<   2013年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

2か月分の年金がそっくり雪かき代に消えてなくなってしまう。   

朝テレビをつけたらちょうど天気予報が流れていた。
現在の東京地方の気温がすでに14度、と。
一瞬、えっ?と思ったが、間違いない。
薄手の背広を着て外に出た。
昨日、妻が買ってきてくれた尾崎豊のCDを聴きながら駅に走った。
『I LOVE YOU』
ご本人の歌を聴きながら、先日のAくんの歌を思い出した。
あっという間に駅に着いた。
旗をセットし、あいさつを始めた。
松村りょうすけさん、Iさんなどと一緒に宣伝した。
私が新聞に目をやっていると、「おはようございます」と目の前に半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんの姿があった。
突然の出現にびっくりして、「あっ、おはようようございます」とあいさつ。
数歩進んで振り返ってにこっとしてくれた2人に、私も笑顔で見送った。
宣伝も終わるころにはだいぶ暖かくなってきた。
秋田の母に電話をかけた。
長かった冬が終わったのはよかったのだが、その間、雪かき代に要した費用が20万円を超えることが分かった。
高齢者世帯にとっては、2か月分の年金がそっくり雪かき代に消えてなくなってしまう。
市からの補助はわずか4万円だそうだ。
私も母を支援しなければならない。
全国の中でも高齢者人口が高い秋田県。
除雪の費用を国や県がもっと出すべきだと思う。
アベノミクスによる大型公共事業への財政投入という無駄遣いはやめて、除雪にお金を回してほしいと思った。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-29 09:51

「今日、よろしくお願いします」   

昨日ほどではなかったが、今日も寒い感じがした。
桜がかなり散り始めていた。
朝の新鮮な空気が、肺の隅々に流れ込むのを感じながら、春の花々に目をやった。
鈴木雅之さんのソールな歌の世界に入っている間に駅に着いた。
M銀行前はタクシーが並んでいた。
後につけて順番を待ち、宣伝カーのマイクから訴えた。
あと4日で4月に暦がかわる、今日は3月28日。
そう、昨日で、長かった3月議会が終わった。
市民の暮らしを守るために、一般会計予算や保育料値上げの「条例」などに反対し、市民のみなさんから寄せられている要求実現に奮闘したことをまず伝えた。
そして、国政問題では、「一票の格差」是正を求める裁判についても訴えた。
元高校教師という方が、今朝も通った。
昨日、「相談にのってほしい」と頼まれたので、今日の午後にお会いすることにした。
「今日、よろしくお願いします」と。
春休みになったせいか、中学や高校のスポーツ部の子どもたちが、ジャージに大きなカバンを持って出かける姿が多くなってきた。
時間とともにやや冷え込んできた。
「花冷え」というが、開花が早かった分だけ「早冷え」である。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-28 10:20

「がんばってね。共産党が大きくならないとね!」   

昨夜が寒かったので今朝もと思ったら、やはりそうだった。
ジャンバーも背広も冬用に替えた。
鈴木雅之さんのCDを聴きながら駅に向かった。
風が強かった。
掃除をしてもまたすぐに埃がたまった。
雨が降りそうだったので、傘を用意したが、心配するほどではなく、ポツリポツリと落ちた程度だった。
広島高裁岡山支部で、またもや「1票の格差」を断罪する判決が下された。
暮の総選挙は、「即刻無効」である。
小選挙区制度ゆえに生み出される「虚構の多数」。
「民意を平等に反映させることができるように、小選挙区制を廃止し、比例代表制を中心とした選挙制度への改革が必要です」と訴えた。
「がんばってね。共産党が大きくならないとね!」と、2人の男性が、ポスターを指して激励してくれた。
ツートンカラーのカーデガンのおじさんが声をかけてくれた。
風が強くなってきた。
今日は最終日の本会議が行われる。
がんばりたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-27 08:43

