<   2011年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

「監督が決めるから・・・」と。   

昨日はあんなに暖かかったのに、今朝になったらすっかり寒さが戻ってしまった。
朝風呂を浴びて、弁当を持って外に出た。
「ん、今日は雨か!?それにしても寒いなぁ!」
私は傘を斜めにかざし、「ん、今日はどこでやろうかな?」と考えながら駐車場に向かった。
結局、屋根付きのデッキの上にした。
駅に着き準備を始めていたら、M先生がニコニコしながらやってきた。
ガードマンをしている同じ団地のおじさんがリュックを背負ってやってきた。
「今日、大丈夫ですか?」「ん~ん、現場に行ってみないとなぁ。監督が決めるから・・・」と。
「気をつけて・・・」と見送った。
この雨と風、そして、雪になったので、きっとお休みだったのではないだろうか?でも、今日の収入はゼロだと思うが。
私は、今日から町田市議会3月議会が始まることを知らせ、みなさんの声を聞かせてくださいと訴えた。
日大三高のYちゃんが声を掛けてくれた。
今日から月曜日なのに、どうもはっきりしない天気である。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-28 17:49

“なし”の駅頭はやはり少し寒かった。   

グッスリと寝ることができた。
朝風呂から出て、青空が広がる朝の駅頭に向かった。
“春一番”がふき、日中は汗ばむほどに暖かかった昨日と比べて、今朝は、冷たい北風が吹いている。
「ヒートテック」はもういいやと、昨日手放したばかりだった。
“なし”だとやはり肌寒かったが、今日から馴れようとがんばった。
駅に着くと、本当に風が強かった。
ん、寒い。
「ご苦労さん」
自転車整理のおじさんが声を掛けてくれた。
お天気の話、ニューランド地震の話、日航の話、3月議会の話と話題を変え、マイクで話した。
小さいお子さん連れの家族が何組も駅に向かっていく。
風が吹いてちょっと寒かったが、それでもお出かけの家族団らんの姿が微笑ましかった。
挨拶をしてくれたご夫婦がいた。
あっという間に宣伝の時間が終わり、片付けていたら、自転車整理のおじさんが近寄ってきて、「昨日のテレビで相模原の市議会のことが出てたね」「そうですか・・・」「遅刻した議員とかを市民がチェックして点数付けてたよ」「市民の目は厳しいですからね。議員としてしっかりとした仕事をしないと・・・」「がんばってね!」と。
おじさんと話をして、ん、もっともっと市民生活向上のためにがんばらないと、と思った。
“なし”の駅頭はやはり少し寒かった。
宣伝を終え、A理容店に寄ってみた。
「青・赤・白」の床屋さんの看板が斜めに回っていた。
ご主人と奥さんが支度をしていた。
「アッハッハッハッ!」
「どうしたんですか?」
「アッハッハッ・・・なんでもない」
「まだ、化粧してないんだよ」
どうりで、奥さん、タオルで顔を隠していて変だなと思った。
私も釣られて「アッハッハッハッ」
外に出るとヤッパリ寒かった。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-26 11:23

「全員が助かってほしい!心から願ってやみません!!」   

デッキの上に立って駅に来る人たちを待った。
夜明け前のウッスラと明るんだ道路の向こうから車のヘッドライトがクッキリと光っている。
まるで空飛ぶUFO??ようだ。
渋谷勤務のお兄さんがやってきた。「行ってきま~す!」と元気な挨拶をしてくれた。
境川団地のNさんが、「ご苦労さま」と声をかけてくれた。
「オハヨウゴザイマス、オハヨウゴザイマス」
今日はサングラスのクリス夫妻だ。
ヒゲのお兄さんもやってきた。「暖かくなりましたね」「そうですね」と。
M先生が決まった時間にピタリとやってきた。
校長先生は今日も大きな声で「おはようございます」と挨拶をしてくれた。
ニュージーランドの大地震で被害が拡大している情報が伝わってきた。
47人の遺体が見つかった、と。
27人の日本人がいまだ行方不明である、とも。
「全員が助かってほしい!心から願ってやみません!!」
マイクで地球の裏側にある国をめざして訴えた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんも声を掛けてくれた。
昼は、確かに20度近くまで上がったらしく、暑かった。
まだ2月なのに、汗を掻いてしまった。
「また、気温が下がるらしいよ」
せっかく治った風邪に、もうかかるわけにはいかない。
フゥ・・・
[PR]

