<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

ボールを前へ、政治を前へ!!   

月曜日の朝は、みんな起きるのが辛い。
昨夜は、サッカー日本×イングランド戦を見た。この前の韓国戦とは違って、日本選手は気迫に満ちたプレイだと思った。
卓球に次いでサッカーと、連日の興奮が朝まで響いてしまった。
・・・と、今朝もやや寝坊。慌てて支度を済ませて駅に向かった。
トマトの苗木がすくすくと育っている。
そういえば、この間、ラジオのアナウンサーが悔しそうに話していた。「もうトマトはやめました」と。「悔しいったらありゃしない!」と。プランタンで育てた完熟トマトが、パクリとカラスに食べ垂れてしまったのだそうだ。
駅では遅れ気味のスタートだったが、みんなやってきた。
本町田のMさん、重そうな荷物を持ってきた。昨日どこかへ行ってきたお土産だと思う。「元気だね」と言って駅に入っていった。
トコトコちゃん姉妹もやってきた。「キャンプ、楽しかった?」「うん!」。
H高校柔道部員君と、もう一人別のH高校柔道部員君がいるのだが、今朝は、別の柔道部員君だった。
「世の中、訳わかんなくなってきたなぁ!」。ロマンスグレイのご主人が笑いながらそう言った。
鳩山政権や今の政治の動きを見ているとそう思うのではないだろうか。
昨日は、マルイ前で、小池晃参院議員が訴えた。私も前座で話した。600人以上の人がデッキのグルリからのぞき込んだり、熱心に聞き入ってくれた。
政治変革の第2ステージに立った感じがした。
卓球の愛ちゃんやサッカーの闘莉王選手のように気迫でぶつかっていかないといけない。
ボールを前へ、政治を前へ!!
[PR]

by ken-tono | 2010-05-31 20:04

沖縄?韓国?   

世界卓球をまたまた夜遅くまで見てしまった。
男女とも準々決勝で、息の詰まるような試合だった。中でも、石川佳純選手の思いっきりのいいプレイには感動した。今夜は男女とも中国戦だ。またまた釘付けになりそうだ。
そんなわけで、今朝も眠い目を擦りながら駅に向かった。
駅では、普天間基地の上空写真の大型パネルを置いて宣伝をした。
最初は気がつかなかった人がいたものの、私が話をし始めると、見ていく人が増えてきた。
私もよく知っている自民党の運動員が近寄ってきて普天間基地の写真を見ていたので、「これが普天間基地ですよ。世界で最も危険な米軍基地ですよ」と説明した。「これはだめだよ。だめだよ」「党派を超えて反対してるんですから」。彼も写真を見てびっくりした様子だった。
日大三高の生徒さんたちが、スーツケースを持ってバス停に向かっていった。修学旅行だと思う。
沖縄?韓国?
行き先を聞きそびれてしまったが、もし沖縄だったら、今最大の焦点になっている普天間基地を自分の目で見てきてほしい、と思った。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-29 10:13

