<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

「はい。ギリギリかも?」。   

今朝も宣伝をすることにしたが、少しゆっくり起きて駅に向かうことにした。
妻は仕事で、長男は、友達と高校の説明会に行くらしく早く起きてきた。
わが家の“早起き娘”長女は、来週から期末試験が始まるため、今日の部活はお休みというわけで、ぐっすりと夢の中だった。
昨日の嵐のような天候とは打って変わり、穏やかで暖かくなった感じさえする。
駅のM銀行前に到着した。
「みなさん、昨日、厚労省が派遣労働者の解雇や雇い止めによって失業する人の数(今年の10月から来年3月まで)を発表しました。なんと、3万人です。トヨタ自動車など、輸出型の大企業での解雇が多く、期間契約社員だった私の知人の中でも、1人は、11月中旬に解雇、もう1人は、今年いっぱいで仕事がなくなります。自分の儲けだけしか考えず、労働者の“首”を切る大企業は、あまりにも非人道的です。解雇は止めよ!雇用の確保、正社員化を求めて日本共産党はがんばります」と訴えた。
遠くの方から、ニコニコしながら駆け足で向かってくる女性が見えた。桜ヶ丘勤務のお嬢さんだった。「おはよう!」「おはよございます」「今日も仕事?」「はい。ギリギリかも?」。確かに、いつもの時間良し少し遅かったが、土曜日も仕事だったのか、と思った。彼女は、何時も元気で爽やかだ。
宣伝を続けていると、見覚えのある中学生がやってきた。長男の友人で同じ剣道部員のNくんとお母さんだった。「おはようございます。どちらへ?」「私学の説明会に。早く決まってくれといいんですけどね」と。
私も、Nくんのお母さんと同じ心境だ。
午前中、生活と健康を守る会の会合に出た後、お昼、モコモコに寄り、何時ものカレーを食べた。
ん、そういえば、と思って聞いてみた。
「タイとインドで騒動がありましたが、カレーの食材確保に影響はないんですか?」「今回のことではないようですけど、“汚染米”問題で輸入に影響がでて、タイ米が確保できなくなってきました。これまで購入していた大手商社は、値段を倍以上につり上げてきたために、とても手が出ず、タイ米を扱っているほかの業者を探したところです」と。
ココナッツミルクなども高くなって困っているそうだ。同じようなカレー屋さんが倒産し始めている、とも。こういうところにも大企業の横暴勝手が行われていることが分かった。
それでも、モコモコのタイカレーは旨くて健在だ。
がんばってほしい。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-29 13:44

「濡れちゃうよ!!」   

雨音が聞こえる。
身支度を済ませて外に出ると、ザァ~ザァ~の雨ではないか。しかも冷えている。
小走りに駐車場に向かい、車に乗り込んだ。
駅についても強い雨。
スタンバイしてみなさんを待った。
小柄な奥さんが「雨で大変ですね」と言いながらチラシを受けとってくれた。
6時半のおじさんが大勢の人たちの中から突然現れ、「濡れちゃうよ!!」と励ましてくれた。職人のおじさんらしい言葉に感謝した。
駅の方から来た見知らぬ男性が、「がんばって!」と声をかけてくれ、勢いよくJRの方向へ歩いていった。
トコトコちゃん姉妹の姿が見え隠れした。「おはよう。気をつけてね」「うん」。傘を持っていたのは、妹のトコトコちゃんだけで、お姉ちゃんは手ぶらだったが大丈夫かな?と思いながら見送ると、トコトコちゃんが振り向いた。バイバイと手を振ると、可愛い手を振って笑顔で出かけていった。
会う人会う人が、「寒いですね」の連発だった。
長女も元気に通っていった。「行ってらっしゃい」と目で合図した。
霞ヶ関勤務のお嬢さんがニコニコしながらやってきた。
黒とパープルの組み合わせだったが、また違うデザインだったような気がした。
インドで武装集団による「同時テロ」が起きている。日本人がまたもや犠牲になった。心からご冥福をお祈りしたい。志位委員長が記者会見で述べたように、いかなる理由があろうともテロは断じて許されない行為だ。
タイでもインドでも紛争やテロが続いている。そして、イラクでも、アフガンでも無実の人々が戦争とテロの犠牲になっている。
戦争と暴力のない社会の実現へ、道理を尽くして世論に訴えていかなければならない。
今朝の土砂降りの雨が、世界の多くの人々の怒りの涙に見えた。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-28 09:00

