<   2011年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

今日も、お揃いのマフラーをして、仲良く駅に降りていった。   

私が起きて、支度をしていると、今朝は長男が早々と起きてきて朝シャンに向かった。
寒いような、さほど寒くないような?判断しづらい気候である。
外に出ると、今日もしだれ柳は未だ眠っているかのようだった。
駅に着き、駐車場に入ったら、ちょうど本町田のMさんが通りかかり、窓の向こうから「おはよう!」と笑顔で手を振ってくれた。
私も手を振った。
元ガソリンスタンドの職員だったお兄さんがやってきた。
トコトコちゃん姉妹がお母さんの車から降りるのが見えた。
トコトコちゃんがお母さんに手を振った後、2人がやってきた。
「おはよう」「おはようございます」「寒いね!?」「うん・・・」
「行ってらっしゃい!」
今日も、お揃いのマフラーをして、仲良く駅に降りていった。
沖縄防衛局長という人が、沖縄で、普天間基地移設に関する辺野古地区の環境影響調査の報告書提出日を巡って、「犯す前に、今から犯すからと言うか?」という暴言を吐き、昨日更迭された。
女性と沖縄県民を侮辱する許しがたい発言である。
局長は、県民が言うことを聴かないなら、普天間基地は宜野湾市の今の場所に置くと、沖縄県民をアメリカと日本国政府の言いなりにさせるぞと言うような態度をとっているそうだが、民主党政権もここまで落ちたか?と思わざるを得ない。
私は、「沖縄県民のみなさんと連帯して、普天間基地撤去、県内へも国内へも移設させないためにがんばります」と訴えた。
私立の小学校に電車で通うお子さんを見送りに来たお母さんが、改札まで送った後、ちゃんと電車の乗るところを確かめてから引き上げていった。
ヤッパリ心配だよな、と思った。
今日で11月も終わる。
明日から12月。
市議会第4回定例会の初日の本会議が行われる。
見上げると、冬の空になってきたなと思った。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-30 08:58

「めんこいな」   

夜明けが遅くなってきた分、朝も暗くなってきた。
「明日は寒いらしいよ」と言っていた妻の言葉を信じて、“あと一枚”を履いて外に出たが、ん?寒くないなぁ、というのが今朝の実感だった。
しだれ柳も静かに眠っている。
ラジオを付けて、駅に向かった。
コメンテーターのお医者さんが、自身も鬱(うつ)病になり、大変苦労した話をしていた。原因として、働きづめで、適度な休養を取らないことだとふり返っていた。
何よりも生活できる安定した仕事と収入、休養がちゃんととれる職場を作っていかなければ、と思った。
駅に立った。
M先生がやってきた。本当に明るくて元気な方である。
日本共産党は、昨日、衆院比例候補(二次分)と参院比例候補(一次分)を発表した。
参院選の比例候補の一人として、前参院議員の小池晃さんがいる。
小池さんという素晴らしい政治家が、2年後の夏には必ずや返り咲くことができるよう、私も奮闘したい。
また、昨日は、市議会第4回定例会の一般質問の通告締め切り日だった。
31名(うち、日本共産党は5名)の議員が質問する。
私は、12月7日(水)の7番目なので、夕方の登壇となる予定だ。
質問のテーマは次の3つ。
①小児医療救急の充実、②古代の遺跡の歴史とロマンを町田市のこどもたちと市民に、③新庁舎建設に於ける市内業者活性化、についてである。
ぜひ、本会議の傍聴にお越し下さい。
隣の団地の奥さんがピンクのジャンバーを着てやってきた。「がんばってね!」と激励された。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんが元気な足取りでやってきた。マイクで訴えながら、「おはようございます」と挨拶をした。
赤いメガネの奥さんも「がんばってね!」と。
Mちゃん、そして、半蔵門勤務のお嬢さんも元気そうだった。
TPPに抗して地方の農家のみなさんは新品種の改良でもがんばっている。
わが故郷、秋田県が誇るお米、「あきたこまち」に次ぐ新種米が販売された。
「めんこいな」というお米だそうだ。
「あきたこまち」よりは大粒で、あっさりしている、と。
近々、買って、食べてみたいと思っている。
ちなみに、「めんこいな」とは、秋田弁で、「かわいいね」である。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-29 09:15

