<   2014年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

「助手はいないんですか?」   

昨夜は仕事の帰りが遅かったこともあり、今朝はだいぶ寝坊をしてしまった。
M銀行前に着いた。
ノボリの準備をしていたら、背中から「おはようございます」と声がかかった。
F団地の奥さんだった。
「助手はいないんですか?」「そうなんです。一人でやってます」「がんばってくださいね」と。
ん、助手?と思ったが、いつも率直なことを言ってくれるのでうれしい。
御岳山のその後の状況と火山の噴火予知と原発再稼働の危険性について訴えた。
昨日から臨時国会が始まった。
国民に目を向け願いを実現しようという内容が全く見られない安倍首相の所信表明演説。
この「亡国政治」に立ち向かってがんばっていきたいと訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
渋谷勤務の兄さん、以前同じ棟に住んでいたSさん、そして、ヘビメタルックのお姉さんが笑顔でやってきた。
町田聾学校の女の子2人は、わざわざ私の方に寄ってきてくれて、挨拶をしてくれた。
朝はずいぶん涼しくなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-30 08:53

「お互いににがんばりましょう!」   

一昨日と昨日は、町田天満宮のお祭りだった。
私は、昨日の夕方少し時間が空いたので、原町田の商店街に行ってみた。
「せいや!せいや!!」と、神輿の威勢のいい掛け声が心地よく響き渡っていた。
秋、である。
そして、昨日は、境川団地にお住いのSさんに日本共産党に入党していただいた。
昭和4年生まれのSさん、二度と戦争はごめんです、と。
いっしょに頑張っていきたいと思う。

今朝もまた秋晴れの空になった。
駅に立ち掃除をした。
・・・と、なんか駅の様子が変だと思った。
森野に住んでいる新宿勤務のおじいさんが立ち止った。
「電車の事故だって。しょうがないよ、待つしか」と。
電車の運行状況を伝える駅のアナウンスが頻繁に流れてきた。
一昨日、御岳山が爆発し、多数の被害者が出た。
みなさんの安全な下山を願うと途中までは私もマイクで話したが、今日のような緊急時にはやめることにして、「おはようございます」とあいさつをするだけにした。
電車が動き始めた。
知っている方々も苦笑いをしながらやってきた。
子どもさんを送ってきたお母さんたちは、電車が発車するまで待っていた。
中町のSさんがやってきた。
「電車遅れてますね?」「あっ、そう・・・」
知らなかったようだが、元気そうだった。
宣伝を終えて、後片付けを始めた。
隣でティッシュを配っていたスポーツクラブの青年が、「宣伝の邪魔してすいませんでした」と声をかけてくれたのである。
正直、こんな話をされたのは初めてのことである。
「いえ、大丈夫ですよ。アルバイトですか?」と話した。
「はい」「ほかに仕事は?」「けれだけです」
そういった後、彼は、「実は、アメリカでプロバスケットボールをしています」と自身のことを語り始めた。
「マイナーリーグだけれどがんばっています。戦争のない平和な世の中にしたいですね」と、スポーツを通じて平和な社会をつくることに貢献したいのだと。
来月、渡米し、バスケットを再開するそうだ。
後片付けが終わり、「がんばってきて!」と握手をした。
「お互いににがんばりましょう!」としっかりと私の手を握ってくれた。
笑顔が素敵だった。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-29 09:19

年をとるということについて深く考えさせられた。   

朝ご飯を食べ、『花子とアン』の最終回を見た。
毎回のように感動シーンがあり、欠かさず見ていただけにこれで終わりかと思うと残念である。
シャワーを浴びて駅に向かった。
午前中、用事があったので、短時間だったが駅頭に立った。
「Dコーヒーはどこですか?」と聞いてきた女性がいたので教えてあげた。
29日から始まる臨時国会で日本共産党は、安倍政権に対して国民のみなさんとともに立ち向かい、がんばると訴えた。
そのあと、Oさんたちと地域を回った。
先日、9条の会の学習会に参加していただいたNさんのお宅を訪ねた。
Nさんは、先の戦争で、北朝鮮で終戦を迎え、戦争孤児となったそうだ。
当時のことを綴った自叙伝をお借りした。
『花子』と重なり合う時代を学んでみたいと思った。
Nさん、ご主人が市内の特養ホームに入所していて、1回面会に行くのにタクシー代数千円がかかるそうだ。
昨日、市民ホールで上映された『ペコロスの母に会いに行く』のストーリーが、認知症のお母さんと息子さんの物語だったが、Nさんもこの映画を観たそうだ。
そして、ご主人も認知症ですと話していただいた。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-27 13:32

