<   2016年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

Yさん、本当にお世話になりました。   

しだれ柳の数珠玉がたわわに膨らんでいる。
隣に並んでいるソメイヨシノは満開である。
競演とはこのことを言うのではないだろうか。
ピンクとエメラルドグリーンのコラボレーションが抜群である。
駅に向かった。
M銀行前で訴えることにした。
誰かと待ち合わせていた男性が「お疲れ様です」と声をかけてきた。
「雨の日も風の日もがんばってますね」と。
後で名刺をいただいたが、とある行政機関の方だった。
職場の仲間が集まったらしく、仕事に出かけて行った。
ナイジェリア出身の若いご主人がやってきた。
気持ちのいい笑顔で駅に向かっていった。
今日は年度末であり、市役所でも定年退職者の辞令交付が行われる。
戦争法廃止を訴えた。
TPP批准阻止も訴えた。
普段よりもきっちりとした身なりで市の職員の方々が通って行った。
宣伝を終了し、市役所に行き、佐藤議長と共にY議会事務局長の辞令交付式に参加した。
初めての経験である。
「長年、お疲れ様でした」と議長と共に私もY事務局長に労いの挨拶をさせていただいた。
Yさん、本当にお世話になりました。

[PR]

by ken-tono | 2016-03-31 09:23

「志位さん有名だよ」とつぶやいた。   

予定していた駅の出入り口に近づくと、先客の姿が見えた。
地元サッカーチームの応援団の方がユニホームを着て試合のチラシをまいていた。
私は、場所をPビル前に変えた。
昨日は、市議会第1回定例会最終日の本会議が行われ、2016年度一般会計予算など市長が提案した議案はすべて可決した。
日本共産党市議団は、一般会計予算、長寿祝金「廃止条例」、中小企業融資「廃止条例」など、市民の利益に背く議案に対して討論を行って反対した。
また、昨日、戦争法が施行された。
国会前には廃止を求める市民3万7千人が集まり、声を上げた。
戦争する日本に突き進む安倍政権の退陣が国民の世論になってきている。
戦争法廃止へ運動の発展と参院選で日本共産党へのご支援をと訴えた。
Aさんのご主人が離れたところから挨拶をしてくれた。
横浜の奥さんが新聞を見ながら歩いてきたが、私には気が付かなかった。
30歳代と思われる若い男性が立ち止った。
看板のポスターを見ながら、「志位さん有名だよ」とつぶやいた。
「そうですね」と返事をした。
朝、まだ肌寒いとはいえ、だいぶ暖かくなってきた。


[PR]

by ken-tono | 2016-03-30 08:57

「勉強中にすみません」   

桜は満開に近くなってきた。
駅に向かうと、途中、お腹が出た外国人の男性が走ってきた。
駅に着き、気持ちよくスタンバイができた。
青シャツのご主人がやってきた。
ん、ん、とうなづきながらアイコンタクトであいさつ。
視線を感じたので見上げるとF団地のB奥さんだった。
新聞に目を通していた私に、「勉強中にすみません」と。
木曽団地のご主人もやってきた。
F団地のA奥さんがやってきた。
「この場所にまた戻ってきましたね」と、このところ私を見なかったということだった。
時間のズレがあったのかもしれないと思った。
新婚のご夫婦が笑顔で通って行った。
今日は3月29日。
安保法制(=戦争法)が施行される日である。
廃止のために全力で頑張りたいと訴えた。
また、そのためにも参院選で日本共産党と山添拓さんへのご支援を、と。
今日は市議会第1回定例会最終日である。
今日も1日、市民の立場に立って全力で頑張りますと訴えた。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
黒い鞄のお嬢さんもやってきた。
クリーニング屋さんでバイトをしている奥さんとご主人がやってきて、「がんばって!」とがっちり握手。
まだまだ肌寒い朝である。



[PR]

by ken-tono | 2016-03-29 08:21

ヤマタク(山添拓)いいねぇ。   

土曜日は、朝から「春のやくしまつり」に議長と共に参加。
50年ぶりのかいぼりの後、流水が終わり、水生動物を放った。
私は50cm以上の巨大なスッポンをつかませてもらい、池に入れた。
紙芝居のかーこさんから員たびゅうを受けた私は、「びっくりポン!です」と応えた。
その日の夜は、4月29日に行われる武相マラソンを支援する春のつどいが行われ、議長の代理で出席。
元箱根駅伝のスターだったステファン・マヤカさんがゲストで見えていて、名刺交換をした。
そして昨日は、東京消防庁ハイパーレスキュー隊の拠点となる新庁舎の落成式が行われ、これも議長の代理で出席した。
神速で的確な訓練を見て、大規模災害や猛毒物質など危険物処理等の処理を的確にこなす姿に感動した。

