<   2009年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

「俺の仕事もどうしようもねえけどな・・・」   

昨日、天気予報が外れた分、今日は朝からしっかりと雨が降っている。
起きて、しんぶん赤旗を開くと、まず、一枚の写真が目に飛び込んできた。沖縄の普天間基地から飛び立つ11機編隊の米軍ヘリである。「まるで戦場」と赤旗は表した。
そして、「日米核密約認める 元外務次官が実名証言」という記事が載った。朝日新聞にも一面に出ていた。
87~89年にかけて外務事務次官を務めた村田良平氏(79)が、名前を明らかにして、「核密約の引き継ぎを受けた」と証言したのだ。
自民党政治の下で、アメリカいいなり、軍事優先の政治が進められてきたが、「米軍ヘリ」と「核密約」問題は、まさに今度の衆院選挙の大争点の一つ、日本が米国との軍事同盟から抜け出し、自主自立の外交に切り替えるかどうかが問われる重大な中身だと思う。
駅に行ったらその話をしようと思いながら、駅に向かった。
いよいよ、土手のしだれ柳は生気がなくなってきた。
M銀行前に難なく着けることができた。
バスから降りて駅に向かう人たちに挨拶を始めた。
小柄な奥さんにチラシを渡した後、すぐに、6時半のおじさんがやってきた。「自民党はどうしようもねえな」。おじさんの言うとおりだ。「俺の仕事もどうしようもねえけどな・・・」と。んん。
Mちゃんが早い時間にやってきた。
「核密約が・・・」と話し始めると、霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんが沢山の人たちに混じってきたのが見えた。「おはようございます」と会釈をした。
いつもの時間よりやや遅れ気味に、長女がやってきた。
集団の中から突然長身のクリスが現れ、すぐに握手!「おはようございます」と挨拶を交わした。
霞ヶ関勤務のお嬢さんもすっかり良くなったようで、今日は、元気に声をかけてくれた。
Yちゃんが大部遅い時間に来たけど、あの笑顔を見たら、「遅いね・・・」とは言えず、「おはよう!」と声をかけた。
途中、止んだと思った雨が、またしとしとと降っていた。
秋田の田んぼに降り注ぐ梅雨の雨を思い出した。
都議選告示まで3日である。
[PR]

by ken-tono | 2009-06-30 09:23

しばらくぶりにトコトコちゃんに会って、元気を一杯もらった。   

昨日の日中はとても肌寒かったのに、またもや寝苦しい夜だった。蒸し暑さで途中で目が覚めてしまった。
ん??起きたら、雨ではなく快晴だった。
急いで駅に向かった。
1本旗を立て終わったところへ、トコトコちゃん家族がやってきた。お母さんの車から降りた3人。お父さん、お姉ちゃん、トコトコちゃんの順番だ。「おはよう」「おはようございます」。私の目を見ているトコトコちゃんに、「元気だった?」と聞くと、「うん!」という元気な返事が返ってきた。
お姉ちゃんとは会っていたが、彼女とは久しぶりだからだ。
続いて、がっちりとした体格のT大生くんのお兄さんが来た。
ポニーテールのご主人、今日のクリーム色のネクタイがしゃれていたと思う。
今朝は、細野りゅう子さん、古橋よしやすさん、Tさん、私の4人で宣伝をした。今評判の細野りゅう子さんのチラシをTさんが随分配ってくれた。
バイオリニストのご主人もやってきた。
昨夜の蒸し暑さとは打って変わって、何と爽やかな澄んだ空気だろうか。
しばらくぶりにトコトコちゃんに会って、元気を一杯もらった。
都議選開幕までスパートだ。
[PR]