年をとるということについて深く考えさせられた。   

朝ご飯を食べ、『花子とアン』の最終回を見た。
毎回のように感動シーンがあり、欠かさず見ていただけにこれで終わりかと思うと残念である。
シャワーを浴びて駅に向かった。
午前中、用事があったので、短時間だったが駅頭に立った。
「Dコーヒーはどこですか?」と聞いてきた女性がいたので教えてあげた。
29日から始まる臨時国会で日本共産党は、安倍政権に対して国民のみなさんとともに立ち向かい、がんばると訴えた。
そのあと、Oさんたちと地域を回った。
先日、9条の会の学習会に参加していただいたNさんのお宅を訪ねた。
Nさんは、先の戦争で、北朝鮮で終戦を迎え、戦争孤児となったそうだ。
当時のことを綴った自叙伝をお借りした。
『花子』と重なり合う時代を学んでみたいと思った。
Nさん、ご主人が市内の特養ホームに入所していて、1回面会に行くのにタクシー代数千円がかかるそうだ。
昨日、市民ホールで上映された『ペコロスの母に会いに行く』のストーリーが、認知症のお母さんと息子さんの物語だったが、Nさんもこの映画を観たそうだ。
そして、ご主人も認知症ですと話していただいた。
年をとるということについて深く考えさせられた。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-27 13:32

3人のランナーが次々と・・・   

昨日の台風の影響はあまりなかったようで、今朝は秋晴れになった。
鎌倉街道に出ると、市内に向かって走る実業団ランナーと思わしき女性が軽快に走っていた。
すると反対側から女性の市民ランナーが走ってきた。
更に駅に向かうと、今度は男性の市民ランナーが走ってきた。
仁川アジア大会が開かれている関係もあってだろうか。
駅に着いた。
ごみがかなり散らばっていたのできれいにした。
3人兄弟の一番下の中学生君がやってきた。
「おはよう!」と声をかけた。
クリクリちゃん姉弟もやってきた。
お姉ちゃんはマスクをしていたので、風邪かなと思った。
南大谷のSさん、中町のSさんがやってきた。
29日から臨時国会が始まることを伝え、日本共産党は、国民のみなさんと一点共闘で連帯しながら、また、国会でも一致点があれば他党とも共に安倍政権に立ち向かいたいと訴えた。
ご遺族の遺骨を持った方々がやってきた。
納骨に向かうのだと思った。
他の家族の方もたくさん荷物を持っていたせいか、奥さんらしき方が階段の前でつまずき転んでしまった。
すぐに立ち上がったが、お骨じゃなくてよかったと思った。
携帯電話で話しながら歩いてきた若い女性に、後ろの奥さんが「これ落としましたよ」と財布らしきものを手渡した。
通話をやめてお礼をするのかと思いきや、若い女性はそのまま受け取った。
親切に手渡した奥さんはきっと嫌な思いをしたのではないかと思った。
駅では様々な人間模様がある。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-26 08:59

