<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧   

何とその中に、去年、町田から沖縄に引っ越したSさんが映っているではないか。   

昨日、市役所は仕事納めだったので、私もお世話になった職員の方々に挨拶をしてまわった。
市役所は終わったけれど、私たち市議会議員の仕事はまだ続く。
今朝もまた、町田駅に向かった。
雲一つなく、すっきりと晴れ渡った空。
今日からお休みの人も出てきたのか、外を歩く人の数が俄然減ってきた感じがした。
駅に着くと、タクシーが並んでいたので、後尾に付けて順番を待ち、M銀行前で宣伝をした。
見知らぬ年配のご主人が丁寧に挨拶をしてくれた。
相模原に住む小柄な奥さんが白い毛糸の帽子をかぶってやってきた。
「寒いのによくがんばるよな!」「はい・・・」「貧乏人は風邪も引いてられないよ」「そうですよね。お仕事はいつまでですか?」「明日までだけど、また、2日から仕事だよ。稼がないと生活大変だからね」「そうですね。政治を変えて、暮らしをよくしていきましょうね」。
「いっしょにがんばりましょうね」と見送った。
沖縄では、防衛省が、「環境影響評価書」の段ボールを昨日の未明に県庁の守衛室に運び込み、立ち去ったという。
何と姑息なやり方だろう。
沖縄県民無視の強行に強い怒りがわいてきた。
今朝のしんぶん赤旗に、昨夕、沖縄県庁で行われた抗議集会の様子が載っていたが、何とその中に、去年、町田から沖縄に引っ越したSさんが映っているではないか。
この年末まで、米軍普天間基地の辺野古への移設反対でがんばっている姿を見て、よし、私も、もう一踏ん張りしなければ!と思った。
野田政権は、2015年までに消費税を10%にする考えだ。
民主党は、財界、米国を後ろ盾にして、自民、公明を味方に付けて、国民を敵に回して悪政を進めている。
この悪政に真正面から立ち向かうことができるのは、日本共産党と国民のみなさんだけである。
昨日は、森野のKさんに日本共産党に入っていただいた。
力を付けて、来年の新たなたたかいに向かっていきたいと思う。
今日あたりから、ボストンバッグをひっさげて駅に向かう人たちの姿が見えてきた。
「みなさん、気をつけてお出かけ下さい」。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-29 09:07

「NIIGATA」とイニシャルが入ったお揃いのジャージを着た女子バスケの選手のみなさんが・・・   

最近は目覚ましなしでも“体内時計”で起きることができるようになってきた。
今朝も朝風呂を浴びて、外に出た。
昨日に比べて少し寒さが緩んだ感じがした。
駅に着き、さっそく掃除をしていたら、「ご苦労さま」と声をかけてくれたご主人がいた。
少しして、本町田のMさんがやってきた。
「風通しが良いところだから寒いよね。またがんばって!」「ありがとうございます」と。
バイオリニストのご主人は、相変わらず、最後まで奥さんに手を振っていた。
「今年一年、みなさんには本当にお世話になりました。また来年も元気に駅頭宣伝とごあいさつを続けていきたいと思います」と、駅に入っていくみなさんにごあいさつをした。
「NIIGATA」とイニシャルが入ったお揃いのジャージを着た女子バスケの選手のみなさんが町田のホテルに泊まっていたらしく、駅に入っていった。
後でトーナメント表を見たら、2回戦で敗れていたが、冬休みに入ったので少し残って観戦していったのだろうか?と思った。
キックボードのおじさんが、駅にスポーツ新聞を買いに来ていた。
ふと気がつくと、カラスが人間が食べ残したご馳走をくわえてほおばっていた。
後半になったら、今朝も寒くなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-28 13:33

