<   2014年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

雨も上がり、たたかいを直前にした静けさが漂っていた。   

昨日から町田市議会第4回定例会が始まった。
3日から9日までの5日間、一般質問が行われ、私は、一番最後の31番で、9日の6番目ということになった。
また、今回の一般質問が通算連続100回目になる。
12月2日~14日の総選挙の真っただ中で行われる議会なので、集中力を発揮していい質問だできるよう頑張りたいと思う。
今回の質問のテーマは、①市民の暮らしを守る市政にー消費税増税中止を求めて、②学校施設の漏水防止対策について問う、③旧緑が丘小学校跡地への新町田消防署建設について問う、の3つである。
昨日も午後からの本会議に出た後、総選挙の準備をしたりと大忙しである。
朝の町田駅頭宣伝だけは続けていきたいと思う。
今朝も町田駅に行った。
雨も上がり、たたかいを直前にした静けさが漂っていた。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-29 09:26

「暖かそうだね」   

11月下旬の寒い時期にしては比較的暖かい朝だった。
早目に駅に着いた。
スタンバイを終えてバスで駅にくる人たちを待った。
トントン・・・
私の肩をたたく人は?と後ろを振り向いたら、赤い眼鏡の奥さんだった。
青シャツのご主人もやってきた。
「さっぱりしたね」と、今日も頭に手をやって声をかけてくれた。
トコトコちゃんのお姉ちゃんがやってきた。
長めのマフラーをグルグルと巻いていたので、「暖かそうだね」と声をかけた。
「はい!」と。
長身の外国人、イギリス人のKさんがやってきた。
「ヒサシブリデス」と。
カナダ人のCさんも奥さんと仲良くやってきた。
ややして、トコトコちゃんがやってきた。
お姉ちゃんと同じ事を聞いた。
「暖かそうだね」「はい、行ってきます!」と。
松村りょうすけ衆院東京23区予定候補と共にマイクを握った。
F団地の奥さんが立ち止り、「いよいよ選挙ですね。体に気を付けてがんばってください」と励ましてくれた。
半蔵門勤務のお嬢さん、今日はお母さんと一緒だった。
ヘビメタルックのお姉さんにビラを渡し、松村さんと握手。
藤沢勤務のお嬢さんもビラを受け取ってくれた。
本格的な寒さはまだという感じだった。
週明けの2日、総選挙が始まる。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-28 09:02

「応援するよ」   

昨日は夜まで雨がぱらついていて寒かった。
今日はどうかなと思ったら、晴れ間がのぞいている。
車に降り注いだ雨がまだ窓ガラスについていた。
ワイパーを2~3度回しながら駅へと向かった。
駅の出入り口はまだ濡れたままだった。
新宿勤務のおじいさんがやってきた。
「応援するよ。何としても変えないとな」と。
心強い。
Tちゃんの奥さんもやってきた。
キックボードのお兄さんがってきた。
私が寒そうにしていたのを見てか、「昼は暖かくなるよ」と励ましてくれた。
「暖かくなってほしい!」と返事をした。
一昨日、秋田の母にお茶と煎餅を送ってあげたらとても喜んでいた。
そういえば、秋田はまだ雪が降っていないと言っていたことを思い出した。
昨日、わが党の志位委員長が、総選挙の政策を発表した。
5つの転換の内容を具体的に紹介しながら、「安倍自公政権の暴走政治をストップし、国民の声が生きる政治を実現するために、日本共産党にご支援をお願いしたい」と訴えた。
クリクリちゃんの弟君が一人でやってきた。
宣伝でマイクを持っていると手がしびれてきた。
いよいよ冬だよなと思った。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-27 09:13

ベテラン俳優のセリフのように思いが伝わってきた。   

今日も雨だった。
駅でノボリをセットしていると、冷たい風と雨が吹き付けてきた。
ややしてM党の運動員の方が大型宣伝カーでやってきた。
私は、いつも通りにスタンバイし、挨拶を始めた。
トコトコちゃんのお姉ちゃんが来そうな時間になっても姿が見えなかったので、「ん、この雨だからきっとお母さんの車で送ってもらったかな?」と思った。
日本山岳写真クラブのおじいさんがやってきた。
「いよいよ選挙です。よろしくお願いします」「がんばって!」と。
トコトコちゃんも来ないよなと思っていたところ、2人がダッシュして現れたのだ。
どうやらバスが渋滞で遅れたようだ。
笑顔で「行ってきます!」と。
サッカーコーチのMさんも現れた。
相変わらずジャンバーなしである。
青いジャンバーのおじさんがやって来た。
「・・がんばってな!」と一言。
ベテラン俳優のセリフのように思いが伝わってきた。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
前回、お嬢さん?奥さん?と書いたが、いまだわからないままである。
笑顔で駅に向かっていった。
「国民の怒りの運動で解散に追い込んだのだから、日本共産党の躍進で決着をつめましょう!」と訴えた。
先日、「いつもブログ見てますよ」と言ってくれたお嬢さんが今日も笑顔で通った。
M党のほかに、K党の市議、H会派のY市議も来て、町田駅は久しぶりににぎやかだった。
ギアを切り替えるときである。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-26 09:17

