<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

お姉ちゃんが右側、トコトコちゃんが左側と決まっている。   

長男の風邪も治ってきた。
その分笑い声が増えて、元気になってきた。
駅に向かった。
それにしても今日は寒い。
いつも同じことを書いているが寒い。
駅について新聞を見たら、「ー1度」と。
「うわっ!!」
一息ついてから宣伝を始めた。
トコトコちゃん姉妹と久しぶりに会った。
お姉ちゃんが右側、トコトコちゃんが左側と決まっている。
「寒いですね」「はい・・・」
中学生だから?制服だけで外套は着ていないから寒くて当然だと思う。
H高校柔道部員くんは、さすがに全然寒そうに見えない。
政府の2011年度予算案について日本共産党の対案を話した。
今日は特に、来る人たちの吐く息が白く見えた。
バイオリニストのご主人、渋谷の寿司屋勤務のお兄さんがやってきた。
ん~ん、やっぱりみんな寒そうだった。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-31 08:41

先生も子どもたちも全員がタンチさんの華麗な滑りを息をのんで見入ったのだ。   

昨日は、秋田出身の私にとって2つのウレシイ話題があった。
1つは、秋田県立大館鳳鳴(おおだて・ほうめい)高校が春の選抜高校野球大会の21世紀枠の3校に選ばれたのだ。
関東東京ブロックで、町田市の日大三高が選ばれたことと合わせて本当にウレシイ。
大館鳳鳴高校は、私の父の母校であり、従兄弟のNさんやKさんも同校の野球部OBなので、今回の初出場には心底喜んでいると思う。
父も生きていれば、Nさんたちと一緒に甲子園に応援に行きたかっただろうと思った。
もう1つは、昨夜の町田労働基準協会、町田職業協会、社団法人東京都雇用開発協会合同の新年賀詞交換会で、初めてお会いした萩生田さんという方が、スキーのアルペン競技のジュニア・ナショナルチームのコーチをされているという話を聞き、スキーの話にすっかり虜になってしまったことだ。
私が生まれ育った秋田県阿仁町(現北秋田市)は、スキーのメッカである。アルペン、ノルディック、ジャンプ競技の優秀な選手を排出してきたからだ。
ジャンプの高橋大斗選手は現役だが、何といっても、わが阿仁町のスーパースターは、アルペンの小林平康(ただやす)さんだと思う。
そんなことを萩生田さんと話していたらすっかり盛り上がってしまった。
小林平康さんは、現在、越後中里スキースクールの代表をされているが、現役時代は、ナショナルチームの選手として活躍した人だ。
今でも忘れられないのは、私が小学校6年生の時、授業中に学校の隣にあるスキー場の急斜面を滑る高校生がいた。
颯爽と滑っていたのが小林平康さん、通称・タンチさんだったのだ。
授業はしばしストップ。「ハァ~・・・・・・・」と、先生も子どもたちも全員がタンチさんの華麗な滑りを息をのんで見入ったのだ。
・・・と、スキーの話になると止まらない。
もっとも、昨日の新年会は、雇用関係の集まりで、やはり、いまの雇用危機の状況が口々に語られた。
今朝の駅頭宣伝では、昨日の参院本会議での市田忠義書記局長の代表質問の内容を紹介した。
「大企業が内部留保金を社会に還元し、賃金引き上げ中小企業支援を実現すべきです」と。
「寒いね」
自転車整理のおじさんが私に会うなりそう言った。
M銀行前。今朝もヤッパリ寒かった。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-29 12:52