T大学生君が、寝ぼけ眼でやってきて・・・   

どうしても一週間の疲れは週末に溜まってしまう感じがする。
そのせいか、今朝は、少し寝坊をしてしまった。
子どもたちも起き始め、バタバタしながら家を出た。
薄ら寒い曇り空。
しだれ柳はじっとしていて動く気配はない。
駅に着いた。
新しい週の職場や学校に向かう市民の人たちが塊になって駅の中に入っていった。
本町田のMさんやトコトコちゃん姉妹、三兄弟は、とうに出かけた後だった。
昨日投開票があった、大阪のダブル選挙で、梅田氏、平松氏は健闘したが落選し、独裁政治を狙う松井氏、橋本氏が当選した。
結果は残念だったが、独裁政治ノー、民主主義を守る党派を超えた闘いは、これからの新たな運動にむけて教訓をつくることができたと思う。
政権交代をした民主党が自民党政治を地でいくような中、本当の変革を求める国民の声が広がっている。
原発からの撤退でも、TPP反対でも、米軍普天間基地問題でも、要求の一点での運動が進んでいる。
これらをさらに発展させて、悪政を転換する運動に繋げていきたいと思う。
T大学生君が、寝ぼけ眼でやってきて、「おはようございます」と挨拶をしてくれた。
今日は、12月議会の一般質問の通告日である。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-28 08:55

静かなしずかな土曜日の朝の駅頭だった。   

土曜日の朝、いつもに比べてのんびりと朝を過ごし、駅に向かった。
昨夜、子どもたちが買ったハンバーガーの残りが2個もあったので、私の朝食にもらうことにした。
M銀行前はタクシーがビッシリと連なっていたため、そこはあきらめて、Mデパート前に移動すると、ちょうど良い場所が空いていた。
すぐそばの不動産会社の若い職員が、もうお客さんを車に乗せて「物件」に向かうところで、他の2人の職員が「行ってらっしゃいませ」とお辞儀をして見送っていた。
青空の下、ややヒンヤリとした冬らしい空気を吸い込みながら、マイ宣伝カーから道行く人たちに訴えた。
TPP参加撤回、原発撤廃、在日米軍の裁判権問題などを話していたら、さっそく、デッキの上から見知らぬ奥さんが大きく手を振ってくれた。
国民救援会の仲間のSくんがやってきて、向こう側の歩道から手を振ってくれた。
1台の大型トラックが信号機の前で止まった。
私が何を話しているのか耳をそばだてている様子がうかがえた。
と、やおら窓を開け、運転手さんは、がんばれ!と手をふってっくれたのだ。
静かなしずかな土曜日の朝の駅頭だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-26 10:49

