「今週もよろしくお願いします」   

朝、テレビをつけると、大水害の被害がさらに広がっていた。
様々な理由はあると思うが、あれだけの方々が家から外に出られない状況は、尋常ではない。
自然災害の恐ろしさを改めて実感した。
駅に立った。f0037423_16051277.jpg
O湯ファンクラブのご主人と息子さんがやってきた。
ホルンのお嬢さんが挨拶をしてくれた。
南大谷のご主人が奥さんの車を見送り、やってきた。
札幌出身の奥さんは、向こうから声をかけてくれた。
今日は月曜日。
本町田のAさんが来たので、「今週もよろしくお願いします」と声をかけた。
先週末、私の郷里の先輩である柴田豊勝さん(元日本共産党横浜市会議員)から郵便物が届いた。
『柴田キク子自分史 95年』(写真)という小冊子だった。
戦前、戦中、戦後を福島~横須賀~秋田~横浜と、95年間生き抜いた自身の人生を綴ったものである。
私の母が、現在92歳なので、重ね合わせながら読むことができた。
大いに感動し、学ばされた。


[PR]

by ken-tono | 2018-07-09 15:50

<< 「外遊なんか行く場合じゃないで... 果たしてカワウソだったのだろうか? >>