<   2013年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

「天気がいいね!」   

蒸し暑くなってきた。
駐車場を出て、左に曲がったところにバス停がある。10分も前なのに、数名のお客さんが並んで談笑していた。
朝のラジオは、健康をテーマとした番組が多いがなぜだろうか?
そういう私も聞いていてなるほどと思うことが多くなってきた。
駅に着き、スタンバイした。
山岳写真倶楽部のおじいさんがやってきた。
F団地の奥さんは、「天気がいいね!」と一言。
そして今日もトコトコちゃんが一人でやってきた。
「お姉さん、まだ帰ってこないの?」「まだです」と。
ミニーちゃんは、今日も、ぱっちりした目で興味津々の様子で私を見て行った。
橋下大阪市長の問責決議案が、昨日の市議会で否決になったそうだが、当の橋下市長、暴言の撤回謝罪もなく、まるで“一件落着”のようだ。
ますます公人としての資格が問われる。
アベノミクスの円安で燃料が高騰し、電力会社が7月から料金を値上げをするというが、とんでもない。
明日から6月、「都議選で共産党の議席を伸ばしてください!」と訴えた。
明日、明後日、また被災地支援に行ってくる。
来週、現地の様子をお伝えしたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-31 14:26

だいぶ気になってきたようだ。   

やはり、昨日から関東地方も梅雨入りしていた。
今朝は早速、雨だった。
さらに強い横風が吹いて、駅ではのぼりを立てるのに大変だった。
「おはようございます!」と、元気な声を出しながら、渋谷勤務のお兄さんがやってきた。
小雨が相変わらず強く振っていた。
そういえば、と、昨夕、鎌倉街道を車で走っていたら、ランニング中の男性が私のほうを見てニコリとした。
ん・・・?
見覚えのある方だと思ったら、市役所の警備のお兄さんだった。
あの時も小雨が降っていた。
ミニーちゃんとお母さんがやってきた。
足が長く目がぱっちりとしたミニーちゃんが私の目をじーっと見つめていた。
だいぶ気になってきたようだ。
間近に迫った都議選で、松村りょうすけさんをぜひとも都議会へ!と政策を訴えた。
K都議の陣営も来ていたが、Iさん、Oさんの応援も得て、元気いっぱい宣伝をした。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-30 09:14

白と青の縞模様のTシャツがやけに目立った。   

昨夜、妻が、知人のMさんから、畑で採れた大根とサニーレタスに、手作りの牛筋の煮込みをいただいたので、夕飯のおかずにしたが、とても美味しかった。

蒸し暑くて、朝起きたら汗をかいていた。
さっそくシャワーを浴びて、駅に向かった。
梅雨前線は東海地方まで来ている様子だ。
そのせいか、今朝もどんよりとした雲が浮かんでいて、ときおりポツリポツリと雨が落ちてきた。
結局、雨は大丈夫だった。
冷たいお茶を買おうと自動販売機の前にいたら、駅前のマンションからご主人が出てきて、「あっ、おはよう!がんばってね!!」と、さっそく声をかけてくれた。
駅に着いた。
みなさんが次々とやってきた。
T大学生くんの上のお兄さんがやってきた。
珍しいく、元柔道部員のお兄さんがやってきた。
白と青の縞模様のTシャツがやけに目立った。
「ウッス!」と一言。
3人兄弟とは時間差で全員と会うことができた。
まずは、一番下の中学生くん。続いて、この春から大学生になった真ん中のお兄ちゃん。最後は、社会人の上のお兄ちゃんである。
3人とも気持ちのいい挨拶をしてくれて、うれしい。
今年から、高校生の中に双子の兄弟がいることに気が付いた。
男の子同士、女の子同士と、もちろん違う家族だと思うが、それぞれ2人はそっくりである。
いつか私のあいさつにこたえてくれるといいのだが。
都議選、参院選が間近!と日本共産党の松村りょうすけ都議予定候補の人柄と政策を紹介した。
忘れたころに、雲の隙間から、雨がポロリとこぼれてきた。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-29 09:55

