<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

「今のヒドイ政治を変えなければ!」   

昨日の朝は駅で宣伝をした。
通勤の人たちの数が少ないので、ゆっくりと出かけた。
パラパラと雨が降ってきたので、デッキの上に上がった。
自転車整理のおじさんに挨拶をした。
駅前で仕事をしている奥さんが仕事着を着てやってきた。
彼女は、両目とも白内障になっていたが、ようやく片方の目を手術することができ、仕事を続けることができた。
「どうですか目の方は?」「おかげさまで、片方は見えるようになりましたが、もう片方は時間が取れなくてこれからなんですよ」「気をつけて仕事してください」「ありがとうございます」と。
経済産業省の原子力保安院が、浜岡原発第4号機建設の際の住民説明会に臨むにあたり、中部電力に対して「ヤラセ質問」を組織するよう指示していたことが明らかになった。
原子力の規制機関であるはずの保安院が「やらせ」を求め、建設推進を買って出ていたことは極めて重大だ。
私は、「関係者を国会に呼び、真相の徹底究明をする必要があります!」と訴えた。
なんでも、今朝の新聞によると、佐賀県知事の名前まで出てきた。
電力会社、行政、政治家が一体となって、「安全神話のやらせ」をしていたのだ。
・・とそこへ、リュックを背負った20代の青年がやってきて、私に質問をしてきた。
「中国についてどう思いますか?」「日本共産党の外交政策は?」「雇用問題について、どんな取り組みをしてきたのでしょうか?」「日本共産党は、なぜ小選挙区に候補者を立てるのか?」などなど、矢継ぎ早に沢山の質問が寄せられた。
私は、一つ一つ丁寧に答えた。
通りがかった人たちも、私と彼のにわか討論会の様子を横目で見ながら駅に向かっていった。
青年と話しながら痛感したのは、彼の情報の多くは、当然ながら一般マスコミからのものがほとんどである。「しんぶん赤旗」に少しでも目を通してくれていれば、と思った。
お薦めしたが「また・・・」ということになった。
そして、昨日は、UさんとKさん、2人の方に日本共産党への入党をお薦めしたが、こちらの方も「また・・・」ということになった。時間を掛けてじっくりと話をすることができた。
それでも、駅頭で話をした青年も、また、入党をお薦めした2人の年輩の方も、「今のヒドイ政治を変えなければ!」という強い気持ちを持っている。
3人ととてもいい話をすることができたので、今後に繋げていきたいと思う。
今日は、これから、Sさんと話をする。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-31 09:06

薄いブラウンに染めたショートカットのヘアースタイルに変わっていた。   

夕方から朝方にかけて雨が降る。
そんな日々が続いている。
今朝、外に出て階段の踊り場から手をかざしてみると、幸いにも雨は落ちてこなかった。
しだれ柳は静かにたたずんでいる。
駅に向かった。M銀行前は空いていた。
車からグッズを取り出し、準備をしていると、横断歩道を歩いてきた若い女性が私の方を見た。
ん?誰だろう?
おっ・・・。そこに現れたのは、両国勤務のお嬢さんではないか。
薄いブラウンに染めたショートカットのヘアースタイルに変わっていた。
とてもお似合いだと思った。
私は思わず、「久しぶりだねぇ!」と笑顔の彼女に話した。
「元気だった?」「はい・・・」
実に1年ぶりくらいの再会である。「行ってらっしゃい!」と見送った。
山岳写真クラブのおじいさんがやってきた。チラシをほしがっていたが、「今日はありませんよ」とゼスチャーをして詫びた。
サッカーコーチのMさん、顔がさらにこんがりと焼けていた。
Mちゃん、夏休み前の試験なのか?今日も朝早くから大学に向かっていった。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんがやってきた。クリームイエローの爽やかな洋装だった。
携帯電話を落とした若い女性がいた。反対側から歩いてきた若い女性がそれを取り上げ、猛ダッシュ。デッキの端まで行って無事手渡すことができた。それにしても彼女は速かった。
今朝のしんぶん赤旗一面トップ記事は、被災地仙台のソニー工場で、150人の期間工労働者に雇い止めの通告が出されたが、労組を結成し、22人が闘い、改善を実現させた。労働者の団結した力とともに、日本共産党の山下参院議員、高橋参院議員もおおいに奮闘している結果である。
私は、「労働者の解雇と闘っている記事は、赤旗新聞だからできることです。真実を報道し、生きる勇気、闘う力を与えてくれる赤旗を読んでみてください!」と呼びかけた。
小学校の副校長先生が挨拶をしてくれた。
市内の中小企業で働いているご主人が、「今日も蒸し暑いですね」と言って通っていった。
蒸し暑い朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-29 09:14