「一枚」に助けられた。   

「今日は寒いよ!」と先に起きていた妻が語った。
長男の布団が体半分はだけていたので、引っ張ってかけてあげたが、本人は気づかずにグッスリ。
風邪を引いては元も子もないと思い、一枚下に履き外に出たらこれが正解だった。
吐く息が白いのを今年始めて見た。
駅に着き、スタンバイしたら、その「一枚」が必要だったことを実感した。
兎に角寒かった。
でも、新聞の天気予報欄では、最低気温が8度と。
3~4度じゃないの?と思ったほどである。
南大谷のSさんが駆けつけてくれた。
彼女が「TPP参加反対」のビラをまき、私がマイクで話した。
久しぶりにM先生の笑顔を見ることができた。
校長先生は、「寒いのにご苦労さん」と激励してくれた。
赤いメガネの奥さんがやってきた。
「ありがとう。みんなに見せるからね」と、TPP反対のビラを受けとってくれた。
ひときわ小柄な半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんが、大きな男性サラリーマンの間から顔を覗かせて挨拶をしてくれた。
米軍普天間基地問題でも犯罪を犯した米軍兵に対する裁判権の問題でも、TPP交渉でも、何から何までアメリカ追随の外交を民主党野田政権は進めている。
「いまこそ、国民の立場に立って、アメリカにも財界にもはっきりとものが言える政治に変えていく必要があるのではないでしょうか」と訴えた。
「ん、そうだ」というような表情で駅に向かっていく人もいた。
12月1日から町田市議会第4回定例会が始まることを伝え、この間継続して取り組んできた放射能測定問題の現状と対策について話した。
昨日の市長の記者会見で、「町田市に於ける今後の放射能対策について」が発表されたが、この内容のほとんどは、市民のみなさん(とくに、子育て中の父母)の不安の声や強い要望をもとに、日本共産党市議団が独自の放射能測定をし、市長に申し入れ、議会での提案をしてきたことが反映、実現していると思う。
屋上の排水口などから0.97μシーベルト毎時の高い放射線量が検出された学校もあり、今後町田市は、全市立小中学校・保育園など70ヶ所の測定を実施し、0.23μシーベルト毎時の以上の場所は清掃をする。民間の保育園、幼稚園に測定器を貸し出す。“ホットスポト”の情報提供をする事を明らかにした。
一歩前進である。引きつづき、市民の要望に応え、頑張っていきたいと思う。
そんな話をしていたら、半蔵門勤務のお嬢さんが元気そうな顔でやってきた。
「寒かったね~」
Sさんと顔を見合わせた。
「一枚」に助けられた。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-25 09:14

“Stand by me”   

気持ちよく晴れた朝になった。
たわわに育ったしだれ柳の葉がわずかに左右に揺れていた。
最低気温が13度。
ん、そんなに寒くないかな?と思ったが、それなりである。
駅に向かう途中の車の中で、2日前に購入したベン・E・キングさんのCD、「Dear Japan,上を向いて歩こう」を聞いた。
キングさんといえば、あの有名な「スタンド・バイ・ミー」を歌った人だが、若者に人気のドーナツ屋のPRソング。
東日本大震災で苦しんでいる被災者とファンのために、「上を向いて歩こう」などを日本語で歌っている。
私が、今回、改めて聴いて驚いたのは、「スタンド・バイ・ミー」の日本語バージョンで、その詩の内容である。紹介しよう。
「どんなことが 起こるとしても  ふしぎはない それがこの世界  だけどもう怖くはないさ  あなたがそばにいるから  So daring daring  Stand by me
Oh stand by me  Stand by me, stand by me
 暗い夜でも 嵐の日でも  明るい朝をきっと信じている  だからまた歩いていゆこう あなたと共にどこまでも  So daring daring  Stnad by me
Oh stand by me  Stnad by me, stand by me♪」
・・・と、「明けない夜はない。それを信じて、共に歩いていこう!」という歌詞とキングさんの実に味のあるソングを聴いている間に駅に着いた。
休日の翌朝はやはりたばこの吸い殻が散らばっている。
掃除をしていると、本町田のMさんがやってきた。
「今日は暖かいね・・・」「そうですね」「がんばって」と。
トコトコちゃん姉妹もやってきた。
「おはようございます」と元気な二人の声。
今日はお姉ちゃんもトコトコちゃんも同じマフラーを巻いていた。
西の大阪では、橋本氏と「維新の会」の独裁政治を許さず、民主主義を守る選挙戦がダブルで行われている。
東の町からも、「大阪府知事には梅田さん、大阪市長には平松さんを!」と応援のエールを送った。
さらに、復興財源を庶民増税でまかなおうとする野田政権だが、大金持ちの証券優遇税制は温存しているために、京セラの稲森名誉会長をはじめ、250人の大株主はこの1年間、33億円も「節税」した、と。
私は、「お金を儲けている人たちには、それ相応の税負担をしてもらうべきです」と、庶民増税は止めるべきだと訴えた。
バイオリニストのご主人が奥さんの車から降りて、声をかけてくれた。
鳩が2羽、その後、カラスが1羽、電線にとまった。
空を見上げると青空が広がっていた。