「えっ?修学旅行です」   

早く目が覚めた。
どんよりとした空に、湿った空気。
沖縄地方は梅雨に入ったそうだが、気配を感じる。
駅に着き、まだ閑散とした場所にのぼりを立て始めた。
トコトコちゃんが一人でやってきた。
「あれっ、お姉さんは?」「えっ?修学旅行です」
「京都かな?」「長崎に行きました」と。
いってらっしゃい!と見送った。
自民党のY都議が途中からやってきた。
わが党の松村りょうすけ都議予定候補と元気に訴えた。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-28 09:56

「ガンバッテクダサイ」。   

町田市の名産品であるD屋さんのハム・ソーセージを久しぶりに食べた。
お世話になった知人に送った際、わが家の分を少し買ってきた。
なんというのか、肉そのものが持つ美味しさをうまく引き出している感じがした。
町田市町内会自治会連合会の総会と懇親会に出席した。
新しい町内会が加盟した一方、会員は減り続けていて、加入率は平均で50数%ということだった。
有効な打開策は見つからないようだが、いずれにしても、入りたくなるような温かい集まりが必要かなと思った。

朝から汗ばむ感じがした。
駅について、掃除をすると、さらに汗が出てきた。
上着を脱いで宣伝をした。
シルバーグレイのご主人がオシャレをしてやってきた。
「おはよう」と。
T大学生君のお兄さんも元気だった。
都議選参院選の政策を訴えた。
コイケのおじさんが、「共産党、がんばって!」と、立ち止まって声をかけてくれた。

そういえば、昨日、街頭演説をしていたら、時々駅で会うガーナ人の男性に会った。
なんと、私と同じ団地に住んでいて、びっくりした。
「ガンバッテクダサイ」。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-27 09:17

「寒くなくて、暑くなくて、今ちょうどいいよな。がんばってな!」   

朝の駅頭。
爽やかな風が吹いて、ちょうどいい気温である。
M銀行前で、気持ちよく宣伝ができた。
「お~っ、がんばってるな!」と、中町に住んでいるご主人が声をかけてくれた。
「寒くなくて、暑くなくて、今ちょうどいいよな。がんばってな!」と。
もう少ししたら、お名前は忘れたが、お会いしたことのあるご主人がやってきた。
「がんばってください」
握手をして、お礼を述べた。
今日は、都議予定候補・松村りょうすけさんの事務所開きである。
いよいよ勝利に向けてダッシュ!の時である。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-25 12:58

「楽しみ!」   

二度寝をしてしまい、少し出遅れてしまった。
あわてて支度をして、外に出た。
車のラジオをつけると、メタボ対策が話題になっていた。
コメンテーターのお医者さんは、トマトの寒天がいいと勧めていた。
アナウンサーは、「若い時は腹筋が6つに割れていたんだけどなぁ・・」と嘆き、「寒天トマト」を試してみるか!と。

他人ごとではない。

駅に着いた。
青山学院大陸上部の箱根駅伝の選手が練習を終え、宿舎に向けて戻っていくところだった。
被災地出身の選手だったと思う。
スリムだけれど、真っ黒に日に焼けていて強靭な体にはびっくり。
そういえば、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが、昨日、80歳にしてエベレスト登頂に成功したというニュースを見たが、スゴイ!
三浦さん曰く、「いくつになっても、人間大事なのは、やる気、勇気、あきらめないこと」だと。

学ばなければ。

トコトコちゃん姉妹がやってきた。
衣替えの制服の上に、お姉ちゃんは白のカーデガン、トコトコちゃんは紺のカーデガンを着ていた。
「行ってきま~す!」
心地よい朝の空気のの中で、トコトコちゃんの声がやさしく響いた。
「アベノミクスは危険です」と、安倍政権自らが「投機とバブル」を煽り立てる経済政策の転換を訴えた日本共産党の志位委員長。
「大企業の内部留保金の一部で、賃上げと安定雇用の拡大を!」と訴えた。

友人のIさんがやってきた。
ギターケースを抱えている。
「どこへ?」「戸隠。Iさんの民宿へ」
そうか、今夜は、旧友と一杯やりながら弾き語りかな?と思った。
「楽しんできてね」「うん」

