「今日、会社を退社することになったんだ」   

少し暖かい朝だった。
駅にスタンバイをして挨拶を始めたら、カラスが多いなと思った。
原因が分かった。
通行人が飲食したらしい物の残存物がひと塊あったのだ。
カラスの朝食である。
人通りが途絶えると、すかさず降り立ち食し、人数が増えると背中を向けて飛び立つ準備に変わる。
カラスのおかげで、大量の残存物もだいぶきれいになった。
そうこうしているうちに、トコトコちゃんのお姉ちゃんが来るのが見えた。
「寒くなってきたね」と私が言うと、「大丈夫ですか?」と労ってくれた。
新婚夫婦もやってきた。
鶴川勤務の青年がやってきた。
「今日、会社を退社することになったんだ」と。
「えっ?これからどうするの?」
「海老名の方で探そうと思って・・」と。
これまでの給与は自給900円で月13万円だそうだ。
何か困ったことがあったら、またここに来てねと話した。
昨日が第4回定例会、一般質問の提出日だった。
私の質問のテーマは、①市民生活に寄り添った市税の滞納整理事務を求めて、②今後の市民文学館のあり方について問う、③市立博物館の役割と存続について、④リニア中央新幹線上小山田非常口新設工事について、である。
質問の日は12月10日(月)10時。
みなさん、傍聴に来てください。

f0037423_13040277.jpgf0037423_13034475.jpg

[PR]

# by ken-tono | 2018-11-27 11:49

「早いな、さすが車だな!」   

今朝もまた寒かった。
外に出ると雲一つない青空の中に月がぽっかりと浮かんでいた。
駅に着き掃除をした。
キックボードのご主人がやってきた。
そのあと私が車を駐車場に置きに行った。
駅に戻る途中、ご主人とまた会った。
「早いな、さすが車だな!」と。
派遣労働の違法を改善させた日本共産党国会議員団の活躍を報告した。
今日は、第4回定例会の一般質問の提出締め切り日である。
気を引き締めて今年最後の定例会に臨んでいきたいと思う。
f0037423_08573524.jpg

[PR]

# by ken-tono | 2018-11-26 08:54

「バス、何とかしてよ!」   

寒くなってきた。
天気予報では、今日にも木枯らし第一号が吹くらしい。
東北出身の私でも寒いのは苦手である。
M銀行前に立った。
バスから降りて歩いてくる人たちの中に、同じ団地に住んでいるご主人がやってくるのが見えた。
「バス、何とかしてよ!」と開口一番。
小淵に行くバスが途中から有料になること。
山崎バスセンター始発のバスがなくなった(減少?)こと、などである。
共産党は、先の選挙の公約にも掲げて実現を求めてきている。
引き続き頑張っていきますと返事をした。
「がんばってください!」と年配のご婦人が握手を求めてきた。
私は、とっさに履いていた手袋を脱ぎ、「がんばります」と握手をした。
今日、町田市議会第4回定例会の告示があった。
29日開会の予定である。
消費税10%増税に対応した公共施設の使用料の値上げが提案される。
市民のみなさんの暮らしを守る立場で、反対の論戦で臨みたいと思う。
そういえば、市役所の玄関わきに、「滞納ストップ」の垂れ幕が掛かっている。(写真)
「消費税10%増税ストップ」の幕に替えてほしいのだが・・
f0037423_09182048.jpg

[PR]