「風が強くって、大丈夫ですか?」   

久々に雨になった。
しかも風が強い。
ワイパーを回しながら駅に向かった。
ノボリやハンドマイクを抱えながら階段を上がっていくと、青シャツのご主人が笑顔で私を見ていた。
手を振って合図をした。
準備をしていると、トコトコちゃんのお姉ちゃんがやってきた。
「行ってらっしゃい!」と見送った。
半蔵門勤務のお嬢さんは雨に備えて長靴の着用だった。
米価暴落問題で、党国会議員団が、農林水産大臣に経済的支援を改めて要請したことを伝え、日本人の主食、美味しいお米を守るために声を上げていきましょうと訴えた。
米軍によるシリア空爆問題について、「イスラム国」による残虐な行為は絶対に認められないが、アメリカによる武力行使はテロを拡大することにつながり、賛成できないと訴えた。
F団地の奥さんが立ち止った。
「風が強くって、大丈夫ですか?」
「はい」と答えた。
ミニーちゃんのお母さんが一人でやってきた。
おそらく、ミニーちゃんが小学校に入学したからかもと思った。
強い風がやまなかったので、少し早めに終わった。
後片付けをしていると、駅前で仕事をしているご主人が話しかけてきた。
「一人で片づけやってんの?」と。
「そうです」「大変だな」と同情されたが、当の本人、内心、のんびりやっているから大丈夫ですよとつぶやいた。
結局、風はやまなかった。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-25 09:41

「涼しくなってきたね?」「はい」   

昨日午前中、旧緑が丘小学校跡地に建設する町田消防署について、街づくり条例に基づく周辺住民への説明会が行われ、私も住民の一人として参加した。
参加者は多くなかったが、心配だという意見が出された。
一つは、工事中の車両の問題で、もう一つは、消防自動車など緊急車両のの問題で、サイレンの音や交通安全についてだった。
目の前には本町田小学校があり、参加していた学校の先生からも同様の意見が出された。
私も2つの点は強く要望した。

昨日はあれだけ暑かったが、朝方は涼しい。
日中の気温をテレビで見て、半そでに?とも一瞬思ったが、やめて長そでで出た。
やや遅れた。
スタンバイの途中、トコトコちゃんのお姉ちゃんがやってきた。
「涼しくなってきたね?」「はい」
カーデガンを着ているのは、衣替えをしたからなのだろうか。
トコトコちゃんもやってきた。
何やら大きなビニールの包みを持ってきたので、「なんですか?」と聞いてみると、「文化祭の準備です」と。
行楽の秋、スポーツの秋、そして、文化の秋である。
赤旗まつりのPRをした。
戦争やめよ、原発再稼働やめよ、新基地つくるな、増税やめよ!
安倍政権オールNO!の秋にしよう、と訴えた。
お母さんと一緒にやってきた半蔵門勤務のお嬢さん、白の洋装が爽やかだった。
ヘビメタルックのお姉さん、久しぶりに会ったが、元気そうだった。
デッキの上から向こうの空を見ていると、出かけたくなってきた。
今日は午後から町田駅で消費税増税反対の宣伝が行われる。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-24 09:03

「足、大丈夫?」   

仁川アジア大会で日本人選手が奮闘、活躍している。
昨日、たまたまテレビをつけたら、柔道の試合が行われていた。
女子70キロ級決勝で、20歳の新井千鶴選手が韓国の強豪選手に挑み、残念ながら屈した。
銀メダル獲得でも悔しさを隠しきれなかった新井選手は、「決勝で勝てなかったということは、持てる力をすべて出し切れなかったということだと思う」と、課題は何かを冷静に振り替えながら、次に向けた闘志を表していた。
素晴らしい目をしていたと思う。

夜は明けていた。
急いで支度を済ませ、駅に向かった。
途中、同じ号棟に住んでいるご主人の仲間3人が朝のウオーキングから帰ってきて、話をしていた。
「おはようございます」と車の中から会釈をした。
駅に着き、掃除をしてスタンバイした。
3人兄弟の真ん中と下の2人がやってきた。
中学生君は、2週間ぐらい前、松葉づえをついて歩いているのを見かけたが、今日もやや歩きにくそうに足をひきづっていた。
「足、大丈夫?」と声をかけると、「はい」と苦笑いをしていた。
クリクリちゃん姉弟がお母さんの車から降りた。
ややして、バイオリニストのご主人が奥さんの車から降りた。
スーツケースを引きずってきた。
久しぶりの再会だった。
私がマイクで話し始めたころ、〇〇ドーナッツのバイトのお姉さんが、チラシ配りのために隣に立った。
地声が大きな方だと私も集中できないので、場所を変えていただくことがあるが、彼女の声は小さかったので一緒に並んで宣伝をした。
たぶん割引券だと思ったので、1枚もらっておけばよかったと思ったが後の祭りだった。
アジア政党国際会議での最終日の宣言の重要な内容を紹介した。
平和を目的とした「アジア共同体」構築の提唱、核兵器禁止条約締結の交渉開始の呼びかけの内容が盛り込まれた。
いずれも日本共産党の提案であり、すばらしい!
赤旗以外のマスコミは十分伝えてないと思うので、駅で私が紹介する意味は大きいと思った。
朝、寒かったので、今日から長そでシャツに換えた。
正解だった。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-22 09:20