「おはよう。今日も学校?」「夏期講習です」   

昨日は夕方、JR成瀬駅で、原発からの撤退を求める署名行動と宣伝をした。細野議員、池川議員、私の3人が交代でマイクで話した。
署名に足を止めてくれた方々が結構いて、不破哲三さんの「科学の目で原発災害を考える」という今売れ筋のパンフレットも売れた。
・・・と、近くに住んでいるという主婦の方が、「以前はお世話になりました」と近寄ってこられた。息子さんの事故のことだったようで、話しているうちに私も思い出した。
帰りに宣伝をしていた私たちに「お疲れさまでした」と冷たいお茶の差し入れをしていただいた。
今朝はゆっくりと家を出た。
「雨が降っているよ」と妻が言うので心配しながら外に出たが、傘を差すほどでもなかった。
パラパラとこぼれる雨粒をワイパーで拭いながら駅に向かった。
M銀行前に着き、ノボリの準備をしていたら、自転車整理のおじさんが来て、「被災地に行ってきたの?」と。
「はい、行ってきました」「テレビで見るより何倍も凄かったでしょう?」「そのとおりですね。町もそうですが、仮設住宅で暮らしている被災者の方々はもっと大変な状況でした」「そうだよなぁ」と。
オンリーワンのお兄さんが来た。「暑いよ!」とミルクコーヒーを差し入れてくれた。
「ありがとうございます」とお礼をした。
相模原市に住んでいる小柄な奥さんが元気そうに駅に向かっていった。
鵜野森在住のUさんが駅の方へ、八王子在住のTさんが市内の職場に行く途中、「おはよう!」と挨拶をしてくれた。
日大三高の生徒さんたちが通り始めた。
顔見知りの女の子に声を掛けた。「おはよう。今日も学校?」「夏期講習です」と。「がんばってね!」と激励した。
雲の中に溜まっている雨がまたポロポロ落ちてきた。
ハンドマイクが濡れると壊れてしまうので傘をさした。
7月下旬にしてはそんなに暑くない朝だったと思う。
宣伝を終え、コンビニにより、外に出たら、長女とバッタリあった。
これから学校に行くということだった。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-28 10:00

