ま信用できるのは日本共産党しかない、がんばってほしい!私も知り合いに声をかけるから!   

午前中、町田第4小学校の運動会に参加してきました。
短距離走、綱引き、騎馬戦など、私たちの子どもの頃と同じ種目がいまでも行われていて、懐かしく思いました。
隣に座った教育委員会の職員の方に、「私の子どもの頃は足袋を履いてましたよ」と話すと、「足袋ですか!?」と驚いていました。
もっともあまり足が速くなかった私にとっては、早くお昼休みになってくれないかなと思っていました。
母が作ってくれた太巻きのお寿司を早く食べたかったからです。
運動会を見学した後駅頭に向かいました。
M銀行前にマイ宣伝カーを付けてマイクで訴えました。
始めるや否やすぐに70歳前後と思われる男性が声をかけてきました。
「これから話すの?あの人辞めさせてよ!」「舛添都知事ですよね」。
「そうだよ」と、その男性は、いま信用できるのは日本共産党しかない、がんばってほしい!私も知り合いに声をかけるから!と激励してくれました。
オバマ米大統領の広島訪問は、「核廃絶の世界実現」へ重要な第一歩だと訴えました。
同時に、核兵器禁止条約を締結するためにアメリカが交渉に参加することが必要だということも訴えました。
今日はこの後午後6時から、参院東京選挙区予定候補の山添拓さんと衆院東京23区予定候補の松村亮介さんの2人がが丸井の前で訴えます。
私が司会を務めますので、いまからでも町田駅前に駆けつけてください。
お待ちしています。

[PR]

by ken-tono | 2016-05-28 17:19

<< 水玉模様のシャツを着たトコトコ... 「まだ、がんばらねどなぁ!」 >>