<   2017年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

「お母さん!!」「早くしなさいよ!!!」   

昨日、木枯らし1号が吹いた。
一気に冬になったみたいに寒かった。
今朝も心配したが、それほどではなかった。
駅に立った。
「おはようございます」。
O湯の若旦那だった。
こんなところで、こんな時間に会うとは珍しいと思った。
明日にも召集される予定の特別国会が、会期の短さと野党の質問の削減など、安倍首相のいう“真摯”な政治姿勢などどこにもないことを訴えた。
駅周辺の清掃の仕事をされているご主人が立ち止って話してくれた。
「今の政治を興味を持ってみている。面白いね」と、各政党の行動と考えがだんだんわかってくるということだった。
もちろん日本共産党には一番がんばってほしい、と。
若いお母さんが叫びながら走ってきた。
「早くしなさいよ!」。
「お母さん!」と泣き叫びながら10メートル後を追いかける幼児。
エスカレーターを上がったところで幼児が転んだ。
「お子さんが転びましたよ!」とサラリーマンの男性が叫んだ。
「早くしなさいよ!!」とさらにエキサイトするお母さんは、子どもを置き去りにしたまま駅に向かう。
「お母さん!!」「早くしなさいよ!!!」。
お母さんが構内に消え、しばらくして幼児も入って行った。
あっという間の出来事に、私を含めて茫然自失状態だった。
いつも挨拶をする高校生の女の子がやってきた。
「かわそうですね・・」「ねぇ」。
お母さんのストレスの原因は何だったんだろうか?
現代社会の断面を見た気がした。





[PR]

by ken-tono | 2017-10-31 08:57

「対話というなら、猪木だろう!」というのだ。 「??・・・」   

台風が通り抜け、今朝は真っ青な快晴の空が広がっていた。
しばらく見ていなかった気持ちのいい空である。
山の頂からパノラマを見渡した時のような感覚かもしれない。
掃除をして、挨拶を始めた。
「ご苦労様」。
旭町のOさんだった。
白髪のご主人、南大谷のSさん、それとは逆に家に戻って行ったキックボードのご主人の姿が見えた。
総選挙後、安倍政権の支持率を不支持率が上回り、増えているという。
自民党や公明党は国民から「圧倒的な」支持を受けていないどころか、国民の信頼を失う方向に大きく向かっていると思う。
日本共産党の出番である。
ブレず、揺るがず、安倍暴走政権に市民と野党の共闘でまっすぐ立ち向かう。
トランプ大統領が来日したら、安倍首相は、北朝鮮への圧力強化を求めるのではなく、対話を強調せよと訴えた。
対馬出身だという男性が話しかけてきた。
「対話というなら、猪木だろう!」というのだ。
「??・・・」
確かに彼も対話をしに行ったのだろうが、効果は疑問である。
アメリカや日本が世界の世論と連携して本格的な対話を追及することが最大の課題ではないかと男性に話をし、マイクでも訴えた。
すがすがしい朝だった。


[PR]

by ken-tono | 2017-10-30 08:51

「3極対決ではなく2極対決」だ。   

午前中は、成瀬の総合体育館で、「町田ダンススポーツ大会・市長杯争奪戦」という司会の開会式に、議会を代表して参加し、挨拶をした。
池川友一都議も出席していて、市議と都議のダブルで参加していたのは、その時点では共産党だけだった。
隣に座った小倉衆院議員は、東京23区の結果について、松村りょうすけさんの得票に驚いていたのには、私もびっくりした。
「私と希望の党の伊藤さんが同じく見えて、そうじゃない人たちは共産党を選んだのでは」と。
そうなんです、と内心思った。
「3極対決ではなく2極対決」だというメッセージが少しでも浸透したかもしれない。
その後、配管の対象とされている市立博物館に足を運んだ。
「江戸の粋 明治のシックー型染めデザインの美ー」という展覧会で、既に9月から開催されていて、11月5日が最終日なので、選挙後の今日、忘れないうちにと出かけてみた。
時代劇に出てくる大名が来ている着物だ、と思いながら興味深く見ることができた。
そういえば、今でも、スーツの上着やコートの裏地にしゃれたデザインの生地を使っている物があるが、江戸や明治の「粋」な伝統が引き継がれているのかなと思った。
f0037423_15425343.jpg
f0037423_15165902.jpg

