<   2015年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

「雪が降っているのに、よくがんばるね」   

「雪だよ」。
先に起きていた妻の目覚ましの声だった。
朝ぶろに入りながら窓を開けてみたら、まだ降り始めという感じだった。
トレッキングシューズを履いて外に出た。
フロントガラスにふんわりと雪が積もっていた。
ワイパーでまだ落ちる程度だった。
駅に着いたが、朝のところはスコップは必要なかった。
雪の勢いが増してきていた。
青いジャンバーのご主人がフードをかぶりマスクをして完全防備でやってきた。
「寒いね」「寒いですね、。気を付けて・・・」というと、「ありがとう!」と返事が返ってきた。
カナダ人のCさん夫妻の雪対応の防寒具だった。
トコトコちゃん姉妹の姿がなかったので、この雪だからきっとお母さんの車で奥ってもらったのだろうと思った。
半蔵門勤務のお嬢さんは丈の長いおしゃれなゴム長をはいてやってきた。
「イスラム国」に拘束されている後藤健二さんの即時解放を願い、訴えた。
「がんばってるね」と言いながら、Mさんがってきた。
「これから北海道ですか?」「そう。がんばって!」と。
「雪が降っているのに、よくがんばるね」と、知り合いのご婦人が激励してくれた。
「ちょっと聞いていいかな?」と私より年上の男性が立ち止った。
「あなた方を支持しているわけではないが、ヘイトスピーチを規制する条例、町田市でも作ってほしいんだけど」と。
私は、「国会ではその方向だが、地方議会でも必要だと思う」と返事をした。
「よろしく。毎日頑張っているね」と。
この方と話をしていたら、隙間からトコトコちゃんがひっこりと顔を出した。
それにしても雪はどんどん降ってくる。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-30 09:39

「ハネダ、バス、ドコ?」   

家を出ると今日もまた金星が強く輝いているのが見えた。
殆ど雲のない夜明け前の空。
他の星は何一つ見えない。
まるで、紅白歌合戦の大とりで歌った松田聖子さんのように、朝の空間を独占していた。
徳永英明さんのCDを流した。
八神順子さんの『想い出のスクリーン』のカバー曲にうっとりとしながら駅に向かった。
先日のミュージックフェアという番組に、ニューヨークで仕事をしている八神さんが出演し、徳永さんと一緒にこの曲を歌った。
最高だった。
駅に着いた。
かなり寒い。
ノボリをセットしている間に手がしびれてきた。
トコトコちゃん姉妹が2人ともマスクをしてやってきた。
「がんばってください!」とお姉ちゃんを激励した。
半蔵門勤務のお嬢さんがお母さんとやってきた。
今朝は渡場さとし市議と一緒に宣伝をした。
重そうな荷物を引きずってアジア系の外国人のご婦人がやってきた。
「ハネダ、バス、ドコ?」
「あそこですよ」と教えてあげた。
「エレベーター、アル?」「はい、そこです」と。
「アリガトウ」と言って、ご婦人は空港行のバス停に降りて行った。
とにかく寒い朝だった。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-29 08:58

ボウイッシュな奥さんが、ベレー帽をかぶってやってきた。   

朝、テレビをつけたら、東京の空に雪がちらついているのが見えた。
外に出たらやはり寒かった。
車に乗り、徳永英明の「VOCALIST6」を流した。
カバー曲でまとめたこのシリーズのアルバムもこれが最後のようで、次回からはオリジナル曲に挑戦するとテレビで話していた。
歌手としての実力に驚いている。
駅に立った。
風が強く、空から雪が舞ってきた。
つくし野在住の奥さんが、立ち止まり、今読んでいるという本を紹介してくれた。
日本の裁判のひどさを告発した本のようだった。
ボウイッシュな奥さんが、ベレー帽をかぶってやってきた。
なかなか似合っていると思った。
クリクリちゃん姉弟の弟くん、そして、お姉ちゃんがはにかみながらやってきた。
通常国会が始まり、昨日は、穀田衆院議員が、代表質問をした。
消費税増税、アベノミクスをやめて、国民の暮らしを豊かにし、雇用を守る政治の実現を求めた。
「イスラム国」人質事件はさらに厳しい情勢になってきたが、政府によるあらゆる手段を使った改めて対応を求めた。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-28 09:01