そして今朝。
暖かいかなと思いきやまだまだ寒かった。
掃除をしてから挨拶を始めた。
恵比寿勤務のおじいさんがやってきた。
「この人、いつもいるよ。ヤマタク(山添拓)いいねぇ。共産党人気があるからいいんじゃない!」と。
「よろしくお願いします」と返事をした。
駐車場に車を置いて帰る途中、白い車のおじいさんにあった。
「山添拓さん、がんばってね!自民党と公明党を負かせてやらないと」と。
戻ってからマイクを握った。
参院選で野党共闘、統一候補の擁立へ市民運動が活発になってきていることを伝えた。
「応援しています。がんばってください!」と若い男性が声をかけてくれた。
市民のみなさんは少しずつ選挙モードになってきたと思う。
雨が降らずに済んでホッとした。
豹柄ルックのお嬢さん、今日はアーミールックだった。

[PR]

by ken-tono | 2016-03-28 08:59

「私の家の周りは薄氷が張ってましたよ」   

外に出てそうだと思った。
エメラルドグリーンの枝垂桜である、と。
やっぱりいい。
フロントガラスの下の方が凍っていた。
駅に着き、スタンバイをした。
マイ宣伝カーを駐車場に置きに行こうと思ったら、わが市議団の渡場さとし市議がやってきた。
一緒に宣伝をしようと。
駅に戻り、交代で訴えた。
TPP問題、保育士の給与引き上げの法案を野党5党が共同提出したこと、第1回定例会の内容について話した。
半蔵門勤務のお嬢さんがやってきた。
「いってらっしゃい!」と言うと、笑顔で応えてくれた。
髭のお兄さんがやってきた。
「寒いですね?」「私の家の周りは薄氷が張ってましたよ」と。
善行勤務のお嬢さんがやってきた。
一瞬立ち止まり、「お久しぶりですね」と。
サッカーコーチのMさんも相変わらずのコートなしでやってきた。
渡場市議が、「今朝の気温は3度です」と言っていた。


[PR]

by ken-tono | 2016-03-25 08:44

「ほら、殿村さんだよ」   

「2月並みの寒さになるってよ」と妻が出がけに行った。
これから寒くなりそうな感じである。
地球の重力を感じさせてくれるしだれ柳の数珠玉のれんを今日も一目見て駐車場に向かった。
駅に着き、さっそく掃除をした。
昨日は、佐藤議長と綾瀬市、海老名市、座間市、愛川町の議会を訪ね、議長、副議長、事務局長さんらと懇談した。
あいにく、神奈川県内の公立小学校の卒業式が一斉に行われていたため、お会いできなかった議長さんもいた。
綾瀬市、座間市では米軍基地問題が、海老名市では駅前再開発問題が話題になった。
今朝のしんぶん赤旗日刊紙1面トップの記事は、ママパパ、保育士さんらが「国会大作戦」ということで、昨日国会内で保育問題での集会が開かれたという内容を報じている。
私も、町田市議会文教社会常任委員会で認可保育所増設について、保育料の値上げ健闘は止めるべきなどの質疑、論戦をしたことを紹介した。
ちょうどそこへ、2人の幼児を連れたお母さんがやってきて、「ほら、殿村さんだよ」と子供たちに話しかけた。
もちろん、2人の子どもたちはきょとんとした顔をしていたが、保育所問題の話をしていた時だったのでタイミングが良かったのかもしれないと思った。
「気を付けて行ってらっしゃい!」と3人を見送った。
Aさんがやってきた。
やはり私の子どもの保育所仲間のお父さんである。
「先日は届けていただいてありがとうございました」と。
Aさん、さっそく共産党と山添拓さんのポスターを家の前に張ってくれたとのことだった。
「ありがとうございました」とお礼をした。
参院選で日本共産党の議席を伸ばしてください、山添拓さんを国会へ送ってください、安保法制廃止を掲げる統一候補へのご支援をと訴えた。
長身のお嬢さんがやってきた。
思い切って聞いてみた。
「どちらまで通っているんですか?」と。
「鷺沼までです」と返事が返ってきた。
これからは、鷺沼勤務のお嬢さんと呼びたいと思う。



[PR]

by ken-tono | 2016-03-24 09:09

「ようやく付いたね。音が出ないとね・・・」   

エメラルドグリーンの玉すだれが、一番長いものは地面にまで達している。
綺麗である。
駅に向かった。
鎌倉街道に出ると、ちょっとおなかが出た外国人の男性がランニングをしていた。
早めに駅に着いた。
昨日は、佐藤議長とともに、八王子市、稲城市、町田警察署、南大沢警察署、町田消防署を訪問し、あいさつをした。
今日は、神奈川県内の近隣の自治体を回るため、早めに駅頭を切り上げようと思った。
スタンバイをしていたら、青いズボンのご主人がやってきた。
「がんばって!」と。
そのあと、F団地のB奥さんがやってきた。
「がんばってるね」。
しばらくして、青シャツのご主人がやってきた。
「ようやく付いたね。音が出ないとね・・・」と。
「はい」「わっはっはっは」。
バスセンターに河口湖行の観光バスが止まっていた。
私服を着た高校生が次々と乗り込んでいた。
おそろいの白いウインドブレイカーの女子集団が散歩をしていた。
どこかの高校のバスケットボール部員のようだった。
新聞の天気予報欄を見ると、東京地方の最低気温は6度、と。
町田駅前は5度ぐらいだったかもしれない。