    
[PR]

by ken-tono | 2011-11-24 09:45

空気のおいしさ、重力の重さ   

雲一つない秋晴れ?の朝。
駅頭へと外に出た私は、清々しい空気を思いっきり吸い込んだ。
昨日、日本人宇宙飛行士・古川聡さんが、国際宇宙ステーションから5ヶ月半振りに地球に帰還した。
空気のおいしさを感じたとか、重力の重さを感じたとか、長い間無重力の宇宙にいた人ならではの発言だが、これこそが人類が生存できる地球たる所以だと思う。
私は、Mデパート前にマイ宣伝カーを止め、往来する人たちに向かって、「この大切な地球を守り、こどもたちに良好な環境を残していくためにも、原発からの撤退はどうしても実現しなければなりません!」と訴えた。
車の中から手を振ってくれたご主人がいた。初めてお会いした人だった。
今日もまた、一日、頑張りたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-23 09:40

「元気!?」「ゲンキ、ゲンキ!!」   

先週土曜日、雨でハイキングが中止になったあと、私は、ぽっぽ町田の中にある山形物産の店に行った。
山形の特産米「つや姫」を購入した。
減農薬50%など、安全で美味しいお米の生産を目標に作られたそうだ。
さっそくおにぎりを作ったら、「冷めても美味しい」お米だった。
国産米を守るためにもTPP交渉参加を撤回させなければならない。
今朝は、一段と寒かった。
昨夜、事務所の隣のS商店の奥さんに、「寒くなってきたから、下をしっかり着ないとね!」と激励されたばかりだったが、その通り、足下がス~ス~した。
盛岡では、最低気温0度、最高気温3度、と。半端じゃない寒さである。
被災者の生活再建のための支援は、大企業、大金持ちへのバラマキ減税を止めること、原発事故の被害者への賠償、除染の費用は電力会社の原発埋蔵金で、と訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんが、暖かそうなコートを着てやってきた。
そぐ後を、駅前の靴屋の店員さんが歩いてきたので、挨拶をした。
W大学のMちゃんが来た。
ややしてT大学のSちゃんもやってきた。
「元気!?」「ゲンキ、ゲンキ!!」
元気の塊のような彼女の姿を見て、私も元気になった。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-22 09:00

縄文式土器と岡本太郎   

一昨日の土曜日は、原町田の後援会のみなさんと渋沢方面にハイキングの予定だったが、あの雨で中止になってしまった。残念っ!
打って変わるように、昨日の日曜日はカラリと晴れて暑くなった。
午前中は、私の地域の街頭宣伝に出た。
Sさんの運転、Wさんのアナウンスで、私は伸び伸びと話すことができた。
「間もなく被災地、東北地方は寒い冬を迎えます。私は、同じ東北、秋田出身ですが、あの仮設住宅では寒すぎて大変だと思います。」と訴えていたら、近所の団地から出てきた奥さんが、「私も秋田の大曲の出身です。がんばってください!」と寒波を届けてくれたのだ。そうしたら、なんと、アナウンサーのWさんも秋田県出身だということが分かった。しかも、わが実家のそばの地域にいた、と。
そして、昨日は午後3時過ぎ、念願だった川崎市生田にある「岡本太郎美術館」を訪ねた。
「生誕100年、あっぱれ太郎ー女と男と岡本太郎」展である。
なぜ急に!?と思うかも知れないが、発端は、「縄文式土器と岡本太郎」にあった。
山梨で縄文式土器の展覧会を見る中で、岡本太郎が縄文式土器に相当感化されていたことを知った。
それでは、となったのである。
見た印象は、一言で、ヒューマニズムに溢れている芸術家なんだと思ったことだ。
赤や黄色の暖色系の色を中心にして、曲線や円形のフォルムに、女性や人間の優しさを感じた。
同時に、あのダイナミズムは、縄文式土器の影響では?と思った。
なかなか良い展覧会だった。
昨夜は、みなさんと同じように、日本シリーズを観戦した。
そして今日。
昨日に比べてやや肌寒い朝だった。
ちょっとで遅れてしまった。
駅に着いたときには、本町田のMさんはとっくに駅に入っていった後だった。
トコトコちゃん姉妹がやってきた。
お姉ちゃんは今日から暖かそうなマフラーを巻いてきた。
「行ってらっしゃい!」と声をかけると、「行ってきます!」と2人の返事が返ってきた。
珍しく、キックボードのおじさんもやってきた。
昨日投開票があった福島県議選で、日本共産党は、現有3議席から5議席へと躍進することができた。
先週の宮城県議選での議席倍増の躍進に次ぐ躍進である。
おめでとうございうます!
被災地のみなさんと引きつづき連帯して頑張っていきたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-21 09:05

