<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧   

「こんど、事務所に行くよ。日曜日いるか?」   

重たそうな満月だった。
外に出て駐車場に向かうと、桜の木の枝に乗っかるように黄色い月が見えた。
今朝は暖かかった。
早朝、ボランティアで駅前のごみを拾っているご主人が、「街灯がついてないから暗くて見えない。何とかならないかな?」と話しかけてきた。私は、さっそく、午前中、市役所に行き、話をしたら、すぐに点くようにしてもらった。ありがとうございました。明日の朝から明るくなるとのことで、ご主人も喜んでくれると思う。
そうこうしながらスタンバイを終え、挨拶を始めた。
6時半のおじさんが6時にやってきた。「こんど、事務所に行くよ。日曜日いるか?」「はい、お待ちしてます」。
大野勤務の奥さんが、「おはようございます」から「行ってきます」という挨拶に最近変わってきた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんもそうだった気がする。
Yちゃんが友達と楽しそうに話しながらやってきた。
駅頭に立つ予定候補者が日に日に増えてきたため、通行者の方々の目の動きが激しくなってきた。
佐藤洋子議員、佐々木智子議員といっしょに宣伝をした。
1月末の気温とは思えないが、果たしてまたまた寒さが戻ってくるのだろうか?
昨夜は、「ザ・選挙」のネット動画の録画が行われたが、私は、うっかり一日日程を間違えてしまったが、携帯が鳴り、滑り込みセーフだった。
市民のみなさんに最後まで私たちの政策を聞いてもらい、なるほど!と思ってもらうためにがんばらなければならない。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-29 13:10

「サッパリしましたね」   

このところの寒さが少し緩んできた感じがする朝だった。
ラジオを付けると、パーソナリティーが、週刊誌の記事を紹介しながら朝青龍の話をしていた。「事実だとすれば、もう相撲生命はないかも?」と。聞いていて、各界の頂点に立つ人のモラルの問題として、小沢氏や鳩山首相など自ら襟を正そうとしない問題が多すぎると思った。子供たちはテレビを見ていてどう思うのだろうか?
人間として、人格的に模範を示す必要があるのではないだろうか。
そして、名護市長選の結果を真摯に受け止めようとしない、現政権の官房長官の発言もまたまったく理解できなかった。沖縄県民にとって米軍基地はもういらない、普天間基地の無条件撤去!の声をもっともっと報道してほしい、と思った。
駅に着き、準備を終えて、挨拶を始めた。
「今日は少し暖かいですね」。大野勤務の奥さんがそう語りながらビラを受けとってくれた。
浅草の甘味処の職人のSさんが、「今度また食べに来てください」と誘ってくれた。
年配のご主人が、「サッパリしましたね」と、カットした私の頭を見てそう言った。昨日、A理容店で散髪をしてもらったからだ。
Mちゃんが元気そうに通った。
Jさんも「おはようございます!」と声を掛けてくれた。
場所を変え、M銀行前でマイクでの宣伝をした。
「熱いよ!あついよ!」と、オンリーワンのお兄さんが、ホットレモネードの差し入れを。いつもありがとうございますと、お礼をした。
クリスにも久々にあった。「がんばって!」と笑顔で握手をしてくれた。
空を見ると灰色の雲が漂ってきた。
雨が降るらしい。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-28 09:25

「元気だね。元気をたくさんもらわなきゃ!」   

今朝もまたまた寒かった。
でも、駐車場のマイ宣伝カーは大丈夫。凍結状態が、場所によってどうして違うのだろうか?
スタンバイをして挨拶をした。
「早くからがんばってるね!」。見知らぬ奥さんが声を掛けてくれた。
トコトコちゃん姉妹がやってきた。最近、お父さんの姿が見えない。やはり、出張かな?
「おはよう!」2人が「おはようございます」と可愛い返事。マスクが取れていたので、「風治った?」ときくと、「うん!」と。2日で元気になったようだ。
本町田のMさんがやってきた。「元気だね。元気をたくさんもらわなきゃ!」と、両手ですくい取るようなジェスチャーをした。
いつも、逆に私の方がみなさんから元気をもらっているんですよと言いそびれてしまったが、そうなのだ。
手がしびれてきたが、今日もがんばって市長市議選の政策、国政の変化を訴えた。
これからまた、日中の街頭宣伝である。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-27 09:29