「ほぅ・・・」と口ずさんだのだ。   

早く起きすぎて、二度寝してしまった分、家を出るのが遅くなってしまった。
駅に着き、掃除をしたあと挨拶を始めた。
ポニーテールのご主人が、私は気がつかなかったのに、向こうから挨拶をしてくれ、その僅かな動きに気がついて私も挨拶をした。
藤の台団地のTさんがやってきて、「ちょっといいですか」と立ち止まった。「がんばってますね」「はい」などと会話を始めたとたんに、顔見知りの人たちが次々とやってきたため、Tさんとの話は半分で、ほかの方達に挨拶をしながらということになってしまい、Tさんには悪いことをしたと思っている。
本町田のMさんもそんな中に顔を出した。「よっ!」と右手を挙げて駅に降りていった。
元柔道部員の青年、元ガソリンスタンドの従業員だった人が、「ご苦労さまです」ですと言って通っていった。
マイクを通して、12月市議会で取り上げる私の一般質問の内容を話した。
①市民病院問題と②市長の政治資金パーティー事件の2つのテーマで質問しますと言った後、ちょっと詳しく説明をした。
②の市長の事件については、「石坂市長は、事件当時使っていたシステム手帳の日程の記載内容を、証拠物件として押収されることが分かっていながら改ざんしたしたのです。現職市長として社会的道議に反する重大な行為であり、許せない問題だと思います!」と話したら、ちょうど目の前を通りかかったサラリーマン風のご主人が、「ほぅ・・・」と口ずさんだのだ。
市民に信頼ある市政の実行を約束したはずの石坂市長は、自ら信頼失う態度をとり続けているのだ。
真実は必ず明らかになる。
明らかにしなければならないと思っている。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-27 10:12

氷点下の北海道に戻った彼と手を携えて。   

ブログの改装とか修理とか何やらで、午前中は“不通”状態でした。
今朝はというと、出発時間を遅らせて、長女を駅で降ろし、Mデパート前で宣伝をした。
少しずつ太陽が出てきて、駅前の道路も暖かくなってきた。
麻生首相は、国会の会期を延長し、新テロ特捜法延長法案と新金融機能強化法案の2法を通す構えで、第2次補正予算は1月の通常国会に出す考えのようだが、2つの悪法は通させるわけにはいかない。また、定額給付金は白紙撤回し、国民の暮らし、雇用の抜本的支援策を打ち出すべきだと思う。
そんな話をした。
車の中から手を振って応援してくれた方が何人かいた。
さて昨日は、12月議会の一般質問の通告締め切り日だった。
私は、2つのテーマにした。①市民の命と健康を守る地域医療と市民病院の充実を②市長の政治資金パーティー事件の真相を問う、である。
シッカリと準備をして思いっきりがんばりたいと思う。
またまた今日の話に・・・。
午後、事務所に寄ったら、以前生活相談にのってあげたことがある青年が来ていた。
彼は、派遣労働者として長年働いてきた人だ。2ヶ月前、働いていた自動車産業の会社の雇い止めを受けて失職していた。短期間生活保護を受けながら、別の会社で働き、寮に住んでいた。
昨日の話では、その会社でも期間契約が切れて、事実上解雇され、またもや失職してしまったのだ。
そして、生活再建へ相談しようと思っていた矢先、なんと郷里の実家から急遽電話が入り、「お父さんが今日亡くなった」と悲しい知らせが届いたのだ。
悪いことがどうしてこんなにも続くのだろうか?
「元気を出してがんばっていこうよ!」とみんなで励ました。
彼は、明日の飛行機で北海道に帰る。
一度職場を解雇された派遣労働者や期間社員の人たちが、再就職できるような職場は、いま、ほとんどない。
人間らしく生きていくことができる社会に変えていかなければ・・・。
氷点下の北海道に戻った彼と手を携えて。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-26 21:33