by ken-tono | 2011-02-25 18:09

「やってるね・・・」   

昨夜の有明コロシアムは、全都からたくさんの人たちが詰めかけ会場が満杯になった。
東京の閉塞感を打開し、全国に誇れる『福祉都市東京』をつくり、日本の政治を変えていく。
小池晃さんの挨拶と志位和夫委員長の話に元気と展望を見出すことができた。
暖かい朝である。
朝風呂に入り、出てきたら長男が起きていて、腹減った!」と大騒ぎ。
春休み状態の長女はまだまだグッスリ状態である。
外に出たら、霧雨がパラパラと降っていた。
小林香織さんの新CDのリズムに乗りながら、あっという間に駅に着いた。
M銀行前はすぐに止めることが出来た。
ニュージーランドの地震のこと、昨日の演説会のこと、そして、3月市議会の内容について話をした。
訴え始めてすぐにオンリーワンのお兄さんがやってきた。先日も寒い日、わざわざホットコーヒーを持って戻ってきてくれたが、今朝はホットココアを差し入れてくれた。
「がんばって・・・」
「ありがとうございます!」とマイクでお礼を言った。
相模原に住んでいる小柄なおばさんがやってきた。
「やってるね・・・」
娘さんの家族が母子世帯なのでおばあさんも稼がなくてはいけない、と。
朝は大部暖かくなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-24 14:01

「開かずの踏切」に、44年ぶりにエレベーターが付いた   

この2日間、泊まり込みでの勉強会があったので、昨日と今朝の駅頭はお休みにした。
今日、小田急町田駅第一踏切の地下道にエレベーターが2基設置され、その開通式が行われた。
午前10時半、私も建設常任委員の一人として「開通式」に参加した。
小田急駅前の踏切は、ひどいときには10分以上も空かないときがある、「開かずの踏切」である。
私は、町田駅と駅周辺のバリアフリー化の充実を求め、市議会の一般質問で取り上げてきたが、ようやく長年の市民要望が実った。
開通式が始まる前、私の後ろに座っていたW市議が話しかけてきた。
「この間、この地下道を通ったら花が置いてあったんでなんだろうと思ったら、寝泊まりしていたホームレスの人が亡くなったことが分かりました」と、外は雪が降ったりと寒かったときらしい。
昭和42年に作られたという「町田地下道」。
なんと44年経って、ようやくバリアフリーのエレベーターが付いた。
この間、様々な人間模様が展開された場所である。
夜間、寒さに絶えながらこの地下道の中で寝泊まりしたホームレスの人たちがどれだけいただろうか。
テープカットの後、地下道に降りて、反対側のエレベーターに乗りながら考えた。
今日は3月議会の一般質問の通告締め切り日で、先ほど、私も議長に提出を済ませてきた。
市長が提案しようという議案の中には、公民館使用の有料化や市民・地域センター使用料の引き上げ、市民病院の診断証明書発行等の引き上げなど、市民に対する新たな負担増が盛り込まれている。
一方、新庁舎建設には76億円もの税金が投入される。生活が大変な市民に対する新たな負担増や税金の無駄遣いをやめさせ、市民要求を実現するために全力で頑張りたいと思う。
そして、今夜は、有明コロシアムで日本共産党大演説会が行われ、私も地域のみなさんと共にバスで参加する。
都知事選に臨む小池晃さんをはじめ、日本共産党の地方議員候補全員当選をめざして頑張りたいと思う。
春に向かって着実に暖かくなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-23 11:51