素晴らしい“歌手”のみなさんの堂々とした歌い振りには感服させられた。   

超寒かった。
外に出ると、半端じゃないなと思ったが、意外にも車のフロントガラスは凍っていなかった。
駅に着き、スタンバイをした。
赤いメガネのおばさんが、「寒いね」と言いながら、手袋を履いた手で私の手をぎゅっと握りしめてくれた。
さすがに手袋の方は暖かかった。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんがやってきた。「今年はお世話になりました。来年もまたよろしくお願いします」と早口で伝えると、「よろしくお願いします」と応えてくれた。
サッカーコーチのMさんにも挨拶をした。
ハンドマイクで話し始めたら、元自民党の衆院議員のI氏の声が聞こえた。
後で見たら、小田急の駅の構内に入って挨拶をしていた。
吉田副議長がやってきて、出入り口付近に立って挨拶をしていた。
どうやら今日は、Mデパート前では、民主党のK衆院議員が、北口では、自民党の新人O氏が立っていたようで、町田駅に集結したことになる。
半蔵門勤務のお嬢さんにも挨拶をした。
わが家の隣のHくんがやってきた。
「今日は仕事?」「はいそうです」
社会人になって1年目。毎日が長時間労働と見えて、少し細くなった感じがする。大丈夫かな?と思った。
手がビリビリにしびれてきた。
「みなさんも、お身体には気をつけて、残りのお仕事がんばってください」と訴えた。
それにしても、昨日、市民フォーラムで行われた町田市老人クラブ連合会主催の「第1回カラオケ大会」の終盤に会場に入り、高齢者の方々の美声を聞かせていただいたが、なかなかどうして素晴らしい“歌手”のみなさんの堂々とした歌い振りには感服させられた。
みなさん、本当に楽しそうで、元気だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-27 13:25

「新潟に行ってくる!」   

クリスマスの夜、全日本フィギア女子大会で、浅田真央選手が優勝した。
亡くなられたお母さんへの思いをこめて思う存分滑りきった満足感が私たちにも伝わってきて、感動的なスケートだった。
一夜明け、今朝はまた格段と寒かった。
朝風呂にサッと入り、外に出た。
枝垂れ柳は、大部葉を落とし、空きすきの状態になり、冷たいすきま風が通り抜けて行くのが分かるほどである。
薄明るい空を見上げたが、月はどこかに消えていて見えなかった。
車のフロントガラスに氷の結晶ができていた。
寒いはずである。
ラジオのアナウンサーが、この間病院に入院して休んでいた話をしていた。
心臓の冠動脈を広げる手術をしたのだそうだが、昨日、Oさんと一緒に訪ねたEさんも、健康診断で癌が見つかったために、年明け手術をするとのことだった。
みなさんも健康には十分気をつけていただきたいと思う。
そんなことを考えているうちに駅に着いた。
忘れ物をしたらしい女性が家族が届けてくれるのを待っていた。
掃除をして挨拶を始めた。
12月26日(月)の朝である。
この1週間で今年一年が終わる。
それにしても今朝の駅頭は寒いなと思った。
赤いジャンバーのご主人がやってきた。
「寒いですね・・・」と、年配のご婦人が声をかけてくれた。
「ドタン!」と何かが倒れる大きな音がした。
見ると、若者が酔って捕まったポールが倒れたためだった。
若者は、千鳥足で駅の階段を下りていき、「気持ち悪い!」とまた立ち止まっていた。
こんな光景を最近は見なくなったが、「気をつけて!」と声をかけた。
白髪のご主人が奥さんの車から降りるなり、私に向かって、「新潟に行ってくる!」と話した。
「寒いですね、向こうは。気をつけて行ってきてください」と声をかけた。
新潟はかなり雪が積もっているのではないだろうか。
バイオリニストのご主人は、車から降りても、何度も何度も奥さんに手を振っていた。
本当に仲が良いご夫婦を沢山見かける。
今年一年の駅頭での出会いに感謝し、また来年もよろしくお願いしますと話した。
東京の最低気温が2度。横浜は1度だ、と。
手がビリビリにしびれていた。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-26 09:11