「立つ場所が変わったね」   

昨夜は世界卓球を最後まで見たので、寝るのが遅くなり、朝は眠かった。
土俵際まで追い詰められても、あきらめないで逆転する。まだ20歳の水谷選手の精神力は凄いなと感心してしまった。
朝起きたら、もう長男が目を覚まし、髪をいじっていた。
「早いね、どうしたの?」「ん、暑いから目が覚めちゃった」
もう2人とも中間テストは終わったらしく、長男は、昨日も友達と○○ラーメンを食べに行ったと話していた。
駅に向かった。
デッキの上に上がってみると、補強工事のヶ所が変わったため、バスセンターから駅まで今度は左側通行になった。
新しい場所にグッツを備えて宣伝を始めた。
“貧乏侍”が口癖のご主人がわざわざ下から上がってきてくれた。「だから言っただろ。お坊ちゃまではダメだって」と、鳩山首相にかんかんだ。「共産党ががんばらないと!」と檄を飛ばしてくれた。
年配のご主人は、工事のことに気がついたらしく、「立つ場所が変わったね」「はい」「でも、大丈夫だよ」と。ん?何が大丈夫なのかな?と思ったけれど、たぶん「場所が変わってもやっていることはわかるよ。がんばってね」という意味だと解釈した。
Iさんがビラ撒きの応援に来てくれた。
Jさんが笑顔で通った。
ヒゲのお兄さん、早朝出勤は終わり、いつもの時間に戻ったらしい。「私が言ったとおりになりましたね。民主党はダメだって・・・」
みなさん、今の政治に対してガンガン意見を言う。
I先生は逆方向からやってきた。
霞ヶ関勤務のお嬢さん、藤沢勤務のお嬢さんが次々と通った。
普天間基地問題で日米政府は、今日にも「辺野古」「徳之島」の文言を入れた合意をするという。たとえ、鳩山政権がどのように舵を取ろうとも、沖縄のみなさんの立場にしっかりと立って、「無条件撤去」を要求し、引き続きがんばっていきたいと思う。
午前中、Oさんと中町を回り、5.30(小池晃さんの街頭演説)をお誘いし、何人かの方に赤旗新聞を購読していただいた。
行動を終えて帰る途中、どうも見たことのある黒人の女性と目があった。駅でよく会う人だった。駅では無表情だった彼女が、初めてニコッと笑ってくれたのだ。
「グッ バイ!」と私は右手を挙げた。彼女も手を挙げて笑顔で応えてくれた。
今度駅で会ったら、出身国と名前を聞いてみようと思う。
「My name is kenichi tonomura.」と、まずは、私の方から声をかけなないといけない。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-28 13:53

「キャンプに行きました」   

昨日は、秋田県出身の友人4人が町田に集まり、秋の旅行のことで相談した。練馬区に住んでいるSさん、Kさん、そして、横浜のSさんと私。秋田県出身の人たちの中には、郷里に親兄弟親戚などほとんどいなくなって、帰るところがない人たちが多くなってきた。
「わが故郷・秋田」に帰る旅でもある。
打ち合わせの後、まだ仕事があったKさんを除く3人で懇親を深めた。
雨は上がった。
駅に立ち来る人たちを待っていると、まず、元柔道部員のお兄さんが来た。大部無精ヒゲが伸びていた。
本町田のMさんは、「元気だね。病院知らずだね」と言って、笑いながら駅に入っていった。
トコトコちゃん家の車が止まった。お姉ちゃんの姿しか見えない。「おはよう。妹さんは?」「キャンプに行きました」ということで、トコトコちゃんはいなかったのだ。
6月1日から第2回市議会定例会が始まる。日本共産党市議団は、今議会でも、「新庁舎、大型開発よりも市民のくらし第一の市政実現」へがんばります、話した。
今日は、午後の代表者会議で、くじ引きをして一般質問の順番が決まる。
雲の上に残っていた雨が、一瞬、パラッと落ちてきた。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-27 08:54

菖蒲から紫陽花に   

子どもたちのテストは今日までなので、昨夜は私の方が早く寝て、今朝も早く出てきた。
白と紫の菖蒲(あやめ)が咲き、紫陽花(あじさい)が開花の準備を始めている。
Mデパート前で宣伝を始めたら、Iさんがビラ撒きの応援に来てくれた。
Iさんはデッキの上で、私は下の道路から訴えた。
普天間基地問題で沖縄県民と国民に背を向ける鳩山内閣。社民党の福島代表が、辺野古案には反対すると沖縄県知事と対談したそうだが、鳩山首相は内閣を代表して辺野古案を公式に提示したのだから、福島代表自身が鳩山内閣を担っている責任は免れないと思う。
普天間基地問題を中心に話をして、5月30日(日)4時半から「この場所で」行われる日本共産党の街頭演説に小池晃参院議員が来ますと訴えた。
宣伝の後、車検に出していたバイクを引き取りに行った。
空はどんよりと曇り、今にも雨が降り出しそう。少しムシムシする天候の中、自宅まで約30分、久しぶりに風をっきって“一っ走り”することができた。
アフリカ・ツインは元気だった。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-26 15:29

