2011年 11月 15日 ( 1 )   

三浦一敏さん、初当選おめでとう!   

13日投開票が行われた宮城県議選挙で、日本共産党は、現有2議席から4議席へと倍増させることができた。
私たち町田からも何度もボランティア支援に行った石巻市の選挙区、石巻・牡鹿地区では、前石巻市議だった三浦一敏さんが3位で初当選した。定数2の塩釜地区では、天下みゆきさんが2位で当選という快挙。おめでとうございます!若林地区の福島かずえさんはわずか31票差の次点だった。おしい!。そして、わが旧友、五島たいらさんは、5942票で7位だった。また、女川町議選では、現職だった2人が、2位、3位で当選だった。
被災地支援に行き、三浦さんや五島さんらと握手した一人として、今回の躍進は本当に嬉しく、被災者のみなさんの大きな励ましになったと思う。
この選挙結果は昨日の一般紙の夕刊にも掲載された。
ちなみに、自民、民主は2議席減、公明は4議席で±ゼロ、日本共産党は第3党になった。
さっそく、今朝の宣伝で、宮城県議選の結果を真っ先にお伝えした。
被災地では日本共産党の地方議員を先頭にして、不眠不休で救援活動に全力を投じてきた。
石巻市につくられた救援センターから述べ4500人ものボランティアが作業にあたり、センターの所長として奮闘されたのが三浦一敏さんだったのだ。
これからも体に気をつけてがんばってほしいと思う。
そして、今闘われている福島県議選での躍進につながってくれればと願っている。
今朝の町田駅は、東北地方のように寒かった。
北風が吹き、ジャンバーを着てくればよかったと悔やんだほどである。
「久しぶりですね」と隣の団地の奥さんが声をかけてくれた。
「おはようございます!」。猛ダッシュの渋谷勤務のお兄さんだった。
息子の友人Tくんのお父さんも通った。
半蔵門勤務のお嬢さんのお母さんが挨拶をして通っていった。
APEC首脳会議で、野田首相はアメリカのオバマ大統領に「TPP問題で米国は必要なことは全て要求しますよ」という意味の釘を刺された。
懸念されていたことがつぎつぎと浮上してきた。
「TPP参加撤回へ、力を合わせていきましょう!」と訴えた。
障がい者のお子さんが、私の方を振り向いて「おはようございます」と今日も声をかけてくれた。すぐに「おはよう!」と返事をした。
交差するようにして、半蔵門勤務のお嬢さんもやってきた。笑顔で駅に向かっていった。
W大生のMちゃんも早目の通学である。
冷たい朝の風は、けっきょく最後まで止むことがなかった。
さて、これまた昨日の一般紙の夕刊に、あの熊谷育美さんの記事が載っていた。
“「明日を担う全ての子へ」~気仙沼在住の熊谷育美が初アルバム”と。
10代に挫折を経験しながら、ミュージシャンとしての道を故郷・気仙沼から再出発した熊谷育美さん。
石巻で三浦一敏さんが初当選したように、熊谷育美さんは気仙沼から全国へ大きく羽ばたいてほしいと願っている。
[PR]

by ken-tono | 2011-11-15 09:38