ん~ん、私も一緒に走りたかったなぁ、と思った。   

昨日は、奥多摩町へ、町議を10期40年努めた島崎敏夫さんの後継者の応援に行ってきた。
奥多摩駅周辺や沿道にはハイカーがリュックを背負い、カメラを提げて歩いていた。
カラリと晴れたとても気持ちの良い一日だったので、みなさんさぞかし満喫できたのではないだろうか。
小高い山の上まで民家があり、急坂を上がってビラを届けると「ご苦労さま」とどこでも労っていただいた。
老夫婦が外で、薪ストーブに大きな鍋でお湯を沸かし、その脇には、里いもか蒟蒻芋かは分からなかったけど、洗った芋が沢山置いてあった。
薪ストーブの温かい火と煙と湯気、そして、薪が燃えるパチパチとした音。
おばあさんが腰をかけて、大きな渋柿の皮をむいていた。「美味しそうですね」と私が言うと、「渋いよ・・・」と。
子どもの頃の秋田の光景を思い出した。
夕方、滝山街道を通り帰途へ。途中、八王子滝山の道の駅に寄り、新鮮な野菜を購入することができた。
なんとそこには、日帰りのバイクツーリングから帰ってきた中年ライダーたち数十人が“解散式”をしていた。
ドイツのBMW、イタリアのドゥカティ、オランダのKTM、そして、日本のホンダなどなど、世界を代表するバイクがすらりと並んでいて、ん~ん、私も一緒に走りたかったなぁ、と思った。
夜、帰宅し、楽しみにしていた女子バレーW杯「日本×ドイツ」を観戦、応援した。
途中、力負けしているなぁと大いに不安だったが、日本代表の底力の発揮で逆転したときには感動した。
試合後、真鍋監督が、「しびれた!団結力の勝利!」と語ったが、選手との信頼感が伝わってきて、またまた感動だった。今日は、アメリカに是非とも勝ってほしいと思う。
というわけで、昨夜はグッスリと寝ることができ、朝の目覚めへとなった。
雲がはっていたせいか、昨日ほどは寒くなかった。
デッキの上に立って挨拶を始めた。
校長先生がラフな格好でやってきて、「おはようございます」と声をかけてくれた。
リュックを背負っていたので、たぶん遠足かな?と思った。
森野にお住まいのご主人が通り、「この上は風があって寒いだろう!?」と声をかけてくれた。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんが挨拶をしてくれた。
大阪市長選、大阪府知事選のこと、TPP問題、労働者派遣法規制緩和の民・自・公の三党合意の問題、原発埋蔵金のことなど、沢山の話題で話をした。
もちろん、女子バレーW杯のことも・・・
半蔵門勤務のお嬢さんも元気そうにやってきた。
そして、W大学のMちゃんも。
今にも雨が降りそうな空だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-18 09:28