<   2015年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

「あれっ、土曜日もやっているの?」   

昨日の午後、国際版画美術館で、リニューアルオープンによる収蔵作品展示会の内覧会が行われ、大西副議長、藤田議員と共に参加した。
約2万5千点もの収蔵品の中から180点の素晴らしい作品がきれいに修繕された壁に展示されていた。
歌川広重の「東海道五十三次」や棟方志功の「釈迦十大弟子」、デューラーやピカソの作品に注目した。
常設展では「恩地幸四郎展」が開かれていて、大正、昭和初期の時代の芸術作品として面白く見ることができた。
そして、日が落ちた夜7時ごろから都立町田高校定時制のロードレース大会が中央公園で行われ、私も近所に住んでいるEさんと一緒に行ってみた。
人数にして100数十名の生徒たちがスポーツウエアを着てぞろぞろとやってきた。
女子3㎞、男子1,2年と3,4年各5㎞、まずは女子からスタートした。
特に男子のスポーツ部の生徒は全速力で、いつも小中学校の運動会しか見たことがない私にとっては目から鱗だった。
「がんばれっ~!」。
ジャンバーなしでは寒い中、私とEさんは夢中になって彼らを応援した。
「あれっ?どこかでお会いしたことがありますね」と教職員らしき男性が私に声をかけてくれた。
「もしかして駅でしょうか?」「ん・・・・・」と。
「市議会議員をしている殿村といいます」と話すと、「あっ!思い出しました。駅でお会いしてますね。今日はどうしてここへ?」と。
私は、定時制のことを知りたくて学校を視察し、今日のことを知り、「応援に来ました」と話した。
「ありがとうございます。がんばってください!」と逆に激励をしていただいた。

さて、今朝はゆっくりと過ごし、午前中の遅い時間に駅に行った。
買い物やお出かけの方が多い中、戦争法廃止の国民連合政府の内容について話をした。
ご夫婦で歩いてきた方の中に、ご主人の方が駅でお会いしているのか会釈をしてくれた。
また、手をつないだカップルの女性も「こんにちは」とあいさつをしてくれた。知っている方だった。
駅前勤務のご主人が仕事を終えてやってきた。
「あれっ、土曜日もやっているの?」と。
「はい、こんな時間ですけど」と返事をした。
鶴川勤務の青年がやってきた。
「これからモーターショーに行くんだ」と。
「いいなぁ!」と応え、見送った。
曇り空の天気だった。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-31 12:05

「独裁政治じゃないか!」   

昨日は、全国自治体病院経営都市議会協議会・第11回地域医療政策セミナーに町田市議会から20名ほどが参加、私も勉強をしてきた。
講演は2人で、“「何が求められるのか?だれが担うのか?何ができるのか?」~地域医療構想を医療経営視点から戦略策定する”というテーマで、公益財団法人筑波メディカルセンター事務局長の鈴木紀之氏が話をした。
もう一人は、“「地域が守る医療」~兵庫県丹波市の住民の取組から~”というテーマで、丹波新聞社編集部記者の足立智和氏が話した。
いずれも、今日の医療制度のもとで、運営が厳しくなってきている自治体病院をどのようにして維持し、その役割を発揮していくべきかについて示唆に富んだ経験が語られ、参考になった。
ちなみに会場は、千代田区平河町という官庁や民間オフィスが林立する中にある都市センターというところだったが、お昼ご飯は各自近所で食べることとなった。
私は、古そうな中華のお店で天津飯を食べたが、ん~んまぁまぁといったところだった。
そのあと、麹町大通り界隈を40分ほど散歩をしてみた。
サラリーマンのみなさんのお昼「サラメシ」の様子がよくわかり、とても面白かった。

さて、今朝もまたまた早起きだった。
駅に立つと、いい加減夏用の背広では寒いかなと思うようになってきた。
青いズボンのご主人がやってきて挨拶をしてくれた。
黒い鞄のお嬢さん、今日は珍しく白い鞄だった。
ほかにも大きなバッグを持ってきていたので、旅行かなと思った。
駅の方からやってきたご主人が立ち止って話しかけてきた。
「沖縄、ひどいよな!県民が基地はいらないって言っているのに無視して作るってどういうことだろう!?」と。
「独裁政治じゃないか!」と怒り心頭である。
「本当にその通りです!」と応えた。
政府、安倍政権は、辺野古への新基地建設本体工事の着工を強行した。
辺野古埋め立てには瑕疵があるとして埋め立て認可を取り消したオナガ県知事に対して、民主主義と法治主義に反した対抗をする安倍政権はまさに“独裁政治”である。
私の訴えにも力が入った。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
昨日お昼休みに通った中に半蔵門があったので、ああこの辺で仕事をされているのかと思った。
トコトコちゃんのお姉さんもやってきたので「行ってらっしゃい!」と見送った。
宣伝を終える頃には少し暖かくなっていた。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-30 09:23

