「イブリガッコ」でなくて「味噌漬け」だろう   

今朝の駅頭は人もマバラだ。おそらく50%以上が高校生かもしれない。オンリーワンのお兄さん、仕事がオフだったのか姿が見えなかった。藤の台にお住まいのSさん、今日もニコリと励ましてくれた。
コンビには24時間営業だが、とにかく朝が早いのが、原町田の仲見世商店街だ。8時過ぎ顔を出してみた。オ~ッ、やってる、やってる。大判焼き屋さん、八百屋さん、魚屋さん、製麺屋さん、肉屋さん・・は、やっぱり早いナア。「おはようございま~す」。と、「あっ、おはようっ!」。元気な声が返ってくる。市内の商店街でも、生鮮三品の店があるところが少なくなってきたが、中心市街地ではココだけかもしれない。ときどき、魚屋さんのタラコを買うことがあるが、秋田育ちの私としては、ショッパイぐらいのこの店のタラコの味がちょうどいい。タラコに筋子、塩鮭(秋田では塩引きと言ってたが)と、寒いせいか、とにかくショッパイのをみんなよく食べる。漬物ならば、リクエストナンバーワンは、「イブリガッコ」でなくて「味噌漬け」だろう。干したダイコンを自家製の味噌で漬け込むヤツだ。ん~~ん。どれもこれも白いご飯と一緒に食べるとたまらないというわけだ。みなさんからすると、塩分過多で脳卒中になってしまうヨ!とお叱りを受けるとおもうが、そうだよな。
で、今日は、13日の一般質問の準備をした。
昼、いつもの龍園で、天津丼と餃子を頼んだ。「あっ、ごめ~ん。餃子4個しかないんだけど、いいかナア?」。「お願いします!」と直ちに注文した。ん~~ん。うまかったナア。んん??それにしても、餃子って一皿何個入ってたんだっけナア?
[PR]

by ken-tono | 2006-06-10 22:42

<< 剣道着、ヤッパリうれしかったん... サッカー・世界で一つの言葉 >>