<   2015年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

「ン~ン、イモウトサンノ ムスメ デス」   

ジャンバーを着ないで出たら少し肌寒い感じがした。
車に乗り、三代目J Soul Brohtersの『R.Y.U.S.E.I』を聴こうとCDを入れようとしたが入らない。
どうやら断線しているようだと分かり、あきらめた。
しかもラジオも聞けず、静かに駅に向かった。
実業団の女子ランナーが軽快に走っていた。
駅に近づいたあたりで3人兄弟の末っ子の男の子に会った。
どうやら中学生になったらしく、制服を着ていて大きくなったなと思った。
駅に着き、スタンバイのグッズを運んだ。
赤いスニーカーのご主人が出入り口に着こうとしていて、私に気が付いて挨拶をしてくれた。
鶴川勤務の青年が「今日は寒いですね」と話していった。
昨日行われた日米首脳会談について、志位委員長の談話をもとに日本共産党の見解を伝えた。
「民意無視の“不動の同盟”」である、と。
日本国民は戦争する国づくりを支持していない。
沖縄県民は辺野古への新基地建設を支持していない。
原発再稼働もTPP推進も多くの国民が反対している。
国民の声を代表しない内容でアメリカ言いなりになるという“不動の同盟”であると訴えた。
戦争推進の“同盟”は解消し、対等、平等で平和と友好を基調にした日米関係の変えるべきだ、と。
A病院の送迎バスの中から身を乗り出して聞いている男性の姿が見えた。
Hさんのご主人が深々とお辞儀をしたので、私もしっかりとあいさつをした。
ドイツ人の奥さんがやってきた。
若いお嬢さんと一緒だった。
「おはようございます。娘さんですか?」と話しかけた。
「ン~ン、イモウトサンノ ムスメ デス」と。
姪になるのかなと思った。
外国人のお嬢さんに、私が、「初めまして。よろしくお願いします」と話すと、「アリガトウゴザイマス」と笑顔で応えてくれた。
少し風があり肌寒かったが徐々に暖かくなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-30 09:15

「K病院へ・・・」   

昨日と出入り口を変えて町田駅に立った。
ゴールデンウイーク前の晴れた空が広がっている。
準備を終えて、しばらく挨拶をして、ハンドマイクから訴えた。
マスクをしたトコトコちゃんが現れた。
「おはようございます」
1週間ぶりに会ったトコトコちゃんは、「行ってきます!」と元気に出かけていった。
いっせい地方選挙後半戦の結果について、党中央委員会常任幹部会の声明が出された。
後半戦で日本共産党は、1092議席を獲得、62議席を増やすことができた。
前半戦に続く躍進であり、選挙の後のすがすがしさは久しぶりのことである。
「戦争立法」の企てをやめさせましょう!と、引き続き皆さんとともにがんばりたいと訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんもやってきた。
町田聾学校の女の子は、かっこいいベイスボールルックだった。
地球的規模に「切れ目なく」軍事協力をすることになる日米新ガイドラインの危険性を訴えた。
新婚カップルの2人が挨拶をしてくれ、楽しそうに出かけて行った。
白髪のおじいさんがやってきた。
「今日はどちらまで?」「K病院へ・・・」と病状を話してくれた。
どうやら初期のガンらしく、高齢なので手術はできず、投薬治療なのだと。
「腰は痛めるし、だんだん大変になってきましたよ」と。
私は、「お大事にしてください」と見送った。
そろそろ宣伝も終わろうかなと思っていたところへ、くじら山のそばに住んでいるYさんがやってきた。
S建設による説明会が昨日行われたが、納得できない計画だと憤慨。
「また一緒に頑張っていきましょう!」と激励した。
駅頭宣伝が最も気持ちがいい季節になってきた。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-28 09:13

「本当に良かったです。ありがとうございました」   

全国一斉地方選挙後半戦の市区町村議選の投開票が昨日行われた。
私はこの1週間、町田駅頭での宣伝をお休みにして、早朝から選挙が行われている地域の駅に候補者と一緒に立ち支援を訴えた。
応援に行った府中市では結城亮さん(新人)を含む4人全員が当選し、44年ぶりに1議席を増やすことができた。
安倍政権の暴走政治ストップを大争点に掲げた日本共産党に大きな期待の声が寄せられた結果だと思う。
日本共産党の第3の躍進の流れがいよいよ本物になってきた。
そんな思いで、久しぶりに町田駅に立った。
月曜日なので駅の出入り口が汚れていた。
すぐに掃除をして声をかけた。
すると、みなさんから次々と声がかかった。
結城さんの選挙を一緒にたたかった地元のTさんから携帯に電話がかかってきた。
「本当に良かったです。ありがとうございました」と。
全国の日本共産党地方議員団と連携して、私たちも安倍政権の暴走をくい止め、公約実現のために奮闘していきたいと思う。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-27 09:10