「この間のイカの塩辛、旦那が釣ったんじゃなくて、スーパーで98円で買ったんだよ」。   

スッと目が覚めた。
外は寒かったが、雲に覆われていた分、昨日の余熱が残っていた。
駅に着き、準備が終わった頃、まず来たのが、サングラスのお兄さんだった。「おはようございます。寒いよ」「寒いですね」「お金もないけどね」「がんばってください」。「おっ!」と手を挙げて駅に向かっていった。
6時半のおじさんも来た。「冷たいのになぁ!」と、こんなに寒いのに良くやるよなぁと言わんばかりに声をかけてくれた。
小柄な奥さんが、「寒いですね。風邪引かないように」と、今日も激励してくれた。
トコトコちゃん姉妹が見え隠れした。トコトコちゃんは、今日も国語の授業で使うらしい文庫本を携えてきた。「おはようございます」。よく見たら、大きな手袋をはめていたのはお姉ちゃんの方だった。「手袋なくて大丈夫?」「寒い!」「行ってらっしゃい!」「うん!」。ハッキリと大きな声で、笑顔で話してくれた。
「寒いのにご苦労さまです」と、渋谷勤務のお兄さんはコートなしで歩いてきた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんはたぶんお休みだったんじゃないだろうか?今朝は見えなかった。
そのころ、ヒゲのお兄さんが音楽を聴きながらやってきた。
わが長女も通ったはずだけれど、あまりの人の多さに見失ってしまった。
霞ヶ関勤務のお嬢さんの方は来たのが見えた。今朝は、黒とバイオレットの洋装で、いつもの笑顔で元気そうに出かけていった。
昨日、憲法9条をまもる運動を進めている「9条の会」の全国交流会が都内で行われた。今朝は、主にその話をし、「憲法と平和を守るためにともにがんばっていきましょう!」と訴えた。
ちなみに、「9条の会」は現在、全国に7294団体なったそうだ。
燎原の火のように広がっている。
さて、昨日、Oさんと地域を回った後、「野菜をもらったから仕事の帰りにでも寄って」というので、夜、Oさん宅に立ち寄った。
大根、ブロッコリー、白菜、人参、生姜が入った大きな袋に、「O農園で採れた八頭、煮てあるから・・・」といただいた。
帰ってから食べた八頭はとても美味しかった。
そういえば、Oさん曰く、「この間のイカの塩辛、旦那が釣ったんじゃなくて、スーパーで98円で買ったんだよ」。
「ん、そうだったの!?」
それにしても塩から旨かったけどなぁ・・・
[PR]

by ken-tono | 2008-11-25 08:58

“コバユリ”さんのコラムなかなか面白いなぁ・・・   

朝の宣伝をお休みにした分、ぐっすりと寝てようかなと思ったけど、結局、目がさめてしまった。
元厚生次官宅殺傷事件の犯人と思われる人物が自首してきたと昨夜のテレビで見たが、朝テレビをつけたら、その男が逮捕された、と。真相はこれから明らかにされると思うが、断じて許されない事件だ。
長女が今日も部活だということで、お休みの妻と2人で送っていき、カフェで朝食をとりながらこの1週間を振り返った。
長男は、火曜日が期末試験の最終日らしく猛勉強中?のようだ。
長女は、試験はこれからで、12月には演奏会が2つあるらしい。
妻は、夕方、職場の友人と食事に行く、と。
それぞれの日曜日。
私は、午前中、原町田地域をOさんやUさんらと訪問した。
途中、Iさんに会ったら、町内にある消火器がいたずらされて困っていると話していた。
1丁目のまちだ天満宮のソバを通ったら、濃紺の半被を着た男の人たちが沢山いて、家族連れでにぎわっていた。
「七五三」だったのである。
神社の神主さんに、「健康で、頭の良い子にあるように」と念じてもらったかどうかはわかないけど、子ども達もご両親もジジババもみんないい顔をしていた。
街中に戻ると、写真屋さんが長蛇の列だった。
どうやら、みなさん安いところを探してきたようだ。
一仕事を終えて、帰りにA理容店に寄ってみた。
常連客らしい方がもうすぐ終わるところだった。
「そう言えば、先週、“大運動会”とかいうのがあったんだよね。見に行ったんですか?」「ん~、大だか小だか分からないけど、たいしたことなかったよ」「お孫さんたちは?」「ん~、行ったと思うけど・・・」と、あまり関心がなかった様子。
「じゃ、また!」と、大した会話もせずに、顔だけ出して外へ出た。
モコモコに寄って、昼食。
「いつもの下さい!」。
“タイカレー・チキン・目玉焼きのせ”を食べながら、“コバユリ”さんのコラムなかなか面白いなぁと“OUT RIDER”というバイク雑誌を眺めた。
さて、午後、Sさんとまた、一回りするか・・・。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-23 14:51