「松村りょうすけさん、いるんですか?」   

「風が冷たいよ」
妻が言った通りだった。
真冬と同じ厚手のジャンバーを着て出た。
今朝も緑の暖簾が朝日に心地よく照らされていた。
寒の戻りのせいか、まだ桜のほうは大丈夫そうだ。
EXILEのATHUSHIが歌う槇原敬之さんの『遠く遠く』のカバーを聞きながら走った。
駅に到着し、すんなりと止めることができた。
強い風が吹いていて冷たい。
準備をしていると、「おはようございます!」と元気な声が聞こえてきた。
振り向くと、初めてお会いする方だった。
「松村りょうすけさん、いるんですか?」と。
「今日は私一人で、松村さんは、ほかの駅に行っています」と返事をした。
「がんばって下さい。応援しますよ!」と激励していただいた。
これから小学生のお子さんと、父のお見舞いで福岡の実家に行きます、と。
相変わらず風が冷たかった。
今朝のしんぶん赤旗一面トップ記事は、大阪市の橋下市長による市職員に対する「思想調査」は違法であるとして、大阪府労働委員会が不当労働行為と認定したことを伝えている。
私は、「憲法が保障する思想・信条、良心の自由を侵害する橋下市長の行為を断罪した重要な判断です」と、橋下氏は命令に従って、謝罪し、控訴すべきでないと訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんが一緒にやってきた。
Tくんのお父さんは、こんなに寒いのにスーツだけだった。
藤沢勤務のお嬢さん、今日も携帯片手に駅に向かっていった。
あと数日で4月。
それにしては寒い朝の駅頭だった。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-26 09:19

『I LOVE YOU』   

昨日は、桜が満開だった。
もう花びらがチラホラ散り始めている。
風そよぐしだれ柳の緑とソメイヨシノの淡いピンクが春のハーモニーを奏でているようだ。
昨夜は、帰宅が遅かったので、スロースタートになった。
駅に着いた。
月曜日の朝は何か独特の雰囲気がある。
町田市の桜まつりが、一部を除いて中止になったことを伝えた。
イベントはできなくなったが、早目の桜を満喫しましょうと話した。
TPPのことでも訴えた。
北海道など地域経済に重大な影響を及ぼす試算も示された。
日本の農林水産業を守ることは日本国民の命を守ることにつながる問題である。
若い女の子たちが走ってきた。
「ふ~っ・・・」
「運動しちゃったね!」「キャッ、キャッ、キャッ」
朝から楽しそうだった。
かと思うと、突然、「ふざけんな、この野郎!」という怒鳴り声が聞こえてきた。
若い男性と中年の女性が何やらもめている様子。
しばらく緊張状態が続いたが、何事もなく若い男性は遠ざかって行った。
駅前の一瞬、さまざまなドラマが展開される。
今日も朝から生活相談や議会や党の仕事がびっしり。
元気を出してこの週もがんばりましょう!と呼びかけた。

さて、昨夜のライブコンサート。
0さん夫妻など6人で参加した。
Aくんは、尾崎豊の『I LOVE YOU』を歌った。
会場が静まり返った。
風がぴたりと止まり、湖の水面がガラスのように光った感じがした。
4月までもう少し。
新たなステップに期待したい。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-25 09:53

「お父さん、お母さん、ここまで育ててくれてありがとう」   

「今日も寒いよ」
外に出ると、やはり寒かった。
緑の数珠玉のれんが朝の冷たい風に揺れ、朝陽を反射させていた。
桜は勢いよく咲いている。
このままいったらいつ満開になるのだろう?と思った。
駅に着くと、タクシーが大渋滞だった。
今日はいったいなぜだろうと思うほどの長蛇だった。
ややして、松村りょうすけさんがやってきたので、一緒に宣伝をした。
今日は小学校の卒業式だったので、朝から先生方もそれらしい洋装でやってきた。
半蔵門勤務のお嬢さんがお母さんと一緒にやってきた。
Tくんのお父さんもやってきた。
福島第一原発の停電事故について、いかにずさんな対応だったか、終息宣言なんてとんでもない、原発をなくし、自然エネルギーに転換してこそ、新の安全を実現できると訴えた。

午前中、地域の小学校の卒業式に参加した。
小学校6年生の声は、ボーイソプラノで張りがあって、よく響いた。
一生懸命歌う姿に涙があふれてきた。
子どもたちの一言欄を見ると、将来の夢として、サッカー選手になりたいとか、歌手になりたいとかと書いていたお子さんもいたが、「お父さん、お母さん、ここまで育ててくれてありがとう」と書いていたお子さんが何人かいた。
朝の寒さはとうになくなり、いつになく、暖かい卒業式だった。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-22 17:37

