<   2013年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

その中に宮城県古川市の私立高校のバスがあった。   

気が付けば9月も今日で終わりである。
ついこの間、お盆の墓参りに帰ったばかりなのに。
昨日、鶴川のあるお寺でIさんのお別れの会が行われた。
大学で同級生だった彼女がこんなに早く亡くなるとは思いもよらなかった。
やさしい笑顔の遺影を見ながら、安らかにお眠りおくださいと念じた。
夜帰宅すると、秋田の母からあきたこまちの新米が送られてきた。
そして、Nおばさんからは、郷里のお菓子が前後して届いた。
2人に電話をかけた。
元気だった。
秋田は、東京よりも2足も3足も早く冬がやってくる。

月曜日の朝。
今朝もまた寝坊気味だった。
急いで支度をして駅に向かった。
さっそくマイクで訴えた。
以前、小学校に入ったばかりの娘さんを毎朝見送りに来ていたお母さんが、今朝は、中学生ぐらいに成長した娘さんを車に乗せてやってきた。
大部大きくなっていた。
運転席ののお母さんとあいさつを交わした。
くじら山を守る会に入っている住民の方がやってきた。
「先日、副市長が住民との話し合いに来たようですよ。いい方向に向かうように、引き続き署名を集めて頑張ります」と話していた。
市民の世論と運動の力で、町田市がくじら山の緑地を確保することができるように、私もがんばっていきたいと思う。
さて、昨日行われた大阪・堺市長選で、「維新の会による堺市乗っ取りを許すな」と、党派を超えた一点共同でたたかった現職の竹山修身氏が当選した。
日本共産党も自主投票で、大いに応援して得た勝利である。
地方自治の灯を消してはならないという、とても重要な市長選だったのではないだろうか。
昨日の国体は残念ながら観戦できなかった。
バレーボールの試合に参加した地方の選手を乗せた大型バスが次々と駅前を通って、郷里に帰って行った。
その中に宮城県古川市の私立高校のバスがあった。
2年半前の震災の時、おそらく中学3年生で高校受験の時だったのではないだろうか?と思った。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-30 09:49

これからも東北のみなさんに元気を与えて続けてほしいと思う。   

やはり、決算委員会の疲れが出たのか、昨夜はぐっすりと寝入ってしまった。
起きたら、朝宣に行くにはかなりヤバイ時間だった。
急いで支度をしてダッシュ!
だいぶ遅くなってしまったが、M銀行前で宣伝を始めた。
「おはようございます」
後ろを振り向くと、わが党の佐藤市議のご主人だった。
「行ってらっしゃい」と見送った。
市の職員も早い人はもう出勤で通る人が出始めていた。
年配の奥さんが立ち止った。
「がんばってください」と。
小渕にお住まいの方で、町田市の公共事業にもかかわったことがあったと話していた。
小山田桜台のIさんのご主人が通った。
「がんばってください」と。
昨日は、東北楽天イーグルスが、パリーグを制した。
東日本大震災の東北の被災者を励ましながら初めての優勝を成し遂げた。
これからも東北のみなさんに元気を与えて続けてほしいと思う。
東北人の一人として。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-27 10:52

そんなわけで、昨日は11PMごろの夕飯となった。   

市議会の決算特別委員会は、昨日で4常任委員会にまたがる審査が終わった。
昨夜は、10時ごろ、私が、下水道事業会計の補助金の内容で質問をした。
後日、もう1日委員会が開かれ、意見集約と採決をして、10月8日の最終日の本会議にかけられる運びである。
そんなわけで、昨日は11PMごろの夕飯となった。
ゆっくり目に家を出た。
しだれ柳が風に揺れていた。
駅に行く途中、市民ランナーが走っていた。
Mデパート前で宣伝をした。
横断歩道を渡ってくる人が、時折会釈をしてくれる人がいた。
志位委員長を団長とするベトナム、インドネシア訪問の様子を伝えた。
昨日までの決算特別委員会の議論の内容も訴えた。
消費税増税中止を、国会開催をと訴えた。
昨日に比べて暖かい朝だった。
どんよりとした雲が幾重にも重なっていた。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-26 09:50

やさしい歌声が心を和ませてくれた。   

幸いにも朝になったら雨が上がっていた。
夜半、私にしては珍しく雨の音で目が覚めた。
しばらく寝つけず、1時間ほど寝てまた起きたらもう出かける時間になっていた。
駅に着いた。
雨で入り口付近はすっかりきれいになっていた。
シルバーグレイのご主人が私に気が付かずに階段を下りて行った。
クリクリちゃん姉弟、3人兄弟のお兄ちゃん2人がやってきた。
みんなと笑顔であいさつを交わした。
リスちゃんも、ぺこっと頭を下げて行った。
朝の駅頭では初めて水色の「くじら山のぼり」を立てた。
北風に変わると旗の文字がちゃんと見えた。
じ~っと見つめていく人がいた。
議会の準備があるので宣伝を早めに切り上げた。
帰りの車の中で、EXILE ATSUSHIのCDアルバム、『道しるべ』を聞いた。
「君が歩く道を 未来が歩く 僕が歩む道は 小さな道標・・・♪」
やさしい歌声が心を和ませてくれた。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-24 08:13

