<   2010年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

「今年最後の駅頭宣伝となりました。みなさん、一年間、本当にお世話になりました。・・・」   

いよいよ大晦日になった。
今年最後の町田駅の早朝宣伝?(今日はのんびりと出かけたので普通の朝の宣伝かな)だった。
昨夜は都心に初雪が降ったらしいが、わが町は予報に反して雨も降らなかった。
そして、なんとすがすがしい青い空と澄んだ空気だろうか。
しだれ柳とも1年間毎朝顔を合わせてきた。
バッサリと枝が切り落とされてかわいそうなぐらいだが、新年に向けて力強く伸びようと準備をしている様子がわかる。
フロントガラスの氷をさっと払落し、冷え切った車に乗り込んだ。
ラジオのアナウンサーもさすがに年の瀬用の話し方?なのか、私にはそわそわした調子に聞こえた。
タクシーが超長蛇の列だったので、お願いをして途中から間に入らせていただいた。
「今年最後の駅頭宣伝となりました。みなさん、一年間、本当にお世話になりました。来年も元気に皆さんにお会いしたいと思います。お体に気を付けて、良い年をお迎えください」と。
いろんな方々に声をかけていただき、あいさつを交わした。
「今年定年になり、嘱託に変わったら、夜勤が多くて大変になりました。今日も2,3時間寝たらそのあと出勤です」「そうですか・・・。体に気をつけて頑張ってください」と、私は激励した。
家に帰る途中、本町田のMさんが、玄関前で掃除をしていた。
「どうも、お久しぶりです」「元気?」「はい。お正月は?」「家にいるよ。息子たちが帰ってくるから」「よいお年を」と言い合って笑顔で別れた。
今年も、大いに励ましてくれた一人だった。会えてうれしかった。
そのあと私は、妻を車に乗せて、再度駅に向かった。
長女の受験の願書の写真を受け取りに行くためである。
昨日、駅前のK写真屋さんに長女を連れて行き、撮っていただいた。
「なかなかレトロな感じでよかったよ」。
妻も長女も写真屋さんのスタジオの雰囲気とご主人の人柄ががとても気に入った様子だった。
帰りに、写真屋さんのご主人から長女に、「がんばってね」と七福神のお守りをいただいた。
みなさんにとってもいろんなことがあった年だったでしょう。
ぜひとも来年は、お互いに前進できる年になるようにがんばりましょう。
みなさん、よい年をお迎えください。
静かな年の瀬である。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-31 18:23

「いや~っ、クリスマスが病院の中で、正月も?と思ったけど・・・」   

今日から妻は仕事がお休みに入った。
朝はゆっくりと過ごし、朝食を食べた後、M銀行前で宣伝をした。
遅い時間だったので、勿論、通勤の人たちの姿はほとんどなく、帰省や旅行に向かう人たちもいたが、家族でちょっと出かける人たちが多かったように見えた。
今年一年の国政、市政を振り返って、「また来年もよろしく!」と話をした。
お会いした記憶はないのだが、何人かの方々が挨拶をしてくれた。
駅前を通る市民のみなさんの日々の表情や雰囲気を現場で感じ取りながら、できるだけ同じ目線で話ができるようにしたい。
市議会議員として、まだまだその領域には及ばず、反省の毎日である。
市民のみなさんと怒りや喜びを共有、国民が主人公の政治、平和な社会の方向へともに前進できるようにまた来年も頑張っていきたいと思う。
宣伝の後、商店街の御茶屋産に立ち寄ったら、膝に水が溜まって5日間入院していたというこが分かった。
「いや~っ、クリスマスが病院の中で、正月も?と思ったけど、何とか退院できてホッとしてます」「よかったですね」と。
他の商店の奥さんも何日かお休みしていたらしく、先週あたりから見かけるようになった。
みなさんもお体をこわさないよう気をつけてください。
年越しまであと2日に迫った。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-30 12:30

