<   2009年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧   

良い年をお迎え下さい!   

大晦日となった。
そういえば、わが家の前のしだれ柳の大木が、最近どうもスカスカになってきたなと思っていたら、昨日の日中そばを通って分かった。このところの強風も相まって、枝ごと取れて下に沢山落ちていたのだ。植物の生態を良く知らない私にとって、この光景は驚きだった。枝のほとんどが取れて、来春、また新枝が伸びてくると思う。
そして、忘れていたが、2,3日前、駅頭でクリスに会ったのだ。しばらくぶりの再会で、お互いにまたね!と手を振った。
さてさて、そんな今朝は、今年最後の町田駅での早朝宣伝をした。
森野のAさんが来た。「おはようございます。今日もお仕事ですか?」「そう・・・」「泊まりで?」「はい・・・」「良いお年を」と、ボイラーマンのAさんは職場で年越しをする。
しばらくして、遠くに見たことがある人が立っていた。なんと、ヒゲのお兄さんだった。
このところ全然見ないと思っていたら、JRを使っていたので会わなかったのだ、と。そして、今朝は、相模原の友人と朝まで飲んでいて、これから帰るところだそうだ。
「やっぱり、思っていたようにダメですね!?」と。どうやら、民主党のことを言っているらしい。「自公政権を倒すことができたのですから、いよいよこれからじゃないですか」「応援しますからがんばってください」
マイ宣伝カーを使って、この1年間のお礼を述べ、新年を良い年にと訴えた。
今年もブログをご覧頂いたみなさん、ありがとうございました。
2010年、私にとっては“たたかいの年”です。そして、“勝利の年”にできるよう奮闘します。
良い年をお迎え下さい!
[PR]

by ken-tono | 2009-12-31 11:31

「お~、そうだよ。休みないよ!がんばってね!」   

昨日は、Kさん、Sさんと地域を回った。
お昼、今年最後の食べ納めと思い、カレーのモコモコに行き、「いつもの・・」タイカレーを食べた。
「秋田に帰るんですか?」という話に始まり、スキーの話にまで発展した。
最後に、夜に降る雪の音の話をした。
「しんしん、という音ではないけれど、降り積もる雪の音が聞こえるんですよ」よ話すと、二人とも、「へぇ~・・・」と感心するような目で私の話を聞いてくれた。
今年最後のタイカレーはやはり絶妙に美味しかった。
で、夜は、腎臓を患い、人工透析の治療を行っていたIさんが亡くなられたので、お葬式に参加した。
さて、今朝も宣伝をすることにし、駅に向かった。
駅に立つと、「がんばってますね!」とさっそく励ましてくれる人がいた。
初めてお会いしたあるご主人は、「ビラを見ましたよ。新庁舎建設のこと、こんどもっと教えてください」と急に立ち止まって話してくれた。
元柔道部員のお兄さんが2人来て、試合の前のように頭を下げて挨拶をしてくれた。
私は、今朝のしんぶん赤旗の記事も紹介しながら、2月の市長市議選での支援を訴えた。
「大型開発は新庁舎建設のあとにも行われようとしてます。今これをストップして、くらし一番の市政に変えましょう」と、“4つのゼロ”実現を具体的に話した。
そして、この駅頭で1年間お世話になったことのお礼を述べ、2010年を健康でくらし向上の平和な年にすることを願い、そのために私も奮闘すると訴えた。
もうお終いにしようかなと思っていたところへ、ちょうど、渋谷の寿司職人のお兄さんが駅に向かってきた。
「これから仕事ですか?」。いつもは、仕事で朝帰りのお兄さんに聞いた。
「お~、そうだよ。休みないよ!がんばってね!」
「ありがとうございます。がんばってください」
手がしびれるほど気温が低くなってきた。
あと2日である。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-30 10:24

「まだがんばってるの?」   

あと3日で今年も終わりだ。
昨日は、日中、随分歩いて疲れていたが、その割には早く起きることができた。
風もなく、柳の葉は、下に垂れたままである。
駅に着き、準備を始めた。
デッキの上から道路の向こうの空を見ると、ねずみ色の雲が今にも落ちてきそうなぐらいに膨らんで見えた。
小柄な奥さんが来たので、「今年一年お世話になりました・・・」とご挨拶をし、仕事はどちらまで、と聞いたところ、「(相模)大野です」と教えていただいた。「また、来年もよろしくお願いします」と。
年輩のご主人がやってきて、「まだがんばってるの?」とビックリしていた。
渋谷勤務のお兄さんは、「明日まで仕事です」と。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんは、2度も頭を下げて挨拶をしてくれた。
30分ほど後にお嬢さんもやってきた。「今日までです」と言いながら元気そうに駅に向かっていった。
朝の駅頭でのみなさんの挨拶や励ましが私の日々の活動の原動力の一つになってきた。
感謝をしながらみなさんに声をかけた。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-29 12:53