[PR]

by ken-tono | 2017-10-28 15:35

「殿村さん、がんばってよ!」   

昨日は、福岡県飯塚市と田川市の2市から町田市に視察があり、私が歓迎のあいさつをした。
そして今朝は、北口に立った。
出入り口がゴミが散らばっていて、きれいに掃除をしてから挨拶を始めた。
「入れといたんだけどさ・・・」と、思うような結果にならなかったことを残念だという男性からの声だった。
お父さんの車から降りた50歳代と思われる息子さんは、「殿村さん、がんばってよ!」と激励してくれた。
後半、御意のお姉さんが来てくれた。
選挙後初めての対面だった。
共産党が比例で交代したことが「本当に悔しい!」と。
これからもがんばっていきましょうということになった。


[PR]

by ken-tono | 2017-10-27 09:15

「ブレない共産党が伸びると思ったよ」   


台風も過ぎ去り、寒くもなく、暑くもなく、ちょうどいい天候である。
昨日、台風21号への町田市の対応について、吉田議長と共に高橋副市長から説明を受けた。
22日から23日にかけて、町田市は、大雨警報、洪水警報、土砂災害警報を発表した。
境川は、23日の午前2時半から3時ごろにかけて、氾濫危険水位に達していたことが分かった。
もし、その後も同程度の雨が降っていたら、境川は氾濫していた可能性があったようだ。
任務に付いた市職員や消防団員、自主防災隊の皆さんの労をねぎらいたいと思う。
同時に、改めて、特に、境川の治水対策の強化が緊急の課題であることが浮き彫りになった。
日本共産党市議団は、池川友一都議と連携して、対策強化へ取り組んでいきたいと思う。
さて、今朝は、目が覚め、二度寝をしてしまい、出かけるのが遅くなってしまった。
Pビル前に立った。
選挙結果について、日本共産党中央委員会のコメントが発表されたので、要点をお話した。
教訓として、市民と野党の共闘に真剣に取り組み、今後に生きる大きな成果を生み出したこと。
その一方、比例では、20議席から11議席に後退したことは、大きな課題を残すこととなった。
日本共産党を丸ごと理解していただくことや、日本共産党の組織を大きくする取り組みが重要であるということである。
そんなことを思いながら、選挙結果とこれからの考えを話した。
「ブレない共産党が伸びると思ったよ」と開口一番話した男性は、まさかあんなに共産党の議席が減るとは思ってもいなかったと言っていた。
結果はそうならなかったが、重要な指摘だと思った。
「また、がんばって!」というご婦人もいた。
ある学生さんは、どこに入れましたか?の私の質問に対して、「自民党」と答えました。
ほぅ。。。
「理由は?」と聞いてみた。
キーポイントは、小池百合子氏の発言にあったようだ。
「小池新党をやっつけてもらうために、自民党に1票投じた」と。
なるほどと思った。
残念ながら日本共産党は視野に入っていなかったようだが、今日は、話してみたかった、とも。
持っていたしんぶん「赤旗」日刊紙を「見てください」と差し上げたら、快く受け取ってくれた。
本町田のAさんのご主人が声をかけてくれた。
「お疲れ様でした」。
「ありがとうございます。これからもよろしくおねがいします」とお礼を述べた。