「これが終わったら仲間と麻雀なんですよ・・・」   

昨日で市役所は終了。仕事納めであった。
「お年一年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします」と決まり文句を言い合って、この一年のお互いの労苦を労った。
そして、日も暮れようとする頃、私は、A理容店に入り、今年最後の散髪をしてもらうことにした。
椅子に腰掛け、前掛けをかぶせてもらい、「小沢さんの証人喚問、どうなんでしょうね?」とご主人が話し始めると、「あら、いらっしゃ~い!」と、元気な奥さんが買い物から帰ってきた。
私がお店に入ったのは5時をとうに過ぎていた。
「これが終わったら仲間と麻雀なんですよ・・・」。理容店ご夫妻の気持ちの半分はもぷそっちに移っているようだった。
今年も、貴重な癒しの一時をA理容室で過ごすことができた。
夜が明けて、今日は29日。
あと3日である。
今日もまた、弁当を作り終え、外に出た。
真冬のスッキリと晴れた空。
キ~ンと冷えた空気を胸一杯吸い込んで駐車場に歩いた。
新芽が出始めた高木に野鳥がピチピチと鳴きがら出ては入りを繰り返している。
朝の日光浴を楽しんでいるかのようだ。
すっかり白くなったフロントガラスを払い取り、直射日光に目を細めながら駅に向かった。
駅前は遅い時間帯にもかかわらず、相変わらず汚れていた。
サッと掃除をして、みなさんが気持ちよく出かけられるようにスタンバイをした。
お会いしたことがない?若い女性が会釈をしてくれた。私が知らないだけで、いつも挨拶している方なのかも知れない。
私たちと同じ世代の子どもさんがいるご主人が「あれ、今日もやってるの?」というような表情でやってきた。
「おはようございます」と挨拶をすると、お疲れさまと、大きく手を振ってくれた。
このご主人、いつもは、どちらかというと無表情で通る方だが、気にかけてくれていたんだと思うと、妙に嬉しくなった。
渋谷の寿司や職人のご主人も来た。「今度は昼の勤務になったんですか?」と話してみた。「うん、そうなんだよ」「来年もよろしくお願いします」「あっ、お願いします」。急ぎ足で駅の階段を下りていった。
昨日の夜、飲み過ぎて嘔吐した人がいたらしく、“品物”が残っていた。
案の定、目ざといカラスがフワリと舞い降り、2口3口ついばんだ。
年末の駅前は、いつもの光景と変わりがなかった。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-29 10:15

「ん、30日までだよ」「え?明日まで」・・・   

外に出ると夜明け前の静寂が漂っていた。
あまりにも大胆に刈り込まれたしだれ柳は、本来の姿を失いかわいそうなほどである。
柳が風邪を引くこともないだろうと思いながら、車に乗り込んだ。
こんなに寒いのになぜかフロントガラスは凍っていなかった。
駅に着いたが、タクシーはびくともしない。ノボリの準備をしながら待つこと10分、ようやく動き出した。
年の瀬まであと4日。
元気に行こう!と挨拶を始めた。
ヒゲのお兄さんが来た。私の方から声を掛けた。「おはようございます。仕事、いつまでですか?」「タイムカード使っての出勤は今日までですが、仕事が溜まっているので、休みなしです」と。3月末までに500ページの報告書を書かなければいけないらしいが、まだ半分だから、と。「秋田には帰るんですか?」「いえ、帰れないんですよ」と、しばし立ち止まって話をしてくれた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんはまだ仕事のようだ。
貧乏侍のご主人がやってきたのでチラシを渡した。「仕事、いつまでですか?」「ん、30日までだよ」と、定年後10年働いてきたから、もういいかな?と言いながら駅に向かっていった。
霞ヶ関勤務のお嬢さんもしばらくして駅に到着。私が声をかけたら、音楽を聴いていたイアホンを外して、「え?明日まで」と。「がんばってね」と見送った。
あと4日間、風邪を引かないようにお仕事がんばってください。よい年を迎えてくださいとマイクで話した。
日航の不当解雇撤回闘争に対する国民支援共闘会議というのが昨日結成された記事が赤旗で紹介されていたので、その事も話した。
私の父も、私が小学校5年生の時から5年間、自らの不当解雇撤回闘争にとりくんでいた頃のことを思い出した。
がんばってほしいと思う。
時間が来て後片付けをしていたところに長女がやってきた。
朝、作ってあげた弁当もってきたかな?と思いながら見送った。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-28 09:26

