<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

今年一年、本当にありがとうございました。   

今年最後の朝の駅頭宣伝を終えた。
大晦日らしく、風もなく穏やかで静かな空間に、私の声が染み渡る実感。
安倍自公政権に立ち向かい、都議選、参院選で大いに奮闘し、躍進に貢献することができた。
来年の都知事選、そして、わが市長市議選でさらに飛躍し、勝利することができるようにがんばりたいと、訴えた。
そして、そして、なによりも、この駅頭での毎朝の宣伝で、多くの市民のみなさんとあいさつを交わし、日本共産党の政策や私の市議会報告を聞いていただいたことに感謝したい。
みなさんも、健康でよい年を迎えることができよう願っています。
今年一年、本当にありがとうございました。
2014年もよろしくお願いします。

2013年12月31日

殿村 健一
[PR]

by ken-tono | 2013-12-31 09:53

「がんばるね。毎日やってるの!?」   

昨日は日曜日だったが、9時ごろから駅に立ち、ハンドマイクで訴えた。
先日蕎麦屋でお会いしたSさんが、「がんばるね。毎日やってるの!?」と握手をしてくれた。
郷里や旅行に向かう人たちががぜん増えてきた。
秋田の母に電話をした。
お世話になっているNおばさんやYおじさん、いとこのTくんにも電話をかけ、感謝した。
今年は選挙があるので帰省できないが、来年それが終わったらゆっくり帰ろうと思っている。

今朝はもう少し早く駅にたった。
M銀行前、マイ宣伝カーから訴えた。
「おはようございます」と、同じ団地に住んでいる奥さんが声をかけてくれた。
今年もあと2日。
町田駅でいろんな方々とお会いでき、あいさつを交わすことができた。
道行くみなさんにお礼を述べた。
グ~ンと静かになった駅前。
冷たい空気と朝の柔らかい日差しの中で、またがんばっていこう!と思った。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-30 09:03

「友達で生活が厳しい人がいるから、お米を持って行ってあげるの」   

昨日は市役所が仕事納めだった。
そういう私たち市議会議員に「仕事納め」はないかもしれない。
何年前だったか、年末、瀕死の状態にあったホームレスのおじいさんを救出するため、市役所に手続きを取り、救急車を呼んで市民病院まで同行し、なんとか助けることができたことを思い出した。
そんな今日も、朝、Mデパート前で宣伝をした。
いつもとは違って、9時過ぎから10時過ぎまでだったので、仕事ではなく、様々な用事で出かける人たちだったと思う。
この1年を振り返って、安倍自公政権の暴走ぶりと日本共産党の奮闘について話した。
また、日本共産党の市議会議員として、どんな活動をしたのか訴えた。
とくに、昨日は、沖縄県の仲井真県知事が、辺野古埋め立てを許可する発言をしたが、安倍政権の圧力に屈した沖縄県民の相違に反した言動である。
多くの沖縄県民のみなさんと心を共有しながら、怒りの訴えをした。
どれもこれも戦いはこれからである。
「おはよううございます」
んん?
毛糸の帽子をかぶってくる長身のお兄さんだった。
「あれっ、お仕事ですか?」「いや、買い物です」「また、よろしくお願いします」と。
「おはようございます」
んん?
高ヶ坂のKさんだった。
事務所開きにもきてていただいた方である。
年配のご婦人が、「がんばってくださいね」と。
そして、信号機の向こうでこちらを見ていたご婦人が青に変わり近づいてきた。
高ヶ坂のSさんだった。
手押し車を引っ張ってきていた。
「お買い物ですか?」「友達で生活が厳しい人がいるから、お米を持って行ってあげるの」「えらいですね」と。
年配の男性が私の方を見て「がんばってください」と。
「ありがとうございます」「森野だよね?」と、どうやら私を知っている方だった。
駅前のビルの谷間にまだ太陽の光が届いていなく、冷たい風は吹いていた。
手がかじかんできたが、今年1年のお礼を述べて、訴えを閉めた。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-28 11:21

私を育ててくれた駅頭に感謝しながら訴えた。   

妻が買ってきてくれた目覚ましのおかげで、今朝は余裕を持って起きることができた。
雨・・・。
久方ぶりのお湿りで今のところ風邪にならずに済みそうである。
もちろん月も星も見えない。
駅に着いた。
今日が仕事納めという職場が多いと思う。
多くのサラリーマンの皆さんには今年最後のご挨拶のつもりで駅に立った。
オレンジのウインドブレーカーを着た女子高生の大集団がやってきた。
止まっていたホテルから出てきて朝ご飯前の散歩という感じで、バスセンターに降りてまたUターン。
「おはようございます!!」と元気がいい。
「バレー部?」「いえ、バスケ部です」「そう」
「どこから来たの?」「札幌です」
「うわっ、寒そう!」とつい口から出てしまったが、私も東北出身なのにと思った。
佐々木議員、渡場さとしさん、そして私の3人で宣伝をした。
安倍首相が昨日、靖国参拝をした。
侵略戦争を肯定、美化する神社を参拝することは、過去の戦争に対する反省がないだけでなく、これから「戦争する国造り」を進めていこうという意思表示になり、極めて危険である。
憲法と平和を守るためにがんばりますと訴えた。
私を育ててくれた駅頭に感謝しながら。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-27 16:05