「昨日、誰かに絡まれてたね?」「えっ?」   

「雨だよ・・・」。
先に起きていた妻がつぶやいた。
今の時期は雨が冷たい。
外に出てみると、それなりに強い雨が降っていた。
駅に着いたが、外のノボリは立てられないので、デッキの上だけにした。
カナダ人のC夫妻が会話をしながら駅に向かうのが見えた。
木曽団地のご主人が、毛糸の帽子をかぶってやってきた。
「立派なチラシが入ってたよ・・・」と、先ごろ配り始めた「市議団ニュース」が届き始めたことが分かった。
「ありがとうございます」と見送った。
トコトコちゃんのお姉ちゃんは一足先に電車に乗ったかな?と思った。
しばらくして、トコトコちゃんがやってきた。
「おはようございます」。
「お姉さんはもう出かけたのかな?」「いえ、明日が試験なので、今日は家で勉強してます」と。
「それは大変だね」と。
「行ってきます!」と元気に出かけて行った。
旭町のOさんがやってきた。
「昨日、誰かに絡まれてたね?」「えっ?」「男の人・・・」と。
キックボードのおじさんのことかなと思った。
「知っている人で、意見を聞いていたんですよ」「そうですか」と。
確かに一定の時間話す方なので、そう見えたのかもしれない。
心配していただきありがとうございました。
渋谷勤務のお兄さん、善行勤務のお嬢さん、半蔵門勤務のお嬢さん・・・と、みなさんにこにこしながらやってきた。
ヘビメタルックのお姉さんも。
昨日から通常国会が始まり、日本共産党国会議員団は、衆院でも参院でも「政党助成金廃止法案」を提出した。
いよいよ、党国会議員団の論戦と国民手大運動が始まる。
ちょうど雨が上がり、西の空に青空が見えてきた。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-27 09:05

「あの人受かったの?」   

朝起きてテレビをつけると、やはり「イスラム国」日本人人質事件の報道がトップである。
そして、昨日から伝えられているように、人質の湯川さんが殺害された映像が送られてきた。
人命を盾に身代金や捕虜の釈放を要求しているというが、断じて許すことのできない人道無比な蛮行である。
改めて強く抗議したい。そして、即時解放を求めたい。
今朝もまた、怒りいっぱいの気持ちで外に出た。
駅に着き、まず掃除。
キックボードのおじさんが新聞を買いに来た。
彼もまた「イスラム国」に対する怒りの声である。
クリクリちゃん姉弟も元気にやってきた。
小山の方からバスに乗ってくる男性が、駅から上がってきて足を止めた。
「あの人受かったの?」「えっ?・・・松村さん?」
「そう・・・」と。
「松村さんは当選できませんでしたが、比例で共産党21議席も当選できましたよ」。
1票を入れてくれたようで、共産党が伸びたことをとても喜んでくれた。
今日、通常国会が召集される。
私たちも、国民のみなさん、国会議員団と連携してがんばっていきたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-26 09:04

「ん~ん、私が好きなのはスペイン料理かな?」   

昨夜、町田市商店会連合会の新年会が3年ぶりに開かれ、私も参加した。
消費税増税によって景気はますます悪化している。
原町田ではパチンコ屋さんがつぶれるほどお客さんが激減しているのではないだろうか。
さらなる消費税増税をやめて、賃上げで国民の暮らしをよくして景気を回復させることが求められると思う。
私の隣に座った年配の方とお話をさせていただいたが、その方の先祖が私の郷里、阿仁町銀山という地域のお寺の方だということが分かった。
「これも何かの縁でしょうから、元気なうちに一度阿仁町を訪ねてみましょうかね」とおっしゃっていただいた。
秋の紅葉と温泉ときりたんぽをおすすめした。
また、私も、この方の商店街で美味しいお店はどこですかと聞いてみた。
「ん~ん、私が好きなのはスペイン料理かな?」と紹介していただいた。
今度行ってみようと思う。
さて、今朝は、のんびりと朝食を済ませ、マッサンを見てから駅に向かった。
M銀行前で訴えた。
法律事務所“まちさが”の弁護士Kさん、Nさん、Sさんが、まるで駅伝のように2~3分おきにやってきた。
「イスラム国」日本人人質事件のこと、東京電力福島第一原発汚染水処理問題のことなどを訴えた。
暴力や戦争ではなく、話し合いによる平和と友好の外交を、と訴えた。
私の話にうなずきながら通る方々が何人かいた。
ご両親と一緒に出かける小学生や友達と楽しそうに駅に向かっていく中学生が多かった。
今日も寒そうである。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-24 10:46

