<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

連休中、仕事もあるが、ちょっとバイクで一っ走りしたくなった。   

今日は、長男が“遠足”で羽田空港~横浜中華街に出かけるらしく、私が目を覚ましたときにはもう起きていた。来年1月の修学旅行の“予行演習”なのだそうだ。
一足先に「行ってきます」とまず私が家を出た。
外気は肌寒い。
朝陽がサッカー場の雑木林の向こうから昇り始め、水色と黒のコントラストが目に入った。しだれ柳の大木は、てっぺんのあたりが照らされて、質感のある緑の陰影が現れていた。
20歳の頃、京都で、地域の美術研究所で絵を学んでいた頃のことをふと思い出した。「描写に立体感を持たせるには、人間がお風呂に入っているときの重量感を想像してみなさい」と研究所の先生に教えられたことを。
路肩に集まった八重桜の花びらの塊を横目で見ながら車に乗り込んだ。
駅に着くと、タクシーが並んでいて動かなかった。
その間にスタンバイをした。
トコトコちゃんと同じ地域に住んでいるおじいさんがやってきた。「早いですね?」「ええ。連休中もがんばってるんですか?」「はい」と。
連休2日目の今日は金曜日なので、それなりに、労働者や学生さんたちが駅に向かっていった。
明日は5月1日、メーデーである。
私は、「労働者や中小業者、多くの国民のみなさんと連帯して、暮らしと平和を守る政治と社会の実現めざしてがんばります。明日は、井の頭公園で行われる三多摩メーデーに私も参加します」と訴えた。
カルフォルニア出身のJさんと久しぶりにあった。笑顔で右手を挙げて挨拶をしあった。
I先生も今日の天気のような爽やかな笑顔で通っていった。
Mちゃんの後、長女も通った。
霞ヶ関勤務のお嬢さん、藤沢勤務のお嬢さんも連休前最後の仕事ではないだろうか?話を聞きたかったが、2人とも携帯メール中で、「行ってらっしゃ~い」と声だけかけた。
寒かった4月がようやく終わり、ポカポカ陽気になってきた。
連休中、仕事もあるが、ちょっとバイクで一っ走りしたくなった。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-30 09:17

「あの子が、噂のトコトコちゃんか?!」   

5日ほどご無沙汰してしまった。
26~28日まで、岐阜、名古屋、富山と建設常任委員会の行政視察に出かけたため、その間、朝の宣伝もお休みだった。CO2ガス削減など環境対策やごみ減量の取り組み、コミュニティーサイクル事業など、環境問題を中心として学ぶべき事がたくさんあった。
ということで、今朝は、久しぶりに朝の宣伝をした。
そんなに早い時間ではないのに、やっとの事で起きた。
外に出ると、八重桜の花びらが風に舞い、ピンクの桜吹雪である。
今日から大型連休がスタートした。
東名横浜町田付近で事故があり、9㌔の渋滞になっているとラジオが伝えてくれた。
駅に着くと、出かける人は、そんなに多い感じはしない。
高速料金が一律1千円といっても、ガソリン代や食事代、宿泊費など、いざ出かけるとなるとやはりお金がかかる。
「みなさん、気をつけてお出かけ下さい。また、お仕事の方は、がんばってください」と挨拶をしながら、主に、普天間基地問題を中心に話をした。
オンリーワンのお兄さんがいつもより遅れてやってきた。コーヒーの差し入れをしてくれ、お礼をした。「今日も仕事ですか?」「ん、水曜日以外仕事だよ」。おそらく、商売をされているのかも知れない。連休のお休みもなく、ご苦労さまという気持ちになった。
小柄なお母さんもやってきた。「がんばってる?!」と。
そして、大学生の剣道の試合があるらしく、他の地域からホテルに宿泊した学生さんが、胴着や竹刀をかついできた。「がんばってね!」「ありがとうございます」。笑顔が素敵だ。
宣伝を終え、妻と、外で朝食をとった。
食事を終え、車で道路に出ようとしたら、50㍍ほど向こうから2人の女の子が歩いてくるのが見えた。
ん??・・・・・・「あっ、トコトコちゃんだ!!」「ん~~・・・」
「あの子が、噂のトコトコちゃんか?!」
妻はそんな顔をしていた。
離れていたので声は掛けることができなかったが、嬉しい朝になった。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-29 13:26