鳥インフル、噴火、そしてTPP・・・   

昨日は、同じ20年型認可保育園をスタートさせた「おひさま保育園」の見学に行ってきた。
道路の向こうには野津田公園があり、私たちが尋ねた午前中、あの寒さにもかかわらず、子どもたちは元気に散歩に出かけた。
帰ってきた子どもたちは冷たい水で足を洗い、へっちゃら顔でワイワイ。
視察を終えて外に出た私たちは、「お~、寒いなぁ!」とジャンバーを着てと、実に対照的だった。
それにつけても、認可保育園増設の必要性と「20年型」の問題点や課題が見えた2日間の視察だったと思う。
そんな中、わが家の長男はまだ風邪が治らない様子。
昨日お店で買ったカレーコロッケがとっても美味しかったので、1個残しておき、今日の長女の弁当に詰めてあげた。「おいしい~!」ときっと言うと思う。
外に出たら、今日はまた格別に寒いと思った。
車は夜遅く帰ってきたので、その分窓ガラスは凍らずに済んだ。
昨日からニュースで流れていたが、宮崎、鹿児島両県にまたがりそびえる霧島山系の新燃岳(しんもえだけ)が噴火し、大量の火山灰を麓の地域に降らせたようだが、これには驚いた。
宮崎県の農家は、鳥インフルに続いて今回の噴火と、打撃の連続である。
これで政府がTPPに参加したら、同県の農業は壊滅状態になってしまうのではないだろうか。
TPPは自然災害ではなく人災になる。なんとしても食い止めて、日本の農業の再生、安心で安定した食料自給率向上にこそ取り組まなければならない、と駅頭でも訴えた。
そんな今日は、またまた都内の各駅党での一斉の早朝宣伝が行われた。
私の他に、Fさん、Iさん、Uさんと、4人で宣伝をした。
スタンバイをしているところに、オンリーワンのお兄さんが突如現れた。「おはようございます。寒いですね」「あっ、おはようございます。本当に寒いですね」と返事をした。
まん丸顔のI先生は、今日も笑顔で挨拶をしてくれた。
スポーツインストラクターだったNさんも最近よく駅で会うようになってきたが、転職をされたのかも知れない。やはり笑顔で出かけていった。
閉塞した民主党政権の政治の打開の方向を示した昨日の志位委員長の代表質問の内容を話した。
どうすれば国民の暮らし第一の政治が実現できるのか?
その答えを多くの国民のみなさんが待っているのだと思う。
それにしても超寒い!!朝だった。
ブルブル・・・
[PR]

by ken-tono | 2011-01-28 09:36

「とのむらさんに言ってなかったっけ?」と。   

昨日は午前中、わが市議団でハッピー・ドリームという「20年型」認可保育園の視察をしてきた。
午後地域を廻り、森野のHさん宅を訪ねた。
日課のように境川でウオーキングをしているHさんが、昨日もトレーニングウエアを着て出てきた。
「お久しぶりです。今日も歩いてきたんですか?」と尋ねると、「とのむらさんに言ってなかったっけ?」とHさんが話し始めた。
なんと、昨年の暮れから1カ月間、心臓の手術のために都内の大学病院に急遽入院しいたのだ。
「私は分からなかったけど、手術に5時間かかったみたい」
肋骨を左右に開いて、足の血管と心臓付近の血管を取り替えるという大手術で、退院できたものの体が元の状態に戻るにはもう少し時間がかかるとのことだった。
70歳までいちども入院したことがなかったHさん。毎日歩いて健康だと思っていても、着実に老化は進むんだなということを教えてくれた。もっとも、食生活に一番気をつけなければ行けないのかも知れない。
この1月は結構な寒さが続いているので、ウオーキングもしばらくはお休みですと言っていた。
そして、わが家では、これだけ寒いせいか、とうとう長男が風邪を引いてしまった。
一昨日は、頭が痛い、と。そして昨夜は喉が痛いとなり、とうとう今朝は、熱が出てしまったようだ。
たまたま今日は高校の推薦入試の日なので、都立高校は一斉にお休みで、難を逃れた形になった。
今日一日は、残念ながら蓑虫のように布団にくるまったままである。
寒いためか、私も外に出るのがおっくうだったが、元気を出して玄関を出た。
やはり車のフロントガラスはバリバリに凍っていた。
ラジオでは、サッカー日本代表の香川選手が、韓国戦で右足の小指を骨折し、決勝戦は欠場だろうという話が流れていた。ん~ん、かわいそうに。
いくら一流選手でも常に活躍できるとは限らない。
そう思いながら駅に向かった。
駅前を掃除して、挨拶を始めた。
森野の町内会のご主人が声を掛けてくれた。
大田勤務の奥さんは、「寒いですね・・・」と。
黄緑のショルダーバッグを提げたT大学生君も「おはようございます」と言って通った。
自民党の谷垣代表が、昨日の代表質問で、解散総選挙に踏み切ってくれれば、消費税増税の与野党協議に参加しますと、あきれ果てた発言をした。
自民党が政権に戻ることしか頭になくて、条件さえ合えば、国民に痛みと苦しみを押しつける政治を民主党を含めて翼賛体制で推進することは大いに結構!と言わんばかりだ。
ここは共産党ががんばるしかない!
今朝もまたしびれるような寒さの中で、そう思いながら訴えた。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-27 09:13