「衣替えですか?」   

2人の子どもたちはテスト勉強で“ねじりはじまき”状態。
私は、こらから6月市議会と参院選挙に“全力投球”しなければならない。
鳩山政権は、普天間基地問題で、完全に民意を裏切っている。国民に信頼される政治を行おうとするならば、まず、民意に基づいた政治を行うことが大前提ではないか。鳩山政権はそれを欠いている。
「民意の実現を大きく前に」・・・普天間基地問題の解決の道は、「沖縄に新基地を絶対に作らせない。国内にもない」ということをアメリカに伝えられる政治を実現することだと思う。
今朝の駅頭宣伝では、その事を中心に日本共産党と小池晃さんへの支援を訴えた。
本町田のMさんが、白のベストを着てやってきた。「天気が良くなったね・・・」。昨日は雨だったので、屋根付きのデッキの上に移動したが、今日はお会いすることができた。
トコトコちゃん姉妹の姿が見えた。「おはようございます」。見ると、トコトコちゃん、紺の制服から白の制服に替わっていた。「衣替えですか?」「はい!」。
しばらくして、霞ヶ関勤務のお嬢さんがやってきた。「あれっ、今日はこっちですか?」「はい」「お母さんは元気?」「はい。6月から仕事することになったから、会えるよ」と。3カ月ぶりに会えるのを楽しみにしている。
6月。
色んな事で変化がある月だが、変化を作らなければならない月でもある。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-25 09:13

「米軍は、秋田さ、こねでけれ!」ということになる。   

雨でちょっと肌寒い朝になった。
それよりもなによりも、昨夜、近くのシティ温泉に行って体をほぐしてきたので、今朝はすっかり寝入ってしまった。
慌てて身支度を済ませ、駅に向かった。
風のせいで横殴りの雨だったため、デッキの上に避難し、宣伝をすることにした。
準備中、後から民主党の宣伝カーがやってきた。私は、「上」で、民主党は、「下」で宣伝することになった。
同じ秋田県出身のAさんが荷物を抱えてやってきた。「早いな?」「はい」「これから、女房の23回忌で秋田に行ってくるんだ」と。Aさんは、秋田訛りがハッキリとわかる人だ。「気をつけてね」と見送った。
Mちゃんが来た。「テストでしょ?」「・・・はい」「がんばってね」「はい!」
その後を追うように、長女、Yちゃんが通っていった。
霞ヶ関勤務のお嬢さんも来た。イアホーンで音楽を聴き、携帯でメールをしながら、私に「おはようございます」と笑顔で話しながらの“三刀流”だった。
藤沢勤務のお嬢さんは携帯で話しながら、挨拶をしてと、“二刀流”だった。
昨日、鳩山首相が沖縄を訪問し、名護市の辺野古周辺に米軍基地を移設する案を県知事に伝えた。
完全な公約違反であり、沖縄県民の民意に背く暴挙だ。
県知事も、県議も、名護市長も、財界人も、「遺憾」「断固反対」の意志を示した。
9万人の集会で県内移設「断固反対」は明白である。
「沖縄県民のみなさんと連帯して、普天間基地の無条件撤去実現にがんばっていきます!」と訴えた。
ちなみに、Aさんのように秋田弁で米軍基地NO!を言うとすれば、
「米軍は、秋田さ、こねでけれ!」ということになる。
米軍基地NO!の運動は、全国に広がり始めた。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-24 11:41

母の声を聞くと・・・   

ぐっすりと寝た。
まずは新聞に目を通して、テレビを見て、「そうだ・・・」と思い出しながら秋田の母に電話をした。
父が亡くなって17年目になるこの夏、父の郷里、秋田県旧比内町で『17回忌』をすることになった。
どうやら7月11日が参院選挙になりそうなので、その後の日程も決めやすくなった。麻生政権の時はいつ解散総選挙かで引き延ばされたので閉口したが、今回は目標に向かってがんばりやすくなった。
高校生になったわが家の2人の子どもたちが生まれて間もなくこの世を去った父。子どもたちの成長と在りし日の父の姿がどうしてもダブってしまう。
15分ほどあれやこれやの話をしたが、やはり母の声を聞くとホッとすのは私だけではないと思う。
中間テストの初日を終えた子どもたちは疲れたと見えて、グッスリ。
「さて、行くか!」と妻に告げて、私は駅に向かった。
今日も暑くなりそうだ。
大縦列のタクシーの間に入れていただき、宣伝を始めた。
大部遅めの時間帯なので、普段通勤で会う人たちは殆ど見かけなかった。
普天間基地問題を中心に、「アメリカにも財界にもモノが言える政党が日本共産党です」とインパクトのある内容で話した。「ん?」と、私の方を振り向く人が何人かいた。
「国民のみなさんの願いに応える政治の実現へがんばります」と強く訴えた。
わが党議員団の佐々木智子議員がバスから降りてきた。「あれっ、どこへ?」「川越の父の所に行ってきます」。
お互いに親が高齢になり、色々と面倒を見なければならなくなってきた。
今日は、夕方、駅頭で党市議団全員で宣伝をすることになっている。
参院選もカウントダウンが始まった。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-22 10:48

