<   2011年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

金色堂と日本共産党   

今朝もまた蒸し暑くなった。
「○○ちゃ~ん!」。妻が長男に声を掛けたが、びくともしない。
再度私が声を掛けてようやく目を開けた。
昨夜も寝苦しかったので、起きるのが辛かったかも知れない。
テレビにディズニーランドの様子が映っていたが、液状化被害の修復は終わったのだろうか?と思った。
家の前のしだれ柳はどうも暑苦しそうである。
駅に着いた。
M銀行前には荷物搬入のトラックが止まっていた。
その後に付けて、挨拶と宣伝を始めた。
今朝のしんぶん赤旗の「潮流」に、平泉中尊寺・金色堂のことが書かれていた。
松尾芭蕉が奥の細道の旅でここを訪れ、俳句を詠んだのが、1689年5月13日だった、と。
私たちが被災地陸前高田市にむけて岩手県入りし、途中、平泉に立ち寄ったのが同じ季節の5月24日だった。
確かに芭蕉の句が刻まれた石碑があった。
「さみだれの降り残してや光堂」
震災の影響で観光客がほとんど来なくなってしまった中で、静かにたたずむ中尊寺金色堂に、323年前、中世の日本を思い起こさせられた。
そして、「潮流」では、かなり痛んでいた金色堂の修復に尽力したのが、岩手県出身の日本共産党参院議員、歌人の岩間正男さんだった、と。
平泉中尊寺は世界遺産に登録された。
日本共産党は被災地の救援復旧のために全力で頑張っている。
金色堂と日本共産党が、この大震災の救世主にならなければならない。
そんな話しを今朝の駅頭でした。
オンリーワンのお兄さんが足を止めた。
「暑いだろう!?」
笑顔でウーロン茶を差し入れてくれた。
「ありがとうございます。気をつけて」
マイクでお兄さんにお礼を言った。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-30 09:00

「21番のバス停はどっちか分かりますか?」   

暑かった。
駅に着き、挨拶を始めると、もう汗が滲んできた。
ポニーテールのご主人が律儀な感じで挨拶をしてくれた。
本町田のMさんが元気に歩いてきた。
「暑いね!」「気をつけて」と見送った。
トコトコちゃん姉妹もやってきた。
「おはようございます」「暑いね?」「はい・・・」といいながら、軽やかに階段を下りていった。
大きなバッグを抱えた派遣社員風のおじさんが近寄ってきて、私に、「21番のバス停はどっちか分かりますか?」と聞いてきた。「あそこに見える第1踏切を左に曲がると、道路沿いにバス停があるので、その辺だと思います」と返事をした。
おじさんは、私の旗を見ながら「ありがとう!」と言って、バス停の方向へ向かっていった。
今日は市議会本会議の最終日なので、早目に終わった。
太陽が出てくるに従って、またジワジワと汗が出てきた。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-29 14:41

「ん?秋田のどこ?」   

缶コーヒーを飲み干し、駅にスタンバイした。
青シャツのご主人が見えたので、チラシを用意すると、早足で掛けてきて、「がんばってね、がんばってね!」と激励してくれた。
イギリス人のKさんは今日もスタイリッシュである。
「どこのステーションまで?」「アイコウイシダカラ バスニノリマス」「遠いですね?」「ハイ。イッテキマス」と言いながら出かけていった。
日大三高の高校生が部活か、テスト勉強か、早くやってきた。
「早いね!?」「はい!がんばってください!」
平凡な励ましだが、とても嬉しかった。
M先生、校長先生がやってきた。
ドイツのベルリンで行われているW杯女子サッカーの昨日のNZ戦の勝利の話しをし、頑張ってほしいと話した。
そして、フランスのパリで行われている世界遺産を決めるユネスコの会議で、小笠原諸島に次いで岩手県の平泉が登録されたことを話した。大震災の影響で観光客が途絶えてしまった平泉と東北の活性化になったほしいと。
また、「東北地方では、すでに、私の郷里、秋田県と青森県にまたがっている白神山地も世界遺産に登録されてます」と話し始めたところ、「ん?秋田のどこ?」と、初めて見かけるご主人が近寄ってきた。
「今は北秋田市。前は阿仁町です」と言うと、「お、北の方だな。私は、南の方で、湯沢のそばだよ」と。
「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」
秋田出身のご主人は、笑顔で「はい」と言いながら駅に向かっていった。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-28 17:15