来週の月曜日、晴れた気持ちでみなさんにお会いできるのを楽しみに   

昨日から統一地方選挙後半戦の市区議会議員選挙が告示された。
安倍政権の暴走と戦争する国づくりを止めさせ、国民の願いが生きる政治を実現する絶好のチャンスである。
昨日も私は、府中市の結城りょうさんの応援に行った。
そして、今日からは朝の駅頭宣伝もお手伝いすることになったため、この1週間町田駅での宣伝ができなくなった。
この間ご無沙汰しますが、来週の月曜日、晴れた気持ちでみなさんにお会いできるのを楽しみにして、後半戦を頑張りたいと思う。
よろしくお願いします。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-20 11:28

若い人たちの中に、ウンウンと頷く人が何人かいた。   

ようやく雨が上がった。
春らしい暖かい日が今日から始まりそうである。
スタンバイをしているところへ、町田聾学校の女の子がやってきた。
とってもいい笑顔である。
今日は薄手のジャンバーにしたがちっとも寒くない。
しばらく話に夢中になっていると半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんが通って行った。
そのすぐ後、マスクをしたトコトコちゃんがやってきた。
電車の中には風邪をひいている人もいるのか、まだマスクは外せないようだ。
「お姉さんは、町田の予備校ですか?」「はい、そうです」
だとすると、早い時間帯に町田駅を通ることはないだろうから、しばらく会うことができないなと思った。
「行ってきま~す!」と元気よく出かけて行った。
原発再稼働は認められないとした福井地裁の画期的な判決について今日も話しをし、「原発ゼロ」の日本社会へがんばっていきましょうと訴えた。
すると、若い人たちの中に、ウンウンと頷く人が何人かいた。
日本共産党の政策に共感する人が増えてきていることを実感する。
昨日、市役所で相談にのった奥さんがやってきた。
「昨日はありがとうございました」と。
天気が安定し始めたからか、駅前を通る方々の表情もだいぶ穏やかになってきた感じがした。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-16 08:36

「躍進、おめでとうございます!」。   

しばらくぶりで青空を見た。
しだれ柳は朝の風に気持ちよさそうにたなびいていた。
駅に着いた。
昨日の雨で出入り口はかなり水たまりができ、ゴミがたまっていたのですぐに掃除をしし、水を排水溝に流した。
箒を持っているとこころにパッチワークの洋装の奥さんが笑顔で現れた。
マイクで話した。
空気が乾いているせいか、声がす~っと通った。
福井地裁が昨日、関西電力高浜原発3,4号機の再稼働を認めない仮処分を下した。
原子力規制委員会が定めた新基準と関西電力が再稼働の安全性を主張する根拠には信頼性はないとしてその主張を退けた。
実に画期的な判決である。
関西電力及び政府は、今回の判決を重く受け止め再稼働を断念すべきだと訴えた。
そして、今日も統一地方選挙前半戦で日本共産党が伸びたこと、後半戦でもご支援をよろしくお願いしますと訴えた。
「躍進、おめでとうございます!」。
長身のご主人が大きな声で激励をしてくれた。
豹柄ルックのお嬢さん、今日は普通の様相だった。
Hさんのご主人が丁寧にごあいさつをしてくれた。
本当の春らしい暖かい朝だった。
今日はもう4月半ばである。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-15 08:54

「良かったですね」   

昨夜たっぷり降った雨はすでに上がっていた。
おにぎりのような形をした八重桜の花が雨にも負けずに咲き続けている。
途中でホットコーヒーを購入し、飲みきったあたりで駅に着いた。
このところ毎日のようにノボリが雨でぬれていたが、久しぶりの曇り空である。
スタンバイを終えて挨拶をしていると、駅前で働いているご主人がやってきた。
「良かったですね」と日本共産党の前半戦での躍進を喜んでくれた。
善行勤務kのお嬢さんは、薄手のコートに傘を持ってやってきた。
オールシーズンコートなしのサッカーコーチのMさんにとってこの数日の寒さはどうってことなさそうである。
町田聾学校の女の子が笑顔でやってきた。
少し背が伸びた感じがした。
昨日に続いて統一地方選挙前半戦の結果と日本共産党の奮闘を伝えた。
半蔵門勤務のお嬢さんも笑顔でやってきた。
そして、藤沢勤務のお嬢さんも顔をのぞかせてくれた。
そういえば、神奈川県議選では藤沢市でも議席を獲得できた。
「後半戦でも日本共産党が躍進できるよう奮闘します。みなさんのご支援を」と訴えた。
いつも駅でお会いする境川団地に住んでいるというご高齢の女性が立ち止り、生活相談にのってほしいと話しかけてきた。
明日お話を聞くことにした。
雨の日が続き、寒い日も長引いている。
「みなさん、風邪をひかないようにお互いに気をつけましょう!」と呼びかけた。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-14 10:46