# by ken-tono | 2018-11-22 09:06

飛行機雲が青空に   

昨日は、午前中から出かける用事があったため、朝の宣伝は早めに切り上げた。
カルロス・ゴーン日産自動車会長の逮捕について訴えた。
巨額の不正記載容疑の裏に、「コスト・カッター」と言われるゴーン氏の経営姿勢が問われていると。
4万人の従業員のリストラがまさにそうである。
私自身、神奈川県内の日産工場で働いてきた労働者の方から、工場閉鎖で来月から失業するという話を聞いていたことを思い出した。
「4万人」である。
労働者と家族を犠牲にした私服肥やしは許せない!と訴えた。
そして、大企業には優遇減税、国民には消費税増税攻撃の安倍政権も許せない!と。
トコトコちゃんのお姉ちゃんがやってきた。
「寒いので、風邪ひかないように気を付けてください」とねぎらいの言葉が。
先日、トコトコちゃんにも言われ、なおうれしかった。
そして今朝は、この間で最も寒かった。
空を見上げると“飛行機雲”が太い帯をなしていた。(写真)
上空がかなり冷えていたからだろうか。
わずか1時間でこんなに空は変化した。
ヒョウ柄ルックの奥さん、O湯愛好会の息子さんがやってきた。
「ゴーン逮捕」の問題、「入管法改定」問題、そして、税の滞納問題について話した。
市議会第4回定例会が近くなってきた。


f0037423_09211188.jpg
f0037423_09215557.jpg
f0037423_09213529.jpg
f0037423_09222339.jpg

f0037423_09230224.jpg


[PR]

# by ken-tono | 2018-11-21 09:13

「紅玉」、「インドリンゴ」が主流だったが・・   

映画『日日是好日』(大森立嗣監督)にすっかりはまった私は、今度はその原作である森下典子さんの本にはまっている。
『こいしいたべもの』も、私と同世代の著者が描く子どものころの「たべもの」の世界である。
鎌倉に住んでいたと思われる著者に対して、私は、秋田の山間部で生まれ育ったので、「たべもの」は違う。
アケビ、山葡萄、トウモロコシ、山菜、きりたんぽ・・・、と。
それでも「たべもの」は面白い。
そんなことを考えていたら、秋田の従弟から「青森りんご」が送られてきた。
私が子どものころは、「紅玉」、「インドリンゴ」が主流だったが、「ふじ」が生まれ、今また新しい品種が登場している。
果たして味の方は?
月曜日の今朝、駅に立った。
リセットされた翌日の朝、という感じが漂っている。
O湯愛好会の親子がやってきた。
白髪のご主人、T大付属学校の先生、半そでのお兄さん、そして、豹柄ルックの奥さん、札幌出身の奥さんといつもの方々もいつもの雰囲気でやってきた。
昨日のNHK日曜討論に出た共産党の笠井あきら衆院議員の討論を紹介した。
29日から始まる市議会で取り上げようと思っているテーマについても説明をした。
そんなに寒くない朝だったと思う。
f0037423_08412886.jpg


[PR]

# by ken-tono | 2018-11-19 08:52

「税を学ぶ」・・   

一昨日、市役所のロビーで、「税を考える週間」とやらのイベントとして「税」を題材にした小学生の習字が展示されていたので見学した。
税務署長賞などを受賞した作品は、確かに字が整っていて上手に見えたが、私は、小学生らしい味わいのある作品の方に注目した。(写真)
ちょうど私は、市役所が行っている徴税事務について勉強しているところだった。
税を滞納した市民に対して、早期納税を促したり、差押えをしたりする仕組みについてである。
そのことで困っている市民からの相談が増えている。
私にとっては市民の様々な暮らしの深刻さが反映された「税」について、とくに、滞納処分という問題について、市民の暮らしに寄り添いながら学び、考えているところである。
それにしても、来年10月から消費税が10%に増税されることについて、政府のポスターで「軽減税率」をPRしているのには驚いた。
今行われている国会や再燃の参院選の重大な争点なのに、と思った。
さて、昨日は10時過ぎに駅に立った。
私は、「町田市議会第4回定例会が今月の29日から始まる予定です」と話し始めたところに、F事務局長がやってきた。
「こんな時間にやっているんですか?」と言われたので、私は、「はい、土曜日は・・・」と返答。
この後、議長と公務で出かけるのに駅前で待ち合わせだったようだ。
早朝とは違い、老夫婦、高校生や中学生の友達同士、そして、ご家族といった様々なスタイルの方たちが通る面白さがある。
私は、安倍政権退陣を!と勇ましいことを訴えているのも忘れて、土曜日の駅頭の人間模様に見とれていた。


f0037423_10284000.jpg


f0037423_08363516.jpg


f0037423_10291300.jpgf0037423_10293954.jpg

[PR]