22日の市議会本会議で「消費税率引き上げに反対する意見書」が多数で可決   

昨日は、午後から少年野球連盟の忘年会に参加した。
監督をされている方の話を聞いたが、最近は、子どもの数が少なくなってきたため、同じ小学校の中で別のチームが子どもの争奪戦になってしまい、大変だと話していた。
また、12月議会に請願が出ているが、継続審査となっている市立公園条例改正によって市立公園の駐車場有料化はしないでほしい。そのためにがんばってほしいとお願いされた。
日本共産党市議団としても、引きつづき、有料化を許さないために頑張っていきたいと思う。
今朝は、遅めに起きて、駅に向かった。
Mデパート前に行き、マイ宣伝カーから訴えた。
中町にお住まいの赤旗読者の方が手を振ってくれた。
22日の本会議に、日本共産党市議団は「消費税率引き上げに反対する意見書」を提出したが、賛成多数で可決された。
全国商工会連合会や日本商工会議所など、国内の代表的な業者団体が、こぞって反対若しくは懸念を表していることを紹介したが、自民党や公明党の議員からも賛成者が出た結果である。
消費税増税をストップさせるために頑張りたいと思う。
今日はこれから「消費税をなくす会」の駅頭宣伝が行われる。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-24 13:57

「見ていただき、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします」   

昨日はデッキの上で宣伝をして、半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんなどにお会いした。
そして今日は、意外と早く目が覚めたので、早目に家を出た。
今日は雨の予報だったが、なくなったようだ。
寒気漂う外に出てまず空を見上げた。
昨日は、有田焼の杯のような薄い三日月だったが、今朝は、雲に隠れていて、月は見つからなかった。
たばこの吸い殻が大部散らばっていたので、すぐに掃除をした。
そこへ、途中会ったばかりの本町田のMさんがやってきた。
「もう何日もないね」「そうですね。仕事はいつまでですか?」「29日まで・・・」「そうですか。がんばってください」
「じゃぁ・・・」と言いながら階段を下りていった。
トコトコちゃん姉妹はもしかして今日は来ないかな?と思った。
ところがギリギリの時間になって2人を乗せたクリーム色の車が止まるのが見えた。
お揃いの襟巻きを巻いたトコトコちゃん姉妹がやってきた。
「おはよう」「おはようございます」「いつまで、学校?」「今日までです」「そう。気をつけて行ってらっしゃい!」と、今年最後の声をかけた。
サッカーチームのファンクラブの女性に挨拶をした。
長身のイギリス人Kさんが猫背気味にやってきた。日本の冬は超寒いのだろう。
挨拶をして、「仕事はいつまでですか?」と聞いてみた。
「27ニチマデデス」「正月はどこかへ行かれるのですか?」「チバノホウヘイキマス」と。
彼とは今年は楽しく会話をさせていただいた。
・・・と、私の方を見ながら歩いてきた女性がいた。
近づくなり、「おはようございます。ブログ、見させていただきました」と。
「あっ、はい・・・」
とっさのごあいさつに、どうもしまりのない返事をしてしまった。
この場を借りて、「見ていただき、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします」とお礼を言いたいと思う。
一昨日、日本共産党国会議員団が、政府に、大震災の被災者が安心して年を越せるように、緊急の支援を行ってほしいという申し入れをした。歳末の見舞金や暖房用品の支給、雇用対策などである。
先日のテレビで、仮設住宅で4人で生活をしている被災者に対して、毛布1枚の支給というニュースを見て、わが家の長男が「これは酷いよ!」と怒っていたようだ。
私は、その話を紹介して、「せめて、一人に1枚の布団や毛布の支給があるべきではないでしょうか」と訴えた。
今日は、市議会最終日の本会議が行われる。
最後まで、市民の暮らしを守る立場に立って望みたいと思う。
そんなわけで、今朝は、30分早めに駅頭宣伝を終了したが、駅前は、グ~ンと冷え込んでいた。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-22 08:38