キ~ンと冷えていた朝の空気がほんわかと暖まってきた。   

昨夜も随分冷え込んだ。
長男は、学校のマラソン大会の練習で筋肉痛のようで、風呂上がりに湿布をペタペタと。
サッカーアジア大会準決勝は最後まで見たかったが、前半戦の1-1まで見て、床に就いた。
朝起きて、すぐにテレビをつけると、日本がPK戦で勝利と。
「お~っ、よかった!」
過去の対戦成績では俄然韓国が有利とのことだったが、日本選手はよくがんばった。
今日は、遅い時間の宣伝にしたため、長男が家を出た後私が駅に向かった。
Mデパート前の隙間に止めて宣伝を開始した。
空気が乾燥しているせいか、声が良く通る感じがする。
まるで野外のコンサート会場のようである。
たくさんのサラリーマンや学生さんたちに混じって、いつもお願いしているクリーニング屋さんのバイトのおばさんが通った。水曜日で今日はお休みのはずである。横浜の娘さんのところに行くんだと前に言っていた。
「気をつけて行ってらっしゃい!」と手を振った。
自転車に乗った母子がやってきた。「おはよう。行ってらっしゃい!」と元気に話すと、お母さんは笑顔で、後部座席の男の子はガッツポーズで応えてくれた。
民主党管政権の悪政をこのように変えていきますと訴えた。
バスターミナルの方のビルの谷間からお日様がのぞいた。
キ~ンと冷えていた朝の空気がほんわかと暖まってきた。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-26 09:11

「民主党はまるで自民党だね」   

最近起きるのが早くなった長男は、私が彼の布団のそばを通ると、ハッとして起きた。
どうやら30分間違えたようで、また深い?眠りに就いた。
外に出るとまだ暗くて、しだれ柳の細い細い新枝は見えない。
「ん?・・・・・・・、おっ、凍っている!」
路面が真っ白ではないか。
駐車場の車はまるで冷凍庫に入っているかのように凍てついている。
入口付近のワゴン車の持ち主がフロントガラスにお湯をかけていた。
私はわが車にエンジンをかけプラスチックの角で四方の氷を取り除き駅に向かった。
M銀行前に付くとタクシーはびくともしない。
出たり入ったりしながら15分ほどして定位置に移動することができた。
デッキの階段がテカテカに凍っていたので、私は、スコップを取り出し、ガリガリっと氷を掻いて、通る人たちが滑らないようにした。
挨拶を初めて間もなく、新聞に目をやっていた私にM先生が「おはようございます」と声を掛けてくれた。
同じ方向から男の人がやってきて立ち止まり話しかけてきた。
「民主党はまるで自民党だね」「私もそう思います」「金持ちからお金取らないで、俺たち貧乏人からお金取るってどういうことだよ。消費税上げるって?とんでもないよ。自民党と同じじゃないか。こうなったら共産党に政権とってもらうしかないな!」と。
「ありがとうございます。共産党も早く政権とれるように、もっと議員を増やさなければとがんばってます。応援してください」と。
「昨日から通常国会が始まりましたが、日本共産党は、いまや自民党の悪政請負人と化してしまった民主党政権の悪政に正面から立ち向かい、国民生活向上へ改革の展望を示していきたいと思います」と訴えた。
ヒゲのお兄さんは、「寒いですね」と言ってチラシを受けとってくれた。
校長先生が大きな声で挨拶をしてくれた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さん、今日はマスクが取れていたので、風邪は治ったようだ。
I先生も笑顔で通った。
霞ヶ関勤務のお嬢さん、今日あたりから暖かそうなロングコートを着てきた。
日大三高のYちゃんも元気に通った。
宣伝を終え、後片付けをしていたところへ、T大学生のSさんがやってきた。
「おはようございます」「元気?」「はい。今日は寒いですね」「そうだね。気をつけて・・・」と。
Sさん、風邪の予防のためか、今朝もマスクをしてた。
それにしても寒い朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-25 09:32

