<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

あっ、ヒゲのお兄さんだ。   

「暖かいよ」
先に仕事に出かけた妻が言ったように、今朝は暖かそうだった。
それでもヤッパリ寒かったら?と思い、結局、厚めのスーツを選んでしまった。
柔らかい朝日に照らされたしだれ柳は、まるでファションショーのモデルさんが着た長いドレスの裾がゆったりと揺れるように揺れていた。
駅に着き、Mデパート前に向かい、搬入車の間に入らせていただき、マイ宣伝カーで訴えた。
もう太陽が照り始め、暑かったため、私は、上着を脱いだ。
昨日までの寒さはどこかへ行ってしまい、小春日和のような暖かさだった。
話し始めると気持ちが良いほど声がよく通る。
デッキの上を歩く人、車でお出かけの人などが私の方を向いて、だれだ?というような顔をしていた。
「プップ~!!」
ん?
あっ、ヒゲのお兄さんだ。
BMWのかっこいい車に乗ったお兄さんが笑顔で「おはようございます!」と声をけけてくれた。
「お久しぶりです!」と私も返事をした。
昨日の参議院本会議で、野田首相が2度目の所信表明演説をしたが、国民の声がほとんど繁栄されていない内容だと訴えた。震災復興、原発対策、TPP、普天間基地、消費税、議員定数問題など、どれもこれもコック民不在の政策である。
・・・と話していたら、ヒゲのお兄さんのBMWがUターンをして戻ってきた。
窓から手を挙げて、「がんばって~!」と。
とても気持ちのいい朝の宣伝だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-29 10:26

今朝初めて手がかじかんだ。   

いや~っ、今朝は本当に寒かった。
昨日は久々にお休みをとり、伊豆半島一周のツーリングに出かけた。
帰りの夕方はちょっと寒かったけど、ほぼ一日秋晴れの暖かい陽気で、心身共にリフレッシュすることができた。
今日もまた駅頭に立った。
スーツをちょっと厚めのものに変えて正解だった。
冷たい風が吹いて、最低気温14度という気象情報より低いと思った。
そして、今朝初めて手がかじかんだ。
同じ団地に住む小柄な奧さんがやってきた。
「元気?」「はい!」「その元気、ちょうだい!」
朝からアドリブがつぎつぎ出てくる人で、ついつい私もフリーになってしまう。
「久しぶりだね?!」。森野の事務所の気近所のご主人が声を掛けてくれた。
4分の1ぐらいの人が、そろそろジャンバーやハーフコートを着始めた。
寒いけれど、空は雲一つない快晴である。
そういえば、西伊豆から望む富士山は、まだ冠雪は見えなかった。
西浦や戸田では、早穫りのみかんがたわわに実っていた。
海岸沿いの土手のススキが心地よく潮風に揺れていた。
間もなく11月になる。
今度は本格的に寒くなるに違いない。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-28 09:35