[PR]

by ken-tono | 2017-10-24 09:22

「がんばったね!」   

昨日、総選挙の投開票が行われた。
台風の影響で風雨が激しい中、私も昨日の朝、投票した。
もちろん、比例は日本共産党、小選挙区は松村りょうすけ、に。
全国の結果は、小選挙区では沖縄1区で赤嶺せいけんさんが当選。比例では11議席にとどまった。
市民と野党の共闘に努力した日本共産党だった。
東京23区では、松村りょうすけ候補が、約2倍に得票を伸ばすことができたが、比例では、町田で2万票をわずか下回る結果だった。
今朝は、松村りょうすけさん、佐々木とも子市議と一緒に宣伝をした。
「がんばったね!」の声が皆さんから寄せられた。」

[PR]

by ken-tono | 2017-10-23 09:21

「殿村さんですよね」   

昨日は、笠井亮党政策委員長・比例代表候補が松村りょうすけさんと一緒に政策を訴えてくれた。
とくに、若い人たちの反応があり、共産党と松村りょうすけさんに対する期待が広がっているなと感じた。
小選挙区は他の候補に入れるという人にも比例で日本共産党と書いてもらうよう、私も大いに呼びかけたいと思う。
今朝は、Mデパート前に松村りょうすけさんの候補者カーを配置し、宣伝した。
中には、「殿村さんですよね」という方が何人かいたので、「はい」と返事をした後、「比例は共産党、選挙区は松村りょうすけでおねがいします」と言うと、「分かりました」と返事が返ってきた。
今日を入れてあと3日である。

[PR]

by ken-tono | 2017-10-20 09:16

「がんばれよ!」   

昨日は、横須賀市議会の生活環境常任委員会のみなさんが、町田市が市内業者と共同で開発した「消えないまちだ君」の視察に来られた。
私が歓迎のあいさつをした。
ちょうど、1階ロビーでトライアル商品の展示が行われていたので、そのことも紹介した。
また、横須賀市には、私の学生時代の友人が住んでいて、遊びに行ったことがあると話した。
今朝は、Mデパート前で宣伝をした。
年配の奥さんが、昨日、成瀬で松村さんに会った、と。がんばって下さいと声をかけてくれた。
雨合羽を着て自転車で通った男性が、「がんばれよ!」と声をかけてくれた。
また、Y団地に住んでいるという女性が、「いつも共産党応援してますよ」と激励してくれた。
雨の中どうかと思ったが、それなりに声援があった。
あと4日。
がんばりたい。

[PR]

by ken-tono | 2017-10-19 08:53

「あと、5日だな。がんばって!」   

朝の寒さは昨日ほどではなかった。
今日までは予定通りにスタンバイすることができた。
勝敗は、あと5日の奮闘にかかっている。
安倍政治を終わらせる、その目標に向かってがんばるのみである。
「比例は日本共産党」、「小選挙区は松村りょうすけ」と訴えた。
昨日、高校時代の友人に連絡をしてみた。
「共産党応援しているよ。体に気を付けてがんばって!」と激励してくれ、とてもうれしかった。
K団地のご主人が、「あと、5日だな。がんばって!」と。
ん。


[PR]

by ken-tono | 2017-10-18 09:17

「もう少し」、だが「あと1週間」を全力で頑張りたいと思う。   

昨日も駅に立ったが、ブログを掻く時間がなかった。
超、超寒かった。
トコトコちゃんに会った。
「寒いですね」と言いながら、トコトコちゃんは、あまり寒そうに見えなかった。
昨夕は、立川駅頭で志位委員長を迎えて日本共産党街頭演説が行われた。
5000人ぐらいはいたのではないだろうか。
「この1週間が勝負!必ず躍進するためにがんばりましょう!!」と気合いの入った演説が参加者に響いたと思う。
そして今日。
小雨が降っていたが、傘をさして駅に立った。
「もう少しですね」と激励を寄せてくれた男性がいた。
「もう少し」、だが「あと1週間」を全力で頑張りたいと思う。

[PR]

by ken-tono | 2017-10-17 08:41