「寒いですね~」   

なんだか今朝はまた凄く寒かった。
フロントガラスが凍っている訳じゃないのに、風が冷たくて、手がしびれ、体温が奪われていく。
ん~ん、寒かったなぁ。
Nさんと宣伝後、朝食を食べ終え、ホッと一息ついたところだ。
「おっ・・・」と一言、6時半のおじさんがビラを受けとってくれた。
トコトコちゃんと同じバス停のおじさんは、「寒いですね~」と。
みなさん、同じ顔をしてた。
普段あまり話したことがないご年配の奥さんが、「しばらく見なかったので、寂しかったですよ」と。先週の金曜日に同じ場所で宣伝をしたので、そのときにはお会いしなかったのかも知れない。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんに挨拶をした。
長女も通った。高校の推薦入試の関係で、今日は早目に終わるそうで、弁当はなしと言っていた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんも元気そうに笑顔で通っていった。
カリフォルニアj人のJさんも笑顔で通った。
とにかく風が冷たくで、今日ほど時間が早く進んでほしいと思った日はなかった。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-26 09:42

元気がなかったトコトコちゃん   

朝、兎に角寒かった。
不思議なことに駐車場の東向きに駐まっている車のフロントガラスがほとんど凍っていたが、私の車は北向きでも大丈夫だった。風向きだろうか?場所だろうか?
早々と駅に着きポツリポツリと駅に来る人に挨拶をした。
トコトコちゃんたちを乗せた車が止まり、2人が出てきた。どうやら今日は、お父さん、出張なのかも知れない。
トコトコちゃんがマスクをしていた。「風邪引いたの?」「うん・・・」「お大事にね」「うん・・・」。心なしか元気がなかった。週末、疲れで熱でも出ちゃったのかも知れない。
本町田のFさんが早い時間にやってきた。「ご苦労さまです。がんばってください」と。
本町田のMさんはいつものポーズで「がんばるね!」と激励してくれた。
昨日の沖縄、名護市長選挙で、米軍基地建設反対をかかげた稲嶺進候補が勝利した。米軍基地と日米軍事同盟のあり方が、いよいよ根本的に問われる時代になった。画期的な選挙結果である。
宣伝の冒頭に話した。
国民の判断と選択によって、一歩ずつ政治変革が進んでいくことが実感できる。
日本共産党がその道しるべとなり、先頭にたって奮闘している。
朝の駅頭では、私が実感したとおりに話をした。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-25 09:13

「おはよう!おはよう!!」   

昨日は、割と早く駅に立ち、佐藤洋子議員、佐々木智子議員らといっしょに宣伝をした。
前日の気温が10数度と春のような陽気だったので、余計に寒く感じた。
いつも声を掛けてくれる年配のご主人が、「いや~っ、がんばるなぁ!頭が下がるよ」と激励していただき、元気になった。
A病院に透析治療に通うおじいさんが来た。あめ玉を2個いつものように差し入れてくれた。「足が動かなくて、昨日も、お通夜で立っているのが辛かったよ」と、ふらつく足取りで病院に向かっていた。私は、おじいさんの背中に「気をつけて」と声をかけた。
そして今日。
ノボリの準備をしていたら、「おはよう!おはよう!!」と元気な声がする。オンリーワンのお兄さんが、今日もまた、がんばれよ!とホットレモネードを差し入れてくれたのだ。「いつもありがとうございます」と、私は何度もお礼をし、宣伝に入った。
A病院に透析治療に通うおばあさんが、「いよいよ、戦闘態勢だね」と激励してくれた後、「足が痛くてね・・・」と、杖をつき、足を引きずるようにして、病院に向かっていった。私は、おばあさんにも何度も「気をつけて・・・」と声をかけた。
朝家を出たときは、今日は暖かくなるかなと思ったのだが、宣伝を終えると、手はガチガチになっていた。
国会での日本共産党の奮闘も少し伝えながら、市長市議選の政策を心をこめて分かりやすく伝えていきたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-23 09:09

