めて話をした。昨日の記者会見に出た河野克俊海幕防衛部長という人が、漁船の視認が、2分前ではなく、12分前に行っていたことが明らかにした。私は、出がけに今朝のテレビで記者会見の様子を見たが、記者の質問に答えていた自衛隊のこの幹部が、せせら笑っていたのには驚いた。
どんな質問が出されたにせよ、未だに、2人の親子が冷たい冬の海の中にいることを考えたら、そんな態度は一瞬たりとも取れないはずだと思った。
一方、テレビや新聞では、必至になって2人が帰ってくることを願って海に向かって叫んでいるご家族、親戚のみなさんや仲間のみなさんの姿が今日も映し出されていた。涙なしでは見ることができなかった。そして、今日も、仲間のみなさんは船を出して捜索にあたっている。海幕防衛部長という人の態度は許せない!と怒りでいっぱいである。
国民の安全を守るはずの自衛隊の幹部は、人の命を風にひらめく木の葉のように軽く考えているのではないか?と強い疑念を持たざるを得ない。
私は、自衛隊に対する怒りを込めて、「一刻も早くお父さんと息子さんが救出されるよう願ってやみません。そのためにも、政府は全力をあげてほしい!」と、今日も訴えた。
「哲大~っ、戻ってこいよ~っ!!」と叫び続けているおばあさんの願いが通じてほしい。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-21 09:24

「そこのけそこのけ自衛隊が通る」   

今朝は、遅めの時間で駅に向かった。外はそんなに寒くなくキリッと晴れた青空がとっても気持ちがいい。
途中、鎌倉街道を今井谷戸方面に向かって快走するスプリンターW先生の姿が見えた。風を切って走る黒と黄色と赤のユニホームヘルメットがまばゆいばかりだ。
Mデパート前の割と良い場所に止めることができた。
今日は、昨日の海上自衛隊のイージス艦とマグロ延縄漁船の衝突事故について、自衛隊に対する怒りを込めて訴えた。
まず何よりも、行方不明になっている父子2人の救出に全力を挙げてほしい。そして、事故原因の徹底究明を。
私は思った。自衛隊は、他の国の侵攻から日本国民を守るという名目で、多額の税金を無駄遣いして、最新鋭のイージス艦を配備し、どんなミサイルも落とせるレーダーを持っているのに、日常的に海で操業している漁船を直前まで確認できなかったとするならば、国民の安全や命を軽んじた操行をしていたのではないか、と。
自衛隊による今回の状況を見ていると、「そこのけそこのけ自衛隊が通る」と言わんばかりの行動を日常的にとっていて、国民を見下していたのではないかと疑いたくなる。
テレビで、勝浦漁港で仲間のみなさんが、親戚の方々が手を合わせて帰ってきてほしいと祈っている姿を見たが、本当に胸がいっぱいになった。
渡辺行革大臣は、こともあろうに、記者会見で、「漁船がテロだったら・・」と述べたそうだが、なぜ、行方不明の2人をまず心配し、救助に全力をと言わないのか、大臣の神経を疑った。
何人かの人たちが手を振ってくれたり、車の中から挨拶してくれたり、立ち止まって聞いてくれた。タクシーの運転手さんも耳を傾けてくれた。
自衛隊は断じて許せない。
そして、一刻も早くお父さんと息子さんが救われることを強く願いたい。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-20 09:20

「沖縄、チョ~よかったよ!!」   

朝起きて新聞に目をやると、最低気温が2度。おっ、昨日よりも暖かいな、と一瞬思った。
朝、事務所に立ち寄ったら、Kさんが朝の仕事をしていた。話し好きのKさん、昨日、近所のファミレスでこんな人にあったんだよと、面白い話を聞かせてくれた。あっという間に5分が過ぎ、10分が過ぎてしまった。
「ごめん!」と私は駅に急いだ。
スタンバイしていたときはそんなに寒くなかった。
・・と、6時半のおじさんがやってきた。「帽子マニア?」のおじさん、今日は、アーミー柄の初めての帽子をかぶってきた。一体何個もっているのだろう?「寒いのに、がんばるなぁ!」と激励をしてくれた。
トコトコちゃん姉妹もやってきた。「おはようございます」「おはよう・・・・」。2人の可愛い顔を見ていたら、言葉が続かず、「いってらっしゃ~い」と言うだけになってしまった。人様のお子さんでご両親には失礼かもしれないが、孫のかわいらしさってこんな感じなのかもしれない、といつも思っている。とにかく無条件で可愛い2人だ。
さて、今日はやはり寒かったと見えて、何人もの方から声をかけられた。
いつもお会いする小柄な奥さんから、「寒いでしょ・・」と。もう一人の、あまりお見かけしない奥さんからは、「寒いのにねぇ・・」と。そして、もう一人初めてお会いした奥さんから、「寒いね・・」というように、それぞれの表現でみなさん激励してくれたのが、とっても嬉しかった。「ありがとうございます」とみなさんにお礼をした。
両国勤務のお嬢さんの黒いシルエットが見えた。最近コンタクトレンズに換えたのか、今日もメガネは外していた。ピンクの手袋から、今日は、水色と灰色のツートンカラーの手袋にこれまたかわっていた。笑顔の彼女に「いってらっしゃ~い」と声をかけた。
渋谷勤務のお兄さんが走ってきてチラシを受けとってくれた。「行ってきま~す」と、今日も元気よく出かけていった。
新橋勤務のお嬢さん、今日もまた、お母さんの方が2~3㍍先を歩いてきた。小柄なお母さんなので見失わないようにまずご挨拶を。お嬢さんの方は、相変わらずの笑顔で元気そうに駅に向かっていった。
昨日、わが党の市田書記局長が、記者会見で、「大企業から国民・家計に軸足を移し、日本経済を立て直す予算に-2008年度予算の抜本的組み替えを要求する」という提案を明らかにした。今朝の宣伝では、その主な内容を紹介した。また、27日から始まる町田市議会第1回定例会にむけた日本共産党市議団の立場も話した。「国の悪政に立ち向かい、市民生活を守る自治体に。大切な市民のお金は、新庁舎建設よりも市民生活優先に使うべき」と訴えた。
国政問題と市政問題を交互に話して、ちょうど、沖縄の米軍兵の暴行事件について話しているときだった。
良く知っている忠生高校の生徒が友達といっしょに歩いてきた。そうか、沖縄に修学旅行に行ってたんだっけなと思いだし、「沖縄どうだった?」と彼女に聞いてみた。
「沖縄、チョ~よかったよ!!」とすぐに返事が返ってきた。
国内の米軍基地の4割が沖縄に配備されているほど、沖縄は米軍基地の島である。しかし、南部地域を中心にして「沖縄戦」での日本軍による集団自決の強要があった壕が無数に存在し、戦争の傷跡が今でもシッカリと残っている。
彼女たちは、きっと、「ひめゆりの塔」も訪ねたに違いない。自分たちのおばあさんにあたる人たちは、当時、彼女たちと同じ17~18歳だったのだ。歴史の真実に触れたとき、時代を飛び越えて心が揺り動かされたに違いない。
「人の命を大切にする社会」は、決して戦争によっては生まれないということ。
米軍兵による少女暴行事件起きたのも、基地があるこの沖縄である。
「今度、写真見せてあげるね!」と言ってくれた高校生。
どんなところがよかったのか、次に会ったときに聞いてみようと思う。
んん。
[PR]

by ken-tono | 2008-02-19 09:34