「盆も正月もないね・・・」   

28日になった。
昨夜、食事をしながらテレビを見ていたら、救急車がわが家がある棟の前で止まった。どうやらご近所らしい。運ばれた方を見たら、やはり近所にお住まいの知り合いのお宅のご主人だった。早く処置がなされて、無事であってほしいと願った。
このところ、寒かったり、ゆるんだり、寒暖の差が激しいだけに、お互い気をつけなければと思った。
昨日は、Kさん、Sさんと地域をまわった。何人かの方から、「駅でお会いしますね」と言われたが、大変失礼なことに、記憶してなかった方だったが、いつも声は掛け合わなくても見ていてくれているんだなと思い、心強かった。
そして、今日。昨日のように、差して寒くない。
駅に着き、準備を終え、挨拶を始めた。
トコトコちゃんのお父さんが早々とやってきた。
そして、大田勤務の奥さんがいつもと違い相当早くやってきた。「あっ、おはようございます」「おはようございます。えっ、こんなに早くからやってるんですか?」「はい・・・」「すご~い」「気をつけて・・・」
私にしてみれば、いつも通りの時間なのだが、かなり遅い時間に出勤している彼女にとっては、ビックリする時間だったようだ。
ギターを持つお兄さんが駅から上がってきたので、「仕事、いつまでですか?」と聞くと、「今日が御用納めです」と笑顔で応えてくれた。この方、横浜にお住まいで、町田に勤務をしているのだが、朝の会話が楽しい。
ポニーテールのご主人もやってきた。そういえば、昨日、私の事務所の前を普段着で通る姿を見かけたが、そばに住んでいるんだと思った。
元柔道部員のお兄さんも来た。
そして、本町田のMさんが。「盆も正月もないね・・・」「そうですね」と。
バイオリニストのご主人は、今日も奥さんの車から降りてきた。
国政のこと、そして、市長市議選の日本共産党の政策を話した。
宣伝を終わろうという頃になり、気温が下がり始め、雨がポツリときた。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-28 09:37

年明けの闘いの前の静けさである。   

昨日の朝は、駅で宣伝をした。
宣伝カーからノボリを取り出し、準備をしているところへ、オンリーワンのお兄さんがやってきた。
「モーニング、モーニング!」といいながら、缶のホットコーヒーを手渡してくれた。
バレーボールの試合があるらしく、昨日も高校生らしい集団が「おはようございます」と元気に声を出して通っていった。
M銀行前には、まだクリスマスツリーが残っている。
そして、門松が乗った大きなトラックがOデパートの玄関口にとまった。
そうか、クリスマスが終わると、もう、年越しだなぁと思いながら、門松をセットする作業を遠目で見ながら宣伝をした。
UさんやKさんと地域を回った。
Yさんのお宅を訪ねた。奥さんが出てきたが、どうも様子が変だ。聞いてみると、障がいを持つ30代の息子さんが、大部暴れて、窓ガラスを割ったり、親を殴ったりと治まらないので、病院に連れて行き、入院させてきたところだ、と。相当ストレスが溜まっていたと思う、と。お母さんは、涙ながらに語った。話を聞いてあげることしかできなかったが、「がんばってください」と一言励まして帰ってきた。
Iさんを訪ねたら、お孫さんが出てきて、「おじいちゃんはいるんだけど、出てこれません」と言う。「認知症なんです」と、その理由が分かった。外で見かけると、普通に挨拶をしていたので、気がつかなかったが、在宅で痴呆症を患っている人がけっこういるだろうな、と思った。
特養ホームの申し込みをしている人が、約1100人。早急な整備が必要だ。
そして、今日は、部活に出かける長女を送ってあげた後、Kさん、Sさんと地域を回る予定だ。
今年最後の日曜日、外は実に静かである。
学校の校庭では、少年サッカーチームの試合があちこちで行われていた。
年明けの闘いの前の静けさである。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-27 09:37