「ん?浅草にいるよ」   

そういえば、私の応援に来てくれているKさんのお母さんが、秋田の小坂町の出身だと聞いた。小坂町も阿仁町と同じ秋田県の北部である。戦前、多数の朝鮮人が日本に連行され、小坂鉱山の中でも強制労働を強いられ、警察権力によって弾圧された歴史を持っている。
さて、今朝は、起きたらウッスラと汗をかいていたので、ん?と思っていたら、最低気温が12度と春のような暖かさだったのだ。
外の出てみたら、これまた暖かく、来ていたジャンバーを脱いで宣伝することにした。
真っ先にあった顔見知りの方が、浅草の甘味処で職人として働いているお兄さんだった。「今どちらで?」「ん?浅草にいるよ」「前に、何度かお店に行きましたよ」と久しぶりの出会いだった。
「なんか、選挙あるんだっけ?」「はい、来月、市長市議選です」「そうか。おれ、あなたを応援するから、がんばって!」「ありがとうございます」・・・さっそく激励され、よしっ!という気持ちになった。
トコトコちゃん親子もやってきた。「暖かいね!?」「うん」と。
本町田のMさんがやってきて、「今日は暖かいね!?」と言うので、「そうですね」と答えた。
1月の中旬を過ぎたこの時期に、早朝、背広だけで宣伝したことは、最近ではないと思う。
それほど今朝は寒くなかった。
自民党のR氏がやってっきて、私のそばで挨拶を始めた。
途中でポツリと雨が落ちてきたように思えた。R氏は、私の方に寄ってきて、「雨が降ってきましたね。場所変えます」と言って、屋根付きのデッキの方へ移動した。
私は、本降りにはならないと思い、そのまま続けた。
金権疑惑の問題、市長市議選の争点などを話した。
暖かかったせいか、みなさん逆に、いつもよりゆっくりと歩いているように見えた。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-21 09:11

「いや、焼きそばの横手ですよ。B級グルメ・・・」   

今日は日中17度に気温が上がるという。確かに昨日はポッカポカで午前午後と街頭宣伝をしたが、きもちよくできた。そういえば、昨日、畑で休んでいたおじさんが私に、「秋田なんだって?」と話しかけてきた。「ええ、そうです」「どこ?」「阿仁町です」「お~、そうか。私は、横手だよ」
と、私は、郷里の名山・森吉山の写真が入った名刺を手渡した。すると、おじさん、「この山行ったことあるよ。目を蚊に刺されて腫れて大変だったんだよ」と話してくれた。
運転手の0さんが、「かまくらの横手か!?」と言うので、私は、「いや、焼きそばの横手ですよ。B級グルメ・・・」と切替えした。
さて、そんな今朝はいつ通り寒かった。とても、昼には温かくなる気配はなかった。
デッキの上に6時半のおじさんが来た。「事務所電気付いてなかったぞ」「まだ早いですから」「そうだよな」と大笑いをしていたが、私の事務所を心配してみてくれたのかなと思った。
しばらくして、市議予定候補のY氏、S氏がやってきた。年配のご主人がやってきて、この光景に、「まいったな。増えてきたな」と。おじさんは、まるで私の運動員のように心配をしてくれた。
Mちゃんが元気にやってきた。
7時にM銀行前に降りた。
さっそく、クリスがやってきた。「おはようございます」「おはようございます。○○△□・・・」「ん???」「小沢さん、○○・・・」。私には彼の早口の英語が理解できなかったが、要するに、「小沢さんをやっつけてください!」ということなのだと分かり、「分かりました!」と答えた。
昨夜は、日本共産党演説会が市民ホールで行われ、沢山の人たちが来てくれ、励ましてくれて、とても元気が出た。
今朝の町田駅は、宗教団体の2団体を含めて、何と、9候補・団体の人たちが来た。
がんばるしかない!
[PR]