「ケイン。ケインです」   

今日も寒かった。
駅に着き、準備を終え、挨拶を始めた。
北風が吹き、ノボリが南側にたなびいて駅も寒かった。
「寒いですね」と大野勤務の奥さんが話してくれた。
・・と、大柄なイギリス人がやってきた。まだ、松葉杖を付いている。周りの人が少なかったので、よし、聞いてみようと思い声を掛けた。「マイ ネイム イズ ケンイチ トノムラ。ホワット ユア ネイム?」「ケイン。ケインです」と。「センキュウ」「センキュウ ベリーマッチュ」
新しい外国人の友達だまた増えた。
しばらく片言英語もご無沙汰していたが、また少し勉強しなければ、なんて思っている。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-23 13:46

「○○で朝ご飯食べて時間つぶすから・・・」   

どうやら雨らしい。
私は、シャワーを浴びてスッキリした後、小雨に煙る外に出た。
駅に立つと、寒くなってきた。
そば屋さんのお汁の鰹節の匂いがプンと鼻を突いた。
A病院に透析治療で通っているおばあさんが、近所の方の車に乗せてもらい、駅前で降りた。「おはようございます」「乗せてもらったのはいいけど、病院が開くまで2時間あるんだよね」「どこか暖かいところで待っていないと今日は寒いですね」「○○で朝ご飯食べて時間つぶすから・・・」「じゃぁ、ゆっくりと食べて・・・」
おばあさんは、おぼつかない足取りで食堂に向かっていった。
元柔道部員のお兄さんは、ブルーのフード付きのジャンバーを着て、いかにも寒そうだった。
本町田のMさんの方は、白の綿入りのジャンバーを着てきた。「寒いですね?」「そうだね」。右手を挙げて駅に階段を下りていった。
すぐ後、トコトコちゃん姉妹もお母さんの車から降りてきた。「おはようございます」「今日は寒いね?」「うん」。後ろを振り向きながら頷いた。
赤のナイキのスニーカーのご主人は、挨拶をすると、ワンテンポ遅れて返事が返ってくる。ファッションめがねをかけて、わりとラフな格好でやってくる。
今朝の宣伝では、志位委員長が、昨日、米国大使館で、ルース米大使と核問題や普天間基地問題などで会談した内容を話した。
政治を動かす日本共産党の姿を日々市民のみなさんに伝えていきたいと思っている。
雨はまだパラパラと降っていた。
勝を節の匂いにつられて、宣伝が終わるやいなや、朝食にそば屋ののれんをくぐってしまった。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-22 15:09