Tシャツに半ズボンというラフな格好でやってきた。   

早く目が覚めた。
しだれ柳はピクリともしない。
駅に着き、掃除をして、挨拶を始めた。
珍しく、ポニテールのご主人と会った。
元柔道部員のお兄さんは、小柄だががっちりした体である。
Tシャツに半ズボンというラフな格好でやってきた。
本町田のMさんは、車でやってきた人にまず挨拶をして、それから私に手を挙げて挨拶をしてくれた。
イギリス人のKさん、今日もぴしっと決まっていた。
トコトコちゃん姉妹がやってきた。
卓球のダブルスのポジションではないけれど、向かって右にトコトコちゃんが、左側にお姉ちゃんが。
「行ってらっしゃい!」と2人を送り出した。
・・・と、目の前に白い乗用車が止まった。
一方通行の道なので、後続車が来たらクラクションを鳴らされかねない。
でも動かない。
ん?と中に目をやると、運転手はお母さん、後部座席には制服を着た女子高生が乗っていて、そこで朝ご飯を食べているではないか。
後ろから車が着たら大変なことになるなと思ったが、こういうときに限って来なかったのだ。
車の中のお嬢さんは、悠々と食事を済ませて、「行ってきます」と駅に入っていった。
取り越し苦労だった。
新聞の天気欄は一日曇りだったのに、どうしたわけだか、小雨がパラパラと落ちてきた。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-27 17:06

「何を作ったらいいかな?」   

埼玉県の熊谷市で39.8度だった昨日、東京も暑かった。
原町田商店街をグルグル回っていたらタップリの汗をかいてしまった。
あるお店のMさんと会話になった。
「この間、放射能測ってくれたんだってね?市民は不安だからやってくれるといいよね」と感謝された。
違うお店のMさんとも話した。
「ハローワークで求人募集で入った人は、1~1.5年で辞めるので」と。
またある店のOさんは、「最近お総菜屋さんのテナントが増えてきたので助かるよ」と話していた。
Tさんの奥さんは、「1年位前に病気をして、なかなかお店に出られなかったんですよ」と久しぶりに笑顔で話してくれた。
また、Kさんは、今日、町田高校OBや関係者による、陸前高田の戸羽太市長を迎えての激励会が町田で行われると教えてくれた。
商店街を一回りして、いろんな話を聞くことができた。
今年もお盆に秋田の実家に帰ることになったが、長男が一緒に行きたいというので、彼の日程に合わせて行くことにした。
今朝、秋田の母に電話をした。
「何を作ったらいいかな?」と、孫の食事づくりに不安な様子だったが、それでも会えるのが楽しみのようで、「気をつけて帰ってきてね」と、何歳になっても親は親である。
電話を終え、外に出た。
朝の強い陽に照らされてボリュウム感タップリのしだれ柳。
「よし、今日もがんばるか!」と念じて駅に向かった。
駅前の自転車整理のおじさんたちが配置につき始めた。
桜台のIさんのご主人がやってきた。
「菅首相は、原発を見直すと言いながら推進じゃないか。ガンガン言ってください!」と。
私は彼の要望に応えてマイクで訴えた。
「いいねっ!」とIさん。
私も話の調子が乗ってきた。
バリトンサックスのご主人が笑顔で通っていった。
テニス愛好家のご夫妻も声を掛けてくれた。
やや蒸していたが、気持ちの良い西風が吹いていた。
天気予報欄に目をやった。
「午後からは雨になるようですね。あっ、最高気温も25度だそうです・・・」と。
土曜日の朝のゆったりとした町田駅前だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-25 10:30

「あっそれそれ。頑張ってね」   

梅雨前線の北上で、東北地方の天気は大荒れのようだ。
田植えが終わり、育ち始めや稲に影響がなければよいのだが。
外に出ると、こちらの天気も大荒れである。
西からの風がビュ~ビュ~吹き、しだれ柳の枝葉はもんどり打つように踊っていた。
風が強い。
駅に着くと、同じだった。
「いつものチラシないの?」と言いながら、工事現場に向かう途中のおじさんがやってきて、「あっそれそれ。頑張ってね」と受けとっていった。
イギリス人のKさんは、長袖シャツにパンツルックだが、今日もシックな雰囲気が漂っていた。
Mちゃんも今日は珍しくパンツルックだった。
渋谷勤務のお兄さん、半蔵門勤務のお嬢さん、藤沢勤務のお嬢さんと次々とやってきた。
日大三高のYちゃんもやってきた。
昨日、市議会で新庁舎の建設現場を視察した。
地上10階、地下2階建ての巨大な鉄骨の中に入らせてもらった。
「大きな地震が来ても壊れないように設計されています」と鹿島の職員の方が説明していた。
むき出しになった鉄骨は、その厚さといい、しなやかさといい、かなり上質なものだなと感じた。
頑丈で立派な市役所が作られている一方、市民センターや保育園など耐震化や建て替えをしなければならない施設がたくさん残されている。
市民の命と安全をどのようにして守るかが問われている。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-24 09:21

