<   2015年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

「一人ですか?」   

「暑い!」の言葉も出てこないぐらい暑い。
今朝もそんな感じで外に出た。
途中、大き目の缶コーヒーを買い、水分補給をした。
M銀行前について準備をしていると、昨日、見かけた青山大学のランナーが力強く駆け抜けていった。
一瞬、水分はどうやってとっているのだろうかと思った。
みなさんを迎えた。
青シャツのご主人が今朝も笑顔で「ウンウン」と激励してくれた。
カナダ人のCさん夫妻が通った。
・・・とそのあと、新婚カップルのような感じでやってくる若いご夫婦の奥さんが一人でやってきた。
「一人ですか?」と人差し指で聞いてみると、「そうです」と指で返事をしてくれた。
戦争法案について、昨日の特別委員会での井上議員の質問を紹介し、廃案へがんばりましょうと訴えた。
米軍機の厚木爆音訴訟について、昨日の東京高裁は、地裁に続いて、損害賠償の支払いと自衛隊機の夜間飛行の差し止めを命じた。
米軍機や自衛隊機の爆音のない、基地のない平和な町を取り戻さなければならない。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-31 08:48

「そうなんです。こっちなんです」   

今年の原水爆禁止世界大会に参加する東京代表団の結団式が昨日都内で行われ、参加した。
戦後及び被爆70年の今年行われる世界大会は、一方で安倍政権が戦争法案を国会に提出するなど憲法破壊の政治が進められている中で行われるという点でも重要だと思う。
私も代表団の一人として参加するが、しっかり学び、交流してきたいと思う。
帰りは、夜8時半ごろの小田急線に乗ったが、いつも駅でお会いする方を同じ電車で見かけたりして、通勤は大変だなと実感した。
今朝はM銀行前で宣伝をした。
昨日の参院特別委員会での小池晃議員の質問の内容を中心にして、戦争法案が憲法9条に違反するいかに危険な法律であるかを、陸上自衛隊や海上自衛隊で使われている資料を基に具体的に訴えた。
私の話を真剣に聴いてくれている様子が伝わってきた。
「今日はあっちじゃないんですか?こっちですか?」と元市の職員だったIさんが話しかけてきた。
「そうなんです。こっちなんです」と。
今日もまた朝からあっちっちである。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-30 10:38

「がんばろうな!」   

蒸しむしした朝である。
今日も外へ出るなりタオルで顔をぬぐった。
気が付いたら駅に着いていた。
スタンバイをしていたら、下の方から青学大の長身のランナーが駆け上がってきた。
スリムだけれど全身が筋肉に覆われていて、これがパワーの源か!と思った。
掃除をした。
間もなくすると、赤いスニーカーのお兄さんがやってきた。
キックボードのおじさんもやってきた。
「がんばろうな!」と。
3人兄弟の一番下の中学生は、どうやら野球部だとグッズで分かった。
参院に移った戦争法案と安倍政権をいよいよ追い詰めていく正念場である。
昨日は、午後2時からキャラバンカーで戦争法案を廃止にと町田駅で宣伝をしたが、髭のお兄さんが通った。
今朝も私が力を込めて訴えると、高校生と思わしき男の子が「そうだ!」としっかりと頷いて行った。
今日は参院で、小池晃副委員長が質問する。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-29 09:02

駅前を通るみなさんの目や耳が私の方を向いていると思った   

3日間金沢市で開催された第57回自治体学校に参加してきた。
1日目は、「地方自治の危機と再生の道ー憲法と沖縄問題から考える」(宮本憲一氏)という記念講演、2日目が、「災害頻発時代と防災・減災対策」(塩崎賢明氏)の分科会、3日目が、「世界農業遺産『能登の里山里海』と地域再生~自治体と大学の連携による人材育成をとおして」(仲村浩二氏)の特別講演を学んだ。
憲法破壊の安倍政権の政治が行われている中、いまこそ、地方自治の役割と力を発揮すべき時であることを、それぞれのテーマから学習することができた。
そして、先の戦争で空襲を受けなかった金沢の街並みを見て、歩くことができた。
また、新鮮で美味しい魚も食べることができ、有意義な3日間だったと思う。