ほとけどじょうや狸も応援してくれていると思う。   

昨日の決算特別委員会は9pmに終了だった。
それよりもなによりも、散髪に行く時間が取れずに、やっと今朝行くことができた。
んか月ぶりのカット。
A理容店に行くと、ご主人が、玄関の植木の掃除をしていた。
「今日はお願いします!」「どうぞ」と、チェアに腰掛けると、どっと安堵感があふれてきた。
ご主人といろんな話をしてるうち奥さんが上から降りてきて、「あらっ」とまた話に花が咲いているうちに、私の頭はすっきり爽やかになった。

そして、外は暑くて、空は真っ青に晴れ上がっている。
今日は、町田天満宮の秋祭りである。
原町田の各町内会の詰所にはお神輿が出され、準備が整っていた。
今日、明日、神輿担ぎの威勢のいい掛け声が秋の空に響くと思う。

そんな今日、これから、「くじら山の緑を守ろう!」というオリジナルのぼりを作って駅頭宣伝を行う。
日本共産党が、住民のみなさんと連帯して市街地の緑地を保全するための運動に取り組んでいる。
ほとけどじょうや狸も応援してくれていると思う。
というわけで、私の今日の駅頭宣伝はこれからだ。
レッツ ゴー!
[PR]

by ken-tono | 2013-09-21 13:14

ソールミュージックのステップを踏んでいるように・・・   

昨日が中秋の名月だったことをすっかり忘れていた。
決算委員会が終わって8時ころ帰路に着いたが、夜空を見上げないでしまった。
さすがに昨日は、一昨日よりも早く終わったものの、疲れがしっかりと蓄積されていて、帰宅したらド~ンと出てしまった。
そんなわけで今朝はやや遅めに起きてゆっくりと家を出た。
朝陽に照らされたしだれ柳が生き生きとして見えた。
駅に着き、タクシーが動くのをしばらく待った。
缶コーヒーを飲み、新聞に目を通しているうちに前方が空いた。
トコトコちゃんたちとはすれ違いだった。
訴えていると半蔵門勤務のお嬢さんが白っぽい洋装でやってきた。
ミニーちゃんもお母さんとやってきた。
すらりと伸びた足。
なにか、ソールミュージックのステップを踏んでいるように、楽しそうに駅に向かっていった。
駅前のスーパーが、「5%OFF」のノボリを立てているのが見えた。
ん~ん、消費税増税前にお客さんを獲得しようという狙いかなと思った。
商品「5%OFF」は結構だが、消費税「5%UP」は断固NO!である。
「おはようございます!」と元気な女性の声が聞こえた。
藤沢勤務のお嬢さんだった。
秋のちょうどいい気候である。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-20 08:40

「昨日はお疲れ様でした」と声をかけた。   

昨日の市議会決算特別委員会は夜の12時1分前に終了。
12時半ごろ帰宅してご飯を軽く食べてすぐに床に就いた。
気が付くともう朝。
いつもより遅めに家を出て駅に向かった。
鎌倉街道を軽快に走る女性ランナーを左に見ながら、町高通りに左折し、くじら山のわきを通ってあっという間に駅に着いた。
もう通勤通学者の数が増えていた。
ご存じない方があいさつをしてくれる。
ふと上に目をやると、ビルの合間からすっきりとした青空が見えた。
気持ちのいい朝だということに気付いた瞬間である。
リスちゃんが大きな目をぱちくりさせながらやってきて、「おはようございます」と。
くじら山を守る会のご主人もやってきた。
「会社の回答ひどいいですよね」と、またよろしくお願いしますといいながら笑顔で駅に入って行った。
クリクリちゃん姉弟も元気そうな表情でお母さんの車から降りた。
決算委員会のこと、福島第一原発のこと、そして、日本共産党が来年1月に第26回党大会を開くことなどを話した。
昨夜遅くまで決算審査に出ていた市役所の職員の方々も出勤してきた。
「昨日はお疲れ様でした」と声をかけた。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-19 09:03