「だいぶスリムになったんじゃない?」   

昨日は、日本共産党市議団主催で国民健康保険についての学習会を行ない、党中央政策委員会の谷本諭さんが国民健康保険制度の現状とこれからについて講演をした。とても勉強になった。
また、町田市が国民健康保険税を値上げする(12億円、16~22%)条例を12月議会に提出する問題について、市議団から内容の報告と「値上げ中止」を求める署名運動などの呼びかけをした。
12月議会に向けてがんばっていきたいと思う。
午後庁舎に戻ってきたら、森野団地にお住いのSさんが私を訪ねてきた。
12年間寝たきりのご主人の在宅介護でがんばってこられたが、ご主人は昨年亡くなられた。
心身共に疲労したこともあり、環境を変えようと横浜に引っ越すことにしましたとの挨拶だった。
Sさんの長年の介護を労い、またいつでも遊びに来てくださいと話した。
夜は、都立町田高校の夜間定時制についてお話を伺いに町田高校に行った。
校長先生、副校長先生に対応していただき、説明を受け、授業も見学させていただいた。
東京都教育委員会は、都立高校夜間定時制の統廃合を進めていて、来年度は立川高校など4校が廃校の対象となっている中、昨日は夜間定時制の重要な役割を学ぶことができた。
昼間アルバイトをして、午後5時20分~9時まで授業。そのあと10時まで部活動だそうだ。
大学や専門学校に進学する生徒も少なくなく、300人以上ということもあり、スポーツの部活動が盛んで、サッカーや野球など全国大会でもらったトロフィーがたくさん飾られていた。
20数名の少人数学級で、実際の授業では、数学の因数分解、物理の原子核の内容、英語のリーディングなどで、熱心に勉強している姿に感動した。
金曜日にはロードレース大会があるとのことで、私も伺うことにした。
子どもたちの学ぶ権利を保障するために、高校の夜間定時制はしっかりと守っていかなければと思った。
とてもいい視察だった。

さて、今朝もまた早く起きられたので暗いうちから駅に向かった。
路面が夜半の雨で濡れていた。
スタンバイ、掃除を済ませ挨拶を始めた。
すぐにキックボードのおじさんがやってきた。
「よっ!」「おはようございます」
「これだれ?」とポスターを指さした。
「来年の参院選に出る予定の山添拓さんです」と。
「そうか・・・」「応援してくださいね!」「わかった!」と。
新宿勤務のおじいさんがやってきた。
「雨だな、雨・・・」「そうですね。気を付けて」と見送った。
「おはようございます」。
ご存じないご主人から声をかけられた。
「だいぶスリムになったんじゃない?」「えっ?そうでもないんですけど、運動不足で」と。
ご主人は私にくじら山のことでお世話になったと話していた。
体重はあまり変わっていないけれど、「スリムになったね」と言われれば正直嬉しいものである。
「ありがとうございます」とお礼をした。
沖縄辺野古への新基地建設問題、戦争法廃止の国民連合政府のことを中心に訴えた。
途中何度か小雨がパたついたが、大方は大丈夫だった。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-29 09:19

「宮城の続き、お願いしますね!」   

昨日は、町田市議会と相模原市議会との議員交流会(毎年1回)が行われ、参加した。米軍相模総合補給厰の一部返還地(1.5ha)と小田急多摩線延伸部分(2ha)を初めて視察したが、入ることができたのは返還地内で、基地そのものには入ることはできなかった(一度は免許証のコピーまで提出しており、基地内を視察できるという話だった)。
先日基地内で爆発火災事故があったばかりだが、その影響があるのではないかというのが参加者の感想だった。
基地は、町田市の小山町と相模原市内のJR横浜線に挟まれた214haに及び、今回相模原市に返還されるのはごくわずかであり、スポーツレクレーションゾーンなど35haの共同使用区域に至っては、“有事”の際には使用できない(軍事利用?)が条件とのことであった。
戦争法が実行されたら“敵国”の標的にされる可能性があると実感した。
懇談会の席で、相模原市の市長は、「米軍基地の全面返還を求めたい」と述べていたが、全く同感である。