「イッテキマス!」と綺麗な日本語で話してくれた。   

暑さで夜目が覚めた。
子どもたちはすやすや眠っている。
2時間ほどもう一度寝て、起きたら、やはり暑かった。
昨日、日中、30度を超した、と。
なのに、都立高校では節電を理由になのか、教室のクーラーはつけなかったと、長男が憤慨してた。
数年前、市内の中学校で中学生が熱中症で亡くなったことを忘れたのだろうか。
東京都は子どもたちの健康を第一に授業をしてほしいと思った。
外に出た。
まるで凪のように、しだれ柳はそよともしない。
タオルで汗を拭きながら駐車場に向かった。
駅に着き、掃除をして、挨拶をいつものように始めた。
トコトコちゃん姉妹がお母さんの車から降りるのが見えた。
と、右側の方からスラリとした黒人女性が「オハヨウゴザイマス」と私に声を掛けてくれた。
顔見知りになった外国人の一人である。
私が、「おはようございます」と言った後、続けて、「行ってらっしゃい!」と言おうとしたら、その前に、「イッテキマス!」と綺麗な日本語で話してくれた。
彼女に挨拶し終わったところにトコトコちゃん姉妹がやってきた。
またもや同じようなパターンになった。
トコトコちゃんの方が少し早く「行ってきます!」と。
どうやら毎朝の会話がワンパターンになってきたからかもしれない。
宣伝が終わり、郷里の母に電話をした。
風邪を引いたようでちょっと元気がなかったが、お盆に帰るからねと話したら、元気な声になった。
とても蒸し暑い朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-23 09:29

「あ~っ、今日はこっちだったの?」   

朝から暑そうだ。
外へ出ると、夏のような強い光がしだれ柳を照らしている。
駅に着き、M銀行前で宣伝を始めた。
ややすると、オンリーワンのお兄さんがやってきた。
「あ~っ、今日はこっちだったの?」と言いながら駅に向かっていった。
森野住宅のYさん親子が仕事に出かけていった。
市内の事務所で働いていたご主人がこの春から退職で休んでいたのだが、久しぶりに会った。
「バイト始めたんですよ」「同じ仕事の?」「そうです」
60歳で定年退職しても、仕事をされる人が多い。
昨日の健康福祉常任委員会での請願採択の事を話し、原発事故による放射線の測定について、町田市が積極的に実施すべきだ、と訴えた。
話している間に少しずつ気温が上がってきたが、それでもまだ涼しい南風が気持ちよく吹いていた。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-22 14:55

請願初体験のお母さんたちから大きな拍手が   

雨は上がった。
しだれ柳は風に揺らいでいる。
梅雨独特の蒸し暑さを感じながら、車を走らせ、駅に向かった。
「原発からの撤退 自然エネルギーの本格的導入」と書かれたエンジのノボリを立てた。
山岳写真クラブのおじいさんに「放射線測定」のチラシを渡した。
これから山登りに行こうとリュックを背負った奥さんがチラシを見て、「私も賛成!」と。
バスセンターのおじさんは、「まじめに頑張るよなぁ!」とチラシを受けとってくれた。
渋谷勤務のお兄さんは、「行ってきます!」と言って、今日も元気いっぱい出かけていった。
Mちゃんが通った。大学生になって、ぐんぐん自信が付いてきた表情を感じる。
市議団が行った「放射線測定」のことと市長に対する昨日の申し入れのことを話した。
さっそく、私たちのこの取り組みが、『タウンニュース』という地方紙で紹介されることになった。
半蔵門勤務のお嬢さんは爽やかな笑顔で通った。
さて、今日の健康福祉常任委員会では、町田市に放射線測定を求める請願3件とも、全会一致で可決された。
傍聴に来ていた請願初体験のお母さんたちから期せずして大きな拍手があがった。
市民のパワーを実感した一時だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-21 15:58

原発問題で“にわか駅頭討論会”に   

ゆっくり起きた。
シャワーを浴びて外に出た。
しだれ柳、紫陽花、ポピー、スミレなど、赤や黄色、紫とこれからの季節は百花繚乱になってきた。
静かな土曜日の道路を駅に向かった。
そういえば、昨日の夕方、W先生がブルーを基調にしたコスチュームで颯爽と町田街道を自転車で走っていた。
んん、かっこいい!
M銀行前に立った。
さすが土曜日とあって、歩く人たちも平日とは違う。
バイオリンを持ている人。テニスラケットを持っている人など。仕事がオフの日は、それそれの楽しみがあるようである。
今朝はいつもと違って、「原発反対でがんばってください!」という声や、「脱原発で違う政党の人たちとも一緒にやって下さい!」という声や、「原発、必ずなくしてください。今、共産党ががんばるときです!」という声など、「原発からの早期撤退、自然エネルギーの本格的導入を」という日本共産党の提言に共鳴する声が複数寄せられた。
これまでにないことである。
今日の私は、原発問題の話しをしては、立ち止まって私と話したい方と会話をし、また、マイクを握ってと、何度も繰り返し、にわか駅頭討論会のような感じになった。
土曜日だったこともあったと思うが、原発問題でおおいに対話をして、「原発からの撤退」という一致点で共同できる方を増やしていきたいと思った。
[PR]

by ken-tono | 2011-06-18 11:03