「ちょっといいですか?相談にのってもらいたいんですけど?」   

一昨日の仕事の帰り道、妻のバイクがパンクをしてしまったため、先に帰宅していた私は、救急出動。昨日は、駅頭宣伝をした後、職場まで送ってあげることにし、その後、近所の自転車屋さんに修理をお願いしてきた。
昨日がポカポカだったので、今朝は本当に寒かった。
駅に出て、掃除をして、挨拶を始めた。
M先生や校長先生、半蔵門勤務のお嬢さん、お母さんにもお会いすることができた。
また、昨日は、日本共産党後援会の行事で、劇団前進座の公演が浅草公会堂で行われ、私も観劇した。
久しぶりの浅草は、沢山のお客さんでにぎわっていて、演目の『明治のおばけ暦』は、明治時代初期の政治と庶民の暮らしを描いたユーモアタップリの作品だった。
さて、今朝も昨日と同じスーツで外に出たが、ちょっと寒かった。
昨日が確か27度ぐらいまで気温が上がったと思うが、今日は、15~19度、と。
駅頭では何とか我慢することができた。
本町田のMさんが右手を挙げてやってきた。
「寒くなったね?」「そうですね。気をつけて行ってらっしゃい!」と。
赤いスニーカーのご主人もやってきた。
バイオリニストのご主人は、送ってくれた奥さんに今日も思いっきり手を振っていた。
トコトコちゃんたちがやってきた。
「寒くなったね」「うん」「行ってらっしゃい!」と。
ハンドマイクで、野田政権がアメリカ使い走りで進めている普天間基地問題、TPP問題について、沖縄県民や国民は撤回を求めているのだから、声を聞くべきだと訴えた。
・・・とそこへ、60歳ぐらいの男性が現れた。
「ちょっといいですか?相談にのってもらいたいんですけど?」
「はい・・・」と私は話を聞いた。
さっそく、今日、市役所で改めて相談にのることにした。
前を走る乗用車に腹を立ててクラクションをけたたましくならす業者のトラック運転手にみんな驚いていた。
昨日に比べるとかなり寒いなと思ったが、手がかじかんでしまうほどではなかった。
今日もまたすっきりとした秋晴れである。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-26 09:07

トコトコちゃんは今日もテストだった。   

昨夜、もう寝ようかな?とテレビを消そうと思ったら、「EXILEとグレイのコラボ」という番組が始まったではないか。
ん、これは見逃すわけにはいかない、とテレビのボリュウムを少し上げて最後まで見入ることになった。
この2つのグループ、わが家の長男は大ファンだが、それに釣られて私もすっかり虜になってしまった。
グレイはすごい!
おかげでグッスリと寝て、今朝は気持ちよく目が覚めた。
外に出ると、しだれ柳も「おはようございます」というような爽やかな顔をしていた。
駅前を掃除して間もなく、本町田のMさんがやってきた。
「雨、上がるといいね」。
空を見上げながら、私は、「そうですね」と答えた。
元柔道部員のお兄さん、野球部やバレーボール部の高校生がつぎつぎとやってきた。
トコトコちゃんたちもやってきた。
車のお母さんにトコトコちゃんが手を振った。
「おはようございます」「おはよう。テスト終わったの?」「今日もあります」と。
私は、「がんばってね!」と2人を励まし、見送った。
昨日、都内明治公園で行われた「全国青年大集会2011」に4800人の青年が結集し、志位委員長や海外の代表が挨拶した記事を赤旗が紹介している。
私は、「ウォール街から世界に広まっているデモと連帯して、この日本でも99%の青年や国民の暮らし、雇用の充実のためにがんばりましょう!」と訴えた。
バイオリニストのご主人が乗ってきた車がワゴン車から乗用車に変わっていた。
10月の下旬としてはとても暖かい朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-24 08:58

わが家の前のしだれ柳の枝葉もしなやかに揺れていた。   

今朝は駅頭宣伝をお休みにした。
朝ご飯を食べ、ゆっくりと時間を過ごし、午前中、文学館まつりに行ってみた。
裏の駐車場には古本コーナーがあったが、面白いことに、店番をしている方の古い蔵書なのかな?と思った。
物理学の専門書が半分以上置いているところがあったが、その方の顔を拝見すると、ちょっと難しそうな表情に見えたが、これはあくまでも私の主観である。
そうかと思うと、料理本が沢山並べてあるコーナーもあり、ん、この方は料理が好きな男性だな?と思った。
本当は、それをネタにしていろいろと話したかったのだが、結局、1冊も購入することなく中に入った。
生涯学習部の部長さんや文学館の館長さん、地域の町内会の方々や喫茶店で働いている人たちと挨拶をしながら、開館五周年記念の企画展『孤独の詩人・画家 蕗谷虹児展』を観た。
驚いたのは、御本人が24歳の時の写真である。1898年生まれだから、1922年(大正11年)に写されたものである。
私の祖父母の時代の詩人・画家だが、見るからに「モダン」の香りがする。
挿絵に描かれた女性の曲線美のテクニックに魅了されてしまった。
帰りには、文学館通りのまちづくりの会の方々からこの間の取り組みのお話を聞くことができ、質素だったがとても有意義なおまつりだった。
午後は、Sさんと2人で地域で宣伝をした。
団地を中心に回ったが、「がんばってください!」「久しぶりだね」などと声を掛けられたり、「いつも駅で頑張っていますね」と激励してくれた方もいた。
10月下旬にしては暖かい一日だっただけに、ちょっと汗を掻き、後で飲んだ冷たいお茶が美味しかったほどである。
わが家の前のしだれ柳の枝葉もしなやかに揺れていた。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-23 18:05

