メイドイン町田の木琴工房はスゴイ!   

昨日は佐藤議長と2人で秋の交通安全運動をしている各地域の交通安全協会のテント周りをした。
西は相原から北は鶴川、南は町谷原、中央部は旭町、原町田と、本来は午後2時過ぎになる予定が午前中に終了した。
カーブミラーを付けてほしいという要望や鶴川市民センターのリニューアルオープンはいつになるのかなど、いろんな声が寄せられた。
今日は午前中、成瀬コミュニティセンターまつりに議長の代理で出席し、あいさつをした。
催しのオープニングは、小川高校吹奏楽部の演奏で、名探偵コナンのテーマ曲など4曲楽しく聞くことができた。
左側の打楽器の方を見ると、木琴(あるいは金属琴)が3台見えた。
その一つが大手のY社製でその隣が地元事業のS社製だった。
実は、先日、S社にお邪魔をして、社長さんに工場を案内してもらった。
木琴の材料はホンジュラス産のローズウッドという木材で、比重が重く水に沈むのだそうだ。
全て手作りで、海外にも輸出しているそうだが、需要が減って生産量が減っているということだった。
学校で使われている木琴から、プロが使うマリンバの製作まで一流の技を見せていただいた。
メイドイン町田の木琴工房はスゴイ!と思った。
さて、今日と明日は、天満宮のお祭りが行われる。
これから街に出て、見学に行こうと思う。
[PR]

by ken-tono | 2016-09-24 11:35

<< 「今度は沖縄の高江問題(ヘリパ... 話すことができたのは、わずが1... >>