by ken-tono | 2009-06-29 09:15

今朝は、冷たいウーロン茶を差し入れてくれた。   

カゼぎみの長男は、まだちょっと調子が悪そうだ。
私は、暑くて、寝汗をかいてしまった。
新聞を取ろうとドアを開けると、外は気持ちよく晴れている。
シャワーを済ませ、身支度をして、駅に向かった。
M銀行前は、タクシーが並んでいた。
少し待って宣伝を始めることができた。細野りゅう子さん、古橋よしやすさんらと交代でマイクを握った。
私が車の方で作業をしていると、後ろから肩を叩く人が・・・。ん??と振り向くと、オンリーワンのお兄さんだった。今朝は、冷たいウーロン茶を差し入れてくれた。「ありがとうございます」「おっ・・・」と手を挙げて駅に向かっていった。嬉しい限りである。
できたばかりの細野りゅう子さんのビラを通る人たちに配った。
「政治を変えなきゃダメだよ」「はい、がんばります」・・・年輩のご主人が一声発して通っていった。
一昨日、歌手のマイケル・ジャクソンさんが50歳の若さで亡くなった。かつて、男兄弟で結成したジャクソン5のボーカルを務め、澄んだ伸びのある声とダンスで魅了したマイケル。
ジャクソン5の頃の自分に戻りたかったのではないか、と思った。
「帰ってほしいの」。
あのデビュー曲を、もう一度天国から歌ってほしい。
[PR]

by ken-tono | 2009-06-27 09:21

「大丈夫!」   

古代のフルートの話を妻が長女にしたら、長女はビックリしたようだった。
長男は風邪気味でちょっと熱が出たらしく、昨夜は、早々に寝ていた。
大丈夫かな?と思いながら、家を出た。
駅に着き、準備を済ませると、次々とバスから降りた人たちが駅に向かってきた。
6時半のおじさんが来た。「そろそろだな。看板立ててたぞ」「そうですね。よろしくお願いします」
わが長女と、友達のMちゃん、Yちゃんも元気そうに通っていった。
霞ヶ関勤務のお嬢さんがやってきたので、「大丈夫?」と聞いてみると、「大丈夫!」と元気な返事が返ってきた。
午前中、Oさん、Tさんと地域を回った。
その後、Oさんが、「お昼、家に寄って、うどん食べていく?」というのでそうすることにした。
ご主人が埼玉の川越出身で、地粉のうどんに汁が美味しかった。味噌仕立てでゴマ、山椒の葉、シソの葉、生姜、ネギなどが入った冷たい汁に付けて食べたうどんは、なかなかいけた。
こんな暑い日には最高のご馳走だった。
[PR]

by ken-tono | 2009-06-26 16:41

青い地球の再来を、古代のフルートが呼びかけているようだ。   

幸いにも雨は降っていない。
今日は、M銀行前で宣伝することにした。
森野のYさん親子は今日も一緒に出勤だった。
テレビでは、宮崎県知事が自民党から衆院選に出馬するのかどうかで、随分時間を割いていたが、マスコミは、今度の総選挙や都議選の争点はなにか、有権者のみなさんがどういう政治を求めているのかを報じてほしいと思う。
駅でもそんな話をしながら、私なりに今回の都議選と総選挙の争点、日本共産党と細野りゅう子さんの政策を訴えた。
駅の宣伝を終えて、クリーニング屋さんに立ち寄った後、今日も市民の方の相談があったので市役所に来た。タクシーの運転手をして生活費を稼いでいたが、ガンの手術をして仕事を休んでいるため、生活が厳しくなってきたということだった。奥さんと娘さんの3人家族だが、全員病気になり、大変な状況だということが分かった。どのような支援が可能か、解決のために力になりたいと思う。
さて、今朝のしんぶん赤旗に面白い記事が載っていた。
「3万5000年前音楽楽しむ骨製 フルートドイツで発見」と。
シロエリハゲワシの骨を使ったとみられていて、ドイツ南西部のホールフェルス洞窟から見つかったそうだ。
長さが21.8㎝で太さが8㎜だと。
現代の金属製のフルートと違って、細くて小さいようだが、古代人が夜空の満天の星を仰ぎながら吹いた音色は、はたしてどのような音だったのだろうか。
オオカミやライオンなど動物の鳴き声が聞こえる中で、人間が作った楽器から奏でられる音は、まか不思議な世界を演じていたに違いないと思った。
当時のような澄み切った青い地球の再来を、古代のフルートが呼びかけているようだ。
[PR]