「私も並びたかった」   

雨の土曜日になってしまった。
というわけではないのだが、今夜、仕事で遅くなるらしい妻を職場まで送っていくことにした。
中間テストが終わった長男はグッスリである。
納豆ご飯に豆腐の味噌汁(もちろん、秋田のお米と味噌である)の朝食を済ませ、外に出た。
ポツポツときていたが、傘を差すほどじゃなかった。
しだれ柳は昨夜の雨がしたたり、生き生きとしていた。
30分ほどして妻を送り届け、町田駅に向かった。
M銀行前をお借りし、宣伝を始めた。
自転車整理のおじさんが、「おはよう!」と元気な声で挨拶をしてくれた。
おじさんが近寄ってきて朝の会話になった。
「今日もやってるの?」「はい・・・」「がんばるねぇ」「はい」「おじさんは、何時に家を出てくるんですか?」「5時15分のバスに乗ってくるんだけど、前は立ちっぱなしで7時間仕事だったから大変だったけど、今5時間になったから何とかやってるよ」と。
確かに、私たち議員でも、選挙ともなると、一日7時間、それも宣伝カーに乗ったりしながら時に立って演説することはあるが、高齢者の方々の仕事としてはかなりハードだよな、と思った。
テニスラケットを抱えたご夫婦が挨拶をしてくれた。
リビアのカダフィ前大佐の死去により、政治の変革を求めるリビア国民の意気揚々とした様子がメディアを通して伝わってくるが、国民主権、民主主義、自由の社会建設へ、彼らはまだ戸羽口に立ったばかりである、と話した。リビアには、この間、政党も、議会もなかったというのだから、大きな壁を国民が乗り越えて行かなくてならない。
「貧困と格差の是正」も共通したテーマである。
そんなことを話していたら、以前、いすゞ自動車に期間工労働者として働き、2年前に解雇された男性がやってきた。
ときどき私が朝、駅に向かうとき、駅から歩いて帰ってくる姿を見かける方である。
「お久しぶりです。いまどうされてましか?」「あれやこれやバイトで仕事をしているよ」「だから朝帰ってくることがあるんですね」「なかなか仕事がなくてね」「がんばってください」と見送った。
朝、全国青年大集会が明治公園で行われることを道行く人たちに伝えた。
この日本でも国民の生活向上に向けて大きな運動を進めてゆかなくてはいけない。
私が宣伝中、ちょうど雨が上がっていたが、またパラパラと落ちてきた。
宣伝を終え、公民館に立ち寄ると、公民館まつりが行われていた。
明日は、文学館まつりが開催され、古本販売フェアも行われるそうなので、顔を出してみたいと思う。
そして、昨日は、町田商工会議所主催で、被災地の石巻のサンマ2000匹を提供するというイベントが行われた。
3時開催という話を商店の方から聞いていたが、たまたま中央図書館に立ち寄った後、20分後行ってみると、ハンドマイクで「ただいまの時間をもって、サンマの提供は終わりとさせていただきます」とのアナウンスが流れた。
うっ、残念っ!
その後、A理容店に寄って、石巻のサンマの話をしたら、「私も並びたかった」と奥さん。
被災地支援の活動はまだまだ続けていかないと、と思った。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-22 10:24