「志位さんが言うとおりだよ。共産党が伸びないとね」   

朝までたっぷりと寝ることができたので、気持ちよく目が覚めた。
駅に着いたとたんに雨がぱらぱらと降り始めた。
ハンドマイクに傘をさし、もう一つ傘を持っての宣伝になった。
新宿勤務のおじいさんがやってきた。
「まったくしょうがないよ。安倍首相は!」と怒り心頭。
「この間、志位委員長が新宿で演説してたの聞いたよ」
「どうでした?」
「志位さんが言うとおりだよ。共産党が伸びないとね」と。
おじいさんの言葉に励まされた。
中町のSさんがやってきた。
「選挙だね。殿村さんはいつでるの?」
「私は、市議会議員ですから」と。
「比例は共産党、選挙区は松村りょうすけでえすよ」とお願いした。
総選挙まであと6日。
がんばらないと!
[PR]

by ken-tono | 2014-11-25 16:44

「ここ一番で!」   

昨日は久しぶりの雨で空気が湿ってよかったのではないだろうか。
それにしても寒い。
今朝もそうだった。
途中、缶コーヒーを買い、一息ついてから準備を始めた。
スタンバイを終え、新聞に目を通しながらくる方々に挨拶をしていたら、青シャツのご主人がやってきた。
「がんばっているね。ここ一番で!」と、この小選挙に勝負をかけてほしいとの激励だった。
トコトコちゃんのお姉ちゃんが、今日はマスクなしでやってきた。
「風邪、もう大丈夫?」「はい!」。
元気な声だった。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
お母さんとではなく、同年代の男性と一緒に。
もしかしたら結婚されたのかな?と思った。
だとすれば、これからは“半蔵門勤務の奥さん”と呼ばなければいけないのかなと思った。
「おめでとうございます」と声をかけられるといいのだが。
トコトコちゃんがやってきた。
「寒いね?」「はい、寒いです」と。
「行ってきます」と元気に出かけて行った。
今日、国会は解散する。
「安倍自公政権に厳しい審判を下す絶好のチャンスです。日本共産党の躍進へご支援を!」と訴えた。
サッカーコーチのMさんは、こんなに寒くてもジャンバーなし。
T君のお父さんもそうだった。
F団地の奥さんがやってきた。
「体、大丈夫ですか?」「はい、ありがとうございます」。
そして、「ここは共産党誰でしたっけ?」「松村りょうすけです」「あっ、松村さんですね?」
「はい、よろしくお願いします」と応えた。
マイクを持っていた手がややしびれてきた。
それほど寒かった。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-21 09:17

「これなめてください」と、ニッキ飴を手渡してくれた。   

昨日午前、新宿駅西口で行われた志位委員長の緊急街頭演説を聞きに行った。
「日本共産党の躍進で安倍政権の暴走政治をストップし、国民の声が生きる新しい政治をつくりましょう!」と訴えた志位委員長。
参院選挙に次ぐ日本共産党の新たな躍進こそが政治を変えることができるという確信を持つことができた演説だった。
さっそく夕方、松村りょうすけ小選挙区東京23区予定候補とともに町田駅前で訴えた。
足を止めて聞いてくれる方、「がんばれ!」の声援がたくさん寄せられ、短期決戦、よしっ!がんばるぞ!!という気持ちになった。

今朝は昨日にもまして一段と寒い朝だった。
駅につき、すぐにスタンバイをした。
M団地のYさんがやってきた。
「近く、またいっしょにがんばりましょう!」と声をかけた。
トコトコちゃん姉妹は、車で送ってもらったのか、はたまた風邪でお休みなのか現れなかった。
マイクを持って話し始めたら、ソーセージを食べながら近づいてきた男性が私の宣伝を妨害してきた。
私の前に立ちはだかって意味不明な質問をくり返したり、服を引っ張ったり、食べていたものを私の顔に押し付けたりとあまりにもひどかった。
私は、男性の挑発には乗らず、宣伝を続け、30分後に立ち去った。
とにかく寒かったので、それどころではなかったのだが、宣伝を継続していくうちにいろんな方々が激励してくれた。
F団地の奥さんは、「いよいよですね。共産党のみなさん、がんばってほしいです!」と、ご自身が購読していると思われるスポーツ新聞を差し入れてくれた。
さらに、Y団地の奥さんは、「これなめてください」と、ニッキ飴を手渡してくれた。
宣伝を終え、一粒いただいた。
ひとまず今日も無事に宣伝を終えてホッとした。
国民のみなさんに希望を与える選挙にしたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-20 08:58