濃いピンクのワンピース姿はすぐに彼女だと分かった。   

ややムシムシするものの、比較的涼しい朝になった。
空は曇っている。
駅に向かった。
市役所のそばのコンビニのあたりを顔見知りの黒人女性が歩いていた。
濃いピンクのワンピース姿はすぐに彼女だと分かった。
車で近づくと、彼女がすぐに私に気がつき、「オハヨウゴザイマス!」と手を振ってくれた。
私も手を振った。
駅に着いた。
掃除をして気持ちよく挨拶を始めた。
すぐにやってっきたのは、赤いシューズのお兄さんだった。
どんな仕事をされている方だろうか?いつもラフなスタイルなのだ。
昨日、二重債務問題で、日本共産党国会議員団が緊急提言を行った。
被災者の方々の多くは、いまだに仕事が見つからず、生活困窮を余儀なくされている。事業を営んできた方たちにとって二重債務の解消は、まさに再建にむけた出発点である。
全面的支援を求めた。
年配の奥さんが、地図を持って場所を訪ねてきた。小田急デパート従業員の出入り口だった。すぐに分かったので教えてあげたら、とても喜んでくれた。
相模原の少年野球チームの一団が、やはり道に迷っていた。
コンビニに搬入するトラックの運転手さんが親切に教えてあげていた。おそらく、市民球場に行きたかったのかも知れないが、確かにわかりにくいと思った。
駅前にある○△デザイン学校の職員の方達が20人ぐらい、段ボールを沢山抱えて駅の中に入っていった。何かイベントがあるらしかったが、早朝から珍しい光景だった。
そして、珍しく、キックボードのおじさんがやってっきた。
どこかへ出かけるのかと思いきや、どうやら売店で新聞を購入しまた戻ってきた。
サラリーマン時代のこの時間帯が懐かしいのかも知れない、と思った。
パラパラと小粒の雨が空からこぼれてきた。
しんぶん赤旗の天気予報欄に目をやった。
夕方までは曇り。のち雨、という予報だった。
そんなことも、駅に向かうみなさんに話をした。
ん?と空を見上げる人がいた。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-27 09:10

「宇治茶」から「大和茶」へ   

23日の土曜日から昨日まで、奈良市で行われた自治体学校に参加してきたため、不在だった。
3月11日の東日本大震災という大変な経験を経て迎えた今回の自治体学校となった。
地方自治体にとって、「住民の命とくらしを守る」ことがどれだけ大事なことか、この大震災に立ち向かった自治体職員の姿を聞いて、改めてその重要性について認識させられた。
2日目に参加した現地分科会『自治の村・山添村を訪ねて』では、「ほんまに、何もない村」に、実はキラリと輝く素晴らしいものがたくさんあること。美しい自然とともに、住民の命をまもり、福祉、教育を充実させるためにがんばってきたとりくみは素晴らしいと実感した。
久保田村長は、「住民とともに、市町村合併に組みせずがんばってきた」こと、「岩手県沢内村のような取り組みをしてきた」と語っていたが、なるほど、と頷けた。
山添村は、県内でも有数のお茶の産地で、かつては「宇治茶」だったそうだが、今は、「大和茶」として生産、販売されている。
とても美味しかった。
関西地方も暑かったが、東京に戻ったら蒸し暑さを実感した。
目が覚め、タオルで汗を拭き、シャワーを浴び、すっきりした気分で駅に向かった。
M銀行前に着くと、タクシーの前に1台の貨物車が止まっていた。
タクシーが動いても貨物車はびくともしない。
中を覗いてみると、若い運転手さんは横になってお休み中だった。
おそらく搬入予定の時間は過ぎていたのではと思ったが、疲れていたのだろうか?
ちょうど待っているとき、オンリーワンのお兄さんが横断歩道を渡ってきた。
「おぉっ!」と手を挙げて、笑顔で挨拶をしてくれた。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんが通った。
Mちゃんも通ったが、大学は試験中かな?
夏休みに入ったM先生は、20分ほどいつもより遅くやってきた。
半蔵門勤務のお嬢さん、今朝は、コバルトブルーの色調が鮮やかだった。
野球や剣道の練習試合があるらしく、全国あちこちの高校や中学校の子どもたちが通った。
日大三高のYちゃん、今日は部活かな?
そして、T大学のSちゃんは今日も元気いっぱいそのものだった。
昨日まで関西の空気に浸っていたが、今朝の駅頭宣伝で、いつもの環境に戻った。
やはり蒸し暑いのは変わりがない。
ふ~っ・・・
[PR]