by ken-tono | 2009-06-25 10:28

岩手、青森、秋田の東北勢がそろって演説を   

土砂降りの雨。
長女を最寄りの駅まで送ってあげてから町田駅に向かった。
路肩は結構水たまりができていて、注意をしないと歩行している人たちにしぶきをかけてしまいそうだった。
雨が止まない中、演説をした。
自民公明政権は、昨日、「骨太の方針2009」を閣議決定し、来年度の予算編成の中で、2200億円の社会保障費の自然増分は認めるが、抑制方針は続ける考えを明らかにした。
結局、自民公明は、2年後には消費税増税路線突入というわけだ。同時に、民主党だって、4年間は増税しないというだけであって、その後はやらない保障はなく、経団連には、消費税増税も、大企業補法人税減税も約束済みなのだから、大なり小なりだと思う。
私は、日本共産党は、企業団体献金、政党助成金を受けとらず、消費税は食料品の減税を行わせます。大企業優遇税制をやめて、大型公共事業、軍事予算のむだ遣いをやめさせて、国民生活と社会保障が安定した社会をつくります、と訴えた。
先日、日本共産党のビラを見た方から、相談にのってほしいという電話があり、宣伝の後市役所に行き、Aさんの話をうかがった。結核で倒れて療養中の息子さんのことと、ご自身の生活のことが相談の中身だった。私は、すぐに、必要なアドバイスをして、午前中には一応の解決をすることができた。
その後、またもや町田駅に向かった。
細野りゅう子さんと、彼女の応援に駆けつけてくれた高橋千鶴子衆院議員といっしょに街頭演説をするためだった。
高橋千鶴子衆院議員は、比例東北ブロック選出の議員である。生まれは秋田県で、育ったのが青森県。細野りゅう子さんが岩手県出身で、私が秋田県出身、と。
岩手、青森、秋田の東北勢がそろって演説をしたのだった。
「阿仁マタギだね。いいなぁ~」。
「国民のみなさんの暮らしを守る政治にかえていきましょう!」
高橋さんも、気持ちよく、力強く演説をしてくれた。
[PR]

by ken-tono | 2009-06-24 20:20

「お~、すごいなぁ!がんばれよっ!」   

今日も蒸し暑い。
子どもたちがまだ寝ている中、そっと家を出た。
傘は必要ないようだ。
ラジオも充分聞かないままにもう駅に着いた。
少しタクシーの移動を待ってスタンバイをした。
しばらくして、トコトコちゃん姉妹と同じバスに乗って来ていたおじいさんと、6時半のおじさんが一緒にやってきた。同じバスなのだと思う。
「都議選は3人か?」「はい。今のところ定数が3で5人の争いです」「お~、すごいなぁ!がんばれよっ!」「はい!!」
都議選も目前になり、有権者のみなさんに激しい動きが見え始めてきたのだと思う。
「晴れてよかったですね」。渋谷勤務のお兄さんは元気に出かけていった。
Mちゃんが早々とやってきた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんも、沢山の人たちの隙間から顔を覗かせて挨拶をしてくれた。
「都政には、日本共産党の細野りゅう子さんをぜひ!」と訴えた。
長女も来た。
T大附属高校生さんがいつもの笑顔で通ったあと、霞ヶ関勤務のお嬢さんが続いてきた。
マスクをしている。珍しいなと思った。
ん??という顔をして彼女の方を見ると、「湿疹が出てしまって・・・」とわざわざマスクを外して見せてくれた。かわいそうなことに赤くなっているのが分かった。「お大事に・・・」と見送った。
いつもの元気そうな笑顔だった。
今日は、市議会の最終日の本会議が行われる。
そして、あとは、まず、都議選に向かってまっしぐらとなる。
細野りゅう子さんの初当選に向かって。
[PR]