「○○住宅??あ、あっ~、思い出しました。お世話になりました」。   

長男は今日が終業式。市内の小中学校も今日らしい。
そして、長女からは今日もお弁当のリクエストがあり、今年最後じゃしょうがないかと、急いで作ってあげた。
昨日に比べるとやや暖かくすら感じる。
駅に着くと、すぐに車を付けて、準備に入ることができた。
いつもあまり会わない人たちに挨拶をしていたら、「早いね!」と驚いていた奥さんがいた。私にしてみれば、毎日早く起きて出勤されるみなさんの方がよっぽどエライと思うのだが、そう言っていただきありがたいと思った。
6時半のおじさんが来た。「大変だなぁ・・・」と言いながら、がに股で駅に向かっていった。
トコトコちゃんと同じバス停のおじいさんは、「寒いですね」とチラシを受けとってくれた。
・・・と、反対方向から一人のご婦人がやってきて、やおら、私に話しかけてきた。
「とのむらさん、がんばってるね。○○住宅の・・・・」「○○住宅??あ、あっ~、思い出しました。お世話になりました」。
私が初めて選挙に出たとき住んでいたアパートを管理している不動産屋の事務員の方だったのだ。なんと、20年ぶりにお会いすることだできて、とても嬉しかった。
佐藤議員、佐々木議員といっしょに宣伝をした。
鳩山首相の秘書が起訴された事件について、真相究明、政治責任を訴えた。石阪市長も同じ穴の狢(むじな)だなと思い、その事も訴えた。間違いを犯したとき、その政治家の政治姿勢、真価が問われる。
お弁当を作ってあげた長女が「行ってきます」というような顔をして通った。
霞ヶ関勤務のお嬢さん、今日は、黒のシックな洋装だったが、元気そうだった。
藤沢勤務のお嬢さん、今日も携帯で話をしながら、私にはニコニコしながら通っていった。
それにしても、昨日より、暖かく感じた。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-25 10:41

「オレのこと覚えてる?」。   

昨日、長女は、高等学校の吹奏楽部の演奏会とやらで、朝早く駅まで送っていった。去年は、妻といっしょに演奏を聴きに行ったのだったが、今年は2人とも用事があり残念だった。
昨夜は、夕食後、お風呂に入り、布団に入ったら、すぐに寝入ってしまい、気がついたら朝だった。
長女のリクエストに応え、朝、急いでお弁当を作ってあげてから、駅頭に向かった。
あまり風はないけど寒い。
トコトコちゃんのお父さんが一人でやってきた。子供たち2人は、もう冬休みなのだと思った。挨拶をした。
T大学生君の兄さんもまだ仕事のようだ。
いすゞを退職し、他の企業に転職し、夜勤明けで帰ってきたおじさんと、久しぶりに会った。「久しぶりです」「・・・・・・・」。最初は気がつかなかった。「おはようございます」「あ、おはようございます」。お疲れだったのかも知れない。「いすゞを解雇された人たちがまた戻ってきてるよ。私には声がかからなかったけど・・・」「そうなんですか」「会社に反発したからな」「がんばってください」と励ました。
マスクをしたご主人が足を止めて、「おはようございます」と声をかけてくれた。「オレのこと覚えてる?」。私はわかったので、「はい!」と返事をした。「市長選に出るの?」「いえ、市議選です」「市議団長だったな?」「はい」「がんばれよ」「ありがとうございます」。激励していただいた。
本町田のMさんがやってきた。「元気だね」「はい。仕事はいつまでですか?」「月曜まで・・」「体、気をつけて・・・」。右手を上に上げて、階段を下りていった。
元ガソリンスタンドのお兄さんにも仕事のことを聞いてみた。「30日まで休み無しですよ」「そうですか。がんばってください」。私の方が励まし役になってしまった。
バイオリニストの親子は、2人そろって「おはようございます」と言いながら、駆け足で駅に入っていった。
今朝のしんぶん赤旗を紹介した。日本郵政5社(国が持ち株率100%)で、非正規労働者17万3千人のうち64%が年収200万円以下であることが、わが党の調査で判明した。正規化へのきりかえなど、政府は、労働待遇改善の働きかけを積極的に関連企業に指導すべきである、と訴えた。
暮れになり、デパートに搬入するトラックが沢山並んで、駅前の通りが渋滞していたが、ドライバーはクラクションも鳴らさず動き出すのをじっと待っていた。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-24 09:08