by ken-tono | 2011-07-26 09:23

空は、台風一過の青空だったが、まだ肌寒さが残っていた。   

昨夕、私たち日本共産党町田市議団は、5人中4人が出て、小田急町田駅頭での宣伝を行った。
交代でマイクを握り、東日本大震災と被災者支援、原発からの撤退、そして、その教訓を生かして望んだ6月議会の取り組みについて話をした。
思いの外立ち止まって、デッキの上から聞いてくれる人がいた。
その点では朝とは全然違うと思った。
バイトに行く途中の長女も駅前を通り、照れくさそうに私の方を見てくれたので、私も手を振った。
昨日は土用の丑の日ということだったので、夜、妻とスパーに買い物に行った際、鰻を買った。
中国産が残り少なく、国産鰻の方は結構売れ残っていた。
見比べると、確かに国産の方が値段は高かった。そして、長さは一緒なのに、ボリュウムがあった。
結局、安い方の中国産にした。
以前、浜松に旅行に行ったとき入った鰻やさんのご主人がこんなことを言っていた。
「ウチは、浜松の養殖鰻じゃなく、中国の天然鰻を使っています」と。
とにもかくにもタマにしか食べることがないわが家にとっては十分な味だった。
昨日は涼しかったので、朝は気持ちよく起きることができた。
駅に着き、しばらくタクシーの前進を待たなければならなかった。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんがニコニコしながら通った。
長男の同級生のNくんが今日も勉強のために駅に向かっていった。
サッカーのコーチをしているMさん、今日は、仕事用のカバンの他にスポーツバッグを抱えてきた。
なでしこジャパンの勝利以降、忙しくなってきたのだろうか?大部、陽に焼けていた。
半蔵門勤務のお嬢さんもやってきた。元気そうだった。
福島の畜産が存亡の危機に瀕している。
東電はもちろんのこと、政府はしっかりとした財政支援をしなければならない。
空は、台風一過の青空だったが、まだ肌寒さが残っていた。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-22 11:29

「ヘルパーの講習会に行きます」   

朝まですごい風だった。
台風6号は八丈島の南の方に来ている。
外に出ると、しだれ柳の大木が上下左右に大きく揺れていた。
ん、寒い・・・
私は、5階のわが家に戻り、背広の上着を持ってきた。
連日30数度の夏日が続いているのに、今日の寒さは一体どうしたのだろうか。
駅に着くと、風混じりの雨がまだ降っていた。
デッキの上に上がった。
いつもよりも10分ほど遅れてM先生がやってきた。
「おはようございます」と挨拶を交わした。「今日、学校ですか?」「はい、学校です」
私は、夏休みに入ったかどうかを聞こうと思ったが、質問が良くなかった。が、先生が遅く出勤したということは夏休みだな、と思った。
昨日、風邪気味だった長男、今朝は大部回復した様子だったが、台風で今日に延期になった終業式、やることになったのだろうか?
長男の同級生のTくんのお父さんがやってきた。
昨日に続いて、半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。寒さを感じさせず、爽やかな洋装で、笑顔で出かけていった。
ヒゲのお兄さんに会うのは久しぶりである。
そして、そして、長男の同級生Nくんがやってきたのだ。
「おはよう!」「おはようございます」「元気?」「はい」「これからどこへ?」「ヘルパーの講習会に行きます」と。
今日から夏休みに入ったらしく、高校卒業後のために資格を取っておこう、と。
「偉いなぁ!」「はい」「がんばってね!」「はい」と。
中学の卒業以来会っていなかったNくんは、すっかりたくましくなっていた。
肌寒い風がまだ吹いていた。
上着を着てきて良かった、と思った。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-21 10:11