ピンクのシャツがとてもお似合いだった。   

昨日まで降っていた雨も上がった。今日はまた暑くなりそうだ。
今日から高校生の子どもたちは中間テストらしく、二人とも早く帰ってきていた。
そして今朝は、この二人がまだ寝ている間に駅頭宣伝に向かった。
とは言っても、もう朝の日差しがしだれ柳の大木を強く照らしていた。
駅に着き、タクシーが動くのを待った。最近、タクシーに乗る人が減ってきた感じがする。
グッズを運んでいる最中に、大野勤務の奥さんから声を掛けられた。「久しぶりですね」と。1週間前に会ったばかりの人からそう言っていただくとウレシイ。
それこそ久しぶりにあったのは、6時半のおじさんだ。「いつまでかかるんだ?」とデッキの上の工事を差してぼやいた。「夏までらしいですよ」「ん~ん、そうか・・・」。同じような工事の仕事をしているおじさんは、どうも気になるらしい。
新宿勤務のご主人がやってきて立ち止まった。小池晃参院議員のリーフを手渡すと、「この人、この間、新宿で見たよ。演説やってたよ」「そうですか。よろしくおねがします」と。
高校生のMちゃんは、やはり今日がテストらしく、暗記のペーパーを見ながら駅に向かっていった。
イギリス人のケインさんが、「オハヨウゴザイマス」とニコニコしながらやってきた。ピンクのシャツがとてもお似合いだった。
カルフォルニア出身のJさんは大きめのエンジの鞄を提げてやってきた。歩くのが速い。
Yちゃんは長女と同じ高校だが、バス停が別なのでそれぞれ時間が違う。Yちゃん、長かった髪をバッサリとカットしてスッキリしていた。
そして、藤沢勤務のお嬢さんは携帯をかけながら、霞ヶ関勤務のお嬢さんは音楽を聴きながら笑顔で通っていった。
Sさん、Kさん、Uさん、Iさんと、小池晃さんのリーフレットを配りながら元気な朝の宣伝だった。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-21 09:14

やむなくグルリと一周し・・・   

今朝の駅頭宣伝は“遅番”にすることにした。
長女も遅番らしくク~ク~状態、長男は髪の手入れに余念がない。
霧雨が降っていた。
しだれ柳は、豊富な枝葉が木全体を覆い、まるで大きな蓑をかぶっているようだ。
駅に着くとMデパート前には荷物の搬入のトラックがずらりと並び、入るスペースが全くなかった。やむなくグルリと一周し、M銀行前に場所を変えることにした。
雨のせいか、他の議員は来ていなかった。
濡れるのでノボリを出すのをやめて、さっそく宣伝を始めた。
鵜野森に住んでいるUさんが笑顔で通った。
今朝のしんぶん赤旗で紹介している、温室効果ガス30%削減を内容とする法律の修正案を日本共産党が差すことになったこと。外国人特派員協会での志位委員長の講演の内容を中心にして話をした。
森野団地のYさんの奥さんも通った。
微妙に降る角度が変化する雨に傘を動かしながら、あっという間に時間が過ぎてしまった。
そういえば、今朝は家で割と時間があったので、長女のお弁当のおかずを作ってあげた。豚肉の天ぷらにネギ入りの卵焼き、茹でたスナックエンドウなど。
こんな時が私は一番落ちつくのだが、滅多にできないのが残念なのだが・・・。
[PR]

by ken-tono | 2010-05-20 09:02