雪が降り始めると、東北地方の人たちは翌年の春まで出稼ぎのシーズンです。   

夜中に一度トイレに起きて、二度寝をしたら、すっかり寝坊をしてしなった。
家族の足音でハッと目が覚め、慌てて支度をして外に飛び出した。
花の名前は分からなかったが、近所の奥さんが今日でも植えようとビニール袋に入れて花壇に置いてあった。
駅に着き、急いで準備を終えた。
さっそくM先生がやってきて元気に挨拶をしてくれた。
同じ団地の奥さんがやってきた。
「今日はそんなに寒くないですね?」「寒いといっぱい着なきゃいけないから困る!」と、仕事するときは厚着は不自由だと話していた。
「今日は10月21日、金曜日・・・」と、挨拶を始めたら、自然と郷里・秋田の話をしてしまった。
「稲刈りが終わり、豊作を祝って部落ではキリタンポ会が行われる。11月にもなると、初雪を前にして、割った薪を小屋に積み、冬囲いの板を窓に設置します。雪が降り始めると、東北地方の人たちは翌年の春まで出稼ぎのシーズンです。約半年間、家族が離ればなれになって生活をしなければならない。今年の大震災や原発事故によって家族と地域離散の生活を余儀なくされていますが、一日も早く郷里の家で家族団らんの生活に戻ることができるようになってほしいですね」と訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんがニコニコしながらやってきた。
お母さんは仕事がお休みのようだった。
森野のKさんが来た。
これまで仕事が安定せず、一時期生活保護を受けていたが、今はホームヘルパーの研修を受けて、合格したらその仕事に就きたいという話をしてくれた。
土建業の仕事をしていたときは、真っ黒な顔をしていたが、今朝は随分色も落ちてビックリした。
「がんばってください」と見送った。
曇り空の今日は、夜半に雨になるという。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-21 09:09

タランチュラ?ジョロウグモ?アシダカグモ?ん、やっぱりタランチュラ??   

昨日は午後から、「やめよう ポイ捨て 歩きたばこ」キャンペーンに参加し、鶴川駅前で道行く人たちにティッシュを配った。
とにかく寒かった。
担当のT課長さんが、「殿村さん、この間の蜘蛛、どうやらジョロウグモだったようです。で、担当は、保健所になりますので、また何かありましたら・・・」と話してくれた。
心の中では、「タランチュラ!?などと、お騒がせしました」と思いながら、「おりがとうございました」とお礼をした。
ジョロウグモの出没はこの時期多いのだそうだが、私も、久しぶりにあんな大きな蜘蛛を見て、ビックリした。
そして、今朝もまた寒かった。
今日から少し厚手の背広に替えた。
M銀行前で、宣伝カーから訴えた。
オンリーワンのお兄さんが、「おっ、やってるの?」というような顔をしてやってきた。
相模原に住んでいる小柄なおばさんも来た。
「寒いですね?」「えっ?貧乏人は、寒いなんて言ってられないよ!」と。
的を得た言葉である。
高校生たちがダンダン増えてきた。
私は、TPP(環太平洋地域連携協定)の参加に反対する人たちが増えてきましたと訴えた。
そういえば?と思った。
高校の政治経済のテストの出題に出てもおかしくない問題とキーワードがけっこうあるな、と。
TPP、放射線量の単位・マイクロシーベルト/時、セシウム、小選挙区制と比例代表、ウオール街のデモなどなどである。
自転車整理のおじさんたちも配置に就いた。
「寒いですね?」「昨日あたりから・・・」「体に気をつけて」「どうも」と。
今朝は風が冷たかった。