「ようっ!」   

朝風呂に入り、スッキリした気持ちで寒い朝の駅頭に向かった。
途中、市民病院のそばで、本町田のMさん夫妻と遭遇。
Mさんは、すぐに私の車に気がつき、「ようっ!」と手を挙げて挨拶をしてくれた。
駅に着き出入り口の前に立った。
しばらくして、さっき会ったばかりの本町田のMさんが駅に到着した。
またもや「ようっ!」と言って、駅に入っていった。
「ププ~!!」とけたたましくクラクションが鳴った。
先頭の車が止まり、後部から急いで荷物を降ろしていた。本の10秒ほどだったが、その後ろの車はそれが待てなかったらしい。
見ると、ご主人を送ってきた奥さんだった。お互い様なのにと思った。
その車のハッチバッグのドアを見ると、そには地元で話題になっているサッカーチームのワッペンが貼ってあった。
ん・・・、いま、ホームグランドとなっている陸上競技場整備のことで署名運動をしているのになぁ、と。
私は、ちょっと残念に思った。
すぐに雰囲気が変わった。
トコトコちゃん姉妹がやってきたのだ。
同じ背丈の姉妹。「おはようございます」と。
今朝もまたあの笑顔に癒されて、がんばった。
駅前のビルの掃除をしている奥さんが階段を上がるなり、「おはようございます。この間、鶴川でやってました?」「えっ?・・・」「同じ声がしたので、もしかして?と思って」「ありがとうございます。たぶん違うと思います。私は町田駅専門ですから」「そうですか。がんばってくださいね!」と。
今日から月曜日。
まだまだ寒い朝が続いている。
いつも元気な高校生が次々と「おはようございます!」と声を掛けてくれた。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-21 09:00

深紅の薔薇がたくさん混じった誕生日の花束   

昨日は、Kさん、Sさんと地域を回った。
小池晃さんが都知事選に出ることを伝え、しんぶん赤旗を読んでいたくよう支援をお願いした。
ある方は、今年2歳と3歳になるひ孫が保育所に入れず、孫であるお母さんが働きに出られないと深刻な悩みを話してくれた。
今年も新たに認可保育園が増設され、数百人の待機児が解消されるとはいえ、地域によっては、また、年齢によっては、まだまだ待機児ゼロにはならない。さらなる増設とキメこまかい対策を求めて行きたいと思う。
昼は、私とKさん、もう一人のKさんで、ラーメンを食べに行った。
私は、味噌ラーメンとカレーのセット、Kさんは、磯海苔ラーメン、そしてもう一人のKさんは、醤油ラーメンとカレーのセットを注文。
「美味しかった!」
全員無言のまま、そんな顔だった。
2人と別れて、私は、A理容店に向かった。
お店にはいると、奥さんが手前の椅子でお客さんの髪にシャンプーを絡めているところだった。
「こんにちは!」「あら、いらっしゃい!」
棚の上に大きな花束が花瓶に生けてあった。
「この花、すごいですね!」「私の誕生日なのよ」と。
「誕生日、ちっとも覚えてくれないの」と、奥さんはご主人に不満の様子。
どうやら娘さんやお孫さんからのプレゼントだな、と思った。
深紅の薔薇がたくさん混じった誕生日の花束。
お客さんを含めて店内はしばし笑い声に包まれた。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-20 17:27

「あっちだよ!」   

珍しく雨になった。
最初は暖かいと思ったが、段々冷えてきた。
M銀行前は空いていた。
黒光りするアスファルトの上にオレンジ色のヘッドライトがまぶしく光っている。
「久しぶりだね」。チラシを受けとってくれたおじさんが声を掛けてくれた。
渋谷勤務のお兄さんが、「寒いのにご苦労さまです」と元気な声で通っていった。
青シャツのご主人は、「あっ、これね!ご苦労さん」とチラシを受けとってくれた。
今日は少し早めに家を出たので、久しぶりに会う人が多かった。
M先生はいつもの時間に電車から降りてきた。
大量の人員削減で大変な状態になっている日航問題を取り上げた穀田恵二衆院議員の質問を紹介した。
小池晃さんのこともたくさん話した。
「9番のバス停どこですか?」若い女性だった。「上の表示板に書いてるけど、あっちだよ!」。女性は、私の話を良く聞いてなかったようで、途中でウロウロ。もう一度「あっちだよ!」と教えてあげた。
霞ヶ関勤務のお嬢さんのお母さんがやってきた。
ますます寒くなってきた。
ん?今日は日中、暖かくなるんじゃなかったっけ?
ニコニコした外国人が私の方を見ながら女性と一緒に歩いてきた。
ん?だれだっけ?
サングラスを外していたのですぐに分からなかった。
クリスだった。
「お~っ、元気!?」
「ゲンキデス」
寒いのはへっちゃらという顔だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-18 12:05