お姉ちゃんは白でトコトコちゃんは紺。   

半そででは寒いと思い、長そでで出た。
朝は正解だった。
駅に行ってみると、上着を着始めている人が目立ち、半そでの人はほとんど見かけなくなった。
やや冷たい風が吹いていた。
市の施設で清掃の仕事をしている奥さんが話しかけてきた。
自分が勤務している施設の改修工事がある期間、仕事がなくなってしまうのではないか?という心配だった。
まずは、その施設で今年度工事が行われるかどうか確かめてみることにした。
先日相談に乗ったOさんがやってきて、「がんばってください!」と声をかけてくれた。
トコトコちゃん姉妹がやってきた。
2人ともカーデガンを着てきた。
お姉ちゃんは白でトコトコちゃんは紺。
「寒くなったね?」「はい」
今日も元気に出かけて行った。
半蔵門勤務Kのお嬢さんは大きな紙袋を持ってやってきた。すぐ後、お母さんも来た。
福島第一原発の放射能汚染水問題の危機打開提言をわが党の志位委員長が昨日発表した。
皆さんに提言の内容を話した。
頷いてくれる方がいた。
真っ青な空。
今日から決算特別委員会が始まる。
がんばらなきゃ!
[PR]

by ken-tono | 2013-09-18 08:43

「先日は妹のことでありがとうございました」   

それにしてもすごい台風だった。
保津川下りで有名な嵐山の渡月橋が川に飲み込まれている様を見て、一瞬息が止まった。
桂川も鴨川も穏やかな川なのにと思った。
秋田の高校を卒業して初めて違う場所で生活をしたのが京都だったので心配だった。
全国の被害を受けた皆さんにはお見舞い申し上げます。

台風一過の青空がまぶしいほどに広がっている。
家の前の道路には折れた枝葉が散らばっていた。
いまだにかれずに咲いているヒマワリの黄色が実に濃厚に見えた。
駅に着くと、煙草の吸殻が散乱していた。
すぐに掃除をした。
挨拶をしていると、見知らぬ方が「おはようございます」と声をかけてくれる。
シルバーグレイのご主人が、車から降りてあいさつをしてくれた。
実にオシャレなスーツの着こなしである。
コイケのおじさんが立ち止った。
「お汚水、あれ、ダメだよね!大丈夫だなんて言ったって、大丈夫じゃないよ」
「本当にそうですよね。ちゃんと解決させないといけませんね」と。
小柄な奥さんが立ち止って話しかけてきた。
「先日は妹のことでありがとうございました」と。
いつもお会いしている方だったので、最初はえっ!?と思ったのだが、名前を伺ってあっ、この間の方だと分かった。
DV問題は深刻である。
今日は、ブラック企業問題で日本共産党が政府をも動かす奮闘をしていることについて紹介し、訴えた。
晴れた空がますます青々と澄み切ってきた。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-17 09:42

今日も大好きな大型バイクで駅まで来たのだ、と。   

珍しく、朝ご飯を食べ、あまちゃんを見てから外に出た。
「君と僕の想いを刻み込んだ あの鍵は投げ捨てて そう それでなければ ヘアのドアを開く日を待ってしまう・・・♪」
CHEMISTRYの『合鍵』。
かつて、オーデションで、あのEXILEのATSUSHIを抜いてデビューした二人。
さすがに、はもる錆の部分は何度聞いてもしびれる。
あっという間に、駅前通りが見えてきた。
M銀行前に着き、急いでスタンバイして、マイクで訴えた。
今日もまた志位さんのポスターにジィ~っと見入るおばあさんがいた。
そっと微笑むと、「がんばってくださいね」と返事が返ってきた。
ほっとした。
消費税増税中止を!賃金引き上げで暮らし子経済も向上させましょう!くじら山を守るためにがんばります!とみなさんに訴えた。
階段の上から山崎団地のSさんが降りてきた。
先日、「くじら山ビラ」の印刷ではお世話になったので、お礼を言った。
と、そこへ久しぶりの人が現れたのだ。
髭のお兄さんだった。
「元気でしたか?」「はい・・・」
確かこの前に会ったのは、参院選の時だった。
今日も大好きな大型バイクで駅まで来たのだ、と。
宣伝を終えようかと思ていたころ、またまた年配のご婦人がやってきて、「がんばってくださいね」と声をかけていただいた。
わが共産党への期待はまだ続いている感じがする。
宣伝を終え、午前中の会議を終えて、原町田の商店街に行った。
「フェスタまちだ」というお祭りの真っ最中で、ぽっぽ町田という施設がリニューアルオープンしたので、たくさんの人が集まっていた。
陸前高田市に商店街の皆さんと支援に行ったときお世話になったMさんもお店にいて頑張っていた。
私は、山形の厚揚げに納豆、フランクフルトソーセージ、そして、石巻市のさんまの缶詰を購入。
「ありがとう」と、Mさん、とてもうれしかったようだ。
実行委員の方とお会いした。
「ちょっと、お祭りが多すぎるかな?」と。
景気が良くならない中で、商店街にたくさん足を運んでほしいと話していた。
明日は台風が上陸する予報だから、「どこかで続行か中止かの決断があるとおもうけど」と。
エイサーの太鼓の音が心地よく響いていた。
[PR]

by ken-tono | 2013-09-14 17:11