# by ken-tono | 2018-11-18 10:23

「日日是好日」を思い出した。   

昨日、第210回町田市都市計画審議会が開かれ、委員として私も審議に参加した。
議題は、「町田都市計画生産緑地地区の変更について(町田市決定)」で、今回の変更で、生産直地地区の前年比の件数は、1042件(-7件)、面積は217.31ha(-4.09ha)になった。
生産緑地は、都市の市街地における農業の拠点として重要な役割を担ってきたが、1990年代半ばから減少している。
都市農業の振興や異常気象防止の上でも保全に力を尽くしていきたいと思う。
なお、「特定生産緑地」(指定から30年を迎える前、買取申し出10年間延長制度)の取り組みについても説明があった。
下の写真は、9月26日、農業委員会の協力で視察をした小山田のナス農家。
さて、今朝もまた冷え込んだ。
Mデパート前に立った。
朝陽が駅前の高いビルに反射してまぶしかった。
お茶の先生をしている知人が和服姿で通り、デッキの上から大きく手を振ってくれた。
先日の映画、「日日是好日」を思い出した。
目の前を通る車のドライバーは、いったい誰だろう?というような表情で通りすぎていった。
日ロ首脳会談で合意したとされる「領土問題」について、日本共産党に志位委員長が述べだ見解について説明した。
一つは、「2島返還で平和条約」は絶対にやってはならないということ。なぜなら、その後の領土に関する交渉が閉ざせれ、国境が画定してしまうためである。これまでの政府の立場とも違う。「2島先行返還」はありうるが、平和条約は締結は、領土問題の最終解決の後である、と。
2日つは、「国後、択捉は千島にあらず。だから返還を」というこれまでの日本政府の主張は歴史的事実と国際法に反しており、領土交渉の抜本的再検討が必要だということである。第二次世界大戦の戦後処理の原則は「領土不拡大」だったにもかかわらず、「ヤルタ協定」、「サンフランシスコ平和条約」で千島列島を放棄を宣言したことにある、と。
戦後処理の不公正を正し、全千島列島返還の交渉こそ解決になるという内容を紹介した。
また、玉城デニー沖縄県知事の訪米の内容も話した。f0037423_09253618.jpgf0037423_09243243.jpg
昨日に続き秋晴れになった。
写真の作品は、第25回アートコンテスト(町田市美術協会主催)で、教育長賞を受賞した岡島節子さんんの日本刺繍『時の移ろい』(市民ホールロビーに展示)。


[PR]

# by ken-tono | 2018-11-16 09:21

「拍手をしすぎて、手が痛くなった」   

昨夜、府中の森劇場で日本共産党演説会が開かれ、地域の後援会の皆さんと一緒にバスで参加した。
開場は第2会場まで満杯になった。
来年の統一地方選挙の予定候補208人(第一次)の発表、紹介、参院選の予定候補、小池晃書記局長・参院議員と吉良よし子参院議員の決意表明があった。
そして、志位和夫委員長の話は、聴衆をグンと引き付ける素晴らしい内容で、安倍政権退陣へたたかう展望を示してくれた。
参加者の一人は、「拍手をしすぎて、手が痛くなった」と絶賛だった。
そして、今朝。
最低気温が10度を割ったらしいが、確かに寒かった。
初めて手袋をはいた。
同じ団地に住むご主人がやってきた。
「これから卓球の大会です」と、スーツケースを引きずってきた。
新婚夫婦、そばや職人のご主人がやってきた。
昨日の演説会について、出入国管理法改定案問題について、そして、「徴用工」問題について訴えた。
後半になったころ、若い男性が私をめがけて突進してきた。
以前にも同様なことが何度かあったが、今日はハンドマイクに体当たりして、機材は落下、散乱する事態になった。
「ヒドイな!」と怒りをぶつける間もなく、男性は脱兎のごとく駅の中に消えていった。
それを見ていた男性と女性が、「ひどいですね」、「大丈夫ですか」と機材を拾って声をかけてくれたのだ。
「ありがとうございます」とお礼を述べた。
正当な宣伝に対する暴力的な行為は断じて許せない。
真っ青に晴れ上がった寒い朝だった。

f0037423_09134497.jpg
f0037423_09140784.jpg
f0037423_09142629.jpg


[PR]

