<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧   

「ぴしっと決まっているよ」   

穏やかな朝である。
私の背丈ほどある紫色の菊の花を横目で見ながら駐車場に向かった。
駐車場を半周し、朝陽の方向へ宣伝カ-を走らせた。
あっという間に駅に着き、すぐに定位置に止めることができた。
スタンバイをしながらバスから降りてくる人たちに挨拶を始めた。
小柄な奥さんが「がんばってください」と言いながら最初の一枚を受けとってくれた。
Mちゃんがマスクをしてかなり早い時間帯にやってきた。「早いね!?」「うん・・・」。いつもと違って、どうも元気がなさそうだった。
I先生も反対側からやってきた。
ヒゲのお兄さんは笑顔でチラシを受けとり、今朝は会話無しで駅に向かっていった。
髪の毛が少し薄めのご主人は、「いよいよだね!」とタスキを見ながらそう言った。
団地住まいの奥さんは、「いいね!」というので、「え???」と返事をすると、「ぴしっと決まっているよ」と背広を指さして、さらに、「がんばってね!」と声を掛けてくれた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんがやってきた。この時間帯に通行する人の数が急激に多くなる。小柄なお母さんに僅かな隙間から挨拶をした。
Yちゃんがやってきて、1分後ぐらいに長女が通った。
昨日の国会では志位委員長が代表質問をしたが、その内容を話した。
建設的野党として、国民のみなさんと力を合わせて、政治を変えるときである。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-30 11:20

最近の新人   

朝、長女の弁当のおかずを作ってあげた。どうも気に入っているらしい。
家の前のしだれ柳は、心なしか元気がなさそうに見えた。
駅に着くと、先客がいたので場所を変えて宣伝することにした。
このところたばこのポイ捨てが少ないなと思っていたが、今朝は元に戻って増えていたので掃除をした。
木曽町のFさんの息子さんが来たので、「行ってらっしゃい」と見送った。
大田勤務の奥さん、相変わらずの笑顔は仕事譲りという感じだ。
ハンドボール部員の高校生が元気よくやってきた。
と、いつもは今日の出入り口を使わないはずの霞ヶ関勤務のお嬢さんが、突然現れた。
「おはようございます」「あれっ、今日はどうしたんですか?」「車で送ってもらったんです」「そうですか。行ってらっしゃい」
バスに間に合わなかったようだ。
ライトグリーンの鞄をさげたT大学生君も来た。最近授業時間が早いのか、早目に見かけるようになってきた。
「おはようございます」。元気な姿を見るととても嬉しい。
最近の新人として、K大附属の高校生君が登場した。そのうち会話ができればいいなと思っている。
市の職員OBだった方が駅から上がってきて、「あれっ??」と私のタスキに注目。「感じるものがありますね」と話してくれたが、いよいよか!と受け止めてくれたのだろうか。
今朝は、「新政権のもとで、代表質問が始まり、日本共産党の志位和夫委員長は今日代表質問に立ちますよ。ぜひ、注目していただき、あとでご覧になって下さい」と訴えた。
そして、町田市長市議選の争点と日本共産党の政策も訴えた。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-29 09:26

ペダルをこぐお母さんも元気そうだった。   

昨夜は少し早く家に帰ることができたので、長男の要望に応えて“自家製餃子”を作ってあげることにした。
残っていたキャベツと白ネギに、買ってきたニラ、きのこ、そして美味しそうな豚挽肉を材料にして速攻で作った。25枚入りの餃子の皮2袋で50枚分だったが、長男30個、長女10個、妻と私が4個ずつの内訳である。
「あ~~~っ、食った!食った!!」。長男は大満足だった。
残りの2個は、今朝、長女の弁当に入れてあげた。
今朝の宣伝は、Mデパート前にした。
時間をずらしたので、駅では、ほかの方2名がそれぞれ宣伝をしていた。
米軍普天間基地の移設、新基地建設問題から話を始め、揺れ動く新政権の発言も紹介しながら、共産党は、「新基地建設ノー!」「アメリカ軍は本国に帰ってほしい!」という沖縄県民の立場に立ってがんばっていきますと訴えた。
元本屋さんをしていたKさんの息子さんが通り、手を振って激励してくれた。
車からクラクションを鳴らして挨拶してくれた方も何人かいた。
自転車に乗って保育所にむかう母子も目の前を通り、お子さんが「おはようございます!」と元気よく声を掛けてくれた。ペダルをこぐお母さんも元気そうだった。
宣伝当初は空も曇っていて、やや肌寒かったが、お日様が出てくるとグングン気温も上がり始め、ポカポカ陽気になってきた。
宣伝を終え、後片付けをし、車に乗り込んで、昨日購入したばかりの宮本笑里(えみり)さんというバイオリニストの新作CDを聞いた。
『Dream』・・・
研ぎ澄まされた音色に聞き入ってしまった。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-28 12:14