今朝の町田駅には、私・日本共産党、民主党、自民党、公明党、みんなの党と、ほとんどの党が現れた。   

今朝は、長女の方が私よりも先に家を出た。
日中は20度を超える暖かい日になるとのこと。
しだれ柳の真っ青な木は、気持ちよさそうに暖かい春の日差しを浴びていた。
今朝はあえて遅めの時間帯にしたので、他の議員が駅に来ていると思ったが、やはりそうだった。
北口を通ると自民党のI市議が立っていた。西口に降りると、公明党のK都議の宣伝カーが脇の道に止めてあった。M銀行前に先客がいたからではないかな?と思ったら、やはり、赤い旗を立てて志政クラブのF市議がビラをまいていた。K都議はデッキの上にいたのではないだろうか。
私は、M銀行前にしようと思っていたので、信号を左折し、目的地に到着。他の議員はいなかったので、準備を始めた。
・・・と、少しして音が聞こえ始めた。「みんなの党の市議会議員Sです」と。んんん??誰もいなかったのにおかしいなと思いながら、私も準備をした。そうすると、私のそばにS市議がやってきて、「これからやるんですか?」と質問をされたので、「はい、やりますよ」と返答。やはり、S市議は後からやってきたらしく、黙って他に移動した。
市議選さながらの朝の駅頭の陣取り合戦だったのだ。
車の中から「がんばって」と会釈をしていく人たち。
いつもいくクリーニング屋さんにバイトに行っている奥さんもデッキの上で少し立ち止まって手をふり聞いてくれた。
「民主は期待はずれ、自民には戻ってほしくない、新党は自民と同じ・・・」と訴えていたら、今日視察に行く途中の民主党のS市議が目の前を通った。
今朝の町田駅には、私・日本共産党、民主党、自民党、公明党、みんなの党と、ほとんどの党が現れた。
いよいよ参院選本番である。
志位和夫委員長が、5月3日からニューヨークで行われるNPT・核不拡散条約再検討会議に出席するため、日本共産党の党首としては初めて訪米する。私は、そのニュースから話し始めた。
全国からこの会議に呼応して、「核廃絶」の署名を集めてニューヨークに代表団が届けに行く。
沖縄の普天間基地問題では、住民の意思に反した行動をしている鳩山政権。
日本共産党は、核廃絶の運動でも、普天間基地の撤去についても、常に住民のみなさんとともに積極的行動をしている。全く対照的である。
「民主も自民もけっこうという人は、日本共産党とともに政治を前に!」と道行く人たちに訴えた。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-21 10:05

「ようやく会えたな・・・」   

昨日のワイドショーで、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、普天間基地移設問題について、私と同じことを言っていた。「徳之島の人たちも、沖縄の人たちも、自分たちの島に米軍基地いらないと言っているのだから、鳩山さんは、そのことをストレートにアメリカに言えばいいと思う」と。日米同盟にぶち当たったら、なくす議論をしたらいいじゃないかというわけである。
昨夕、党市議団は、池川友一市議の地元、鶴川駅前で政策宣伝をしたが、私は、そのときにも同じ話をして、普天間基地の無条件撤去のためにがんばっていきましょう!と訴えた。
今朝は、やや遅れて駅に着いた。
久しぶりに雨が降らない朝だったので、安心して準備ができた。
6時半のおじさんとトコトコちゃんと同じバス停から乗るおじいさんは知り合いらしく、仲良く話ながらやってきた。6時半のおじさんは、「ようやく会えたな・・・」ととても喜んでくれていた。
Mちゃんがやってきた。元気そうだった。
その後、長女もゆっくり目の時間でやってきた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんも爽やかな感じだった。
「日本共産党は、政治を前に動かす活動にドンドンがんばっていきたいと思います」と話すと、反応が返ってきた。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-20 08:55

「ん~ん、まだです」   

先週の金曜日は、冬のような寒い中での朝の宣伝だった。市民のみなさんもタンスの中からコートを引っ張り出してきた人がたくさん見受けられた。
私も厚手のジャンバーを着て、がんばった。とにかくみなさん、「寒いですね」の連発だった。
寒さとともに?ブログも3日間お休みになってしまった。
週があけて、ぽかぽか陽気の日曜日を経て月曜日の朝になった。
今朝も晴天である。
いつも早起きの長女は身動き一つしないで寝たままである。
「遅出」だったということが後で分かった。
駅に着き、挨拶を始めた。
T大学生君のお兄さんがやってきた。
本町田のMさんは、「がんばるね!」と一言言って階段を下りていた。白のダウンのジャンバーを着ていたので、今日も寒いと思ったのかもしれないが、そうでもなかった。
トコトコちゃん姉妹もやってきた。「おはようございます」。2人がかわいい挨拶をしてくれた。「部活、入ったの?」と聞いてみた。「ん~ん、まだです」とトコトコちゃん。教えてくれるのを楽しみに待っていたいと思う。
15000人が参加した徳之島の米軍基地建設に反対する集会の話しをした。
「長寿、子宝、癒しの島に米軍基地はいらない」・・・昨日の集会参加を呼びかける徳之島のポスターのスローガンである。
私は、「基地はいらないという徳之島の人たちの心を、沖縄県民の心を、鳩山首相は、ストレートにアメリカに、オバマ大統領に伝えるべきだと思います。国民の声をしっかりと反映させた政治が、いま、求められているのではないでしょうか」と訴えた。
T大学生くんがわざわざ立ち止まって挨拶をしていってくれた。
「政治を前へ」日本共産党のポスターのスローガンである。
沖縄や徳之島のポスターと並べて貼ると、ぴたっと国民のみなさんの気持ちにマッチすると思った。
春らしくなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-19 16:14