今朝は、そのまま長靴で外に出た。   

台風6号が猛威をふるっている。
最大瞬間風速が50㍍、と!
私は、以前、バイクで千葉をツーリング中、風速15㍍を体験したが、海風がドスンと音を立てて体に当たったときの恐怖感は忘れることができない。
みなさんも外に出るときは十分に気をつけてください。
昨日は、断続的に強烈な雨が降ったが、今朝、私が外に出ると霧雨に変わっていた。
それはそうと、わが家も18日の午後になってようやく地デジテレビに交換が済んだ。
したがって、なでしこジャパンの決勝戦は、アナログテレビでの最後の観戦となったというわけである。
さて、今朝の駅頭宣伝は、小雨決行となった。
昨日の夜の雨で長靴を履いて帰ったので、今朝は、そのまま長靴で外に出た。
駅に着き、革靴に履き替えた。
なでしこジャパンの勝利のこと。台風の影響のこと。福島県内の肉牛が出荷停止になったこと。原発からの撤退、被災者救援のことなどを話題にした。
バイオリニストのご主人が奥さんの車から降りてきた。
・・・と、珍しく、半蔵門勤務のお嬢さんがご家族の車から降りて、いつもとは違う出入り口にやってきた。「行ってらっしゃい!」と見送った。
T大学生君も立ち止まって挨拶をしてくれた。
雨に遭わせて、傘を差したりたたんだりと、忙しい宣伝だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-20 09:19

「希望」をかなえたなでしこジャパンと「希望のグラス」   

なでしこジャパンがついに世界一の栄誉を勝ち取った。
昨日、私は、朝3時半に起き、女子W杯の決勝戦を見た。
明らかに技術体力に上回るアメリカに押され気味の試合に、もうだめかな?と何度思ったことだろう。
でも最後まで勝利のためにあきらめずに走り抜き、勝利を手にした姿に感動した。
昨日は祝日だったので駅頭宣伝はお休みにして、今朝、駅に立った。
勝利の後の祝福の嵐?という感じの強い雨が朝方降った。
そして、私が駅に向かう頃には少しずつ小降りになり、強い風に変わった。
家の前のしだれ柳は、吹き上げる風にもんどり打っていた。
M銀行前に着いた。
準備を終え、マイクを握った。
間もなく、半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんがやってきた。
ちょうどMちゃんがやってきたとき、なでしこジャパンの話をしていた。
「希望を叶えるために決してあきらめない!サッカーというスポーツの中での快挙ですが、私たちが生活している現実の日本の社会を変えていくためにも、私は大きな勇気をもらった感じがします」と、特に、「東日本大震災の被災者支援のために引きつづき頑張っていきたい」と訴えた。
長男の友人Tくんのお父さんも出勤でやってきた。
昨日行われた「石巻支援ボランティア・6月市議会報告会」で、被災者のみなさんのことを決して忘れず、心を寄せ、連帯していくことの大切さをあらためて学ぶことができた。
そして会場には、被災者にお届けした「希望のグラス」(救援募金付)が限定30個が販売され、すぐに完売した。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-19 09:55

原発がらみで、今日も暑い一日になりそうだ。   

昨日の朝は所用で町田にいなかったため、宣伝はお休みにした。
昼には戻ってきて、日本共産党市議団として第2回目になる市内の放射線量の測定をした。
午後1時から7時までの6時間。
猛暑の中での屋外での測定は大変だった。
私自身、滅多にかぶらない帽子をかぶり、首にタオルを巻いて、ペットボトルを3本飲み干し、ほぼ全域の15ヶ所の測定をやり終えた。
結果は、近くHPなどで公表したい。
それにしても暑かった。
そして今朝もまた強い日差しが照りつけていた。
駅に着き、M銀行前でタクシーが動くのを待った。
私が宣伝を開始すると同時に隣で、「○△□の塔」とかいう団体の青年2人が、「目ざめよ!」とか書かれたパンフレットをかざしていた。
私は、今朝のしんぶん赤旗の記事を紹介しながら、原発再稼働を巡る「やらせメール」問題と原発ゼロにむけた具体的な取り組みのことについて話をした。
また、不破哲三さんの「科学の目で見た原発問題パンフ」の内容も紹介した。
「がんばってください!」と声を掛けてくれたご主人がいた。
小柄なご主人は、「24時間営業の店に買い物に来たよ」と言いながら、「暑いけどガンバッテ!」と激励してくれた。
今日は、午後から、地域で、原発問題や震災問題での学習会があり、その後、原発からの撤退を求める署名運動も行われる。
原発がらみで、今日も暑い一日になりそうだ。
[PR]

by ken-tono | 2011-07-16 09:59