「昨日は共産党に反応があったようで、良かったですね」   

昨日投開票があった統一地方選挙において、日本共産党は、県議選、政令指定都市選のいずれでも前回の議席を大きく上回る躍進を果たすことができた。
とくに、すべての都道府県に日本共産党の議員が配置された意義は大きい。
隣の神奈川県では0→6議席と大躍進だった。
私と同郷の柴田豊勝候補(神奈川区)は、285票差で次点と惜敗した。
お疲れ様でした。
前半戦に続き後半戦である市区町村議選でもこの流れで躍進できるように私もがんばりたいと思う。
駅に立った。
まだ雨は降ってこなかった。
キックボードのご主人がやってきた。
「あれっ、町田は選挙ないんだっけ?」と。
「去年2月にやったので今年はなくて、来年、参院選ですね」「そうか。そういえば去年投票に行ったなぁ」と。
昨日の選挙結果を伝え、引き続くご支援を訴えた。
Hさんのご主人がやってきた。
「昨日は共産党に反応があったようで、良かったですね」と。
「はい、ありがとうございます」。
選挙がない町田市だが、政治を変えてほしいという余韻があると思った。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-13 08:56

「そういえば、町内会の会報に、新年会に初めて共産党の議員が来たという記事が載りましたよ」   

昨日は通常通り駅に立った。
相変わらず寒かった。
そして、今日もまた超寒い朝になった。
冬でもこんなに寒い日があっただろうかと思うほどである。
駅に着き、タクシーが進むのを待った。
スタンバイを終えて、マイクを握った。
町内会の役員をされている若手の男性がやってきた。
「おはようございます」とあいさつを交わした。
「そういえば、町内会の会報に、新年会に初めて共産党の議員が来たという記事が載りましたよ」と。
その話を伺い嬉しくなった。
日本共産党に対する期待が広まっていると実感した。
M銀行の前を通る方々とあいさつをしながら、「戦争立法」の企てを中止させ、憲法9条が生きる政治を実現しましょうと訴え、一斉地方選挙での日本共産党へのご支援をお願いした。
3日連続で寒い朝になった。
「寒さに強い殿村さんが言うのだから寒いはずだよね」。
事務所の隣のS商店の奥さんの一言である。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-10 08:32

吐く息が白くなり、とうとう雨はみぞれに変わった。   

昨日、原町田のUさんから「明日は雨から雪になりそうだよ」と聞いていたので、帰宅してから天気予報を見たら当たっているではないか。
そして今日、雨が降る寒い寒い朝になった。
駅に着き、雨に濡れながらスタンバイをした。
善行勤務のお嬢さんが寒そうな顔をしながら出かけて行った。
渋谷勤務のお兄さんは相変わらず元気がいい。
昨日に続いて、安倍政権の暴走政治ストップのために、日本共産党をともにがんばりましょう!と訴えた。
グングン気温が下がってきたのが分かった。
吐く息が白くなり、とうとう雨はみぞれに変わった。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんが小走りに駅に向かいながら挨拶をしてくれた。
お嬢さんは、この雨なのに長靴ではなかった。
町田聾学校の女生徒がやってきたが普通の服装だったので、そうか昨日は入学式だったのかと思った。
さて、昨日は久方ぶりに町田第一中学校の入学式に参加させていただいた。
築50年にある校舎の建て替えが計画されているが、今日のような雨の日は雨漏りがあり早期整備が求められている。
そんなときに、石阪市政は、新年度予算において、学校配当予算(消耗品費、備品費等)を大幅に削減した。
子どもたちの教育環境を充実させるための予算にすべきである。
そんなことを思いめぐらせながら式に参加した。
それにして、なんと寒い日だろうか。
[PR]

by ken-tono | 2015-04-08 13:16