“厳重体制”である。   

早く目が覚めた。
ゆっくりと朝風呂に入り、出かけた。
途中、鎌倉街道を宿舎の方に向かって疾走する青学大陸上部員とすれ違った。
駅に着き準備をしていたら、カナダ人のCさん夫妻と会った。
「〇△〇◇・・・」。
日本語で何やら話しかけてくれたのだが、聞き取れなかった。
トコトコちゃんのお姉ちゃんがマスクをしてやってきた。
“厳重体制”である。
「おはよう!」と声をかけた。
いつものにこにこ顔とは違って、試験本番の緊張感が私にも伝わってきた。
10分後、トコトコちゃんがやってきた。
「寒いね!?」「寒いです!!」と。
高校生はコートを着なかったんだっけ?と思った。
アメリカとキューバの国交回復に向けた協議がいい方向で進んでいることを話題にした。
日本も、アジアの国々に対して、過去の戦争や日本軍「慰安婦」問題について、正面から歴史に向き合って話し合いと友好を深めていく努力が必要ではないかと訴えた。
善行勤務のお嬢さんも笑顔で通って行った。
半蔵門勤務のお嬢さんとマスクをかけたお母さんも元気そうに通っていった。
デッキの上に試験用の路線バスの案内システムが設置された。
みなさん、なんだろう?と不思議そうな顔で通って行った。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-23 16:47

Nさんの長年の奮闘に感謝と哀悼の気持ちをささげたい。   

気持ちよく寝ていたせいか起きるのが遅くなってしまったが、朝風呂に入り、いつものペースで外に出た。
空はすっかり明るくなっていた。
M銀行前は混雑していたので、Mデパート前に止めて宣伝を始めた。
「イスラム国」による日本人殺害警告事件について、「卑劣な行為は直ちにやめ、人質の解放せよ」と訴え、政府の迅速な対応を引き続き求めた。
安倍暴走政治の5つの転換についても、具体的に対案を訴えた。
この場所では知り合いが通らなかったが、「イスラム国」の動向に関心が高いのか、その話題になると一斉に私の方に視線が注がれた。
2人の無事解放を強く願っている。
さて、昨夜帰宅したら、秋田の母から電話があった。
雪のことは先日話したばかりだったので何かな?と思ったら、父の後輩で親友のNさんが朝方亡くなったという知らせだった。
Nさんご夫妻には、亡き父も母も大変お世話になった。
私の選挙の時にはいつもカンパを送ってくれた。
赤旗まつりには2人で必ず参加され、町田のテントを訪ねてくれていたが、昨年は療養のためお会いできなかった。
日本共産党員として若いときからがんばってこられたNさん。
「自共対決」という新しい時代の扉を開くことになった総選挙での共産党の躍進を見届け、いよいよこれからがんばっていこうという時だっただけに、Nさんもまた奥さんも無念だったのではないだろうか。
今後の政治戦で新たな躍進を実現できるよう、私もがんばりたいと思う。
Nさんの長年の奮闘に感謝と哀悼の気持ちをささげたい。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-22 09:08