「がんばっているね。寒いのにね」   

昨日と同じ時間に自動的に目が覚めた。
ということは、やや寝坊気味に。
あわてずに、しかしスピーディに準備をして家を出た。
おぼろ星?におぼろ月。
夜明け前だが、雲がかかっているのが分かった。
その分暖かかったのかもしれない。
駅に着きスタンバイ。
・・・と、目の前を両国勤務のお嬢さんが小走りで駅に向かっていった。
仕事納めまで指折り数えるときになってきた。
なんとなく急いで職場に向かう感じがするのも気のせいだろうか。
近所のご主人が、「風邪ひかないでね」と声をかけてくれた。
「がんばっているね。寒いのにね」と年配のご婦人が励ましてくれた。
青シャツのご主人がやってきた。
「がんばってね!」
今日はこれだけだったが、んん、と。
昨日境川団地のNさんと知人のところをあいさつに回った。
寒かった。
この一年間の政治を振り返ると、特徴的な言葉は、安倍自公政権の「暴走」である。
「暴走」の裏には、「国民不在」が見えてくると話した。
また、徳洲会マネー疑惑で辞任した猪瀬前知事と政治資金パーティ事件で罰金刑が下った石阪市長は、真実を語らず闇に隠すという点で、政治家としてのモラルにかけることでは、共通していると訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
きっと明日までだと思う。
そして、お母さんもやってきた。
看護婦さんだからまだまだ仕事があるのではないかと思った。
終盤になるにつれてだんだん冷え込んできた。
今朝町田の駅頭は、共産党の私と自民の3人の市議、予定候補だった。
「自共対決」だった。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-26 09:59

「しっかり掃除してください」「・・・はい」   

金星がかなり西の空に落ち始めていた。
左舷の半月は頂上に到達していた。
遅くなってしまった。
寒さのせいだろうか。
駅に着き、掃除をして、来る皆さんを待った。
いつも厳しい指摘をされるご主人がやってきた。
「しっかり掃除してください」「・・・はい」
おそらくこの方が言わんとしたことは、ごみの掃除ではなく、悪政の掃除だったのでは、と思った。
Tちゃんの奥さんがやってきた。
ポニーテールのご主人は、相変わらずポーカーフェイス。
そして、赤いジャンバーのご主人もやってjきた。
もう学生さんたちの姿が見えなくなってきた。
それでも3人兄弟の真ん中の大学生君が部活なのだろうかやってきた。
この冬一番寒い朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-25 08:44

・・・と、新聞に一瞬没頭してしまった。   

先週の土曜日、境川団地、本町田で宣伝をした。
演説をしていると、長身で短いひげを生やしたご主人が犬の散歩で現れた。
見たことがある人だった。
「あっ、久しぶりです」
駅でよくお会いしていた人だった。
「今年仕事を辞めて、家にいるんですよ」
どうりで駅では見かけないと思っていた。
「がんばってください!」「ありがとうございます」
思いがけない人との出会いがその後の奮起につながった。

ちょっと寝坊してしまった。
妻に起こされ、急いで身支度をし、駅に向かった。
吐く息が白い。
マイ宣伝カーのフロントガラスは、シャーベット状に薄っすらと凍っていた。
取り替えたばかりのワイパーが威力を発揮し、しばらくはまわしながら走った。
スタンバイを終え、あいさつを始めた。
赤旗新聞のスポーツ欄を見ていた。
昨夜の全日本スケート大会で、鈴木明子選手が素晴らしい滑りを見せて優勝した。
真央ちゃんは、残念ながら3位で、実に悔しそうだった。
高橋大輔選手が5輪の代表選手に選ばれ、うれし涙。
一流アスリートの戦いとはいえ、人間味あふれる情景に見とれた試合だった。
・・・と、新聞に一瞬没頭してしまった。
そこへ、「おはようございます」と。
青シャツのご主人だった。
もちろん今日はコメントなしだった。
半蔵門勤務のお嬢さんもやってきた。
他の予定候補もたくさん集まってきた。
激戦である。
それにしても、寒い朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-24 09:37

バス停で知り合いに会い、バスから降りた人の中に知り合いがいて、バスに乗ったらまた知り合いにあった。   

昨夜の寒さは半端じゃないと思った。
幸いにもスタッドレスタイヤを交換できたので、用意万端である。
「朝、外に出たら真っ白でびっくりした!」と妻が外の様子を教えてくれた。
雪ではなく寒くて路面が凍結したのだった。
M銀行前で宣伝した。
年配の男性が掃除をしていたので、声をかけた。
聞くと、森の団地に住んでいて、Nさんという。
よくよく確認してみたら、私が以前お会いしたことのある方だった。
「共産党はぶれないからエライね」と。
そして、いつも駅で頑張っているねと激励された。
昨日の市議会の様子、とくに、くじら山の請願の話をした。
宣伝を終え、事務所によると、Sさんが来ていた。
すぐにスズキのデーラーに行き、定期点検を依頼し、帰りはバス停に立ち寄った。
すると、バス停で知り合いに会い、バスから降りた人の中に知り合いがいて、そのバスに乗ったらまた知り合いにあった。
今日は日中は暖かそう。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-21 11:53