ん、本当にジョロウグモ?と疑問に思ったので、念のためネットを開いてみた。
私が見たのはジョロウグモではなかった。(ジョロウグモは、タイガーのように黄色と黒の2色だから、違う。T課長さん、せっかく調べてもらったのに、ごめんなさい)
図鑑で見比べてみると、ん~ん、日本のアシダカグモかやっぱりタランチュラにも近いなぁ。
今度お目にかかったら、捕獲して保健所に持って行き、見てもらった方がいいかな?と思った。
ふぅ~っ・・・
[PR]

by ken-tono | 2011-10-20 09:11

ダッシュするトコトコちゃん姉妹   

ちょっと風邪気味だったので、昨夜は早く床に就いた。
今朝はスッキリと目が覚めた。
駅に着いた後、まず掃除をした。
今日は午後から鶴川駅前で、ポイ捨て禁止クリーンキャンペーンが行われるが、今朝の町田駅前は相変わらずポイ捨てのたばこが散らばっていた。
森野のTちゃんが、「おはよう!」と元気に声を掛けてくれた。
トコトコちゃん姉妹がなかなか来ないなと思っていたら、電車の発車時刻ギリギリに車が到着。
2人はダッシュしながら、「おはようございます」と挨拶をしてくれたものの、気持ちはホームに向かっていた。
10月23日、明治公園で行われる「全国青年大集会2011」の宣伝をした。ニューヨークのウォール街から始まった「貧困・格差の是正」を求めるデモや運動が世界に広がっているが、日本ではこの運動は世界に先んじて行われている。
「みなさんも、ぜひ参加を!」と訴えた。
TPP参加に反対する運動も大きくなってきた。
昨日は、全漁連の幹部の方々が、日本共産党国会議員団に連帯の申し入れに来た、と。
そして、私たち党市議団は、今日、放射能測定などに関する申しれを、石阪市長に行うと、お知らせした。
T大学生君もやってきた。
宣伝を終えて、グッツを積み込んで、さて出発と思っていたら、マスクをした年配の背の高い男性が私の方をじぃっと見つめている。
ん?と目をこらしてみると、高ヶ坂のKさんであることが分かった。
Kさんは、透析患者で市内の病院に通っている方だが、「この間、路で転んで大けがをしたんですよ」と、何針か縫った頭を見せてくれた。
「大変だったですね。お大事に」と見送った。
空はどんよりとしたままだった。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-19 10:12

ペレさんの訪問は、子どもたちに大きな希望と勇気を与えたと思う。   

薄墨で描いたような雲が秋の空を覆っている。
今日から中間テストの長男は、私が起きて支度をしていると間もなく起きてきた。
急いでいた私は、外に出て、しだれ柳の様子を見る間もなく、車に乗り込み、気がついたら駅に着いていた。
スタンバイをしてると、谷沢議員がスーツケースを抱えてやってきた。
「おはようございます」「視察だよ。高知に・・・」「気をつけて行ってきてください」
2,3分後、同じ会派の河辺議員がやってきて、同じ話をした。
2人は羽田行きのリムジンバスに乗って出かけた。
校長先生が続けて2人やってきたので、それぞれに挨拶をした。
M先生も元気そうだった。
今朝のしんぶん赤旗日刊紙のトピックスを紹介した。
ブラジルのサッカーの大様・ペレさんが、大統領の命を受けて、東日本大震災の被災地、宮城県名取市内の小学校を訪問した。
ペレさんは、他の学校に避難中の小学生にサッカーボールなどをプレゼントした、と。
正直、今の子どもたちの中には、ペレさんを知らないのが圧倒的だと思うが、遠い地球の裏側からはるばるとやってきた“特使”の訪問は、子どもたちに、大きな希望と勇気を与えたと思う。
私は、さっそく、その話を駅頭で紹介した。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんも元気にやってきた。
Mちゃんは、お母さんと一緒だった。
そして、宣伝も終わろうという頃、超元気で明るいT大学のSちゃんがやってきた。
この1週間、暑い日が続いただけに、寒くなりだし、私のまわりでもゴホンゴホンと風邪引きが増えてきた。
気をつけないと。
[PR]

by ken-tono | 2011-10-18 09:08