懐中電灯は“命綱”だったのである。   

心配していた西東京市議選の結果、わが党の4人の候補は全員当選することができ一安心した。
それにしても、民主党は7人立候補の内現職3人を含めて4人が落選し、一方、みんなの党の3人の候補は全員当選したようだ。民主党政権の政治があまりにも国民の声に応えていないからだと思う。
日本共産党の役割をもっともっと知っていただくよう努力しなければと思った。
今朝も少し遅くなったが、M銀行前で宣伝をした。
日大三高の生徒さんたちは、まだ学校があるようで、今日も普通に登校していた。
私立高校のバレーボールの大会が成瀬の総合体育館で行われているらしく、ユニホームを着た選手たちが集団で駅に向かっていった。
今日も、宣伝では今年一年を振り返って話をした。
何人かの人たちが声をかけてくれた。
今朝は遅かった分だけ“ヒートテック”に頼らなくても済んだ。
宣伝を終え、駅前の専門店にデジカメを見に行った。
子どもたちがまだ小さかった頃、旅行に行ったときには大活躍してくれたデジカメ。
あれから10年以上も経っているし、随分新機種も出ているみたいだし、と思い行ってみたのだが・・・
結局は、撮るものもないし、携帯で足りるし、と思い、デジカメは買わずに、実用的な懐中電灯を買って帰ることにした。
そういえば、子どもの頃、吹雪の夜の帰り道、母の足跡を後ろから懐中電灯で照らしながらついて行ったときのことを思い出した。
明日以降、東北地方は大雪になるらしい。
その昔、懐中電灯は“命綱”だったのである。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-27 17:17

“ヒートテック”なしの私には結構堪えた   

昨日は、西東京市議選の応援に行ってきた。今日が投票日なので、候補者は最後の訴えで、私も今年の町田の選挙のことを思い出した。
一昨日から猛烈な寒波が来ていたので、“ヒートテック”なしの私には結構堪えたが、できるだけ日向を見つけて宣伝した。日本共産党の4人の現職全員の勝利を願っている。
今朝は、昨日に比べるとやや暖かい感じがする。
長男はグッスリ。その間に、長女を駅前まで送り、妻と外で朝食をとった。
そのあとゆっくりとMデパート前で宣伝をした。
搬入車の出入りは少なくなったが、その代わり、駅前の不動産会社の社員の方々が、車にお客さんを乗せて物件の案内をしていた。
私は、今年一年を振り返りながら、市民のみなさんの暮らしを守るために来年も、駅頭宣伝や市民要求実現にがんばりたいと訴えた。
横断歩道を渡っていたご婦人が、階段を上っていこうとしていたご夫婦がと、かなり遅い時間だったが、手を振ってくれる人たちがいた。
実は、昨日、西東京市から帰って、妻と買い物に行ったとき、“ヒートテック”を買ったのだったが、今日は着なくて済んだ。
あと6日で今年一年も終わる。
早い。!
[PR]