トコトコちゃんは、水色の傘を差してきた。   

雨・・・・
朝起きたら予想通りの天気だった。
今日も早く出かけるという長女を車に乗せて駅で降ろし、私は、そのまま仕事に入った。
傘を差しながらの挨拶になった。
「雨なのにがんばりますね」と年配の奥さん。
そのうち、元柔道部員のお兄さんが青いヤッケをかぶってやってきた。
T大学生のお兄さん、かなり後からT大学生君もやってきた。
トコトコチャン姉妹が来た。お姉ちゃんは白地に花柄の傘、トコトコちゃんは、水色の傘を差してきた。
「雨だね・・・」「うん」。頷きながら駅の階段を下りていった。
本町田のMさん、「がんばるね!」と言ってくれたが、頑張ろうという気にさせてくれるのだ。
昨夜、日比谷野外音楽堂で、普天間基地の撤去を求める沖縄連帯集会が開かれた。私は、会議で行けなかったが、党市議団から細野龍子市議が市民団体の人たちと一緒に参加した。
「参院選で日本共産党の議席を伸ばしていただき、政治変革を!」と訴えた。
吐く息が真っ白だった。
雪にはなりそうにないが。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-15 08:56

「今日やってたね・・・・」   

東京は今日も暖かかったが、北海道や東北地方には寒波がやってきて、予想外の被害が出ているようだ。
Mデパート前で宣伝をした。
「民主党は期待はずれ、自民党には戻ってほしくない。こんな声が聞かれます。みなさん、国民の暮らしを苦しめ、平和を脅かしてきた自民党政治の政治悪を大本から変えることができるのは日本共産党です」
私は、冒頭からそう切り出した。
ん??
デッキの上から、横断歩道を渡りながら、停止信号を待ちながら、どうも私の話に耳がダンボになっている人が多くなってきた感じがする。
相模原ナンバーの車の中から奥さんが挨拶をしてくれた。
彦坂さんと奥さんが時間を置いてバスから降りて、駅に向かっていった。元同僚だと、ちょっと照れくさい。
自転車に乗った親子が「行ってきま~す!」と、お母さんと後部座席に乗った保育園児の男の子が元気に出かけていった。
夜帰宅したら、長男が、「今日やってたね・・・・」と。
明日は、真冬並みの寒さになるそうだ。
んん・・・早く暖かくならないかなぁ。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-14 22:41

「○○渋谷とかいうところ・・・」   

今日も長女は早起きだった。「乗っていく?」と聞くと「うん」と言うので、駅まで乗せていくことにした。
路上には、昨日の雨で桜の花びらがたくさん落ちていた。
今日は暖かくなりそうだ。
駅で長女を降ろし、準備をして、挨拶を始めた。
渋谷勤務だったお兄さんが早々とやってきた。「早いですね?」「行ってきます」
「火曜日でしたっけ?ここにいるの」。団地の住む奥さんが笑顔で聞いた。「はい・・・」
Mちゃんは元気そうだ。
そこへ、近所のHくんが突如として現れた。
この春高校を卒業して、めでたく就職が決まり、どうやら新人研修で都内に行くらしい。
「良かったね」「はい」「どこまで行くの?」「○○渋谷とかいうところ・・・」
「がんばってね」と、私と同じくらの背丈があるHくんの肩をポンとたたいて、激励した。
「ありがとうございます」
スポーツ部で丸刈りだった髪の毛も少し伸びてきた。
彼が今朝のような笑顔で毎朝出勤できるように、私もがんばらなきゃ、と思った。
[PR]

by ken-tono | 2010-04-13 09:16