若いお母さんと、5~6歳ぐらいの女の子がリュックを担いでやってきた。
手をつないでいた少女が顔を見上げてお母さんに言った。
「楽しみ!」
少女のスキップの音が聞こえるようだった。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-24 09:27

「今度はがんばらないとね!」   

有明コロシアムで行われた昨夜の演説会に地域の後援会のみなさんと一緒にバスで参加した。
「自共対決」が、都議選、参院選の対決点。
志位委員長や各候補者の演説を聞き、もっともっとがんばらないと!という気持ちになった。
ところが、演説会が終了し、駐車場のバスに戻ろうと思ったら、一同が迷子状態になり、しばし立往生。
東名入口のバイパス工事による渋滞も重なって、帰宅したのは11時pmだった。

というわけで、今朝は起きるのがしんどかったが、いつもよりも遅めに家を出た。
朝から暖かい。
車に乗り込み、福山雅治さんの“名曲”を聴きながら駅に向かった。
Mデパート前に着いた。
搬入用のトラックが縦列状態だったので、後尾につけて宣伝を開始した。
自転車整理のおじさんがやってきた。
「今度はがんばらないとね!」
まるで、昨日の演説会を聞いたかのようだった。
今度の2つの選挙が、政策的にも自共対決であることを具体的に訴えた。
ドライバーの窓が何回か開いた。
通行人の奥さんが信号で立ち止まり、あいさつをしてくれた。
上着を脱いで話したが、とても気持ちがよかった。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-23 08:57

なにか、自身の体験を綴ったのでは?   

赤いバラ、白いダリアが階段前の花壇を彩っている。
その隣では、黄色の小バラがそろそろ終わりをつげ、それに代わってアジサイがブロッコリーのようなつぼみを膨らませてきた。
季節の変わり目のリレーに楽しむ毎日である。
福山雅治さんの新曲『誕生日には真白な百合を』を何度も聞いた。
テレビドラマ「とんび」の主題曲である。
「あなたがくれたこの名前は いくつの願い込められているの♪♪・・・」
なにか、自身の体験を綴ったのでは?と思わせるような名曲だと思う。

駅に着いた。

さっそく一羽のカラスが近くの屋根に止まって鳴きはじめた。
こんな時は決まって昨夜からのおう吐物が残っているのだが・・・
クリクリちゃん姉弟がやってきて、元気にあいさつをしてくれた。
3人兄弟の社会人のお兄ちゃんと、その下の高校生のお兄ちゃんがやってきた。
もう朝から暑くなってきたので、上着を脱いだ。
「アベノミクスはもうほころびが見えてきました。円安・株高で、大企業、大資産家は左うちわ。庶民は、物価が上がって火の車です。国民の所得向上、内需拡大に経済政策のかじを切り替えさせましょう!」と訴えた。
いつの間にかカラスはいなくなっていた。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-22 08:43

イエロー、ひときわ映える色である。   

一転して暖かい朝になった。
道路もすっかり乾いている。
駅に着いた。
まだそんなに人が通っていない。
スタンバイをし終えたころ、自民党Y都議の宣伝カーがやってきた。
「おはようございます!」
元気のいい声は、渋谷勤務のお兄さんだった。
F団地の奥さんがやってきた。
レモンイエローの洋装が目立った。
「がんばってますね!」と激励してくれた。
カナダ人のC夫妻もやってきた。
トコトコちゃん姉妹だ。
2人ともニコニコ顔でほっとするひと時である。
半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんがやってきた。
そういえば先日の前進座公演、会場は半蔵門の国立劇場だった。
お嬢さんも今日はイエロー系の洋装だった。
ひときわ映える色である。
安倍首相とマスコミ幹部との密着ぶりが異常な状況だと、しんぶん赤旗と対比をして話した。
デッキのエレベーターの手前で、長身の外国人が私のほうを見ていた。
イギリス人のKさんだと分かり、手を振った。
彼もニコリとして、手を振ってくれた。
[PR]

by ken-tono | 2013-05-21 09:07