左が丹沢の大山、右が御嶽山・・・   

日曜日の昨日は、お昼に、原町田地域のの新年会がI宅で行われ参加した。
ベランダに出て、景色を見ながらKさんが説明してくれた。
「左のビルの谷間に見えるのが、丹沢の大山。右側のビルの谷間に見えるのが御嶽山だよ」と。
秋田の山で育った私だが、日本の山にはとんと疎いため、「へぇ~、そうですか」と頷くだけだが、偶然にもわずかな隙間から有名な2つの山が見えるなんて、と感心した。
ちなみに、御嶽山の何とかというこの山は、江戸時代には、航海中の舟が江戸の方向を見定める目印の山だったとKさんが教えてくれた。
水餃子を食べたり、白玉善哉を食べたりと、美味しいものを食べながらいろんな話ができて楽しい一時を過ごすことができた。
そして今日。
妻は1泊2日の職場旅行で出かけているので、今朝は長男が学校に出かけるのを待って私も外に出た。
かなり遅くなってからだったので、M銀行前に付くと、自転車整理のおじさんが、「ご苦労さん。さっき誰かやってたよ。寒いね」と。
法律事務所のK弁護士が通った。
続いて、事務員のTさんがやってきた。
Mさんも通った。
と思ったら、出勤時間から仕事開始時間に変わり、事務所の方からN弁護士が駅に向かってきた。
いつも私が多くの市民のみなさんにお会いするのは出勤途中であるが、出勤後、さあ仕事に出るかという人たちとお会いし、話をするのもいいものだなと思った。
いよいよ国会が始まるので、毎日の話題も盛りだくさんになりそうだ。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-24 17:29

暖かくて気持ちもリラックスできた今朝の町田駅である。   

昨日の朝はこれがまた超寒かった。
ヒゲのお兄さんがやってきて、「溜まっていた仕事がようやく終わりました」と、持ってきた分厚いファイルを見せてくれた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんと久しぶりにお会いした。珍しくマスクをしていた。ヤッパリ風邪でも引いたのかな?勤務している病院で風邪の患者さんが増えているのかも知れない。
駅からやってきた校長先生は、今日もまた、「寒いのにご苦労さまです」と大きな声で激励してくれた。
中学校のI先生もいつものにこやかな笑顔で通った。
霞ヶ関勤務のお嬢さんが来たとき、私は、労働者の賃金引き上げの話をしていた。いつもの表情とは違って、「ん、そうだ!」という顔をしていた。彼女の実感なのだと思う。
長男の友達のTくんのお父さんも通った。
その後やってきた長女は、3年生なので昨日が三学期最後のテストである。
そういえば、久しぶりにMちゃんに会うことができた。彼女も多分、受験生だと思うが、今度聞いてみなくては。
そんな感じの昨日の朝だったが、とにかく、風がビュ~ビュ~、手がビリビリ状態で閉口した。
そして今日。
昨日、学校が終わってから友達と映画を見に行った長男は、いまだグ~グ~だった。
煮たかぼちゃをお弁当に詰めてあげ、長女を駅前まで送ってあげた。
その足で、私は、M銀行前で宣伝をした。
昨日に比べて何と暖かいこと。
スタンバイするなり、自転車整理のおじさんに、「寒いのにがんばるね!」と励まされ、内心は、「今日は暖かいですね」と言いたかったが、「はい、ありがとうございます」と返事をした。
YONEXのテニスラケットを抱えたスポーツマンの夫妻が挨拶をしてくれた。
「オカシイと思いませんか?米軍に毎年1900億円、5年間も思いやり予算を私たちの税金から出してあげるなんて・・・。消費税増税やらなくてもこんな無駄遣いこそ止めさせようじゃありませんか」と訴えると、土曜日というだけあって、耳が私の話に向いているなと思った。
「おはようございます」。
駅のそばに住んでいるらしい年配の奥さんが、後片付けをしている私に声を掛けてくれ、握手を求めてきた。
「ありがとうございます」。
暖かくて気持ちもリラックスできた今朝の町田駅である。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-22 10:30