さて、今朝は早く目が覚めたので早い時間に駅に着いた。
青シャツのご主人がやってきた。
「いいね、早くて」と。
髭のお兄さん夫婦もやってきた。
「宮城の続き、お願いしますね!」と。
「はい!」。
安倍政権は、辺野古埋め立て工事について、オナガ県知事が行った埋め立て許可取り消し処分に対して、法律を乱用して何が何でも新基地を建設しようとしている。
民意を無視し、法治主義に反しての工事の強行は許されない。
沖縄県民と連帯してたたかいたいと訴えた。
善行勤務のお嬢さん、黒い鞄のお嬢さん、半蔵門勤務の若奥さんらが次々とやってきた。
今朝も寒いかなと思いきやそれほどでもなかった。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-28 15:47

「よかったね。宮城!」   

秋晴れの空である。
その分寒い。
M銀行前に止めてスタンバイをした。
市役所の職員の方が早くも出勤で通った。
「おはようございます」とあいさつを交わした。
テニス大好きのご夫婦がご一緒に通った。
一昨日の宮城県議選の結果について今日も報告をした。
自民党は4減で過半数割れに、共産党は4増で第2党に!
市の職員の方がまた通った。
「朝早くからがんばっていますね!」と激励してくれた。
駅前での仕事に向かうご主人がにこにこしながらやってきた。
「よかったね。宮城!」と、県議選の躍進を心から喜んでいただいた。
うれしい!
安倍政権の暴走をストップさせるために、戦争法を廃止させるために、そのための国民連合政権をつくるために、参院選挙で共産党が躍進するために、とても重要な選挙結果だったと思う。
晴れ渡った青空が祝福してくれているようだった。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-27 09:08

「宮城県議会選挙での躍進、すごいですね!おめでとうございます!」   

昨日投開票が行われた宮城県議選挙で日本共産党は、4→8議席に躍進、議席を倍増させることができた。
私も塩釜市選挙区(定数2)の天下みゆきさんの応援に行ったが、再選を果たすことができてとてもうれしい。
来年は参院選である。
戦争法廃止の国民連合政府実現の課題と共に、日本共産党の躍進へ、東京選挙区の山添拓さんの勝利のために奮闘したいと思う。
今日の東京地方、最低気温が10度と新聞に出ていたので、「これは寒いぞ」と思った。
週が明けて、やはり寒い朝になった。
駅に近づいてきたところでキックボードのおじさんに会った。
手を振って「おはよございます!」とあいさつをした。
駅に立った。
宮城県議選の結果から切り出し、戦争法廃止の国民連合政府実現、参院選での躍進への支援などを中心に訴えた。
クリクリちゃん姉弟がお母さんの車から降りたらダッシュでやってきた。
豹柄ルックのお嬢さんが新たな装いでやってきた。
友人のHさんがやってきた。
「宮城県議会選挙での躍進、すごいですね!おめでとうございます!」と。
「ありがとうございます」
日本共産党に対する期待と責任の重さをズシリと感じた言葉だった。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-26 09:27

「野球やっています」   

日の出の時間が遅くなってきた。
薄暗いときに起きて出かけるようになってくる。
駅に着いた。
昨日と同じ場所で宣伝をした。
スタンバイを終えて皆さんに挨拶を始めた。
青シャツのご主人がやってきた。
「早いね!」「はい・・・」
「1ポイントだ」と激励してくれた。
F団地の奥さんが久々にやってきた。
「元気でやっているか気になってました」と。
お会いできてよかったと思った。
新婚カップルのご夫婦が仲良くやってきた。
訪韓中の志位委員長が、昨日、ソウルの建国大学で講演した。
韓国に対する日本外交の在り方についての示唆のとんだ内容に会場の参加者が共鳴した、と。
私は、戦争法を廃止させ、韓国の植民地化や日本軍慰安婦問題など過去の歴史と真実にしっかり向き合った外交を日本政府に求めていきたいと思うと訴えた。
半蔵門勤務の若奥さんのお母さんがやってきた。
ややして若奥さんがやってきた。
善行勤務のお嬢さんは今日も元気そうな足取りだった。
町田聾学校の女の子がやってきた。
今日は聞いてみた。
「おはようございます。野球やっているの?」とバットを振る仕草をしながら。
最初は分からなかったようだが、すぐに気が付いて、「野球やっています」と答えてくれた。
とてもうれしかった。
寒くなってきた。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-23 09:08