「う~、寒(さむ)っ」。   

今日は早目に駅に着いた。
寒い。本当に寒い。
よし、がんばろう!と気合いを入れて、準備を終え、挨拶を始めた。
6時半のおじさんが、トコトコちゃん家と同じバス停から乗るおじいさんが知り合いらしく、一緒に歩いてきた。
「先日はどうもありがとうございました」と私は、6時半のおじさんにお礼を言った。挨拶だけして、先に帰ったおじさんは、「あれからどうだった?」とその後の様子が気になるみたいだった。「はい。みなさんに激励されて、元気が出ましたよ」と言うと、「おぅ、そうか・・・」と。
「寒いのにご苦労さん!」と団地住まいの奥さんが励ましてくれた。
Mちゃんが来たので、「終業式は?」と聞くと、「今日です」と返事をしてくれた。
長女もやってきた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんはイヤホンをしながら、藤沢勤務のお嬢さんは携帯をしながら笑顔で挨拶をしてくれた。
南の空を見上げると雲がモクモクと、北の空はスッキリと晴れ渡っていた。
眼下のバスの屋根はウッスラと凍っていた。
「う~、寒(さむ)っ」。
手が大部しびれるようになってきた。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-22 17:00

「妹は冬休みです」。   

昨日は、私の事務所開きが午後から行われ、多くのみなさんに激励していただいた。私は、6期目必勝めざし、5人の党市議団の実現へ支援を訴えた。
で、なんとそこに、早朝町田駅でお会いする6時半のおじさんがきてくれたのだ。会場には入らなかったが、「がんばって」と激励を受けた。案内のハガキを手渡ししていたが、まさか来てくれるとは思っていなかった。
本当に嬉しかった。
さて、今朝は、夜明け前の星がちらつく中で駅に向かった。
見知らぬご主人が声をかけてきて、「なんか選挙あるんですか?」と。「そうなんです。2月に、市長市議選があるんですよ。応援してくださいね」「そうですか。がんばってください」と激励された。
間もなくして、トコトコちゃん親子がやってきた。一人足りない。お父さんとお姉ちゃんだった。「妹は冬休みです」。トコトコちゃんのお姉ちゃんが話してくれた。
本町田のMさんがやってきた。「元気だね。がんばって!」と。
K第附属の高校生君は、イヤホンを外して、「おはようございます!」と元気に挨拶してくれた。
T大学生君が来た。「大学はいつまでですか?」「24日までです」「将来何を目指しているの?」「公園とかの設計を・・・」「ん~ん、がんばってね」
今朝は、昨日にもまして寒かった。
宣伝を終えてから、今日も部活の長女を高校のそばまで送ってあげた。
「学校いつまで?」「え?○○日まで」「そう・・・・」
駅でほかの人から聞いたことと、長女から聞いた事がごっちゃになってしまい、何日といってたのか分からなくなってしまった。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-21 17:24

「森進一のディナーショーの仕込みで大変だよ」   

土曜日の朝。
眠い。そして、寒い。
がんばって飛び起き、顔を洗って外へ出た。
クッキリと晴れた青い空。朝陽に照らされたしだれ柳の黄色い葉が初々しくさえ見える。
駐車場の向こうの柿の木にまだ残っていた赤い実は、尾長にすべて食べ尽くされてしまったようだ。
夏みかんの実だけが手を付けられずにいる。
隣の車の方が暖機運転をしていたので、挨拶をし、初めて凍ったフロントガラスの霜をサッサッと取り除いた。
エンジンキーを廻すと、笑里ちゃんのバイオリンが同時に流れてきた。
体がまだ温まらないうちに駅に着いた。
少し待って定位置に着き、宣伝を始めた。
すぐに、オンリーワンのお兄さんがやってきた。「寒いよ!さむいよ!」と言いながら、温かい缶コーヒーを差し入れてくれた。「いつもありがとうございます」とお礼をした。
今日は、市内の運動場で高校生のテニス大会があるらしく、ラケットを担いだ高校生たちが「おはようございます!!」と元気よく挨拶をしてくれた。
フランス料理のシェフがやってきた。握手をするとけっこう握力がある。
「今日も仕事ですか?」「そうだよ。森進一のディナーショーの仕込みで大変だよ」と。「がんばってください」と見送った。
白のニットの帽子をかぶったおばさんが、「がんばってね!」と声を掛けてくれた。なんとなく東北訛りに聞こえた。
そういえば、昨夜、秋田の母から荷物が届いていたので、電話をしたら、実家の近所のNさん夫妻から募金をいただいたよというので、すぐにNさんに電話を掛けお礼をした。
秋田の古里からも応援してくれている。
「昨日は大雪が降ったよ」と話す母は、私が心配の言葉を掛ける前に「風邪引かないように」と言って電話を切った。
いつまでも母は母である。
[PR]

by ken-tono | 2009-12-19 09:14