ニコニコ・・・・、ジ~ッ・・・・   

台風一過。真っ青な空が蘇った。
そんなに寒くないよなと思いながら駅に向かった。
駅に着き、たばこの吸い殻を片付け、さて挨拶をと思いきや、何やら怪しい雰囲気が周辺に漂ってきた。
昨夜の通行人の嘔吐物をめがけて、カラスの集団が黒山の塊になって待機しているではないか。
約20羽ほどのカラスの目線は、私の足下にある“獲物”に集中している。
もし、一斉に降りてきたら宣伝所ではない。私は、とっさに、そばにあった濡れたスポーツ新聞を見開きに広げ、嘔吐物の上にかぶせた。そして、絶対に近寄らせないぞという意志をカラスに示した、つもりだった。
カラスも去る者で、あきらめて飛び立ったかと思いきや、さらに仲間を連れてきて、挑発してきた。
30分ぐらいの間に2~3回繰り返し、にらめっこが続いたが、とうとう、カラスの方があきらめて退散した、ということがあったのだ。
この間、私は、通行人の方々に挨拶をしながら、一方で上を見上げてはカラスをにらむ。
ニコニコ・・・・、ジ~ッ・・・・
その間に沢山の人たちが通った。
まずは、トコトコちゃん親子3人。2人の笑顔にホッとした。お姉ちゃんの方は、ズーミンのマスコット人形をカバンに付けていたが、あっ、私の車に付いているのと同じだ、と思った。
元柔道部員のお兄さん、秋なのにTシャツと、元気がいい。
いすゞを解雇された期間工労働者のおじさんが、夜勤の仕事?を終えて返ってきたところだったが、今どんなところで働いているのか聞くことは出来なかった。
ポニーテールのご主人もやってきた。
T大学生君のお兄さんも声をかけてくれた。
本町田のMさんは、「早いね!」と激励してくれた。いつもと同じ時間なのだが?
木曽町のFさん、大田区勤務の奥さんも向こうの方から声を掛けてくれた。
カラスもいなくなったので、のびのびと宣伝をした。
昨日から、新政権の元での初めての国会が始まった。建設的野党として、日本共産党が出番の時である。
国会論戦と国民の皆さんとの運動で政治を動かしていきたい、と訴えた。
2月の市長市議選では、市民犠牲、新庁舎建設優先の石阪市政とそれを支えた自民、公明、民主の政治の継続ではなく、市民の命・暮らしを守ることを最優先にした市政の実現、不要不急の新庁舎建設の中止を求める日本共産党の市議予定候補5名の全員の当選へご支援を!と訴えた。
そして、この4年間、日本共産党市議団は、市民のみなさんと運動を進め、「税金は、新庁舎より市民生活に」のスローガンをかかげながら、介護保険料やゴミ袋代の値下げ、市民病院の差額ベッド料の無料化、小中学校耐震補強の5年間前倒し完了など、市民要求実現できたことも話した。
終了10分前、妻からメールが入った。
もう少しだけ話して、宣伝を止め、メールを見た。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-27 15:53