by ken-tono | 2010-12-26 12:09

能代工業バスケと秋田名物ハタハタの話で大いに盛り上がった。   

昨日は、「国保税引き上げ中止を求める市民の会」の集まりに参加し、6,909筆の署名に象徴される今回の運動に改めて確信を深めることができた。
「これ以上の値上げをしないでほしい!」という、市民の切実な声がこめられた数である。
集会の後、仕事がお休みだった妻と昼食をとり、家族のあれやこれやの話をした。
夕方、私は、町田市少年野球連盟の納会・懇親会に初めて参加してきた。
市内の少年野球チームの指導に当たり、試合を企画したりと、子どもたちの成長のために奮闘されている指導者や役員のみなさんといろんなお話をすることができた。
ある役員の方は、私と同郷の秋田県出身で、能代工業のOBとのことだった。
個々バスケの名門校・能代工業である。この方は、OB会の幹事になっていて、昨日から始まった全国高校選抜バスケットボール大会(東京都体育館)へ応援に行くんだと話していた。
もう一つはハタハタである。
もう少ししたら秋田の実家からハタハタが届くので、わが家へ来ませんかということだった。
あの田臥選手で有名になった能代工業バスケと秋田名物ハタハタの話で大いに盛り上がった。
22日、12月議会が終わり、それまでの緊張がやや取れたこともあってか、夜帰宅すると疲れがどっと出て、私は、早々に床に就くことになった。
それでも寝るときは寝てしまうものである。
一度、3時頃目が覚めたが、もう一度寝たため、次ぎに起きたときには、いつもの時間を大幅に過ぎていた。
「自然の流れで行こう」と思い、お弁当を作った。
長女はもう起きていたが、長男はギリギリまで粘って起きてきた。今日が終業式らしい。
私は、慌てることなく駅に向かうことにした。
が、肝心のヒゲを剃るのを忘れ、玄関を出てすぐ戻った。
「どうしたの?」「ん?ヒゲ・・・」
もう一度玄関のドアを開け外に出た。
朝陽をたっぷりと浴びたしだれ柳は剪定されて丸坊主になったためどうも寒そう。
ごっそりと空いた隙間から青空のキャンバスが見える。
一羽の鳩が弧を描くように飛んでいった。
西の空には、ふっくらとした大福餅のような白い月が浮かんでいた。
清々しい空気を胸一杯吸い込んで、「さて、いくか!」と車に乗り込み、駅に向かった。
M銀行前には先客のI前衆院議員が珍しくマイクで訴えていた。
ので、私は、Mデパート前で宣伝することにした。
暖かい朝陽がビルの谷間から昇ってきた。
私は、間もなくこの1年が終わろうとしている中で、体に気をつけてお仕事がんばってくださいと声を掛けた。
そして、約1年半の民主党政権について、公約を破り、自民党政治の悪政を次々と引き継いでいることを告発し、国民本位の政治に日本共産党といっしょに転換していきましょうと訴えた。
M銀行前で宣伝をしているI前衆院議員は、自民党政治に逆戻りしている民主党政権についてどう話しているのだろうか。自公政権の政治を大本から反省する考えがなければ、民主党の政治を斬ることは到底できないと思いながら、日本共産党の立場と政策を訴えた。
デッキの上で立ち止まって聞いていく人がいた。中には手を振ってくれた方もいた。
自転車で保育園に向かう母子が笑顔で手をふってっくれた。
横断歩道を渡っている人たちの中にも挨拶をしてくれた方がいた。
空気は冷たいが、青々としたいかにも冬の空である。
「来年も毎日の駅頭宣伝を続けていきたいと思います」と、道行くみなさんに話した。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-24 09:43

「国保値上げ条例」は可決されたが、新しい芽が・・・   

少しの間ご無沙汰をしてしまった。
昨日の市議会本会議最終日にむけた準備やら何やらで、というのが理由だが。
その間、私にとっては大変ショッキングなことが起きてしまった。
家の前のしだれ柳の大木の剪定が行われ、丸坊主に近いような状態になってしまったからだ。
来年、新しい芽を出し、初々しい枝葉を付ける上で欠かせないのかも知れないが、私にとっては「あまりだなぁ」と思った。
それでも今朝のしだれ柳を見ると、朝陽に新芽が照らされていて、ん、これでもいいか、と慰めながら外に出た。
2日前、M銀行前で宣伝をし、片付けを始めたところに、Iさんが笑顔で近づいてきた。
「感動するよ!」と私に一言。
ウレシイ激励の言葉だった。
そして、私の声が市民のみなさんを少しでも励ますことができればいいな、と思った。
2日前の皆既月食は雲に隠れてみることができなかったが、それと同じように、昨日の夕方の月は、赤い月だった。
昨日、最終日の本会議を終えて駐車場に向かうときに見たのだったが、妙に感動した。
今回の12月議会でわが日本共産党市議団は、市民のみなさんとともに運動しながら、攻勢的に闘った議会だったと思う。
とくに、国保値上げ中止を求める運動は、議会での論戦や修正案の提出などと連携して、市民の中に広めることができたと思う。国保値上げ条例は、“自公民み”などの賛成多数で可決したが、市民と日本共産党市議団は、この取り組みの中で新たな得がたい財産を売ることができ、次の運動につながるなと思った。
一方、市長が提案した「町田市市民自治条例」は否決になったが、住民自治など地方自治体のあり方を2つの条例に対する取り組みから学ぶことができたと思っている。
それにしても、今日はお正月のような天気だが、とても暖かい日和である。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-23 15:52