一夜明けて町田駅頭に立った。
スタンバイをして、タオルで汗をぬぐいながら挨拶を始めた。
青シャツのご主人が、今日もがんばっているね。よしよしというような表情でやってきた。
カナダ人のCさんが一人でやってきた。
やっぱり痩せたと思った。
スヌーピーバッグのお嬢さんが元気そうにやってきた。
渋谷勤務のお兄さんは、今日も元気な声で「がんばってください!」と声をかけてくれた。
立憲主義に反し、国民主権を踏みにじる安倍政権の独裁政治に怒りの国民運動がますます広がってきていることを話し、戦争法案を参院で廃案にさせましょう!と訴えた。
駅前を通るみなさんの目や耳が私の方を向いていると思った。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-28 09:34

せめて「戦争反対!」の言葉が分かるといいのにと思った。   

暑い朝になった。
外に出ると青い空に雲が高く浮かんでいて気持ちがいい。
夏の空である。
駅に着くと先客がいたので、Pビル前にスタンバイをした。
駐車場に車を置きに行った。
と、キックボードのご主人が新聞を抱えて駅から帰ってきたところだった。
「あそこ、できないね」「そうなんですよ」と、これからPビル前でやると話すと、「そう、がんばって」と優しく応えてくれた。
車の中から挨拶をしてくれる方がいたり、戦争法案を廃案に頑張りましょうと訴えると頷いてくれる方が何人かいた。
線路の向こう側に何やら20人ぐらいの人だかりが見えた。
全員私の方を見ているではないか。
どうやら、中国人らしい観光客だったのだ。
朝の駅頭宣伝は超珍しいと見えて、一斉にカメラのシャッターを押す音が聞こえた。
そして、中国の人たちと友好を深めることが大事だと思った。
本町田のHさんが立ち止った。
「暑いので、体に気を付けてください」。
優しい言葉で労っていただいた。
汗が噴き出すほどの暑さだった。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-24 09:14

ラグビー選手と一緒に朝の宣伝   

今日は朝から雨である。
駐車場まで傘がないとだめだった。
くじら山の脇を通りかかった。
10日ぐらい前から9宅地の方の開発が始まったようで、樹木が伐採され始めていた。
法律に違反しないから市街地の開発はおかまいなしでは、町田市の緑地保全の政策や理念は建前だけになってしまう。
将来の町田市を展望すると、これ以上の緑は削らないという立場に立つべきだと、削られたくじら山を見ながら怒りがわいてきた。
M銀行前はすいていた。
ノボリを準備していたらそこへY市議が現れて、「今日は、ラグビーの試合の宣伝をするそうですよ」と教えてくれた。
ややして、キャノンの真っ赤な半そでシャツを着た選手30~40人が旗を持ちながら駅にやってきた。
急遽、私もその宣伝に加わることにした。
1階に降りて、幹事役のK市議からチラシを受け取り、、私よりの体格のいい若い選手のみなさんと一緒にチラシを配った。
すると、私が知っている方々が結構通り、その都度、「今度ラグビーの試合があるので、今日はお手伝いです」と言いながらチラシを渡した。
7月31日(金)午後7時05分キックオフで野津田陸上競技場でキャノンイーグルス対南アフリカ・ブルスとの試合が行われる。
私も町田市議会スポーツ議連の一人として試合を観戦する予定である。
というわけで、8時まではラグビーの試合の宣伝で、そのあと30分だけ自分の宣伝をした。
もちろん今日も戦争法案反対の訴えである。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-23 09:53

「ファシストだ!ファシスト!!」   

今日も暑くて目が覚めた。
外に出ると以外にも気持ちのいい風が吹いていた。
夏の朝という感じである。
駅に着くと、M銀行前はがらがらで、さすがに学生さんたちが夏休みに入った感がある。
スタンバイを終えてまもなくして、鶴川勤務の青年がやってきた。
「学生が夏休みだから、急行空いてたよ」「良かったね」と。
もう一つの話題は、プロ野球の試合を近く見に行くということだった。
半蔵門勤務のお嬢さんとお母さんが珍しく一緒にやってきた。
スヌーピーバッグのお嬢さん、善行勤務のお嬢さんも元気そうだった。
大分前に市役所の警備で働いていたというご主人が通った。
「元気?」と。
「はい、がんばっています」と返事をした。
町田聾学校のベイスボールガールがやってきた。
野球用のハイソックスを履いていてかっこよかった。
鵜の森に住んでいるUさんが、「昨日、自民党のO衆院議員が宣伝の中で、自衛隊の海外派兵のリスクを減らすために安保法制が必要だと言ってたけど、とんでもないね!」と怒りまくっていた。
・・・と、そのあとに髭のお兄さん夫妻がやってきた。
私の訴えの後、間髪を入れず、安倍首相は、「ファシストだ!ファシスト!!」と強い口調でお兄さんが叫んだ。
私もさらに呼応して、「国民主権、民主主義破壊の安倍政権の独裁政治を変えていきましょう!」と訴えた。
国民の怒りの声はさらに広がっている。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-22 09:20