「寒いですね?」   

昨夜から降ってた雨が朝になっても続いていた。
支度を済ませてっそとに出ると、風もあったりしてけっこう寒い。
私は、この秋初めてジャンバーを着てしまった。
駅に着き、ノボリを準備したが、風は強く、雨は冷たく、通行人の方々も肩をすぼめて歩いていた。
小柄な奥さんに会った。「久しぶりですね?」「そうですね」「がんばってっください」「ありがとうございます」
1週間会わないと「久しぶり」になってしまう。
ヒゲのお兄さんもやってきた。「寒いですね?」「そうですね」」「がんばってっください」「ありがとうございます」
最初の一言を除くと、だいたい同じような会話になる。
トコトコちゃんと同じバス停から来るおじいさんが、立ち止まり、「家の建て替えで大変なんですよ」と。どうりでこのところお会いしなかったが、そういうわけだったのかと納得した。
「毎朝ご苦労さまです!」と、渋谷勤務のお兄さんが元気な口調で話してくれた。
Mちゃんが通り、長女が通った。
I先生は、風邪がすっかり治ったと見えて、元気な笑顔で挨拶をしてくれた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんの姿は見かけなかったが、お嬢さんがやってきた。流行の?バイオレットの洋装が映えていた。笑顔で出かけていった。
藤沢勤務のお嬢さんは、今日もまたまた携帯で話をしながら挨拶をしてくれた。彼女はいつもあのパターンなのだ。不思議である。
今朝は、今日から始まる臨時国会のことを中心にしながら、沖縄の米軍新基地のこと、来年2月の市長市議選の争点、政策を話した。
台風の影響か?
今年一番の朝の寒さだったのではないだろうか?
みなさん、お互いに、風邪をひかないように気をつけましょう。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-26 09:18

「いよいよ、選挙本番ですね!」   

昨夜は、NHKの「プラタモリ」という番組が面白くつい最後まで見てしまった。
銀座が散歩の舞台だった。300年も昔の東海道が銀座のど真ん中を通っていたり、見覚えのあるビルの裏路地が実は古い路地で残されていたり、と。最初は興味がないと言っていたタモリさんが、グイグイ銀座の魅力に引き込まれていく様がとても面白かった。
さて、長男は、今日が中間テストの最終日かな?私が出る頃、長男はまだク~ク~。長女は目を覚ましていた。
駅に着いたはいいが、なかなかタクシーが動かず、苦労した。都合、30分ぐらいかけて定位置まで移動することが出来た。
そんなわけで、早い時間に駅に到着していたのだが、いつもお会いする人たちに会えなかった。
ようやく会うことが出来たのが、ヒゲのお兄さんだった。
「いよいよ、選挙本番ですね!」「そうですね」
私のタスキを見たお兄さんが励ましてくれた。
Mちゃんが元気そうにやってきた。
長女に続いてYちゃんもやってきた。
トヨタの派遣工再募集の問題、沖縄の米軍敷地建設の問題などを話した。
「米国よりも沖縄県民を向いた政治を!」と訴えた。
医療、介護労働者が昨日、都内で集会、パレードを行ったが、「社会保障の充実、負担軽減、労働者の待遇改善を」と訴えた。
先日、市内の特養ホームや市民病院を視察してきたばかりなので、リアルな実態と改善策について話すことが出来た。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-23 09:25

おばさんは、まだTシャツ姿だった。   

私が起きてドタバタしていると、娘が起きてきて、しばらくして息子が起きてきた。
ゆっくりと支度をして出かけた。
雲一つ無い晴れきった空だ。
車で駅に向かうと、東の空から差す朝陽がとてもまぶしい。
駅に着き、タクシーの後に並んで順番を待ち、ややして宣伝場所であるM銀行前にたどり着いた。
澄み切った空気なのでマイクで話していても声が真っ直ぐ通る感じがする。
生活保護の母子加算制度復活と引き替えに高等学校等就学費・学習支援費が削られようとしている問題について、「削減はすべきでない」と訴えた。
ヒブワクチンの公費接種が出来るようにと新日本婦人の会のお母さんたちが赤ちゃんをダッコして国会要請に来た。日本共産党国会議員団が3万名の署名を受けとった。「政府に対して、町田市に対して、ヒブワクチンの公費助成を求めてがんばります」と訴えた。
森野団地のYさんの奥さんが挨拶をしてくれた。
日大三中の生徒たちが「おはようございます」と声をかけてくれた。
小柄なおばさんがニコッと笑っていった。
駅方面から市内の職場に向かっていたサラリーマンの方が何人か会釈をしてくれた。
午前中の仕事を考え、早目に宣伝を切り上げ、まずはクリーニング店に行き、溜まっていたYシャツやスーツをだした。
アルバイトのおばさんが、私の車が着いたのを見て、だしていたYシャツをカウンターに用意してくれていた。
「寒くなりましたね・・・」「そうですね」「がんばってくださいね」「ありがとうございます」
私は、冬用の背広に衣替えしているのに、おばさんは、まだTシャツ姿だった。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-22 09:06