「昨日は、上野公園に花見客が繰り出して、すごかったようだな」   

桜の開花が去年と比べて2週間早いそうだ。
と思いきや、今朝は一転して寒い。
朝外に出た妻が教えてくれた。
やはり寒かった。
冬用のジャンバーを着て出て正解だった。
おまけに風があったため、駅でのグッズのセッティングには注意を払った。
自転車整理のおじさんがやってきた。
「寒いなぁ!」「そうですね、急に」「昨日は、上野公園に花見客が繰り出して、すごかったようだな」「そうだったみたいですね」
今朝のしんぶん赤旗を広げながら、一面記事を紹介した。
マツダの派遣切りにあった労働者が正規化を認められた山口地裁の判決後、会社側の控訴はやめよという宣伝で引き続き戦っている様子を伝えた。
「みなさんの中にも、同じような問題があるかもしれませんね」と、連帯を訴えた。
クリクリちゃんの弟君が今日は一人でやってきた。
朝は寒かったが、昼はまたあたたかくなりそうである。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-21 08:58

ん?最低気温が14度?   

昨日の嵐で私の傘が1本オシャカになってしまった。
なのに、新芽を開かせた桜の枝は大丈夫だった。
すっかり暖かくなった。
駅に向かった。
すんなり車を止めて、寒くないので準備もスムースになってきた。
先日校長先生になったばかりの先生がやってきた。
サッカーコーチのMさん、いつもコートなしだが、今日は暑いぐらいかもしれない。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
黒とクリーム色のツートンカラーのシンプルな洋装。
「行ってらっしゃい」と見送った。
Tくんのお父さんもやってきた。
ん?最低気温が14度?
急に暖かくなると、あまり時間が気にならなくなってきた。
今日はこの後、中学の卒業式があるので、出席しようと思っている。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-19 09:00

トコトコちゃん姉妹やクリクリちゃん姉弟と会わなくなった。   

シャワーを浴び、弁当を作り、外に出た。
ふと上を見上げると、桜のつぼみが開き、花が咲き始めていた。
例年より早いと思った。
郷里の秋田ではこの冬あんなに雪が降っていたのに、もう・・、と。
風があるせいか、駅前は埃で汚れていた。
自転車整理のおじさんとあいさつ。
おじさんは、煙草の吸殻を拾い、私は、その他の埃を掃除した。
Iさんと、やや後になって、松村りょうすけ都議予定候補がやってきた。
TPPの話、オスプレイの話、賃上げの話をした。
トコトコちゃん姉妹やクリクリちゃん姉弟と会わなくなった。
ということは、もう春休みなのかもしれない。
どうりで最近、女子大生の卒業式ルックを見るようになってきた。
私も松村さんも今日はコートやジャンバーなし。
春だなって感じの暖かい朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-18 09:04

「すいませんけど、原発ゼロの運動されているんですか?」   

昨日、相模原市内のスーパーに立ちよたら、駐車場を出たところで、「すいませんけど、原発ゼロの運動されているんですか?」と声がかかった。
私がとめた場所の隣に止まっていた車から出てきた30~40代の男性で、私は初めて会う人だった。
「実は、東日本大震災で被災して、家族を亡くして、私だけが生き残ったのですけど、向こうにはとてもいられなくなり、知人のつてで仙台から相模原に引っ越しました」と。
この方、ご自身も被災者なのに、何かしなければと、福島の放射能の被害者に対して支援を続けているらしいということが分かった。
福島の子どもたちを相模原に呼んで少しでも楽しんでもらいたいと、活動をしている。
私も同様な活動にかかわったことがあったので、たちまち話が弾んだ。
「深夜、仕事から帰ってきて、妻や子供たちがいないことに気が付くと、なんでこんなにまでして働かなくてはならないのだろうか?」と自問自答することもある、と。
私は、日本共産党の町田市の市議会議員をしていることを伝え、これからも何か役に立つことがあればと名刺を渡した。
私の宣伝カーのポスターが、被災者の方との接点を作ってくれた。
Oさん、いつでもまた連絡してください。

さて、今日は、早朝から少年野球連盟主催の春季野球大会の開会式だった。
私は、会場はてっきり市民球場だと思い、行ったが、人っ子一人いない。
もう一度案内状を見ると、野津田公園内の野球場だったのだ。
遅かった。
今回はあきらめて、「がんばってください!」と、心の中で子どもたちにエールを送った。
[PR]

by ken-tono | 2013-03-17 11:41