「はい。風邪で・・・」とトコトコちゃん   

昨夜のおかずに作った肉じゃがを温め直し、お弁当と長女の朝ご飯のおかずにした。
ちなみに、先日秋田の母から秋田産の梅漬けが届いたが、あきたこまちのお米で食べるとこれまた美味しい。
外に出た。
薄明かりの西の空に大きな黄色い月が煌煌と輝いている。
ちょうど幼稚園の屋根の上に乗っかっている感じで、まるで黄色い雪だるまを転がしているようだ。
駅に着き、たばこの吸い殻を掃除した。
ややしてトコトコちゃんがやってきた。
今日はお姉ちゃんの姿はなく、一人。
「おはようございます。今日は一人なの?」「はい。風邪で・・・」と。
元ガソリンスタンド勤務のお兄さんが寒そうな顔をしてやってきた。「寒いですね」と。
バイオリニストのご主人は、コートも着ないで元気そのものである。
「“沈まぬ太陽”のモデルとなったあの日航を相手に、パイロットや客室乗務員146人が東京地裁に提訴しました。不当な整理解雇は撤回せよという要求をかかげて・・・」と。
結構寒かったが、連隊の気持ちをこめて思いっきりみなさんに訴えた。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-20 09:20

「お~っ、大丈夫だよ!」   

「寝坊したみたいよ」
どうやら長女が寝過ごしたらしい。
「分かった。駅まで送っていくから」
と、最寄りの駅まで送っていくことにした。
昨日までで修学旅行の代休が終わった長男は、休み明けにもかかわらず早目のバスで出かけた。
長女を送った後、M銀行前で宣伝をした。
ノボリを立てて、宣伝を開始したら、市民病院の元総院長が手を振ってくれた。まだ、お手伝いをしていると聞いていたが、今日も市民病院に出勤なのだろうか?
今春の大学生の就職内定率が68.8%と、この15年間で最低の数値であることが明らかになった。
大企業の内部留保金11兆円(去年ため込んだお金)のわずか3.4%の活用で15万7千人の新卒者を雇えるではないかという日本共産党の宮本岳志衆院議員の談話も紹介した。
遅い時間帯だったが、路面に太陽はまだ当たらず、ヒンヤリと寒かった。
宣伝を終え、Oさん宅に寄った。
看板が付いた私の宣伝カーが、森野団地に入るJRのトンネル(高さ1.9㍍)をくぐることができるかどうか?を見てもらうためだった。
「お~っ、大丈夫だよ!」
OさんのOKサインをバックミラーで確認し、団地の中へ。
せっかくだからと、公園の前で宣伝。
ちょうど、公園では、老人会の人たちがゲートボールに興じていたが、少し時間をいただいて話をした。
演説を終えると、ゲートボールに夢中になっていたおばあさんが拍手をしてくれた。
たき火をしながら楽しんでいる、実に微笑ましい光景だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-01-19 15:29