クリスの笑顔はいつもハッピィそのものだ。   

ぐっすりと眠れた。
長男は、期末テストの真っ最中。
長女の方は1週間先らしい。
外に出た。
明るくて、ヒンヤリとして実に静かだ。
車に乗り、ラジオを付けると、スポーツコメンテーターが、「オグ・シオ」ペア解散の裏事情を解説していた。
駅前はガラガラだった。
M銀行前にとめて、真っ青なドームに向けて思いっきり訴えを始めた。
「みなさんの暮らしがこんなに大変になってきているというのに、大企業は“首切り”、大銀行は“貸し渋り”、大資産家は“減税”。そして、国民に対しては、わずかなバラマキ給付金のあとの“消費税増税”。一体誰のための政治でしょうか?国民のみなさんの生活を応援してくれる政治にかえていきましょう!」と。
60歳ぐらいのご主人が、「風邪引かないように、がんばってください」と声をかけてくれた。
藤の台団地に住んでいるTさんが駅の方から歩いてきたが、私に気がつかない様子。「Tさん!」と大きな声にようやく振り向いてくれた。「いつも、良く声が通りますよ」と励ましてくれた。
来た、来た!
真っ赤なブルゾンを着たクリスが、英会話教室の個人レッスンを終えて、受講生の女性と一緒に駅に向かってきた。
「GOOD MORNING」「おはようございます」。握手したクリスの手は温かい。
「がんばってますか」「はい、がんばってます」「元気で!」・・・
しばらくして、駅からクリスがまた戻ってきた。
別の男性の生徒さんと教室に行くためだと思う。
「がんばって!」。またまた、手を振って、笑顔で応援してくれた。
さて、昨夜、ある会合に出るために駅のソバの会場に入った。
妻から電話が来た。「会議始まった?」「ん?まだいいよ」「駅前のコンビニに沢山の人が入っていて、玄関の所に警察官がいっぱいいるけど、もしかして人質強盗じゃないよね?」「えっ、そうなの?分かった、ちょっと聞いてみるね」。
と、私は、周りの人たちに尋ねてみた。「すぐソバのコンビニに強盗でも入ったの?」「あ~、あれ、ドラマの撮影で、お客はエキストラだったみたいよ」「私が弁当買いに行ったら撮影にご協力をって張り紙してあったよ」「なんだ、撮影だったのか・・・」。
たまたま、駅前をオートバイで通った妻が、事件の捕物帖と勘違いをしてしまったのだった。
元厚生事務次官宅の事件があったばかりだったので、ドラマの撮影と知らなかった私たちは、つい早とちりをしてしまったというわけだ。
それにしても、ドラマまでもが物騒になってきた。
ハッピィなドラマが多くなるように、この社会を変えていかなければという思いである。
クリスの笑顔はいつもハッピィそのものだ。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-22 10:12