「むなしいよ。・・・でも、がんばって!」   

昨日、夕方、マイバイクのバッテリーの交換をした。
草むらのそばということもあって、大量の藪蚊の餌食になってしまった。
午前中、南大谷のOさん宅に行ったときは、ちゃんと蚊取り線香をたいていたのに、私は横着したために顔がぼこぼこになってしまった。
気を付けないと・・・

今朝は、長女、妻の順番で外出、私は最後となった。
朝ご飯を食べて、『花子』を見て、少しのんびりしてから駅に行った。
M銀行前で宣伝を始めた。
若い女の子のにぎやかな声がする。
M銀行のブルーのハッピを着て、宝くじの宣伝だった。
テニス好きのご夫婦が、朝の練習を終えて帰ってきた。
何度かお会いしたことのあるおじいさんが立ち止った。
「今の政治家(安倍政権という意味だと思った)は何もやらないからもなしくなるよ」と。
「私、がんばりますから!」と話した。
「むなしいよ。・・・でも、がんばって!」と最後に激励をしてくれた。
M都営に住んでいるというおばあさんが立ち止った。
「がんばりますね。お休みの日にやる人、いませんよ」と。
励みになった。
60年ぶりに第五福竜丸の資料が公開された。
原爆や原発の話をした。
志位委員長が、アジア政党国際会議出席のため、スリランカのコロンボにいった話をした。
核兵器廃絶、戦争のない国づくりなど、共感できる話題はたくさんあると思った。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-20 11:40

「寒くないですか?」   

二度寝をしたら、夢を見ている間に寝坊をしてしまった。
うわっ、大変だ!とシャワーを浴び、髪を乾かし、髭をそり、レッツゴー!。
それでも途中、ブラックの缶コーヒーを飲むのを忘れず駅に到着。
スタンバイの最中にトコトコちゃんのお姉ちゃんが来るのが見えた。
と、その前に、顔見知りの男性が立ち止った。
東北訛の彼は、最近Y団地から私の住んでいる団地に引っ越したらしい。
「今どこに住んでいるの?」と聞かれた。
「ホ号棟です」というと、「近いな。ト号棟だよ」と。
トコトコちゃんのお姉ちゃんには目であいさつしただけだった。
しばらくしてトコトコちゃんがやってきた。
「まだ、半そでで頑張っているよ」と私が話すと、「寒くないですか?」と切り返された。
私は、やせ我慢するわけにもいかず、「寒いね」と答えた。
サッカーコーチのMさんが飄々とした感じで現れた。
半蔵門勤務のお嬢さんは小柄なお母さんとおしゃべりをしながらやってきた。
F団地の奥さんが今日も立ち止った。
「がんばってますね。あなたがいるとホッとします」と激励してくれた。
米価が半分に暴落し、米生産農家は崩壊の危機に瀕している。
しんぶん赤旗日刊紙が、昨日の農民連による農水省前での要求行動を報じた。
赤字分を政府が価格保証すべきである、と。
お店に行くと、美味しいお米が増えてきた。
が、お米の安定した生産が成り立ってのことである。
「私たちも、お米と農家を守るために声を上げていきましょう!」と訴えた。
韓国の仁川で今日から本格的に行われるアジアスポーツ祭典のことも話した。
アジアの国々の政治問題は難問を抱えているが、平和友好を基調とした外交の進展の懸け橋になってほしいと訴えた。
藤沢勤務のお嬢さん、今日は携帯での会話をしないでやってきた。珍しい!
涼しくなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2014-09-19 09:00