by ken-tono | 2009-06-23 08:24

「おもしれぇじゃん!ハッハッハッ・・・」   

先週の土曜日の朝は、私、細野りゅう子さん、古橋よしやすさん、Kさんの4人で駅頭宣伝をした。
さっそく、オンリーワンのお兄さんが、ホットの缶コーヒーを差し入れてくれた。
ありがとうございました。
仕事がお休みだった妻と、朝食を外でとった。
どうしても子どもたちのことが話題になる。子どもたちと一緒に考えたり、悩んだりしながらゆっくりと前に向かって進んでいると思う。
さて今日は、あまりの蒸し暑さで起きてしまった。
支度をして、車に乗り、駅に着いた。
駅の入口は、たばこの吸い殻が沢山落ちていてあまりにも汚かったため、掃除をした。多分昨夜からのゴミだと思う。市民や駅前を利用する方々は、綺麗にしようというマナーを大切にしなければならない。同時に、駅事業者は、入口付近を早朝から掃除してほしいと思う。
ノボリを準備していたところに、トコトコちゃん家の車が到着し、お父さんとお姉ちゃんが降りた。やってきたお姉ちゃんがキョトンとした顔で私を見ていたので、「妹さんは?」と聞くと、「お休みです」と答えてくれた。病気じゃなければよいのだが、と思った。
ポニテールのご主人も挨拶をされて、駅に降りていった。
バイオリニストのご主人が奥さんの車から降り、しばらくして、いつも一緒に降りるお嬢さんが、別に歩いてきた。
キックボードのおじさんが来るのが見えた。よく見ると、最近、キックボードを乗っていないことに気がついた。
にこっと手を挙げて駅に入っていった。
10分ほどしてまた戻ってきた。「志位委員長とオバマ大統領、手紙のやり取りしたんだって?」「そうなんですよ」「おもしれぇじゃん!ハッハッハッ・・・」
そういえば、やはり先週の土曜日、本町田のMさんに、ご自宅の前でお会いしたが、今日もまた来なかった。
元気そうだったが、車だったので、「最近お見かけしませんね?」と聞くことが出来なかった。
今度会ったら聞いてみなければ・・・
[PR]

by ken-tono | 2009-06-22 09:08

Mちゃん、Yちゃん、長女の順番で通っていった。   

昨夜は遅かったので、2人の子どもたちはとっくに寝ていた。
で、朝起きたらまだ2人は寝ている。
静かに出て行こうと思ったが、けっきょく、シャワーを浴びて、ドライヤーをかけて、ドタバタとうるさかったのではないだろうか。
駅にはやや早目に着いた。
それでも、いつもお見かけする方が沢山通る。
仕事がなかったのか6時半のおじさんは来なかった。
クリスが下の歩道を通っていくのが見えた。
今日は珍しく、Mちゃん、Yちゃん、長女の順番で通っていった。Yちゃん、何か用事があったのかも知れない。
霞ヶ関勤務のお嬢さんも・・・。
それにしても今日は蒸し暑い。
今夜は子どもたちが起きているかな?
[PR]

by ken-tono | 2009-06-19 12:40

庭のナスが1個だけ色づいていた。   

庭のナスが1個だけ色づいていた。どうやって食べるのだろうか?なんてつまらないことを考えながら脇を通った。
駅に着き、すぐに宣伝を始めることができた。
話し始めると、オンリーワンのお兄さんが来るのが見えた。
「おはようございます」「がんばって・・・」。陽に焼けた顔で、温かい缶コーヒーを差し出してくれた。
「ありがとうございます」。笑顔で駅に入っていった。
私が話している間に2人の子どもたちが駅を通っていったと思う。
今日は、駅の宣伝を早目に終えて、市役所の前で、高嶋議員、佐々木議員らといっしょに宣伝をした。
普段、いっしょに仕事をしてよく知っている職員の人たちと挨拶を交わしながら元気に訴えた。
ドイツ人のMさんのご主人とは久しぶりにお会いした。
そういえば、最近お子さんとは会わなくなったが、どうしたかな?
[PR]

by ken-tono | 2009-06-18 13:47