[PR]

by ken-tono | 2016-03-23 07:42

「あなたの声を聞いて来たんだよ」   

昨日、東京地方の桜の開花が宣言された。
桜色のネクタイをしたりと、気象庁の担当官が一番ゲン担ぎをしているように見えたが、どうだろうか。
わが家の前のしだれ柳は、エメラルドグリーンの数珠玉がいよいよ光り輝いている。
今朝もまた、EXILE ATSUSHI+AIの『No more』を聴きながら駅に向かった。
昨日、中町と野津田の両Oさんにお手伝いしていただき、車にスピーカーとアンプが付いた。
駅に着き、掃除を済ませ、あいさつ、宣伝をした。
「おっ!」。
ん??
キックボードのおじさんがリュックを背負って仕事に行くところだった。
「これから寒くなるってよ」と。
「いやだなぁ」と私が返事をすると、「わっはっはっは!!」とおじさんは大声で笑った。
今日も日中は暖かくなる予報なのに、朝方はまだまだ寒いのだ。
クリクリちゃん姉弟の弟君がやってきた。
年配の奥さんがコンビニの方からやってきて立ち止った。
「あなたの声を聞いて来たんだよ」と。
この奥さん、「安倍は大っ嫌い!」と、安倍首相には早く辞めてもらわなければ!と怒り心頭だった。
私が「がんばります!」と応えると、「共産党、応援するからがんばって!」と握手をしてくれた。
米軍に対する「思いやり予算」で作った米軍家族住宅が、約30年間で11,800戸もあり、東北地方の被災者の仮設住宅の5~8倍の広さだ、と。
そのお金で、学生さんたちの授業料半分の助成ができますという話をした。
参院選1人区での野党の統一候補が青森から沖縄まで9選挙区に達していることも伝えた。
衆院北海道5区補欠選挙でも野党5党の統一候補が擁立できる。
今年は政治が大きく変わる年になりそうだし、そのために頑張りたいと思う。
宣伝を終えて、駐車場に止めたマイ宣伝カーへと戻った。
やはり、いいなと思った。



[PR]

by ken-tono | 2016-03-22 08:58

あんな大量の涙を見たのは初めてだった。   

昨日の午前中、町田第一中学校の卒業式に参加した。
今年の卒業生が300人ちょっとということで、普通学級8クラス、若葉学級1クラスと、久しぶりに大規模校の実感を味わった。
町田第一中学校は今年で築53年目になる。
新年度予算に改築の基本設計予算が盛り込まれ、2022年1月、リニューアルオープンとなる。
良かったと思う。
式では、知人のお子さんのIくん、Aくんとも元気な声で卒業証書を受け取っていた。
卒業式の定番の歌(曲名を忘れてしまった)は全員合唱となっていたので、卒業生、在校生、教職員、保護者の方々と一緒に思いっきり歌わせていただき、とてもうれしかった。
目の前にいた女の子たちがボロボロと流した涙が、床に落ちでシートがびしゃびしゃになっていた。
あんな大量の涙を見たのは初めてだった。

そして、今日は、戦争ゴメン!まちだ市民連絡会主催の100人宣伝行動に、細野市議、佐々木市議らとともに参加した。
交代で私もマイクで訴えた。
1時間で100筆以上の署名が集まった。
歌声グループの方から自家製の桜餅をいただいた。
お店で売っているようなとってもおいしい和菓子だった。
雨が降っていた。
今日は安保法制(=戦争法)が強行採決、成立させられてから半年になる日である。
市民にアピールできたと思う。
今日は午後から日比谷で戦争法廃止を求める大集会が行われる。

[PR]

by ken-tono | 2016-03-19 13:22

蛇柄のブーツだった。   

最低気温が10度を超えた。
だが、駅に立ってみると、まだ肌寒いではないか。
大学の元講師の方がやってきた。
「おめでとうございます。しっかり頑張って」と。
「はい」と返事をした。
駅近くのマンションに住んでいるご主人がやってきた。
「この人、私の親せきかも」と。
この人とは、山添拓さんのことである。
前にも一度お話を聞いたことがあったが、この方、広島出身の山添さんなのである。
「応援、よろしくお願いします」と返事をした。
クリクリちゃん姉弟がやってきた。
プジョーのご主人がってきた。
そして、豹柄ルックのお嬢さんがやってきた。
足もとに目が行った。
蛇柄のブーツだった。
お嬢さんは、アニマルデザインが大好きなようだ。
大学生の学費を10年で半額に、奨学金を給付制に、時給1500円になど、学生さんが安心して学べる環境にするための改革案を日本共産党が提案し、志位委員長が記者会見で発表した。
そのことを訴えていたら、学生さんらしい男性が、ウンウンと頷いて通った。
暖かくなってきた。


[PR]

by ken-tono | 2016-03-18 08:30