その前に手洗いとうがいをしてからだった。   

生暖かい朝だった。
10月も終盤に入ってきたというのにどうしたことだろう。
先日、郷里の母からきりたんぽが送られてきたが、秋田は、「寒い」と言っていた。
Mデパート前に向かった。
搬入車両の後尾に着けて、さっそく宣伝を始めた。
プップッ~~!!
振り向くと、営業用のワゴン車から手を振っている人が。飲食店のIさんだった。私も手を振った。
今朝のしんぶん赤旗は一面トップで報じていたが、日本の貧困率は15.7%と先進校の中で最悪の水準であることが、厚労省の調査で明らかになった。
「貧困と格差をなくし、国民の暮らし雇用を守るためにみなさんと力を合わせてがんばります」と訴えた。
小柄なおばあさんが横断歩道を渡りながら会釈をしてくれたので、マイクで「ありがとうございます」と話した。
マスクをした彦坂恵子元市議が知人と会話をしながら横断歩道を渡ってきた。マスクは予防のためかな?
今日は、市議団と市議選予定候補とで中学校と特別養護老人ホームの視察をした。
現場からはたくさんの要望が出されたが、追ってみなさんにご報告したいと思う。
学校では、インフルエンザの流行で学級閉鎖になっているクラスがあった。
一方、特養ホームでは、来訪者からインフルエンザが移ったら大変だと、高齢者が生活しているところまで中に入っての視察は出来ず、お話を聞くこととなった。
もちろん、その前に手洗いとうがいをしてからだった。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-21 16:08

「いいよ、いいよ!がんばって!!」   

朝起きてもまだそんなに寒くない。
長女は、今日がテストの最終日だそうで、逆に長男の方は、今日からテストが始まる。持てる力を出し切ってがんばってほしいと思う。
一度事務所に立ち寄り、Kさんと話をして駅に向かった。
スタンバイが遅れ、前半お会いする方はもう駅の中だった。
団地に住んでいる奥さんが、「いいよ、いいよ!がんばって!!」と、私のタスキ姿を見て励ましてくれた。
その後、タスキ姿を初めて見た人たちから色んな反応があった。
Mちゃんは、おやっ??というような顔で挨拶をしてくれた。
I先生も突然の姿にビックリした様子だったが、気持ちよく挨拶をしてくれた。
木曽団地に住むおじさんは、「あれっ、何か選挙?」と。「はい、来年2月の市議選に出ますのでよろしくおねがいします」「お、そうか。がんばって!」と。
どう見ても高校生ぐらいの年齢の男の子。彼は、作業着にリュックを背負った労働者だ。真っ黒に日焼けしている。その彼が毎回私に挨拶をしてくれるのだ。わが家の子どもたちと同年代の彼ががんばろうとしている姿に励まされている。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんが挨拶をしてくれた。いつも、「おはようございます」のさりげない一言だけなのだが、疲れているときなどは本当に励まされる。ありがとうございます。
長女もやってきた。試験大丈夫かな?
で、霞ヶ関勤務のお嬢さんもまた、「おはようございます」とシンプルだが、笑顔に励まされる。
今日は風が南側から吹いたりして、駅頭でも寒くはなく、むしろ暖かくさえ感じた。
後期高齢者医療制度廃止を求める運動などについて話をした。
穏やかな空である。
[PR]

by ken-tono | 2009-10-20 08:59

「とのむらさんだって・・・」   

今朝の駅頭宣伝から、私は、「とのむら健一」のタスキをかけた。
昨日、日本共産党町田地区委員会が2010年2月の市議選の候補として、5人を発表し、私は6期目を目指すことになったからだ。
この3年半、ほかの選挙があったため、私はほとんどタスキをかけずにきたため、通行者の皆さんは、んん??と私のタスキに注目していた。
トコトコチャン姉妹は、「とのむらさんだって・・・」とニコニコ。
本町田のMさんは、「気合入っているね!」と。
T大学生君も「がんばってください!」とそれぞれの言葉で応援してくれた。
がんばらなきゃ!
[PR]

by ken-tono | 2009-10-19 09:13