「だからなんなんだよ、共産党は!?」   

3年生としての授業がほとんどなくなった長女は、昨日、久しぶりに登校日で、クラスの友達とワイワイ楽しくやってきたようだ。
吹奏楽部最後の演奏会に向けて練習の日々だ、と。
私が出かけるとき、子どもたち2人はまだスヤスヤ状態だった。
怪しげな雲が空を覆っている。
そのドームの中はいつもより暖かくすら感じる。
ヘッドライトを付け駅に向かった。
駅の入口付近に、昨日の残雪があった。
無造作に捨てたたばこの吸い殻が雪に交じって汚く見えた。
まず、たばこを片付けてから雪の塊をスコップでよけた。
キレイになった。
すぐにトコトコちゃん姉妹がやってきた。
「おはようございます」「行ってらっしゃい!」「行ってきます」
まん丸顔のトコトコちゃんが応えてくれた。
「共産党は、酔っぱらいのオレなんか相手にしないんだろう!」と、缶チューハイを抱えたおじさんが酔った勢いで私に話しかけてきた。
「朝からお酒を飲むと体をこわしますよ」「だからなんなんだよ、共産党は!?」
「おじさん、出身はどこですか?」「ん~、長崎だよ」「良いところですね」「だからなんなんよ、共産党は!?」
噛み合う会話はできなかった。
私は、目の前を通る人たちに挨拶をしながら少しの間おじさんの相手をしていたが、そのうち、駅の中へと入っていった。
初めて会ったおじさんだった。
鳩山前首相の「方言」発言と普天間基地問題について話をした。
沖縄に配備されている米海兵隊は「抑止力」の役割があると言って日米合意を結んだ鳩山前首相だが、「抑止力」という言葉は「方便」だった、と。
「うそも方便」という諺があるが、「抑止力」という言葉を使ったのは、沖縄県民と国民の怒りを「抑える」ための手段だったとすれば重大である。
沖縄戦に始まり、戦後も長年にわたって米軍と基地に苦しめられてきた沖縄県民のみなさん対して、このような無責任な話は許すことができない。
そして、米海兵隊の「抑止力」は必要だと居直る菅首相も許せない。
「米軍普天間基地の無条件撤去へ日米合意の撤回を求めていきましょう!」と訴えた。
大田勤務の奥さんが通った。
朝来るときは、昨日よりも暖かいかなと思っていたら、8時頃になったらグ~ンと冷えてきた。
「少し暖かくなってきましたね」から「今日も寒いですね」に挨拶を切り替えた。
さっきのおじさん、お酒が切れたら急に寒くなると思うのだが・・・
[PR]

by ken-tono | 2011-02-17 09:03

わざわざ立ち止まり、あいさつをしてくれたのだった。   

今朝は遅い時間に駅に行くことにした。
後から起きた長男が髪をセットし、やおら制服に着替えたと思ったら、さっさと家を出てバス停に行った。
今日は昼から出番の長女はまだ夢の中である。
外に出ると朝陽がまぶしい。
土手や日陰の路面にまだ白い雪が残っている。
冷えた透明の空気を思いっきり吸いこむと、ふと、秋田の3月下旬、卒業式や入学式の頃を思い出した。
雪解けの水に太陽の強い光が反射して、目を細めなければならない。あの光景である。
もう一度空気を吸い込んで、駐車場の車の凍てついた氷を取り除いた。
駅に着いた頃には、もう日大三高や桜美林高校の生徒さんたちがバス停に向かっていく姿が見えた。
M銀行前で宣伝を始めると、デッキの上で手を振る人影を感じ、目を右上に向けると、境川団地のKさんだった。わざわざ立ち止まり、あいさつをしてくれたのだった。
「どうもありがとうございます」
私もKさんに手をふった。
共に政治をかける年にしましょう。4月には、まず、東京都知事選挙で、石原都政を変えることができる人、革新都政の会から出馬を表明した小池晃さんにご支援を!と訴えた。
米軍機が2機、続けて爆音を鳴らして飛んでいった。
[PR]

by ken-tono | 2011-02-16 09:50