「国語の授業で使うの」   

「寒いよ、今日は!」。
外に出ていた妻がいきなり言った。
スッキリと晴れた空である。今日もまた吐く息が真っ白だ。
車に乗り、エンジンキーを廻すと、昨日、ふと聞きたくなって借りてきた竹内まりやの『駅』が途中から流れ始めた。
駅に着き、少しタクシーの流れを待って準備を終えた。
6時半のおじさんが来た。「寒いのにがんばるなぁ。暖かくしてくれよ・・・」「はい・・・」。“そればかりは・・・”、という顔をして私が応えると、おじさんは、“そうだよな”という表情で笑っていった。
小柄な奥さんも、「寒いですね。風邪引かないように」と励ましてくれた。
吐く息は白く、下から冷たい風が吹き上げてくる。
サングラスのお兄さんは黒っぽいコートの前を開けながら元気そうに歩いてきた。「寒い寒い。寒いよ。風邪引くよ!」と、同じように心配してくれた。
トコトコちゃん姉妹の姿が見えた。妹のトコトコちゃんは暖かそうなマフラーを巻いて、右手に文庫本を持ってやってきた。「おはよう。何の本?」「○○○○」「ん??」。良く聞き取れなかった。「国語の授業で使うの」「そう。いってらっしゃい!」「うん!」。どうやら、私に教えたかったようだ。
長男の学校の剣道の先生が「おはようございます」と目の前に現れた。
渋谷勤務のお兄さんとヒゲのお兄さんにチラシを渡した。「寒いですね」とお兄さん達。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんも長袖の外套を羽織ってきた。
「国会の方は会期末になってきました。わが党は、政府が、深刻な国民のみなさんの暮らしを具体的に支援するようがんばります。また、今日、第4回定例市議会が告示されます。会期は、11月28日から12月19日までですが、市民のみなさんの切実な要求実現に全力でとりくみます」と訴えた。
いすゞ自動車は、1400人の非正規労働者全員の解雇を発表した。今朝のしんぶん赤旗が一面で取り上げたが、あまりにも非人間的なやり方だ。自らの企業の儲けを確保するために不要な労働者を切り捨てる。こんなかって放題なやり方を許しておくわけにはいかない。
「日本共産党と連帯してがんばりましょう!」と呼びかけた。
長女が、行ってきま~すという顔をして通っていった。
バレー部の女子高生も、ゴルフ部、柔道部の男子高生も元気そうに、みんな笑顔で出かけていった。
霞ヶ関勤務のお嬢さんは寒かったと見えて、首にヒョウ柄の襟巻きを巻いて、笑顔で挨拶をしてくれた。
T大附属の女子高生も、かけていたマスクを外して「おはようございます!」と元気に声をかけてくれた。
とにかく、超、チョウ寒い朝だった。
フッ・・・。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-21 09:40

「母を連れて、また来たい」。   

いやはやなんとも寒い朝だった。
18日の朝、宣伝を終えてから出かける用事があったため、昨日の朝の宣伝とこの2日間のブログはお休みにした。
それにしても、一昨日の朝が暖かかっただけに今朝は寒すぎた。
長女と一緒に外に出ると、吐く息が真っ白。空は真っ青に晴れ渡っていた。
駅で長女を下ろし、Mデパート前に宣伝カーを着けた。
快晴だが、太陽の光はビルの壁にさえぎられて、駅前の車道には大きな影が落ちたままだ。
寒いなぁ!と思いながら、駅を往来する人たちに元気に声をかけた。
2日前、さいたま市と中野区で起きた元厚生省事務次官宅殺傷事件のことを、私は、出先で知り驚いた。現時点でこの事件は、“政治テロ”と断定されていない。しかし、仮にそうだとした場合は、断じて許されない卑劣で残虐な行為である。憲法は、国民の言論の自由を定めているが、それに真っ向から反し、妨害する行為だと思う。亡くなられたご夫婦の冥福を祈るとともにに、重傷を負ったご婦人の回復と早期の真相究明を願ってやまない。
今朝の宣伝ではそのことと併せて、“迷走状態”の自民党と民主党の話もした。日本共産党は、地に足をシッカリと付けて、国民のみなさんの苦難の解決のために国会でも市議会でも、またみなさんとの運動でも奮闘している。
昨日の衆院厚労委員会では、共産党など野党4党が共同提出し、参院で可決された後期高齢者医療廃止法案の審議がいよいよ始まった。来年4月の廃止をめざして、「廃止法案」可決のためにがんばりたい。などなどという話をした。
車の中から、手を振ったり、頭を下げたりして挨拶をしてくれた方が何人かいた。
自転車整理の作業をしていたおじさんが、「いやぁ、寒くなってきましたね。がんばってください」と激励してくれた。
後半になって、ようやく陽が差し始め、暖かくなってきた。
そういえば、昨夜のテレビで、歌手の伊藤ゆかりさんと園まりさんの2人が、秋田を訪ねる旅番組に出ていた。
ん?どこかで見た鉄道だなと思ったら、秋田内陸縦貫鉄道(角館~鷹巣)の一両編成の電車に乗っていたのだ。車窓から見る渓谷と紅葉に興奮気味な2人。
「都わすれ」という一件宿はすばらしく、乳頭温泉郷は、私もなんども足を運んだ温泉だ。
会話を聞いていて、ん~ん、と思ったことがあった。
園まりさんは、かつてはアイドルだったがブランクがずいぶんあるらしい。歌手をやめてからは、どんな人生だったのだろうか。
彼女は、秋田の自然に思いがけなく感動しながら、自分を振り返っていたように見えた。
おそらく、山や川が空気が、そしてそこで暮らしている人々が、苦労した自身の人生を深く包み込んでくれる気がしたのではないだろうか。そんなふうに私には見えた。
「母を連れて、また来たい」。
園さんが発した、しみじみとした言葉に秋田の優しさを感じた。
今年は、秋田に、もう初雪が降った。
・・・・・・。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-20 10:27