「寒いですね!」   

また少し寒くなった。
スムースに車を止めることができ、すぐに準備をした。
私が新聞に目を通している間にMr.Cが通って行った。
昨日、市役所1階のフロアーで体力測定のコーナーがあり、知り合いから呼び止められてやってみた。
握力、片足立ち、平衡感覚の3種類だったが、体力の衰えを実感した。
体重を減らし筋力をアップする運動と食生活(いつも同じだが・・・)が課題である。
いつやるか?(今でしょ!)
駅頭に立ちながら昨日のことをふと思い出した。
半蔵門勤務の奥さんとお母さんがやってきた。
善行勤務のお嬢さんも笑顔で通って行った。
トコトコちゃんがマスクをしてやってきた。
「寒いですね!」と両手を結んで話しかけてきた。
「そうだね。気を付けて行ってらっしゃい」と見送った。
ヘビメタルックのお姉さんも通って行った。
髭のお兄さん夫婦はまるで兄妹のようである。
辺野古新基地建設問題、戦争法廃止問題、臨時国会開催要求問題、そして、志位委員長の訪韓のことを話題に話をした。
スカーフの奥さんが久しぶりにやってきた。
そして、トコトコちゃんのお姉さんがイアホンをはずして挨拶をしてくれた。
手を振って、「行ってらっしゃい!」と送った。
10月も後半になったが、晴れの日が多かったなと思った。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-22 09:04

「親の介護を終えて朝帰りです」   

家族の足音で目が覚めた。
どんよりとした天気である。
犬の散歩に出かけようとしていたご夫婦と朝のあいさつを交わした。
駅に着き、掃除をして、あいさつを始めた。
赤いスニーカーのご主人が声をかけてくれた。
アウディに乗ってくるご主人が、送ってくれた奥さんに手を振った後、私に挨拶をしてくれた。
ガーナ出身の若い男性が「オハヨウゴザイマス」と。
3人兄弟の一番下の男の子もすっかり野球部員らしい体になってきた。
TPP交渉「大筋合意」の詳細が昨日政府によって明らかにされた。
農産物の95%の品目で関税を撤廃するというものである。
選挙公約も国会決議にも反し手の調印は認められないし、TPPからの撤退を要求すると訴えた。
戦争法廃止の国民連合政府についても説明した。
パッチワークの奥さんが通った。
豹柄ルックのお嬢さんは今日もツートンカラーのバンダナに毛皮の襟巻である。
・・・と、「おはようございます」と駅構内から上がってきた男性の声がした。
旭町の0さんだった。
「いつもご苦労様です」「今日は?」。
「親の介護を終えて朝帰りです」と。
今年定年を迎え、代々木に住んでいるご両親のところへときどきいっているのだそうだ。
「お疲れさあまでした」と見送った。
横浜在住の奥さんもやってきて10分ほど思いのたけを話していった。
こんな天気の時は何となく落ち着かない。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-21 09:40

「すっきりしましたね」   

今日も早く起きることができた。
暑くもなく寒くもないちょうどいい気候である。
そういえば、昨日、事務所の隣のS商店に買い物に行ったときにも同じことが話題になった。
「1年中こんな気候だったらいいのにね」と。
「そうなったらハワイみたいになって観光客が来るよ」などと冗談まで出たが、確かにこれ以上寒くならないでほしい。
駅に向かった。
市民ランナーが走っている。
駅に着きスタンバイをした。
青シャツのご主人がやってきた。
頭に手をやって、「すっきりしたね」と。
そして、「この間は下でやってたね」と激励してくれた。
青いジャンバーのご主人もやってきた。
木曽団地のご主人が近寄ってきて、「早いな!」と。
Mr.C夫妻もやってきた。
ナイジェリア出身の若いご主人はとてもいい笑顔だった。
もう一人別のアフリカ出身のご主人は、作業靴を履いていた。
戦争法が強行成立されて昨日で1カ月がたった。
国民の怒りの運動はさらに広がっている。
昨日は、戦争法廃止の集会が全国各地で行われ、東京では国会前に9500人の市民が結集、野党5党の国会議員も挨拶をした。
「戦争法を廃止させよう!」「国民連合政府を実現しよう!」「野党は団結してたたかおう!」である。
新婚カップルのご夫婦は今日も仲良く手をつないでやってきた。
半蔵門勤務の奥さんがスマホを触りながら笑顔で通って行った。
黒い鞄のお嬢さん、善行勤務のお嬢さんにも久しぶりに会った。
「すっきりしましたね」と善行勤務のお嬢さんにも言われてしまった。
Iさんがビラ配りの手伝いに来てくれた。
トコトコちゃんには「行ってらっしゃい!」と声をかけた。
町田聾学校の野球部員の女の子がやってきた。
口を大きく開けて、「おはようございます。行ってらっしゃい!」というと、「はい、わかりました」と返事をしてくれた。
暑くもなく寒くもなく本当に程よい天候だった。
[PR]

by ken-tono | 2015-10-20 08:55