「寒いから、飲んで!」   

どうしたわけだか昨夜はグッスリと寝てしまい、予定の起床時間をオーバーしてしまった。
慌ててもしょうがないので、ゆっくりと支度を済ませ外に出た。
しだれ柳はいつも通りである。まわりの土手には霜が降りていた。
気持ちよく晴れた空を見上げると、真っ白い三日月が昨日よりはさらに高い場所に見えた。
静かな朝である。
今朝の新聞一般紙は紙面のかなりを割いて、また、ラジオから流れるニュースの中心が、北朝鮮の金正日総書記の死去の話題である。日本のマスコミが過剰な反応を示し、ニュースを連打する状況に異様さを感じた。
昨日、わが党の志位委員長は、一国の首脳の死去にたいし、哀悼の意を表しながら、北朝鮮の後継する新指導部が、日朝平壌宣言と6ヶ国協議に基づいた諸課題の解決にあたることを望むと談話を述べた。今朝のしんぶん赤旗の記事を読みながら、冷静な発言だなと感じた。
駅に着き、M銀行前で宣伝を始めた。
とにかく、昨日に続いて今日も寒い。
話す声がよく通る。
自転車整理のおじさんに「おはようございます」と真っ先に挨拶をした。
山崎団地のAさんが「寒いのにがんばるな!」と激励してくれた。
志位委員長の談話を紹介しながら、今朝のしんぶん赤旗一面トップ記事、元沖縄県知事、元副知事、医師会や弁護士会会長など、沖縄を代表する方々が提出した「辺野古移転反対、評価書断念せよ オール沖縄アピール」の意見書が、沖縄県議会で全会一致で可決された。
「辺野古への移設反対」という沖縄県民の総意が改めて示された。
「党派の垣根を越えて、普天間基地無条件撤去へ向けて応援していきます」と訴えた。
22日、最終日の市議会本会議が行われるが、市民の立場に立ってしっかりとのぞみたいと話した。
日大三高の女生徒が振り向きながら挨拶をしてくれた。「あっ、おはよう!」と返事をした。
「寒いから、飲んで!」と言いながら、Aさんが、喫茶店からの帰り、ホットコーヒーを差し入れてくれた。
「ありがとございます」
マイクを通して、Aさんにお礼をした。
雲一つない澄み切った空。
キリリと冷えた朝の町田駅頭だった。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-20 09:31

10分も話していると、マイクを持つ手がしびれてきた。   

昨日は、地域の後援会の集まりがあり、みなさんと楽しく過ごすことができた。
夜は、またもやメッシ選手の美技を見て感動した。
今日も寒い朝だった。
空には三日月が綺麗に輝いていた。
駅に向かう途中、3人兄弟の下の2人が歩いていたが、追い向いた。
私が駅に着き、掃除をしていたら2人がやってきた。「行ってらっしゃ~い!」と見送った。
トコトコちゃん姉妹を乗せたクリーム色の車が止まった。
お姉ちゃん、トコトコちゃんの順番で歩いてきた。
真っ先にお姉ちゃんの方から「おはようございます」と声がかかり、続いて、トコトコちゃんだった。階段を下りながら、「行ってきます」とトコトコちゃんが応えてくれた。
クリクリちゃんも、コクンと頭を下げて挨拶をしてくれた。
今朝は、先週にも増して一段と寒かった。
10分も話していると、マイクを持つ手がしびれてきた。
来日中の韓国の李明博大統領が、野田首相との会談の中で、「慰安婦」問題の解決とそのための協議を求めたが、野田首相は、「決着済み」だと答えたそうだ。
何ということだろうか?
先日、89年ぶりに朝鮮王朝儀軌が日本から韓国に返還されたばかりだが、日本による朝鮮半島植民地支配時代の歴史問題を両国がしっかりと話し合いによって解決することが求められている。
「慰安婦」問題については、韓国政府の要求に応えて、話し合いをすすめるべきだと思う、と訴えた。
また、22日の市議会本会議(最終日の表決)に望む決意を話した。
今年もあと10日に迫った。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-19 16:12