ヨーグルトを食べていた川上さんと同じ表情だった。   

朝、シャワーを浴びて出てきたら、長女がもう起きていた。早起きである。
今日は暖かそうだ。
外に出てみると、夜明け前の綺麗な空になっていた。柔らかな群青色が西の空から東の空にかけてグラデーションのように少しずつ薄くなっていく。
まるで餡まんのようにふっくらとした半月の光が、赤、白、黄色の菊の花びらを照らし、朝の静けさの中でこの2つが妙に自己主張している。
昨日は、東京女子マラソンはラジオで聞いた。35㎞まで、独走していた渋井選手がつぎつぎと追い抜かれ、尾崎選手がマラソン2度目で優勝したのには驚いた。
夕方4時から、作家の川上未映子さんがパミール高原で暮らすタジク族の生活を取材した「天のゆりかご」という番組があるので、これはみたいと思っていたが、かなわず、Sさんにビデオ録画をお願いした。10分ほどだけ見たが、大阪出身の普通の若い女の子のようだが、彼女の言葉の表現に興味を抱いた。山羊の乳を搾ってつくったヨーグルトを振る舞われ、「ピリピリしているけど、ウマイ!」と、真っ白なヨーグルトを何度も食べていた。
・・・・、ま、そんなことを車に向かって歩きながら思い起こしていた。
駅に着き、何時ものように軽く掃除をしてから、挨拶を始めた。
T高校生くんの2番目のお兄さんがやってきて、「おはようございます」と声をかけてくれた。
と、背が高く、坊主狩りの野球部員が、シッカリと頭を下げて挨拶をしてくれた。見ると、肩から提げたバッグに「都立K高校」と書いていた。
ポニーテールのご主人は、ほかの人の影になったため、2度も挨拶をしてくれた。
本町田のMさんも元気いっぱい歩いてきた。健脚そのものである。「よっ!!」と右手を挙げて駅に降りていった。
バイオリニストの父娘にも声をかけていただいた。お嬢さんは、白の毛糸のマフラーを巻いていて、とても暖かそうだった。
木曽町のFさんの息子さんも、送ってきたお父さんも、丁寧に挨拶をしてくれた。
今朝は、古橋予定候補と、G8の問題、定額給付金、消費税増税の問題などを中心に話した。
宣伝もそろそろ終わるかなという時間帯になって、少し寒くなってきた。
そう言えば、と、思い出した。
昨日、Oさんからいただいた自家製の「イカの塩から」がとっても美味しかったことを。
ご主人が釣ってきた新鮮なイカだが、まったりとしたはらわたの中に柚の香りが漂っていた。
「これ、美味しいね!」
「ん、Oさんの自家製だよ」
「ん、美味しいよ!」
妻の箸は、何度も塩からの容器に伸びた。
ヨーグルトを食べていた川上さんと同じ表情だった。
ん。
[PR]

by ken-tono | 2008-11-17 09:17