by ken-tono | 2010-01-20 09:17

ラクダの下ズボンは子供用もあった。   

妻の話によると、寒さに一番弱い県が「秋田県」で、強い県が「岩手県」なのだそうだ。どこかが調査したのだろう。
岩手が強いというのは今一分からないが、秋田が弱いというのは納得できる。
ストーブを焚き、ちゃんちゃんこを着てこたつに入る。2段重ねの敷き布団の上に、綿入りの丹前と毛布を2枚、その上に分厚い掛け布団といった具合だ。私が小さい頃は、敷き布団の下には、稲藁を詰めたふっかふかの敷き布団だった。しかも、湯たんぽ付である。障子や襖が少しでも開いたら、「お~寒い、早く閉めて!」と1㍉たりとも隙間をつくらない。ま、これちょっと大げさかも知れないが、そのくらい、秋田県人は寒がりだと思う。ついでにもう一つ。外へ出たときの格好は、厚手のアノラック、ラクダの下ズボンは子供用もあった。手編みの毛糸の帽子、マフラー、手袋(ウサギの手のような二股)、そして、脚絆という長靴の上にかぶせて履くものも毛糸である。
なので、秋田県人の私は、東京で同じような格好をすることが出来ないので、寒い。
寒い。今朝は又格別に寒い朝だった。
6時半のおじさんは、「お~、いるな。耳当てやんないのか?」「はい・・・」(ん、ここは秋田ではないのだ。我慢、がまん)
大野勤務の奥さんは、「風邪引かないように・・・」と労ってくれた。
ヒゲのお兄さんを今日の演説会に誘ったが、「あっ、ごめんなさい。仕事なんですよ」(残念!)と。
Mちゃん、長女、Yちゃんと、今日もこの順番でやってきた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんはニコニコしながら駅に向かっていった。
藤沢勤務のお嬢さんは、携帯で話しながら挨拶。
今日の演説会のご案内、始まったばかりの通常国会にのぞむテーマなどを話した。
喧伝が終わっても、かなり冷え込んでいた。
[PR]

by ken-tono | 2010-01-19 09:18

温かく甘酸っぱくて、すぐに体が、ほっかほかになった。   

まずは、一昨日、16日(土)の話をちょっと。
その朝も私は、駅頭に出て宣伝をした。
のぼり旗の準備をしていたところへ、「おはよう!」と元気な声。顔を向けると、オンリーワンのお兄さんだ。「寒いよ!」と、ホットレモネードを差し入れてくれた。温かく甘酸っぱくて、すぐに体が、ほっかほかになった。
小学生の頃、私はスキー部に入っていたが、午前中の練習を終えて、凍えた体で学校に帰ってくると、石炭ストーブの上に乗った大きなヤカンの中には、温かい砂糖湯が入っていて、それを飲んだときの感動とまったく同じだと思った。
そして今日。
天気予報に反して?意外と外は寒かった。
T大学生君の一番上のお兄さんがまず来た。ん、似ている。
しばらくして、2番目のお兄さんも来た。ん~ん、似ている。2人に挨拶をした。
トコトコちゃん親子が来た。トコトコちゃんに「寒いね?」と言うと、「うん」と、先週と同じ会話。階段を降りながら、トコトコちゃんがお姉ちゃんの袖を引っ張り、私の言葉を伝えていた。何とも微笑ましい姉妹だ。
本町田のMさんは、今日も「「よっ!」と右手を挙げてシンプルな挨拶だ。
佐々木智子市議、古橋良恭市長予定候補とともに、宣伝をした。
小沢民主幹事長のゼネコンヤミ献金疑惑について、国民への説明、企業団体献金の禁止を訴えた。
いつもは軽く会釈をしていくご主人が、マスク越しに「がんばれよ!」と激励してくれた。
この冬2番目ぐらいの寒さだったかもしれない。
「ほ~~っ・・・・・・・・」
[PR]

by ken-tono | 2010-01-18 09:29