「たたかう イクメン(育men)34歳」。   

目が覚めたら寝過ごしていることに気が付き、急いで支度をして出かけた。
外は一段と寒かった。
清木場俊介の『careless breath』を何度も聴きながら駅へと車を走らせた。
今一番のお気に入りの曲である。
駅につき、車から外に出ると冷たい風が吹き付けた。
立ち食いそば屋のノボリはめくれ上がり倒れそうだった。
共産党のノボリはそうならないように立てた。
安倍首相が解散を表明した昨日、日本共産党は11都府県で75人の小選挙区候補を、東京では全選挙区の候補者を発表した。
「町田・多摩」の東京23区は、2年前も立候補した松村りょうすけさんである。
それ以来、彼は様々な運動に取り組んできた。
今日は、松村さんも私と一緒に駅に立ち、総選挙の争点、政策を訴えた。
「たたかう イクメン(育men)34歳」。
彼のキャッチフレーズである。
「原発再稼働やめよ」「戦争する国づくり反対」「保育所を増やして」など、子育てをしながら市民とともにたたかってきたのが松村りょうすけさんである。
「今度の総選挙、比例東京ブロックで3名の議席を、小選挙区では松村りょうすけさんを!」と訴えた。
「がんばってください!」と、何人も足を止めて激励していただいた。
安倍暴走政治を国民の世論と運動が追いつめている。
日本共産党の躍進で安倍政権に王手!をかけたい。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-19 09:18

「安倍政権はだめだよ。共産党しかないな!」   

朝、シャワーを浴びたときから、今日は寒なと思った。
薄明りの町を駅に向かった。
団地の外周道路を若い男性ランナーが駆けてきた。
菅原神社を過ぎたところで、今度は女性のランナーが気持ちよく走っている。
ランニングにはちょうどいい気温かもしれないと思った。
駅は空いていた。
寒い。
ゆっくりと準備をした。
マスクをしたご主人が、「久しぶり。がんばってよ!」と激励してくれた。
青シャツのご主人がやってきた。
床屋に行って、すっきりしたね!と、手の仕草で伝えてくれた。
トコトコちゃんのお姉ちゃんが時間になっても現れない。
後からやってきたトコトコちゃんに、「お姉さんは?」と聞いてみた。
「また風邪ひいちゃいました」と。
「お大事に」と。
「がんばってよ!」と、年配のご主人が声をかけてくれた。
いよいよ今日、安倍首相が明日解散し、総選挙を行う意向を明らかにするようだ。
日本共産党に対する期待が駅を通るみなさんの雰囲気で十分伝わってくるのだ。
「総選挙で、安倍暴走政治に厳しい審判を下し、参院選にも増してのご支援を日本共産党にお願いします」と力を込めて訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんが通った。
サッカーコーチのMさんも聴いてくれている感じだ。
企業の受付をしている奥さんも笑顔でウンウン、と。
もう一人年配のご主人が立ち止り話しかけてきた。
「安倍政権はだめだよ。共産党しかないな!」と。
この方、決して共産党が好きなのではないが、頼れるのは共産党しかないというのだ。
「総選挙、躍進できるようしっかりがんばります。応援よろしくお願いします」と話した。
今日もまた終わるまで寒かった。
今日、わが党は、東京の比例ブロック、全ての小選挙区の候補者を改めて発表する。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-18 08:52

「オナガさんが圧勝しました!」   

昨日行われた沖縄県知事選で、新基地建設反対を掲げた翁長雄志さんが現職候補に競り勝ち、初当選した。
「もう基地はいらない」という沖縄県民の世論に背き、新基地建設を強行した安倍政権と容認した仲井真知事に対する県民の厳しい審判が下された。
安倍首相は、新基地建設を断念すべきである。
引き続く総選挙で安倍政権に国民の審判を下し、日本共産党の躍進へがんばろうと思う。
また、昨日は、町田駅前で日本共産党演説会を行い、宮本とおる衆院比例東京ブロック予定候補らが訴え、立ち止まって聞き入る人たちが大勢いた。
日本共産党に対する期待の高まりを感じた。

今朝は早く目が覚めた。
外に出ると寒い。
星がはっきりと見え、下弦の三日月が天高く浮かんでいた。
いきなりSHUNの歌を聴いた。
駅に着き掃除をして、あいさつを始めた。
「カァカァ~」
夜明けが分かるのではというほどにカラスがたくさん集まってきた。
森野のTちゃんの奥さんがやってきた。
「寒いね?」「そう?あんまり寒くないよ」
えっ・・と思うほど私は寒かったのである。
「おはようございます!」と元気のいい声が聞こえた。
長身のご主人だった。
クリクリちゃん姉弟もやってきた。
お姉ちゃんはどうやら風邪らしくマスクをしていた。
「沖縄県知事選でオナガさんが圧勝しました!」というと、急に笑顔になった方が何人かいた。
私も今日の訴えには力が入った。
沖縄県民が歴史の新たなページをめくった。
今度は総選挙で、もう一つ大きくページをめくることができるよう奮闘したい。
[PR]

by ken-tono | 2014-11-17 09:11