「共産党・・・」   

昨日と同じ時間に目覚ましなしで目が覚めた。
テレビをつけると、「イスラム国」により拘束された日本人2人の人質の映像が流れていた。
どんな理由があるにせよ、人間の命と引き換えに金を要求するなど断じて許せない。
無事に救出されるよう政府による適切な対応を求めたい。
そんな思いで外に出た。
星が全く見えなかった。
曇り空のようだった。
途中、事務所に立ち寄り、コーヒーでのどを潤し、駅に向かった。
青学大陸上部員の2人が朝練を終えて宿舎に戻る途中だった。
今日も練習用のたすきをかけて、本番の意識を継続している様子である。
間もなくして駅に着いた。
あまりごみが散らばっていなかったので、軽く掃除をした。
だんだんと風が冷たくなってきた。
駅の構内から上がってきたご主人が、「共産党、がんばって!」と力強い声で励ましてくれた。
「共産党・・・」とあえて言っていただいたところに、総選挙以降の有権者の方々の意識の変化を感じた。
またまた構内から電車マニアの青年が上がってきた。
伊勢原から来ているというこの男性、小野路の会社に勤務していると教えてくれた。
「〇〇時〇〇分発の◇△系電車は、・・・」と、“電車博士”ぶりを今日も発揮してくれた。
次に、栃木出身の奥さんが上がってきた。
先日、40年ぶりに同窓会に出たという話をしてくれた。
その中に、特養ホームを経営している人がいて、「良かったら入ってっください」と言われたことに憤慨したということだった。
「私は、週に3日ビルの掃除をして、ボケないようにがんばっているのに、失礼だよね!」と。
私学の小学校に息子さんを電車で通わせている奥さんが駅から出てきて、会釈をしてくれた。
クリクリちゃんの弟くん、3人兄弟の真ん中の大学生くんがやってきた。
昨日、日本共産党は、第3回中央委員会総会を開き、総選挙の結果と教訓に立ち、4月の一斉地方選挙や次期国政選挙に向けた目標と方針を決めた。
国政選挙では、「850万票、15%以上の得票獲得」へがんばるということになった。
箱根駅伝で優勝した青山学院大の選手たちが優勝に必要な目標達成に必要な練習をしたことを見習わなければならない。
安倍政権の暴走政治を終わらせ、国民の願いが生きる政治実現へ、まさにこの一念が正念場である。
空から雨に交じって雪が落ちてきた。
“大寒”らしい寒さだった。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-21 09:17

「がんばって!」   

暦の上では今日が大寒の始まり。
2月3日頃までとされている。
覚悟して外に出た。
・・・が、以外にも夜明け前の気温は昨日ほど寒くはなかった。
今日もまた金星の輝きが真っ先に目に飛び込んできた。
ぐるりと見渡しても結局月は発見できなかった。
青学大の選手が全速力で駆け降りるわが団地の外周路を右に折れ、左に曲がり、鎌倉街道に出た。
静寂なひとときである。
菅原神社を過ぎ、右に大きくカーブしながら町高通りに入る付近の走行を気を付けないと、歩行者や対向車の多い時間帯は危険な個所である。
森野のマンション前でホットコーヒーを購入し、のどを潤した。
M銀行前につけた。
ちょうどデッキに上がったところへカナダ人のCさん夫妻と出会った。
長身の彼は、すぐに私に気が付き挨拶をしてくれた。
ノボリの準備をし終わったところにトコトコちゃん姉妹が急ぐ様子もなくゆったりと歩いてきた。
「おはようございます」。
すぐに私は、「がんばって!」と、センター試験を終えたばかりのお姉ちゃんに声をかけた。
「はい!」としっかりとした返事が返ってきた。
すかさずトコトコちゃんが「行ってきます!」と元気に出かけて行った。
町田聾学校の2人の女の子が、今日は別々にやってきた。
善行勤務のお嬢さん、ヘビメタルックのお姉さんもやってきた。
このところ何日か会っていなかった半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんも一緒にやってきた。
サッカーコーチのMさんが来たので、一瞬マイクを離して挨拶をした。
今朝は、農協解体問題と政党助成金廃止について訴えた。
安倍内閣の改革の中身が間違っている。
政党助成金を廃止すれば、大改革が実行できる。
国民のみなさんとともに実現に頑張りたいと訴えた。
マスクをしたご主人が立ち止り「おはようございます」と声をかけてくれた。
生活相談にのっているAさんだった。
「奥さんにもよろしくお伝えください」と。
先生のOBの方が、「寒いけど頑張ってください」と声をかけてくれた。
最初のうちは昨日より寒くないと思っていたが、終わりのころになると、さすが“大寒”だなと思うほど寒くなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2015-01-20 09:08