「まだまだ終わりじゃないですよね」「これからですよ。がんばりましょう!」とお互いに励ましあった。   

「チャンスだよ、チャンス!」
シンプルかつ的確な言葉でいつも励ましてくれる青シャツのご主人。
バスセンター前で私が立っているのを確認すると、会うまでの1~2分、一言で伝える内容を考えてくる素晴らしい能力の持ち主であると、感心している。
「学校、明日からお休み?」「はい!」
トコトコちゃん姉妹が笑顔で応えてくれた。
カナダ人のC夫妻も大幅なステップで駅に向かっていった。
昨夜から雨または雪になるのではないかとの予報だったが、超冷たい雨になった。
「雪にならなくてよかったですね」とマイクで話した。
猪瀬都知事が昨日、辞任を表明した。
だれもが当然でしょ!と思うほどの態度。
引き続き100条委員会開催で真相究明を!と訴えた。
佐々木智子市議、渡場さとしさんとの3人で訴えた。
そういえば、のぼりの準備をしていたら、久々に、両国勤務のお嬢さんに会った。
相変わらず早い出勤である。

今日は、第4回定例市議会の最終日だった。
くじら山の緑と湧水を守ってほしいという請願3本が表決され、結果は、14:16の賛成少数で不採択になった。うち2件の請願について賛成は、共産党、民主社民ネット、自民2人、諸派1人で、反対は自民8人、公明、諸派2人だった。建設常任委員会では多数で採択され、住民運動と議会論戦で僅差まで持ち込んだことはスゴイことだと思う。
私は、「くじら山を守ることは、市内の自然環境保持にとって重要な意義があり、市民の強い要求、町田市の責務である」と賛成討論をした。
かつての町田市では、あの北部丘陵の土地を不動産業者や鉄道業者が虫食い的に買い占めて開発の機会を狙っていたが、バブル崩壊によって開発業者は土地を手放し、町田市がその多くを購入した時期があった。
くじら山の緑を考える会の方が、「60年代の開発だ」と言ったのはあたっていると思う。
請願は僅差で不採択になったが、たたかいはこれからである。
夕方、用事があって駅行ったら、Y夫妻とばったり出会った。
「まだまだ終わりじゃないですよね」「これからですよ。がんばりましょう!」とお互いに励ましあった。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-20 20:27

「百万ドルの笑顔」に癒され、よしがんばろう!と。   

天気予報では東京地方も雪ないし霙(みぞれ)になるというので、急きょ、交換が必要なスタッドレスタイヤを見に行った。
すると、店によって値段はピンキリで、なるほど、雪に乗じて稼がねばというお店側の商魂たくましさが見えた。
結果は、日本製の役半分の価格の外国製を購入することにした。
備えあれば憂いなしである。

一夜明けると、予想に反して雨だった。
何かほっとしたしたような気分と、雪国育ちの私としては初雪も見たかったよなという気分が折半だった。
しかしながら、超寒い朝となった。
駅でスタンバイを終えて、あいさつを始めた。
青シャツのご主人がやってきた。
「第二党だね、第二党!!」と叱咤激励を受けた。
「自共対決」の情勢が有権者の方々の共通認識になってきたのかなと思った。
「寒いけど頑張ってね」
こんな激励の言葉をかけてくれる方が増えてきた。
白熊のお兄さんが小走りにやってきて、「絶対、勝ってくださいよ!!」と。
そして、トコトコちゃん姉妹がおそろいのマフラーを巻いてやってきた。
「雪降ってなかった?」「大丈夫です」
2人の「百万ドルの笑顔」に癒され、よしがんばろう!と声を出した。
半蔵門勤務のお嬢さん、今日はお母さんと一緒にやってきた。
猪瀬知事の徳洲会マネー疑惑について、訴えた。
今日にも辞職か?との報道だが、日本共産党都議団が、一貫して100条委員会開催で真相究明をと要求し、追い詰めてきたが、辞めるのは当然だし、その前に真相を都民の前にすべて明らかにすべきだと思うと話した。
町田市出身の都議会議員は、自民も公明も民主も都知事選では応援、歓迎していたが、その結果が、1年ほどで知事の辞任になろうとしていることをどう認識しているのだろうか問いたい。
明日は町田市議会第4回定例会最終日である。
今期最後の本会議なのでがんばりたい。
とりあえず、雪にならなくてよかった。
[PR]

by ken-tono | 2013-12-19 10:24