「なんと、いい話だごど・・・」   

今日は日中は17度まで上がるということを聞いていたが、朝はそれなりに寒かった。
しだれ柳は起きて顔を洗ったばかりという表情だ。
先週と同じように、私が駅に着いた頃には本町田のMさんはホームで電車に乗ろうとしていた頃ではないかと思う。
トコトコちゃん姉妹がやってきた。「おはようございます」「おはようございます」。ただそれだけの挨拶なのにホッとする一時である。
バイオリニストのご主人は、「行ってきます」と奥さんに思いっきり手を振っていた。
今朝は、国保税値上げ問題一本で話をしたので、いつもよりもパンチの効いた話になったと思う。
さて、話題になっている「クニマス」のことについて。
登場人物がさらに増えてきた。
一人は、漫画家の矢口たかおさんである。あの「釣りキチ三平」にも出てくるのだそうだが、知らなかった。
もう一人(集団)は、山梨県の西湖がある地元の住民のみなさんで、「クニマス」の氷の彫刻を作って、地域興しにしようというわけだ。
そして、元々生息していた秋田県の田沢湖待ちの住民のみなさんも、「なんと、いい話だごど・・・」と、「クニマス」効果を秋田に呼び寄せたい、と。
今年は「ゲゲゲの鬼太郎」というお化けを呼んで景気対策にした町があったが、来年は、「クニマス」という絶滅していたはずの幻の魚にあやかろうというわけだ。
そうはいっても、西湖や田沢湖を訪れる人たちの懐を暖めなければ、本当の景気浮揚策にはならないと思うが、それでも地元のみなさんにはがんばってもらいたいと思う。
もちろん、「さかなくん」にも・・・
[PR]

by ken-tono | 2010-12-20 18:43

「特別に寒いですね!」と。   

北海道ではマイナス20度を下回った地域があったそうだが、わが東京も今朝は確かに寒かった。
新聞では最低気温が5度、と。(うわっ!)
宣伝の後食べるおにぎりを握り、寒い寒い外に出た。
しだれ柳はピクリともしない。
東の空がウッスラと明けてきた。
明けの明星がまだ煌煌と輝いていた。
駅に着き旗を立てて戻ってくると、向こうからクリス夫妻がやってきた。クリスは、ジャンバーのポケットに手を突っ込んで、「ガンバッテネ」と声を掛けてくれた。
境川団地のNさんが来たのでチラシを渡すと、「寒いでしょ。ご苦労さん」と労ってくれた。
ヒゲのお兄さんが来た。「特別に寒いですね!」と。
工事中のデッキの上には、2人のガードマンが立っていたが、1人は、スクワットをやったり、ダンス?をしたりと、あまりの寒さにじっとしていられない様子だった。
それほどに今朝は特別に寒かった。
手がしびれ、足の先もしびれてきた。
「みなさん、5度どころか、体感温度は0度ですね」と話した。
イギリス人のKさんは、パーカーのフードをかぶってきたので、「寒いですよね!?」と声を掛けた。
小柄な霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんがやってきた。
Mちゃんも挨拶をしてくれた。
市内の学校に勤務する先生たちがバス停に向かっていった。
I先生も通った。
霞ヶ関勤務のお嬢さんは笑顔で元気に出かけていった。
菅内閣が閣議決定した税制改革大綱の問題点を指摘した。法人税は5%も引き、7000億円の減収だ、と。
一方、所得税の控除や消費税増税の検討など、大企業優遇、庶民いじめの政治はひどくなっている。
そんな中で、国保税の引き上げなどは「とんでもない」と訴えた。
[PR]

by ken-tono | 2010-12-17 10:45