「すごいなぁ!」とうなりっぱなしだった。   

朝、長女の昼食に焼きうどんを作ってあげた。“一味”には、富士宮焼きそばなどの隠し味になっている“削り粉”を使っているのだが、海草や小魚の出汁がよくきいて美味しい。
枝垂れ柳は本当に趣が出てきた。
今日もまた、青い空の高いところに月が輝いていた。
見上げていると、4羽のカラスが「カァカァカァ・・・」と鳴きながら月の方向に飛んでいった。
澄んだ空気を思いっきり吸い込んで車に乗った。
駅に着くと、だれかが立っているのが見えた。
忠生のOさんだった。
今日は一緒に宣伝することをすっかり忘れていた。
ハンドマイクを車から降ろし、ノボリの準備をし始めた頃、Iさんがやってきた。
3人で準備をして、私はマイクで話し、2人はビラをまいた。
「今年1年をふり返って、最も印象に残った出来事は何だったでしょうか?大方のみなさんが3月11日の大震災だと思います」と話し始め、被災地支援と復興財源のこと、社会保障削減と消費税増税、原発問題、TPP、普天間基地などなどと重大な問題に国民のみなさんと共に立ち向かい、その解決のためにがんばっていきたいと訴えた。
M先生がマスクをしてやってきた。風邪を引いたかなと思った。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんが、多勢の人たちの隙間から顔を覗かせて挨拶をしてくれた。
すぐあとに、背が高いサッカーコーチのMさんも声をかけてくれた。
いつもだと私一人での駅頭宣伝だが、今日は2人の助っ人がいたため、ビラは結構受けとってくれて大助かりだった。
サッカーといえば、昨夜、横浜の競技場で行われたクラブW杯サッカーバルセロナ(スペイン)×アルサド(カタール)戦で、バルサの選手が正確なパスを中心とした華麗なプレイを見せてくれて、いっしょに見ていた長男も私も「すごいなぁ!」とうなりっぱなしだった。
とくに、メッシ選手の技とあのオーバーヘッドシュートには感動した。
それだけに今朝は爽やかな気持ちで宣伝をすることができた。
半蔵門勤務のお嬢さんが黄色い紙袋を持って笑顔で通っていった。
あっ、お母さんの笑顔に似ているなと思った。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-16 09:10

冬の太陽の柔らかい暖かさが漂ってきた。   

昨日の市議会・健康福祉常任委員会で審査された「第5期介護保険料設定に関する請願」「介護保険制度第1号被保険者(65歳以上)の保険料の大幅値上げ中止を求める請願」が、いずれも採択された。
現在の基準額3950円が5000円を超える大幅な介護保険料の値上げになる可能性がある中、市民から、値上げの抑制を求める請願が出されいた。最終日の本会議で表決が行われるが、採択され、値上げが最大限抑えられるよう引きつづきがんばりたい。
今日もまた気持ちよく晴れた空になった。
枝垂れ柳は、葉が場所によって紅葉?しているせいか、緑と黄色の色とりどりの姿になってきた。
空を見上げると、昨夜からの月がまだ煌煌と光を放っている。
駅に向かい、Mデパート前にマイ宣伝カーを付け、マイクを取った。
空気が乾燥しているせいか、声がス~っと伸びていく感じがして、話していてとても気持ちが良い。
南地域方面からのバスがつぎつぎと到着する。
その中から知っている人が降りてきた。
森野団地に住むAさんである。Aさんは、ご主人が寝たきりの状態で介護保険も使いながらご自身でも在宅介護をされている。本当に頭が下がる思いだ。
会釈をされたAさんに、「おはようございます。気をつけて・・・」と伝えた。
朝の通勤や配送の車が目の前をビュンビュン通っていく。
中には、私が好きな大型バイクも通る。通勤で使っている人が結構いることに驚く。
そして、フィットしたサイクリングウエアに身を包んだサラリーマンらしき人が颯爽とペダルを漕ぐ姿も結構見かけた。
今朝のしんぶん赤旗の記事を紹介した。
「非正規社員」の割合が34%を超えたこと。
韓国のソウルで、昨日、日本の植民地時代の「慰安婦」の人たちが謝罪と賠償を求めて行ってきたデモが、1000回になったという話題などである。「過去の悪しき問題はしっかりと謝罪し、清算する必要があります」と訴えた。
信号で止まったトラックの運転手さんが少し窓を開けて耳を傾けてくれた。
宣伝を終えた頃、ようやく東の空に昇った太陽の陽が路面を照らし始めた。
冬の太陽の柔らかい暖かさが漂ってきた。
[PR]

by ken-tono | 2011-12-15 09:35