「がんばってください!あっ、がんばろう!だな・・・」   

猛烈に暑い3日間だった。
一昨日は、境川団地に住むMさんに日本共産党に入党していただくことができた。
安倍暴走政治、戦争法案阻止へ、大きな力になってくれそうだ。
また、森野のSさんとは2人の方に新たに赤旗読者になっていただいた。
そして、昨日は、Bさんの偲ぶ会が行われ、参加した。
彼女の友人の懐かしい方にもお会いできよかったと思う。

そして、今朝も早朝から暑くなった。
鎌倉街道に出ると、W先生が今井谷戸方面に向けて自転車で颯爽と通り過ぎて行った。
すぐ後を追いかけるようにやってきたのが、青学大のランナーたちだった。
1,2,3・・・・と数えたらなんと9人の縦の集団だった。
この暑さの中、早朝でなければ無理だよなと思った。
あとは、涼しい地方で合宿かな?
駅に早々と着き、掃除をして挨拶を始めた。
背の高いご主人が「早いね。がんばって!」と激励してくれた。
元S高校出身のお嬢さんがやってきた。
M高校の方からやってくるご主人には、先週、スーパーでお会いした。
「先日はどうも・・・」と。
キックボードのご主人がやってきた。
握手をして、「がんばってください!あっ、がんばろう!だな・・・」と。
みなさんが安倍政権の独裁政治に対して立ち上がり始めている。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-21 08:53

タオルで何度も汗をぬぐいながらの宣伝だったが、とても気持ちがよかった。   

朝から暑い日になった。
シャワーを浴びて、朝ご飯を食べて、新聞、テレビを見て、おもむろに駅に向かった。
割とスムースにM銀行前に到着し、宣伝を始めた。
何時もの時間帯より2時間は遅い時間だが、駅に向かう人々がたくさん歩いていた。
昨日の「アベ政治を 許さない」の文字を掲げての全国一斉アピール行動の写真が載った赤旗新聞をお見せしながら、「引き続き、戦争法案廃案へがんばっていきましょう!」と訴えた。
そうすると、結構な方々が私の話にうなずいてくれたのだ。
今回ばかりは、みなさん黙っていられない、私もそう思う、がんばりましょう!という意思表示が表情に表れている感じがする。
暑くて暑くて、タオルで何度も汗をぬぐいながらの宣伝だったが、とても気持ちがよかった。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-19 11:04

「昨日演説やってましたね。聞いてました」   

昨日は、安倍内閣、自民公明両与党が、衆院本会議で戦争法案の採決を強行した。
憲法違反の法案の内容が明確になり、国民世論の圧倒的多数が、「理解できない」と今国会での成立に反対しているにもかかわらず、数の力で押し通した暴挙は断じて許されない。
ちょうど都内から帰ってきて、テレビをつけたら志位委員長の反対討論が流れていた。
理路整然とし気迫のこもった討論は、国民のみなさんに対してともにたたかいを呼び掛けた素晴らしい発言だった。
さっそく、夕方町田駅頭で党市議団も訴えた。
知っている方がけっこうやって来て、南大谷のYさん夫妻も偽以降に立ち寄った後お会いした。
「この法案は許せないよね!」と奥さんが怒り心頭だった。

そして今日、善行勤務のお嬢さんがやってきて、「昨日演説やってましたね。聞いてました」と。
「そうでしたか。ありがとうございます」と答えた。
カナダ人のC夫妻がやってきた。
境川団地のIさんもやってきた。
「今日はいつもより早いんだ。今度の日曜日行動するから一緒にどうですか?」と。
「ぜひ・・・」と返事をして見送った。
スヌーピーバッグのお嬢さんも元気に出かけて行った。
トコトコちゃんがやってきた。
「学校、いつからお休みですか?」「明日からです」「いいなぁ・・・」と。
半蔵門勤務のお嬢さん、金曜日のせいか今日は元気そうだった。
途中、民主党の元衆院議員のKさんがやってきて、M銀行前で宣伝をした。
私もKさんも「戦争法案廃案、撤回へがんばりましょう!」と、上と下で訴えた。
戦争法案は衆院で強行採決されたが、まさにたたかいはこれからである。
国民の世論で安倍政権をさらに追い詰め、廃案にしたいと決意を新たにした。
[PR]

by ken-tono | 2015-07-17 09:28