# by ken-tono | 2018-11-15 09:09

「拍手をしすぎて、手が痛くなった」   

昨夜、府中の森劇場で日本共産党演説会が開かれ、地域の後援会の皆さんと一緒にバスで参加した。
開場は第2会場まで満杯になった。
来年の統一地方選挙の予定候補208人(第一次)の発表、紹介、参院選の予定候補、小池晃書記局長・参院議員と吉良よし子参院議員の決意表明があった。
そして、志位和夫委員長の話は、聴衆をグンと引き付ける素晴らしい内容で、安倍政権退陣へたたかう展望を示してくれた。
参加者の一人は、「拍手をしすぎて、手が痛くなった」と絶賛だった。
そして、今朝。
最低気温が10度を割ったらしいが、確かに寒かった。
初めて手袋をはいた。
同じ団地に住むご主人がやってきた。
「これから卓球の大会です」と、スーツケースを引きずってきた。
新婚夫婦、そばや職人のご主人がやってきた。
昨日の演説会について、出入国管理法改定案問題について、そして、「徴用工」問題について訴えた。
後半になったころ、若い男性が私をめがけて突進してきた。
以前にも同様なことが何度かあったが、今日はハンドマイクに体当たりして、機材は落下、散乱する事態になった。
「ヒドイな!」と怒りをぶつける間もなく、男性は脱兎のごとく駅の中に消えていった。
それを見ていた男性と女性が、「ひどいですね」、「大丈夫ですか」と機材を拾って声をかけてくれたのだ。
「ありがとうございます」とお礼を述べた。
正当な宣伝に対する暴力的な行為は断じて許せない。
寒い朝だった。


[PR]

# by ken-tono | 2018-11-15 09:09

「拍手をしすぎて、手が痛くなった」   

昨夜、府中の森劇場で日本共産党演説会が開かれ、地域の後援会の皆さんと一緒にバスで参加した。
開場は第2会場まで満杯になった。
来年の統一地方選挙の予定候補208人(第一次)の発表、紹介、参院選の予定候補、小池晃書記局長・参院議員と吉良よし子参院議員の決意表明があった。
そして、志位和夫委員長の話は、聴衆をグンと引き付ける素晴らしい内容で、安倍政権退陣へたたかう展望を示してくれた。
参加者の一人は、「拍手をしすぎて、手が痛くなった」と絶賛だった。
そして、今朝。
最低気温が10度を割ったらしいが、確かに寒かった。
初めて手袋をはいた。
同じ団地に住むご主人がやってきた。
「これから卓球の大会です」と、スーツケースを引きずってきた。
新婚夫婦、そばや職人のご主人がやってきた。
昨日の演説会について、出入国管理法改定案問題について、そして、「徴用工」問題について訴えた。
後半になったころ、若い男性が私をめがけて突進してきた。
以前にも同様なことが何度かあったが、今日はハンドマイクに体当たりして、機材は落下、散乱する事態になった。
「ヒドイな!」と怒りをぶつける間もなく、男性は脱兎のごとく駅の中に消えていった。
それを見ていた男性と女性が、「ひどいですね」、「大丈夫ですか」と機材を拾って声をかけてくれたのだ。
「ありがとうございます」とお礼を述べた。
正当な宣伝に対する暴力的な行為は断じて許せない。
寒い朝だった。


[PR]

# by ken-tono | 2018-11-15 09:09